顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

滅菌・消毒

感染と消毒 執筆させて頂きました!


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

こんばんは今日はめずらしく、夜にブログを書いています
なぜかってそれは。。。

待ちに待った雑誌が発売されたからです〜

幸書房さんの感染と消毒歯科の方でご存知の方は少ないと思います。
感染と消毒は、創刊1994年。医療・福祉分野での感染対策の一助として感染と消毒に関する最新情報を掲載しています

1994年って。。。私が歯科衛生士になったころ(笑)歴史ありますね〜

そして。。。畏れ多いほど著名な先生方が執筆されている冊子です。
例えば、今回の2022 Vol.29 No1の総説のコーナーでは、新型コロナワクチン関連でテレビにご出演の多い、忽那 賢志先生や和田 耕治先生が執筆されておられます。

感染と消毒

その、由緒ある、冊子に、な、な、な、なんと、わたくし、今回歯科領域の感染制御というタイトルで執筆させていただきましたうっわ〜本当に畏れ多いです

こちらは医療従事者の方なら登録するとwebで閲覧できます。
感染の分野にご興味のある方はぜひ登録してみて下さい登録はこちら

書いている時は大変だったなあ。。。
執筆や講演をたくさんしていらっしゃる先生方と違って、私はしがない開業医の歯科衛生士...
そう、慣れていない何事も勉強だけど。。。

いやあ本当大変だったでも貴重な機会をいただけることが有難いです

いつもそうなのですが、書いている時やスライドを作成している時は本当に大変なのですが、喉元過ぎれば...で、すぐ忘れちゃうんですよね

今ね〜1人冊子を見ながらニヤニヤしています(笑)

皆さん、今週末は首都圏滅菌管理研究会第20回の記念講演会ですよ〜
今回はリアル開催...世の中も徐々にwith コロナへと変化していきますね。

皆様もよい週末をお過ごし下さい 

第20回首都圏滅菌管理研究会のお知らせです☆


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

おはようございます
連休も明けて皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、GWのお休みでしばらくお仕事から解放されましたけど、またまた連休明けにフルPPFとなり、N95マスク、ゴーグル、ガウン、キャップのフル装備。顔の吹き出物が治らないままお仕事再開となりました

さて今日は第20回の首都圏滅菌管理研究会のお知らせです

なんと今回は一橋講堂で久しぶりのリアル開催

第20回首都圏滅菌管理研究会

5月6日より申し込み開始しております(詳細ただ...正直、歯科関係者の方にはこの直前になっての募集...しかも土曜日開催ということで、参加が難しいかなぁと思っておりますが、ぜひご参加いただける方はご参加いただければ嬉しいです

今回の第20回講演は特別な意味があります。

そもそも首都圏滅菌管理研究会とは

主に首都圏地区の病院・診療所などに勤務する職員ならびに手術・中材業務に関心のある方々を対象として、滅菌・洗浄業務に必要な知識の習得と質的向上に関する教育・研修を行い院内感染防止に役立てることを目的に設立された研究会です

活動しているのは、滅菌技士/師の皆さんです。滅菌技士/師は日本医療機器学会の認定資格です2000年に「医療現場における 滅菌保証のガイドライン 2000」が刊行されたのにともない滅菌供給業務の水準向上を目的として発足されました。最近は歯科衛生士さんが取得していることも多いです。

ちなみに当院では第2種滅菌技士2名、第1種滅菌技師1名が日々の滅菌業務に責任を持ってあたっています

よく歯科医院で見られるのは、日本医療機器学会の第2種滅菌技士の資格と他の似たような資格の第1種を重ねて表記してあたかも日本医療機器学会の上位資格を取得したように表現してる方がいますが、全く異なった資格ですのでお気をつけください

そう、コロナ禍で...ですが、誕生20周年を迎える資格なのです

今回は私がお世話になりました東京医療保健大学 初代 学長であられた故 小林寛伊先生とともに感染制御の分野を牽引してこられた、東京医療保健大学 名誉教授 大久保 憲先生のお言葉を賜ります。

そして歯科分野の講演として東京医療保健大学臨床教授であられる田口正博先生が御登壇されます。

医療分野以外では、つめあと残すアニメ 魚雷映像の佐野リヨウタ氏をお招きしてお話しいただきます。思わず聞きたくなる伝え方...歯科衛生士として興味津々です

お申し込みはコチラ

ぜひ皆様のご参加をお待ちしております〜 

高圧蒸気滅菌器が新しくなりました!




オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

皆様、こんにちは。今年も残すところあとわずかですね。
皆様いかがお過ごしですか?

さて、当院では昨日、高圧蒸気滅菌器が新しくなりました〜
10年使用した滅菌器。初期不良から何から10年間色々ありました

さて、滅菌器が新しくなったら、皆さん、どうしていますか
歯科用の卓上型の滅菌器は、そもそも業者の方が持ってきて、電源入れれば、はいOKで使えてしまいます。でも、本当はきちんと確認しないといけません。

医療現場における滅菌保証のガイドライン2021を参照してみましょう

ガイドラインのP120

滅菌器を新しくしたら(新しく使いはじめる時は)最初に据付時適格性確認(installation qualification:IQ) を行います。

9.5.2 IQ (勧告) 滅菌器メーカにIQの実施を委託し、その結果の妥当性を確認する (解説) IQは蒸気滅菌器およびその付属機器が、要求された仕様どおりに供給され設置されたことを確認 するためにおこなわれる。
例)ガイドラインより

IQ

次に運転時適格性確認(operational qualification:OQ) を行います。

9.5.3 OQ (勧告) 滅菌器メーカにOQの実施を委託し、その結果の妥当性を確認する (解説) IQの完了後にOQを実施する。OQは規定された操作手順どおりに滅菌工程を作動させた際に、予め決められた範囲で滅菌装置が作動することを確認するため、チャンバー内を空の状態で性能を検証する作業である。 蒸気滅菌のOQは、蒸気浸透性などの基本的な動作が基準値内で動作する検証(試運転)とチャン バー内温度分布評価からなる。 滅菌器の基本的な性能評価項目として空気排除時間、真空到達度、給蒸時間、滅菌中の温度推移、 滅菌中の圧力推移などがある。図9-3に参考例を記載する。滅菌器メーカより同様の検証記録を受け取り、それぞれの確認項目が要求事項を満足していることを確認する。

例)ガイドラインより
OQ

きちんと動いたら稼働性能適格性確認(performance qualification:PQ)を行います。→やっと使える

9.5.4 PQ (勧告) (1) PQは、日常的に滅菌するRMDを使用する (解説) PQは日常的に滅菌する器材の滅菌達成を目的としておこなうため、日常的に滅菌するRMDを用いて実施する


つまり、滅菌器を購入したら、業者さん仕様の通りに滅菌器や周辺機器が設置し、試運転して、OKだったら、私たち現場が実際診療に使用している器具を滅菌して確認するという事になります

これらはいずれも文書に残します。

でも...実際に歯科では業者さんが設置して、はい終わり、の事が多く、文書で残すとかないです今回もただ電源コードを差していっただけで、滅菌器に水も入れずに、お手入れの説明だけして帰っていかれました。。。

案の定、その後実際に水を入れたら、当院の水質が滅菌器と合わず。。。再度業者さんを呼ぶ事となりました結果当院の供給の水がだめとなり、タンクの水を使用する事になり、水の件は解決しましたが、今度は実際に滅菌をしたらBD(インジケータ)の色の変色が薄く、滅菌不良が確認されました。。。

そして初期不良扱いとなり、再び新しい滅菌器と交換になったのでした

当院では滅菌器内部の吸引具合を調べたり、蒸気の浸透性を調べるPCDやインジケータが揃っているので購入当初にこういった検査ができて初期不良が見つかりますが、こういったものがないとわかりませんよね...

しかも一度購入した後の事は、当院の使い方が悪いのではないかとか、当院で使用しているインジケータが悪いのではないかと言われますので注意が必要です。

当日納品の際に、お互いが納得できる設置と試運転を目の前で行う事が大切だと今回学びました

残念ながら歯科においては、輸入品の横流しですので、業者さんもわかっていない方が多いです。

さて、購入当初はすったもんだありましたが、使い初めてからは快適製品自体はすごく良いです音も静かですし、サイクル時間も短くなり、音も可愛い

そのうちうちの滅菌器ちゃんの写真を載せようと思います

ではでは皆様、たかが滅菌器ですが、感染制御の要ですからね。一緒に勉強してまいりましょう。

現在日本医療機器学会学術大会が開催中です27日まで申し込みが可能でしばらくオンデマンド配信ですから、この分野を学びたい方はぜひご参加下さい。

また日本医療機器学会では滅菌技士の認定を行っていますご興味ある方はこちらもどうぞ

第18回 首都圏滅菌管理研究会無事に終了!


