顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: 歯科衛生士教育


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】


歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

抜去歯を使ってスケーリング(歯石をとる)の指導…

歯石を取るには力がいる…

手を使いすぎて、手根管症候群になる…

腱鞘炎だから、ハンドスケーリングはできない…

うちのスタッフに聞けばわかるけど。

image


スケーリングに力はいらない。ハンドスケーリングだからって手根管症候群になったりしない。

歯石を取るのに力なんかいらないのです。

目から鱗の歯石除去をうちのスタッフは叩き込まれるわけです。

いつも感激するのは、キュレットスケーラーです。使うたびに感激します。

「なんて理にかなった器具なのだ‼︎」

絶妙な角度、シャンクの長さ、素晴らし過ぎる‼︎

いつのころからかパワースケーリングが流行りだし、超音波スケーラーがもてはやされる。

手用スケーラーより傷が付きにくいとか、歯石が取れるとか、良さばかりが注目されて、今や手用スケーラーを使っているのは古い人、時代に乗り遅れているみたいに言われるけど。

はい、それで結構です。

私はハンドスケーラーを馬鹿にする人や古いという人を、全くスケーリングを理解していない人だと思うのです。

本当の歯石の除去を、誰にも教えてもらえないで世の中に放り出される歯科衛生士さんは可哀想だと思う。

学校でも教えてもらえない。

歯石の除去が上手な歯科衛生士さんてなかなかいません。

私…

見ればわかります。

上手い人は把持がきちんとしている。

上手い人はレストがきちんと取れてる。

上手い人は器具の特性を十二分に理解している。

上手い人はシャンクと歯軸、歯面とエッジの絶妙な角度を理解している。

一目見れば、その歯科衛生士さんがどの程度の衛生士さんかわかる…

自分もそう、評価されるのであろうなぁ…うちの歯科衛生士に(爆)

私が上手いか下手か1番知っているのはうちのスタッフなので、気になる方は秘密で聞いてみて下さい(笑)

では、また来週がんばりましょう♡

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんばんは。naomiです

先日朝のミーティングで顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士Yuちゃんから「脳」のレクチャーがあったので、忘れないうちに備忘録。書いておきます!

先日教えてもらったのはやる気スイッチ(写真の出典はwikipedia)
cingulategyuus
 は脳の断面図です。今回の主役やる気スイッチはオレンジの部分。帯状回と言います。帯状回には前と後ろがあって、前部帯状回と後部帯状回があるんだって

でね、やる気スイッチはこの前部帯状回にあるそうなのです

この前部帯状回を刺激するとなんとやる気がでるそうなのです。つまり、ここに電気刺激を加えればやる気は出るそうなのですが、持続させるのは無理なんですって

でね、なんとすっごいおかしかったのがYuちゃんのプレゼンの最後が「やる気スイッチを押す歯科衛生士naomiさん」って写真がめっちゃうけた
image

つまり、歯科衛生士の仕事で何が一番大切かと言うと、コミュニケーション能力とモチベーションを上げる、上げ続ける能力がとても重要。

つまり、患者さんのやる気スイッチをスイッチングし、更に電気が消えないようにスイッチを見張って消させない、消えたらスイッチを押す、それができるのがプロの歯科衛生士。

そうかなぁ...私、患者さんのスイッチ...スイッチングしているのかなぁあまり自覚がないのですが、まあ、メインテナンスに何年も継続して通って頂けている事を考えると、そうなのかなぁ

私が考えていることは、いかに患者さんをクリーニングの時に寝かせようかっていうことだけなんだけどな。

いやあ、それにしてもすごいですねえ。脳の話ができる歯科衛生士さんが現れるなんて、完全に世代交代やっほーお役ごめんの時も近いというわけで、私は細々と今まで来院してくださっている患者様と世間話でもしながら年をとるとします

さて、週末はクリニックでメインテナンス。明日もがんばんぞー 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんばんは。naomiです大学生活もそろそろ慣れてきまして。週前半は大学がメイン。後半は医院のお仕事がメインで、やっとタイムマネージメントができかかってきたところです。

さて昨日、歯科衛生士さんの『口腔ケア』の講義がありました

その中で歯科衛生士ケアプロセスという言葉が出てきまして、衛生士さん曰く『最近卒業した歯科衛生士さんは授業でありましたかね...』と。

そう、私が学生のつまり20年前は歯科衛生士ケアプロセスなんて言葉は授業でも習っておらず...日本語の雑誌が出たのが2007年のようなのですが、実は私、もっと前からこの理論を知っておりました。 
process care
かれこれ何年前だろ。
私がまだ錦糸町のクリニックで『歯科衛生士科』を作って、外来で予防部門を立ち上げた頃だから、12年以上前か。つまり、少なくとも2004年の段階で知っておりましたし、実践してました。

日本では歯科衛生士が診断する事は法律的にありませんが、カナダやアメリカでは歯科衛生士がアセスメントして、診断し、ケアプランを立案し、プランの実施、再評価するというのが当たり前に成書にありまして。私も当時、海外の歯科衛生士さんに憧れてましたので、書籍やインターネットで調べて実際にこれを実践していました。

ただ、アメリカのようにエビデンスに基づいた画一した手技にのっとって...というわけではありませんでしたけど。自己流ですが、自分の受け持ち患者さんをアセスメントして、ケアプランを立案して、プランを実施して、再評価して、どのように口腔内を持っていくか、どのように指導していくか、あるいは導いていくか、どのように一生お付き合いしていくか...とこの理論に基いて考えていました。

現在、私は小児の摂食部門に配属されて、子供の摂食指導を学ばせて頂いているのですが、そこで思う事は、もちろん分野が違いますから、アセスメントは弱いですが、ものは違えどこのケアプロセスの過程や歯科衛生士としての関わり方は、現在のメインテナンスの関わり方と一緒だという事。

つまり、カリエス、ペリオ、摂食と分野は違いますが、患者さんをその分野でアセスメントしてプランを立てて、ケアを実践して導いていくのは同じって事。

そしてそこで一番大切なベースとなるのは、対、人としてのコミュニケーションスキル。患者さんの言葉に耳を傾け、心の声を聞き、相手に沿った指導をして患者さんを導いて行くこと。

つまり本質は一緒なのだなぁと

大学の入試の面接で、面接官の先生に『なぜ一般の診療室勤務なのに摂食、嚥下を学ぶのか?』と聞かれました。その答えは私の中では明確にあるのですが、一般的には私のようには思わないみたいで...

いつも言うのですが、看護師さんと歯科衛生士の違い。皆さんは答えられますか?

全身をターゲットにしているか、口腔をターゲットにしているかの違い

いえいえ、全く違います

看護師さんはあくまでも点でしか患者さんを追えません。病気で入院した時、病気があって経過を追っている時、欲求ニードとしては生理的欲求に近い低次の段階へのアプローチです。

歯科衛生士はどうでしょう?メインテナンスというシステムを使って、未病の人にもアプローチできますし、病気から回復した人(例えば歯周病が完治した人)の更なる健康になりたいニードを支える事もできるのです。そして、その人が自己実現するまでの高次の欲求を満たすまで成長のお手伝いをする事ができるのです。

だから看護師と歯科衛生士は似ているようで全く違った職業です。

ただし、この違いを理解している人は歯科衛生士でも少ない...

歯科衛生士は人の一生に関わる職業。生まれて赤ちゃんから、乳児、幼児期、青年期、壮年期、老年期...人は変化していくものです。その一生の変化に対応していくのが私、歯科衛生士です。

だから私の患者さんだって飲み込みが悪くなって、嚥下障害が出てくるし、病気になって摂食ができなくもなってもいくのです。その時に対応できるように勉強しているというわけです。

摂食嚥下専門も素晴らしいですが、私はあくまでもメインテナンスしながら一生その方の人生を追っていきたい。あくまでも歯科医師的に言うならGPとして関わっていきたい。そう思って勉強しています。
 
なんと、今日歯科衛生士のNoriちゃんに言われたのですが、私の予約...もう年内数枠だそうで
おーいっていうか、今何月だっけ

というわけで、大学の出席日数もギリな私自分でもどうして良いかわからない状況です

あら。お話がとりとめなくなりました...