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

東京は再び緊急事態宣言下となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
再び昨年のこの時期と同じくSTAY HOME な週末ですね

でも、コロナの終息が見えない今、仕方ないと思います。何を優先するかですけど、長引けば長引くほどに、その傷あとも深くなりますからね...そして、なぜかまだこの感染拡大地区の東京では、医療従事者のワクチン接種が終わっていません

ここで感染者が増えれば、まだワクチン接種していない医療従事者にもかなりの負担がかかります。

なんだかかなり疑問のある政策です。本当に人の命を守りたいなら、感染者が増えた時のために(いえ、感染者が増えると思っているから緊急事態宣言を出しているわけで)医療従事者に先にワクチンを接種すべきです。高齢者の接種も大切だとは思いますが、医療が逼迫すれば、感染者の収容先がなくなりますし、優先順位がおかしいと思います。

さて、昨日、こんなコロナ禍の中でも久しぶりに私も幹事として参加させて頂いています、首都圏滅菌管理研究会の第18回のセミナーが開催されました。なんと1年ぶり…いえ、前回は秋の開催でしたから1年半ぶりの定期研究会でした(^◇^;)

でも、私としてはだいぶzoomに慣れて来て♡
今回は出番がありませんでしたが↓こんな感じに背景も作って見たり。
FullSizeRender

初めてのweb開催で、不手際もあったと思いますが、とにかく開催出来たことが今回の成果であったかと思います。

さて次です〜

明日から、次のミッションにとりかかります!
乞うご期待♡

最後に研究会に参加して頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。

有難うございました!

セミナー7 2020.11.23 首都圏滅菌管理研究会 緊急企画!終了


☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです
************************************

本日無事に首都圏滅菌管理研究会の緊急企画!「コロナ禍の中材のいま」が終了しました。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、5月の研究会に引き続き11月の研究会も中止となり、さすがに1年間活動しないのも...となって緊急に開催されたセミナーです。

講演機А嵒賊,録祁織灰蹈覆砲匹里茲Δ卜ち向かったのか」 久保田 英雄 先生(東京医科歯科大学 統合診療機構 機構長補佐 / 医学部附属病院 材料部 副部長)

講演II:「新型コロナによっておきた現場の対応」 村越 智 先生( 東京大学 医学部附属病院 手術部 講師 / 材料管理部 副部長 )

ディスカッション: ご参加のみなさんからの質問にお答えします

3連休にも関わらず、100名以上の方がご参加下さい大盛況のうちに終了いたしました

歯科の質問もあり。

私が参加し始めた頃は歯科医療従事者の参加はほとんどありませんでしたが、ご縁があって研究会の幹事に加えて頂き、徐々に歯科関係者の参加も増えてきました

今日は当初の予定よりも時間オーバーでしたので、ディスカッションもハイペース質問に丁寧にお答えしたかったのですが、駆け足となってしまいました。

ちなみに歯科関係の質問は以下です。せっかくなので皆様とも共有したいと思います。

口腔外科外来の診療体制について個人防護具などどのようにしているか知りたい。

よく歯科は...と、歯科を医科と区別したり、歯科を特別なようにおっしゃる方がいらっしゃいますが、感染制御においては全てが同じです。感染制御に歯科、医科、口腔外科、眼科、耳鼻科、整形外科 ...などの括りはありません。

基本は「誰もが感染症と思え!」の標準予防策を行うのが基本です 

プラスして感染経路別予防策というのがありまして、接触が主な感染経路である感染症であれば、接触感染予防策を行い、飛沫が主な感染経路である感染症であれば、飛沫感染予防策をプラスし、空気感染が主な感染経路である感染症であれば、空気感染予防策をプラスしておこないます 

コロナ対応に関しての個人防護具の参考資料として、


*基本的な個人防護具の扱い、また非常時(物品が不足した場合)の対応についての記載があります。

また

日本環境感染学会 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応(2020年5月7日)

*厚労省の個人防護具の内容にプラスしてキャップ、シューズカバーについての記載があります。また個人防護具の着脱手順、着用の有無による暴露リスクの記載があります。

国立感染症研究所新型コロナウイルスに関する感染管理(2020年10月2日) 

*一番新しいものになります。個人防護具だけでなく診療時の対応も記載されていますので参考になるかと思います。

これらを踏まえて、あとは自施設でできる事を行うのが望ましいと思います

物品やマンパワー、予算の不足で理想通りにできない場合もあります。

基本を学び自分の施設にあった形で利用しましょう。ともに学びましょう

今回の質問の回答を受けて、学ぶ場がある事の有り難さを実感しました。

コロナ禍にいて行動範囲も狭くなり、今まで参加していた学会や研究会も縮小となり、自分自身の成長も止まった気がしていました。停滞

でも今回たった1時間でしたし、たった1問の質問の回答でしたが、なんか参加した事で、気が晴れるというか、少し前進できたような...

場がある事の大切さを知りました。

帰る場所がある、自分を認めてくれる人がいる場って大切ですよね 
ともに学べる友がいる事に感謝です

そういえば、最近は歯科衛生士の学びの友と学んでないなちょっぴり歯科衛生士とは疎遠です

今年は無理だけどまた来年、何かの形で歯科衛生士の皆さんと繋がれたらいいなと思います 

生きる勇気


☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです
************************************

日本全国、新型コロナの感染者数が増加中皆さまいかがお過ごしですか

私は...なんて答えれば良いんだろ自分で振って置いて

母が老人性のうつ病になった話はしましたね...さて、その後、コロナのせいで面会はできないけど、電話は自由にできるようになり...といっても母の入院している病院は携帯は持ち込み禁止なので、病棟にある公衆電話で電話する...なんだけど

8月の中に入院して、9月の中頃から電話ができるようになって、毎週1回数十分程度ですが母と電話しています。 

状態はだいぶ良いのですが...コロナがねぇ。。。退院してからのサポートのめどが立たないもんね。地域の資源も今は当てにならないし、私が1日付き添っているわけに行かないし...

本当母が入院してから色々考える。

考えても仕方ないんだけど、気がつくと母の事で頭がいっぱい。これからどうなるのかな...今考えたところで何も変わらないんだけど、気をとられる。エネルギー使う振り払ってもつい考えてしまって...

でね、思うんだけど、多分鬱って予防できない。 それは私自身もそうだけど、母を見ていてもそう思った。

だいたい、何かの不安で頭がいっぱいになって、それを振り払えるんだったら鬱にならない。でも振り払えないから鬱になる。。。でも振り払い方があると言えば、ない自分自身がそうだから。特にその不安が大きい時こそ無理。つまり、鬱を防ぐ方法って実はなくて、なってしまったら早く病院にかかるというのが正解かなって。あ、これ自論なので軽度の場合はいけるけど軽度じゃない時は方法ないよ

だから紙一重なんだと思う。鬱と日常の境界線て。ここから健康的発想で、ここからが鬱ってない。健康的発想の延長線に鬱的考え方(マイナスの考え方)があるのであって、それは線で続いている。

だって、私、母と1ヶ月に一度は会っていたし、電話もマメにしていたもの。それでも母は鬱になった。防げない何かってあると思う。もっと連絡してたら鬱にならなかったううん。そんな事多分ない。

母が入院してからずっと悶々としているんだけど、その不安て時間が経ったり環境が変化すると考え方が変わって、状況は同じだけど捉え方が変わる事はある。自分で変えるのは難しい...できなくはないけど、今度はそれがストレスとなる

例えば、母が入院して、これからどうしようって思っているのは変わらないんだけど、今となっては幸いな事に慢性期の病院だから焦って退院する事もないし、転院を言い渡される事もない。相談していた急性期の病院は結局入れなかったけど、その後、コロナのクラスターが出ちゃって...そういう意味では運が良かった当時は病院に入院できなくて、大不幸と思っていたのに。

物事って球体みたいで見方によって変わるよね...捉え方。

運命と宿命とか考えるなー

前にも書いたかもしれないけど、私、今年は大殺界。今までに経験した事のない事に出会う...と本に書いて会ったら両親が共に病気になり、でも、命は助かっているから、まあいいのかなぁ。これも運命ってヤツ

今日、患者さんが久しぶりに来てね、実は来院が途切れた間に奥様が亡くなられて、ご自身も脳梗塞になって...ご本人は命をとりとめて、幸運な事に麻痺は残らなかった。で、歯が取れちゃって来院されたのですけど...