明日はウキウキ。歯科衛生士新卒ちゃんが面接に参ります。若いって良いですね
歯科衛生士って卒業した時には理想に燃えているんですけど、現場に毒されていくと焼きアジですからねえ?何ですか?って?目が死んだ魚です目標を見失っちゃって。

最近は目がキラキラした成長株な歯科衛生士さんが周りにたくさんいて、おばちゃまな私も刺激を受けています。

何度も言いますけど、皆さん、師は選びましょう。目標とする師がいるかいないかで歯科衛生士としての未来は全く違った物になります。卒後5年...いや3年...いや、もう卒後1ヶ月ですが、大きく差がついてますもんね...

日々無駄にしないように。いち早く師を見つけましょう 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様、こんにちは来る7月18日日曜日、第10回首都圏滅菌管理研究会が開催されます。
申込が始まりましたので皆様にお知らせいたします

私naomiも第9回研究会で『歯科医療機器器材の再生処理における改善』というお題を頂いて発表いたしました。そしてご縁あって、研究会の幹事に仲間入りさせて頂きました。

今回は記念すべき第10回である事もさることながら、日本の感染制御の歴史を作られてきた小林寛伊先生がご登壇されます。これは見逃せません

07

東京医療保健大学及びこの研究会で学ぶ事により当院の感染制御は飛躍的に進歩いたしました。

小林寛伊先生の『新しいものはポッとでてくるのではない、過去の学びを深める事で新しいものは生まれる。だから歴史を知る事は大切だ。』と教えられました。

本当にその通りだと思います。日本における感染制御の歴史を全て知っている小林先生のお話を聞ける機会はもうないというぐらい貴重です。

ぜひ、少しでもご興味ある方はご参加頂ければと思います

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

現在オバ大生の私。学校では生徒、医院では教育者...両極にある立場を数日ごとに行ったり、来たりしています

今日は医院でお仕事でしたので、昨日までは生徒だったけど今日は急に教育者

coachi2
いつも言いますが『師を選ぶ』という事はとても大切です。

師匠と呼べる誰かと出会う事が、何事も上手になる近道。
皆さんは師から学ぶ事は、その優れた知識や技術だと思うかもしれませんが、これもいつも申し上げますが、知識や技術は経験を積めばある程度身につくものです。

師から学ぶべきものは、その『心』です。

医療に対する真摯な態度や、患者さんを思う気持ち。人と向き合う誠実な心。

...あまり言うと墓穴を掘りそうですけど
coachi1
でも、私自身がそう思うからこそ、キャリアを20年積んだ今でも自分を磨き続けなければいけないと思い日々人間性を磨く『努力』をしているわけです。(あくまでも努力ですので

本当はまだまだこんな事言えないんですけどでももう人生が折り返しになってしまいましたので、否応なしに若い世代に少しでも自分の経験を繋がないとと思うのです。

つまりは若い人たちのお陰で私も成長させて頂いているって事ですね

若い人はカラカラのスポンジのように、どんどん水を吸収していきます。この時期に師と呼べる先輩に出会えると人生は変わっていくのだろうなぁといつも思います。だから若い時に受ける教育が大切です。

老婆心ながら申し上げますが、心が素直なうちに師と呼べる先輩との出会いは人生を変えますよ

今日もYuちゃんにスケーリングを見て下さいって言われてチェックしていたのですけど、自画自賛で本当に申し訳ないけど、私が1から教えているので、上達が早いですね〜

彼女は新卒1年目ですけど、間違いなく世の中の1年目とは全く違います。この数ヶ月で大きな差が開きましたね。もう数年経験を積んだ衛生士さんのレベルです。

私が一番驚いています。だって、私なんかが教えた衛生士さんが目を見張るほど上達していくのですもの

教育の大切さをYuちゃんに教えてもらった次第です。有難うございます、Yuちゃん

さて明日はまた生徒です。私もまだまだ先輩から学ぶ事があります。プロフェッショナルな衛生士さんに。明日はご教授いただこうと思います 

さて。明日も早いので。

おやすみなさい 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

今日はお天気がすごく良かったですねGW皆様いかがお過ごしですか?

この1ヶ月、私は自分が選んだ道ながら、多忙極まりない日々を過ごし、つかの間の休息。今日はお天気も良かったのでリフレッシュできました

 先日も申し上げましたが、4月から20年ぶりに...あー...一昨年女子大生になったけど、また女子大生になり...環境が激変しました。

同じ歯科でも畑が全く違いますので、一から初心の心構えで学生生活を送っています。
でも、医院では、後輩を育てる立場であり、全く正反対の役割を日替わりでこなす日々なのです...

そんな中、この4月からイリタニオフィスにも歯科衛生士が2名増え、そして勿論歯科衛生士のライセンスがありますので、この4月からデビューいたしました。

今期4月にデビューの歯科用顕微鏡歯科衛生士Yuさんは、もともとイリタニオフィスのアシスタント。ですから歯科衛生士としては4月のデビューですが、3年前からすでに歯科用顕微鏡のトレーニングをしていました。やっとその成果を発揮するべく、患者様を担当できるようになったというわけです。

yuko

というわけで、私がアシスタント 担当してます

そろそろ世代交代でしょうかねーそれにしても、こんな時代が来るとは。

卒業仕立ててで、肉眼でスケーリングはした事なく、最初から歯科用顕微鏡を扱う歯科衛生士が登場するとは。私の長年の悩みは、歯石が確実に取りきれず、出血したり、排膿したり...処置の限界に無力感を感じ、この仕事を続けるのがいたたまれなくなった事が何度もあります。

そういう悩みを持つことなく、歯科用顕微鏡を用いて処置の精度が格段に上がったレベルから世の中に出て行く歯科衛生士は、私からしてみればニュータイプとしか言いようがありません。

Yuさんに続き、秋にはNoriさんがデビューします 

私のお役御免の日も近いですね...

若い人たちが活躍するのは良い事です。何でもそうですが、技術は伝承していかなければなりません。この業界を盛り立てたいと思うのならば、自分の持っている知識や技術を惜しみなく後輩に伝えなければなりません。もう私もそんな年齢になったのですね

さて、今月5月から、2ヶ月ずつ、新人の私は各科を回る事になります。
私もイリタニオフィスの新人ちゃんに負けないように、新人生活頑張るとします。もう年とっちゃってるので続くかどうか本当に不安なんですけど

えーいっなるようになれっ

明日も頑張ります 


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

来年4月12日に歯科衛生士研究会en-rond主催で歯科衛生士向けセミナーを開催します
en-rondのfacebookページ第1回目の今回は感染管理から誘導、問診、症例までGoodコミュニケーションがメインです
来年1月号の歯科衛生士、デンタルハイジーン2月号のDHstyleに募集が出ます
本物の歯科衛生士になりたいあなたは必見です!定員10名ですのでお早めにお申し込みください。

***********************
 
昨日、付着の事を書こうと思ったのですが、セミナーの事が長文になってしまったので、今日書きます!

biological with


人間の体ってすごい!図は歯周組織の断面図。歯科関係者の方はご存知かと思いますが生物学的幅径です。

実際には...

BlogPaint

 
こうなってます
生物学的幅径は、サルカス、上皮性の付着、結合組織性の付着。 

顕微鏡を使うまで、上皮性の付着やポケット底部は教科書の中でのものでしかありませんでした。今でも本当にこの見えている組織がその部分なのかどうかわかりません。私の勝手な思い込みかもしれません 
私は臨床家なので、結果、歯石を取りきることが重要。臨床家にとっては結果が全て。

解剖学的にはこうだとか、論文的にはどうだとか。それはそれで重要だけど、私は研究者じゃない。目の前の患者を救えなければ意味がない。

患者に論文ではこうなっているから治せませんとか、論文ではできないと言ってるからできませんとか、そんな事患者にとっては意味がない。

患者からすれば「あなたが私を治してくれるのかどうか? 」が問題なのです。論文の平均値なんてどうでも良い。論文が治してくれるわけじゃない。患者にとっては0か100かしかない。

人体は本当に不思議です。エアー(風)をかけるとポケットが開きますが、その時に口の中の粘膜みたいに薄皮が見えるのです(写真の黄色の矢印部分)それがタコの吸盤みたいに(タコ吸盤ほど強固じゃないけど)歯面にくっついてる。

しかも、それは、歯石の除去を行うとよける事ができるんだけど、でも処置している間にまたくっついてくるんです。それはまるで止血の機構と似ています。即座に反応するという意味で。そう、組織の反応だと思うのです。そういうのが観察できる。

でも... そういうの、誰も教えてくれない。顕微鏡を使っている歯科衛生士さんからそういう話は聞いた事がないし、歯科医師の先生も、歯石の除去なんかにそんなにこだわってない。

歯周外科処置の前段階の歯石除去は行うけど、予防的な歯石除去は行わない。つまり、ポケットが浅い場合には歯石を探す事すらしないし、麻酔して次はオペにつなげるため。

っていうか、歯科医師の先生には私たち歯科衛生士にはできない処置をしてもらいたいよね。こんなに世の中に顕微鏡を使っている歯科医院が増えているんだからさ。衛生士さん使ってるんでしょう?なのに、なぜか先生達も一緒になってデブライドメント止まりの発表。

そんなの衛生士でもできるっちゅーの。しかも、ポケット5mmぐらいまでなら無麻酔でいける。しかも患者さん寝てるみたな(笑)しかも、今までの肉眼での歯石除去みたいに歯肉が平坦化しないし、オペにまわるデブライドメントはほぼ抜歯の域に近い。

私の症例で下顎前歯ポケット9mmで、さすがに麻酔はしたし、歯肉も少々下がったけど(事前に患者さんには説明済み)抜歯せずに、腫れもなく経過している症例がある。骨の再生はどうかと思うけど。でも患者さんからしたら、抜歯にならずに、何の症状も出ずに歯を使っているわけで。

患者さんからすればたかが1mmの骨が再生した事よりも、歯を抜かずに一生使える方が価値がある。数ミリの骨の再生に一喜一憂しているのは歯科医師だけだ。しかも数年後にはまた再発してたりする。だって大切なのはその後のメインテナンスなんだもの。メインテナンスなしで再生した骨の維持はできない。

本当、最近の自分の仕事にはストレスがない。自分の持てる力を全て出し切って歯石の除去をすれば、もともと抜歯ケース以外は以外に良い状態に持っていける。もちろん、難しい症例や患者様がオペを望まない場合、咬合や根治との複合型の場合もあるから、全てが治るわけではないけれど、何もできない無力感はない。

やっぱり歯科用顕微鏡ってすごい。本気で使えば歯科衛生士の診療が変わります

さて。また今週も始まりますね。今年最後の1週間。全力でいきましょう

 


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

来年4月12日に歯科衛生士研究会en-rond主催で歯科衛生士向けセミナーを開催します
en-rondのfacebookページ第1回目の今回は感染管理から誘導、問診、症例までGoodコミュニケーションがメインです
来年1月号の歯科衛生士、デンタルハイジーン2月号のDHstyleに募集が出ます
本物の歯科衛生士になりたいあなたは必見です!定員10名ですのでお早めにお申し込みください。

***********************
 
先日、米倉涼子さん主演のドクターXが最終回を迎えましたね。たかがドラマなんですけど、私はこのドラマが大好きで最終回も共感

書類にサインをすれば、国家予算が出て、将来にわたってたくさんの患者さんを救える。でも大門未知子は、「目の前の患者を救えなくて何が医者だ!」と豪語。

私がいつも言っている事。セミナー講師となって後輩を育てるという大義名分は良いけど、本当に実力があるなら、自分を頼りにして来院される患者さんを診る時間を削ってはいけない。

結局講師をする人には自分が有名になりたい人が多い。お金や地位や名誉。残念ながら実力を知名度は比例しない。私はそれが嫌だったので、10年前にセミナー活動はやめました。

でも40を超えて、ただしい歯科衛生士という職業を伝える歯科衛生士が見当たらなくて、じゃあどうするかって考えたら、誰かがやってくれるじゃなくて、自分達がやらなければという使命感が自然に研究会メンバーに湧き上がったのが今だったというだけ。

これ以上年を重ねると外に向かうエネルギーがなくなる(笑)

というわけで、セミナーを開催します。

2014-12-03-21-22-54

来年1月号のデンタルハイジーン、歯科衛生士と2月号のDHstyleにセミナーの案内が掲載されます

早めにお申し込みしたい方はen-rondのfacebookページからもどうぞ

おっと...セミナーの事を書く予定じゃなかったんだけど^^;付着の事を書こうと思ったのに...

長文になってしまったので、次のブログで付着の事を書きます。

ではではまたすぐにお会いしましょう



 

歯石取るのって難しかったんだぁ...

患者さんがよくガリガリ歯石取られたって言うけど、本当だ。
ガリガリの意味がわかった。

誰もが知っている歯石を取る方法

・超音波のパワーをあげるキーン
・ハンドスケーラーでガリガリする

なるほど〜歯石って力づくで取るものだったんだぁ

そりゃあ、ガリガリキーン痛いし嫌に決まってる

私がやっている歯石取りの方法売れるんじゃないかって本気で思っちゃった
セミナーでもやるかな〜痛くない歯石取りの方法とか。
 
無理。歯科衛生士にスケーリングしてもらうの

**************************

イリタニオフィスに新しくスタッフが仲間入りました
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ



naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

今日は気持ちの良い秋晴れでしたねお洗濯にお掃除、家事に忙しかったnaomiです

明日からまた1週間頑張らなくちゃnaomiは今、新しく入社したkimちゃんの教育かかりを仰せつかっています。kimちゃんが器具の把持の事をブログに書いた(@基本が大切です☆顕微鏡診療専門歯科衛生士kim)のを読んで思う事を今日は書きます。

私は歯科医療従事者のスケーリング(歯石除去)が怖くてはっきり言って受けたくありません
よく患者さんは歯のクリーニングに行きますよね感心します

え?なぜかって?

私達歯科医療従事者はお休みの日も講習会に行って、知識や技術に磨きをかけています。
その講習会で相互実習付きの講習会があります。歯科衛生士同士がペアを組んでお互いにやりあうのです

私はこの相互実習が大嫌いなので、なるべく相互実習のないものを選びますが、どうしても聞きたい話だったり、行ってみたいものは意を決して参加します。

そしてせっかくの実習ですもの。チャンスがあれば講師の先生にやって貰いたい。自ら進んで手をあげます

超有名な海外の衛生士さんのPMTCのセミナーで先生が回ってきたのでやって貰いました。某セミナーで超音波を使用した歯石除去の実習がありやってもらいました。

世界一の衛生士だという某先生のメインテナンスを受けました。アメリカで活躍しているペリオの先生のスケーリングのモデルになりました。

さて、皆さん、その結果どうだったと思いますか?

全員痛くてたまらんでした。

よく患者さん我慢してますよね。でもかく言う私も、術者にどう?と聞かれた時には、「大丈夫です、痛くありません」と答えますそりゃあそうです。本人を目の前にして「痛いです」なんて言えるわけがありません。

そういうされる側の心の声に多くの歯科医療従事者が耳を傾けようとしません。

「私の、僕の処置が痛いはずがない。」

「私がこんなに丁寧にしてるんだもの、これ以上痛いのは患者のせい。」

だから私は歯科衛生士の歯のクリーニングは受けたくありません。
また歯科医師が行うクリーニングは衛生士とは全く違う視点で行いますから施術の丁寧さの問題だけでなく受けたくありません。

私は自分自慢をする気はありませんが、患者さんからよく言われます。

「今までの歯石除去と全く違いました

「全然痛くありませんでした

「本当に歯石取ったのですか?え?終わったんですか

って。

「はい取りました

って答えます。もちろん、当医院では全ての処置を歯科用顕微鏡を使用して行っていますから動画をお見せすれば一目瞭然。皆さん驚かれます

ではなぜ痛いのでしょうか?

痛い理由は様々にありますが痛い理由の1つ。今日は術者側の問題についてです。

スケーリングが出来てない。

痛くないスケーリングをするためには繊細な手の動きが必要です。その動きを支える基本のいの一番の器具の把持ができていないのです

modified pen grasp
基本の基本である器具の把持ができてない把持ができずによい処置はできません

体位にポジションがあるように、手にもポジションがあるというわけです。

というわけで、いの一番である器具の把持の事を顕微鏡診療専門歯科衛生士kimちゃんが書いていますのでご興味ある方はご参照くださいませ

意外と気がつきません。自分の把持がちゃんとできてるかどうかって。

また把持の基本形が処置の間に崩れてしまってはいけないのです。常にこの把持の基本形でいる事が大切です

皆さんの把持、基本形できてますか?その前に基本形がわかっていますか?ですね。きっと

把持の次はレストとモーションですかねぇ奥深しスケーリングですよ

**************************

イリタニオフィスに新しくスタッフが仲間入り
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

このページのトップヘ