奥様は末期の癌で、主治医から手術の成功の確率は10%と言われたそう。で、奥様はその10%にかけた...可能性があるなら挑戦するという奥様だったらしく...半年間すごく頑張られたそうで、ご主人様曰くあんなに頑張っていたのを見ていたら、自分も頑張らなくちゃと勇気をもらったとおっしゃってました。

奥様すごい〜

自分が死にゆくその死に様で、残る人に生きる勇気を残して行くって凄くないですか

普通は残されたら寂しくなって悲しくなって途方に暮れちゃいそうだけど..

そう聞いたら、ご主人様だけじゃなくて、私もその奥様(お会いした事ないけど)に勇気づけられる。不思議なご縁。頑張らなきゃ。

生きる勇気...なかなか生きるモチベーションを保つって大変ですよね...

とかグルグルと考えていると、私の場合はいつの間にかモチベーションが上がってくるのですが、今回はなかなか上がってこなかったなぁ。。。でもここ1週間間ぐらい運気が上がって来た気がします。なんでだろうね〜そういうのがわかって、セルフコントロール出来ればいいんだけどねー

そう上手くいかないのが人間なんだ、きっと

人間らしく。ぼちぼち行きましょ〜生きましょう〜

とりとめなく何が言いたいのかわからなかったけど、今日はこの辺で

もんもんとしながら、一緒に生きよう今日がハッピーじゃなくてもきっと明日はハッピーだよ

セミナーのお知らせです!


☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです
**************************

研修会のお知らせです。

日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニックの研修会のお知らせです。

2020.摂食嚥下超入門

お申し込みは、イベント・コミュニティ管理サービス Peatixイベントページからできます。

例年、平日の夜に東京の小金井で行われていますが、今年は新型コロナのため、web開催です 東京以外にお住毎の方や午後7時に間に合わないという皆様、ぜひこの機会をお見逃しなく

菊谷武先生のお話がこのお値段で聞けるのはお徳としか言いようがありません

ご興味ある方はぜひご覧ください。締め切りまじか10日までです 

当医院に第1種滅菌技師が誕生!!


☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです
************************************

今日はお天気もまずます皆様いかがお過ごしでしょうか

なんだか世の中が息づまっていて、非常にストレスフルな毎日ですね...って私だけか

母の一件があってから、自分でもよくわからないんですけど、なかなかやる気が起きない。。。睡眠はとっているんですけど、質が悪いのかな。朝起きると体が凝っていて疲れが取れない

よくよく考えると、毎日
これやらなきゃこれしなきゃこれやっちゃダメが頭を回っている事が多い

新型コロナが流行してから家事倍増もともと適当に外食していましたが今は朝昼晩全て手作り。買い物も控えていて毎日の衣服の洗濯も倍増。

気がつけば12時を回っていて。。。睡眠時間6時間は最低取りたいと思っているのですが万年睡眠不足という訳でお休みの日は半日寝溜めたまにはいいよね

さてそんな新生活で色んな事が滞っている中、おめでたい話題が
当院の歯科衛生士YUちゃんがこの度、日本医療機器学会第1種滅菌技師の資格試験に合格いたしました〜パチパチパチ👏
滅菌技士(技師)認定制度については日本医療機器学会 滅菌技師認定制度について をご覧ください。


第1種滅菌技師

医療機器学会からの一部抜粋:(滅菌技士(技師)認定の目的)
医療施設に関連した滅菌供給の知識と実践に優れた技士を養成し、学会として認定することにより、人類の健康と福祉および医療の安全に貢献することを目的とします。


当院では診療の前に患者さんに使用する器具を目の前で開封し、同封している科学的インジケーターの色を一緒に確認する事で、安心して診療を受けて頂いております。→当院の滅菌管理

YUちゃんの合格により、第1種滅菌技師YUちゃん、第2種滅菌技士Akiさんと2人も滅菌のスペシャリストが誕生しました〜あ。。。ちなみに私は滅菌技士(技師)の資格は持っていませんもともと歯科衛生士は資格がなくても滅菌のプロであるべきですし、歯科衛生士の資格は国家資格ですからね

私は資格はありませんが首都圏滅菌管理研究会幹事として、滅菌技士(技師)向けの研究会で第9回13回14回、15回と歯科器材の洗浄・滅菌、感染防止対策、滅菌保証についての講演をさせて頂いております。

あ、はいはい、資格のない僻みとも言えます(爆)

何はともあれ滅菌技士(技師)さんが増える事は我が医院にとって心強いばかりです。

患者さんにも安心して診療を受けていただけるかと思います

おめでとうYUちゃん

新型コロナの拡大を防ぐ為に今できること

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです

*********************************** 

やっと1週間。いえもう1週間と言うべきか。。。

東京都感染者数04.12現在

確実に日本の感染者は増えています。
政府は不要不急の外出は控えるように要請していますが、イベント会場などへの参加はイベントの自粛もあり少なくなったように思いますが、休日のスーパーは...

恐ろしいほど人が密集していますね



もう皆さん、十分に承知していると思いますが、再度お願いです。
3密を守ってください

3蜜

スーパーは混雑していると2の密集場所にあたります

なぜ皆さんに3密を守ってもらいたいかと言うと最前線の医療従事者を守る為です。そして医療従事者を守る事は皆さんの命を守る事になるからです。

医療にはスタンダードプレコーションという概念があります。これは先日も申し上げましたが、全ての患者は感染者と思えという概念です。新型コロナが流行している今、まさに、全ての患者を新型コロナ感染者として扱うべきと言うことになります。

私たちも普段からスタンダードプレコーションの原則に従って歯科診療を行っておりますが、今はフェイズ3フル装備となりました。。。

マスク、ゴーグル、フェイスシールド、キャップ、グローブ...
しかしながら、なんとこれらの医療物品が足りないんです。。。手を消毒するアルコールすら医療の現場には入ってきません。供給は止まったまま。
スタンダードプレコーション

全ての患者を感染者として扱うという事は、 ↑で着用しているマスク、ガウン、キャップ、手袋...全てを患者ごとに使い捨てなくてはなりません。そして今回の新型コロナは呼吸器感染症。ウイルスを通さない特殊なマスクN95がすでに、厚生労働省の通達により使い回すように言われました。。。

これは何を意味するか?きちんとした防護なしでは医療従事者が感染の危険があり、十分な医療は提供できません。つまり、皆さんやご家族、ご友人が新型コロナに感染して病院へ運ばれてきても、診察できない、入院間面倒を見てくれる人がいないと言う事です。

これが医療崩壊です。

医療従事者は今や命がけです。

それでも患者さんの命を救おうと自分の感染を顧みずに医療を提供しています。

だからお願いです。感染してしまうのはどんなに気をつけていても人類に免疫がないのですから仕方がない事だと思います。でも感染者が爆発的に増えなければ、その間に薬の開発やワクチン、医療物品を揃える時間が取れます。 

そしてこのコロナウイルスは人との接触がなければ減って行きます。いたってシンプル。人と接しなければ感染する事はないのです。

だからお願いです。今が正念場なのです。ここで感染者が増えれば医療現場が持ち堪えられません。自分が家族が大切な友人が命を落とす事になります。そうなってから後悔しても遅いんです。

だからお願いです。3密を守って下さい。

スーパーへの買い物は、昼間時間をずらして人となるべくかち合わないようにして下さい。そしてお店への入店もお父さんと子供は外で待っていてもいいじゃないですか。子供だって感染するんです。混んだスーパーへお子さんを連れて行くと言う事は、自分のお子さんを感染の危険にさらしているのです。

そしてもしお店の入り口にアルコール消毒剤があったら、必ず使って下さい。

手指衛生

あなたの手が綺麗なら、もしあなたが新型コロナに感染していても、店員さんを感染させる事はありません。店員さんが感染しなければ、あなたが安心して買い物ができます。つまり自分へ返ってくると言うことです。

お互いさまです。

ぜひ、手を綺麗にし、人との距離をとって下さい。

そうこうやって書くと自分はやってると言われる方も多いと思います。でも本当に?人が多いところへちょっとだけだからいっか...とか、少しだけ...とか油断はありませんか?

皆が同じ事を思っています。

どうかお願いです。皆さまが安心して生活できるように少しだけ我慢してみて下さい
お互いさまです 
 

 

全ての患者にどんな時にもスタンダードプレコーション Standard precautions with all patients, at all times

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです

*********************************** 

1週間、1週間、1日、1日、目まぐるしく世界が変わって行きますね...
不安もありますが、不安がっていても仕方ありません。

新型コロナの重大局面が現在ですから、どうぞ皆様、不必要な外出はせずに、人との距離を保ち、手洗いしてこの重大局面を乗り切りましょう

さて当医院も緊急事態宣言が出されればどうなるのかわかりませんが、基本的に医療機関には休診の要請はないようです。

とは言っても、近所の方ならまだしも、遠方より来院される方は交通機関の利用もありますし、診療スタイルがどう変わっていくのか、私たちも明日の事が見えません

ただ言えることは不安がっていても仕方ないという事。よく皆さん、最近は「免疫力」という言葉をお使いになられますが、笑う門には福きたる笑っていると免疫力が上がるといのはよくガンの治療などで言われる事です。

ですから何があっても気持ちだけは前を向いて笑顔で。そう私は考えています

2020.04.06.PPEsmile


さてこんな時期ですから、歯科医院の感染対策が気になっておられる方も多いと多いと思います。

当院では開業当初からStandard precautionsの概念に基づいて患者は全て感染しているものとして対応しています。マスク、グローブ、ガウンの着用、ゴーグル(眼鏡)や必要に応じてフェイスシールドを使用し感染しない、感染させないが原則です。

その感染症の種類や流行によって若干そのスタイルは変わってきます。
今は新型コロナの流行期ですから、フェイスシールドまでのフル装備です。↓サラヤさんのHPより

PPEの選択1

スクリーンショット 2020-03-02 13.43.15


歯科医院での感染管理はStandard precautions(誰もが新型コロナの感染者の扱い)の原則に基づいて
1.教育と医療従事者の防護→毎日ミーティングを行っています
2.手指衛生→診療に入る前には必ず手洗い、診療中のこまめな手指衛生、現在は患者さんにも手指衛生をお願いしています。
3.PPE→現在はphase3(図で言うと1番右)になっています。
2020.04.06 PPE

4.歯科器材の滅菌消毒→毎日ブログで滅菌状況と患者様に使用した器具に挿入してあるカードを公表してトレーサビリティーを行なっています。
7.環境の感染制御→常に除塵、消毒しています。
8.ウォーターライン(診療で使用する水質)→現在はphase3ですので次亜塩素酸水での診療を行なっています。

さて、最近はマスクやグローブ、ガウンなどの医療物品の不足が叫ばれており、これらの物品が不足すると感染のリスクが高まりますので、患者さんへの適切な医療のができなくなる可能性があります。これは本当に困った問題です。

実際にphase3で診療に当たって思う事ですが、今までの感染制御って嘘が多いですね。

医療現場ではStandard precautions(スタンダードプレコーション:全てが感染者、感染しない、感染させない)が原則と言われてきたのに、アメリカ、ヨーロッパ、日本でも続々と医療従事者、患者が感染していますし、日本においては新コロの症状がある人は入り口を分ける始末。

つまり、最初から感染症患者が来ない事が前提の妄想のスタンダードプレコーションであったという事です。

また、手指衛生についても手指衛生の5つのタイミングがありますが、これもまたこの通りにアルコール製剤で手指衛生していたら、あっという間に手が荒れました。5回も連続してアルコールを使うのは現実的に無理です。

つまり、大切なのは原則を理解し、感染を防ぐにはどうするか?という教育の部分です。こんな時こそ自分の頭で考える能力が求められます。新興感染症には誰も免疫がないのですから。
また、歯科での感染防止には、このほかに、ラバーダム防湿、バキュームテクニック(吸引)、4ハンドテクニック(上の写真:術者とアシスタントの手4つで器具の受け渡しをします。)も感染の予防に有効と言われています。
また、診療室の換気も大切です。換気扇が本当に部屋の空気を吸っているのか?またどのくらいの速度で?ガイドライン的には1時間に6回空気を入れ替えろとありますが、実際はこれまた現実的ではありませんでした。患者さんが終了するごとに、部屋の窓を全開する方がよっぽど早く空気が入れ替わります。

ガイドラインはあくまでもガイドラインであり、実行するスタッフの能力によって感染制御のレベルは変わってきます。そのため教育はとても大切です

明日にも緊急自体宣言が出そうですが、歯の治療が必要な方はいらっしゃいますので、さて、今週もまた頑張りましょう あ〜速く終息しないかな〜そして、一早いワクチンの開発を望みます
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード