顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: 今年の目標


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆さま、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします

osechi

今年も始まりました。いつも恒例になっております、我が家の御節でございます
昨年と全く同じ

毎年作る御節。毎年こうやってブログを書いていますが、最初の数年は、また同じ写真だ〜
アングルも同じだし、作っているものも同じだし、つまらないな〜と思っていました。

でもね、途中から気がついた事がありました

諸行無常。この世の中に同じに見えて同じ事は1つもない。常に変化するのが世の常。
同じアングルで御節を撮影していて写真は同じだけれど、御節を食材、手間暇、出来栄えはその年によって違う。年末の御節を作る心構えもその年によって違う。

つまり、同じ事が同じようにできる事に、本当はすごく意味があって、同じ事は平凡でつまらないのだけれど、いざ失って見るとその平凡がすごくかけがえのないものだった...という。

だから、今年はそんな事を思いながら、意識して、去年と全く同じ盛り付けにしました

去年の作品はこちら☆
http://microscope-enhanced-dental-hygienist.jp/archives/52647237.html

ね、本当に同じでしょう

と振り返っていたら去年の目標が書いてありました...
1.昨年の学びを生かし、歯科衛生士の新しい形を模索していく事。
2.外の活動としては、一昨年から行っているセミナーを継続しつつ歯科衛生士教育に一石を投じていく事。
3.何事にも集中できる落ち着いた生活をする事。 

振り返ってみますと、1.は診療に昨年学んだ口腔リハを取り入れて、第1回口腔リハ卒業生研修会で発表しました。

今までは虫歯や歯周病を皮切りに健康教育を行って来ましたが、リハ科を卒業してからは口腔機能検査を取り入れ、更に身長体重から算出するBMIを元に、 肥満症、メタボリックシンドローム、サルコペニアなどについての健康教育を早期から行うべく情報提供。

また、私たち歯科衛生士が診療室で行うべき健康教育は何かと考えた時、自分の体に興味を持って頂く事は当然の事ながら、次のステップとして、医科に繋げる事が大切と考え、健康指導の指標となる、血糖値、血圧、コレステロールや中性脂肪を問診より聞き取り、情報提供と、またかかりつけや健康診断を受けているかというところでスクリーニングし「繋げる」ようにしました。

すぐには繋がらなくても、つながるきっかけを作り、長期に渡って見守る事で、一生涯に渡っての健康管理、健康の維持増進を行えると考えています。

そもそも国の医療政策の一環として健康診断があります。それに準じる形です

研修会でも言いましたが、「歯科には医科にはない定期来院システムがあります。」これを利用して一生涯患者さんの健康を守る事ができます。

歯科衛生士の関わり方の新しい形だと思っています。

2.の外部でのセミナーは昨年1年間継続し、思うところがあり今のところ開催は未定です。歯科衛生士教育に一石を投じたいと思っておりましたが、昨年1年間、置かれた環境の中で歯科衛生士という職業の事を考えましたが、結論としてやはり、十数年前に土屋和子先生に言われたように「歯科衛生士の底上げをするよりも、自分が走って平均点をあげれば良い 」が性に合っている事を再確認しました。

ついて来る人がついて来れば良い厳しいけれどそれだけ歯科衛生士の置かれている状況がまったなしという事です。歯科衛生士...1年間様々に見つめたけれど関わるのがストレス過ぎました

一石を投じようなどどいう上から目線のタカビーな立ち位置はやめて、誰かの事は関係なく我が道を行きたいと思います。

特に3.の落ち着いた生活はできなかったな〜
大学を卒業すると同時に、スタッフが退職して忙しくなり、プラス後半4講演を依頼され(気持ちは有難いと思っているのですが、重なり過ぎました)まさしく多忙の日々。特に10月以降は連日遅くまで資料の整理で、学生の時よりキツかった...

そしてそんな中で迎えた新年
かなり疲労感が抜けきれない事もあり、昨日も書きましたが、今年は

「天命に従い、自分に与えられた事を黙々とこなす」

で行きたいと思います。

今年1年またよろしくお願いします

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆さま、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします

昨年は皆さまに支えられて、 様々に活躍する事が出来ました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます

昨年は3月に無事に大学を卒業しまして、他年間33回のセミナーを受講、自らの講演本数下半期4本。実に充実した年でした。(かなり消耗した感はありますが

本年は少々のんびりしたいところではありますが、新年早々5月の研究会の打ち合わせと、病院視察があります。私が所属している首都圏滅菌管理研究会は、病院の中材業務の研究会ですが、病院に歯科がある事もあり、最近は歯科医療従事者の参加も増えてきました。

今年も私に与えられる役割を真摯に受け止め、歯科医療従事者として患者さんのために貢献できればと思っております。

今年の目標は...(いつも新年最初に目標を書いていたのでした

有難い事なのですが、与えられる課題が最近はとてもハードで、正直気後れしてしまいます。
だから...逃げないうむ。後ろ向きだな。という事で、「全力疾走」にします

あ、小学生の時のマラソン大会を思い出しました我武者羅に走る。黙々と前も見ず、足元をじっとみてただ走る。前を見たら気持ちが焦る、だから自分の呼吸だけ感じて、黙々と、黙々と。

人生は長距離走だから。黙々と

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

naomi

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆さま、今年も明けたと思ったらもう1月も末...恐ろしいスピードで時間が流れて行きますね。

さて大変お待たせいたしました。本年春のセミナーの申し込みを開始いたします。

image
申し込みはこくちーずよりお願いします。
セミナー概要をじっくり読んでから決めたいという方はこくちーずのセミナーご案内ページへ。

リピーターの方や興味あるけどどうなの?という方は、以下続きで今回のセミナーに向けてのnaomi達
の熱い(いやうざい?)想いをぜひお読み下さい

今回の注目ポイントは

歯肉を診る

です。

セミナーを始めた数回は前半で感染管理の話をして、午後から症例でした。
それは、私が歯科衛生士の皆さんに「感染」という事を考えてもらいたかったから。

虫歯も歯周病も感染症。アメリカの歯科衛生士の成書では「infection control」が教科書のトップにきます。だから日本の歯科衛生士さんにも感染についてもっと理解を深めて欲しいと思って内容に盛り込みました。

感染の分野は花形ではありません。どうせお金を使うならという事で、スケーリングやシャープニングのセミナーに負けてしまいますから集客には繋がりません。
でも私は学術的にきちんとした基礎を歯科衛生士さん達に知ってもらいたかったのです。

そんな私の思いが通じて、私の感染の話を聞いて、滅菌技師の資格を取った衛生士さんもいます。
ここでもくれぐれも言いたいのは、私のセミナーの中でも申し上げましたが、滅菌は感染制御の中の1つの分野です。滅菌だけしていても感染制御にはなりません。本質をきちんと理解して下さい
そういう事を教えてくれる人は歯科の中には少ない…

私としては、また感染の話も織り交ぜたいのですが、セミナーを開催するたびに熱意あるリピーターの方がいらっしゃいまして、その方達の熱い想いに応えたいという気持ちがあり、前回から感染の話はせずに1日症例検討に時間を割いています。

症例検討は1回行うごとに、次の課題が見えてきます。

手探りの1回目から見えてきた問題点は「患者さんを人として診る」という事でした。一辺倒なプラークコントロール、一辺倒な指導。それに参加者は気がつかないでいました。

2回目から見えてきた問題点は「知識のなさ」でした。普段の指導の中で知っているつもりの事が答えられない。答えられても本当に理解していない。教科書の棒読み。

一人前に症例を診れるようになる事が目標なのに、つまずく事が数多く...最後の歯科衛生士診断までたどり着かずにセミナーが終了してしまうのです。

リピーターの方は流石です。数ある歯科衛生士のセミナーの中から、決して安くはない、しかもバックに企業も歯科医師も付いていない無名な私たちのセミナーを選択し、地方から東京まで出てくるのですから、再会の時には前回の事を多少なりとも実践してきます。

今度こそ褒められる...そう思ってきていると思うのですが、なんとまたガツンと崖から突き落とされて帰るというなんともお金を払ってかわいそうな彼女達なのです

でもそんな彼女達だからこそ成長があって、次がある。確実に成長してきます。

だから私たちも次の彼女達(とは言っても、必ず彼女達が参加してくれるとも限りませんし、またセミナーのベースは揺らぎませんから、彼女達だけではなく参加者全員のニードをベースに)の課題をセミナーに取り入れて行くのです。でもこれは受講生皆の課題でもあります。

書いていて思いますが、こんなセミナーは他にはないと思います。概ね筋は同じですが、細い点や成長点は参加者に合わせて細かく決めているのです。巷の一辺倒なセミナーとは考え方が全く違います。でも、歯科衛生士の仕事も同じでしょう?患者様に合わせたオーダーメイドってそういう事でしょう?

だから今回もいつもと同じ『症例を見られるようになるセミナー』ですけど「歯肉」に焦点を当てます。歯肉の診方がわからなければ、その先に進めない。診断ができない。

というわけで、長くなりましたが、受講生の募集を開始します。
定員10名となっておりますので、お早めにお申し込み下さい。

皆さまのご参加をお待ちしております

最後までお読みいただいて、お申し込みしたくなられた方はこちらからどうぞ。

皆さまとお会いできるのを楽しみにお待ちしております 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

謹賀新年。
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします 
JPG

2017年皆様はどんな新年をお迎えになられたでしょうか?

私はいつもと変わらず普通のお正月を迎える事が出来ました

私の毎年のお正月と言いますと、暮れからお節作りをするのが習わしです。
今年も例年と変わらず(本当、テーブルクロスまで変わらないから笑えますね)無事にお節を作り終わり、新年を迎える事が出来ました
image
 例年ブログで私のお節を楽しみにしている方がいらっしゃるとの事で、お粗末ながら本年もUPさせて頂きます。今年は伊達巻にも挑戦。既製品無し(蒲鉾は別ですが)、お雑煮も加えまして手作りお節全11品(黒豆、数の子、田作り、紅白なます、しめ鯖、昆布巻き、慈姑、栗金団、伊達巻、筑前煮、お雑煮)となりました

私がお節を作るのには理由がありますお節の言われ、皆様はご存知でしょうか? 

我が家の1の重。黒豆は まめまめしく元気に働けますように。数の子は子孫繁栄。田作りは五穀豊穣を願い、紅白なますは紅白で縁起良く。

2の重の昆布巻きは犂遒岫瓩箸けて縁起物。健康長寿。慈姑は出世祝い。しめ鯖は海の幸として。

3の重の栗金団は読んで字のごとく金運を。紅白蒲鉾は紅白で縁起良く、また海の幸として。伊達巻は 繁盛繁栄。昔は魚のすり身はかまぼこ同様高価なものでした。また卵の金色が縁起物

煮物。里芋は子宝を。レンコンの穴は先を見通せる縁起物です。

そしてめでたさを重ねてお重に。本当は4の重までありますが、我が家のお重は3重なので、お重の内容が正式ではありませんが、そこはご愛嬌という事で。

まあ、そんな言われを日本人として大切にしたいと思い、お節作りをはじめました

お節を作って思う事は、やはり日本人は凄と思うそして日本人でよかったと思うのです。

お節料理には日本食の心が詰まっていますし、 丁寧な仕事ぶりが日本人らしいです。

栗金団のお芋の裏ごしの一手間や

image

ニシンの茶ぶりとか
image

昆布巻きの干瓢と昆布を切りそろえる事とか。日本人の知恵と繊細な手技が込められているように思います。

さて、普通のお正月を普通に迎えられた事に感謝し、今年はどんな年にしましょうか?

昨年は激動の年でしたので、今年は腰を据えてどっしりと構えて今与えられている役割をしっかりこなしていきたいと思います。

具体的には、

1.昨年の学びを生かし、歯科衛生士の新しい形を模索していく事。

2.外の活動としては、一昨年から行っているセミナーを継続しつつ歯科衛生士教育に一石を投じていく事。

3.何事にも集中できる落ち着いた生活をする事。

の3つをを目標にしたいと思います。

新春1日目。
今日はお天気もよく新年を迎えるにあたってはとても気持ちが良い日となりました。

どうぞ皆様、良き新年の1日をお過ごし下さい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

新年4日。今日が仕事初めの方も多いかと思います。
さて。お正月気分を一掃して、私も今日から本格始動いたします。

現在決まっている私の2大イベントをご紹介します。
昨年仰せつかった、首都圏滅菌管理研究会の裏方役。7月18日に10回大会が開催されます。私が大変お世話になりました、小林寛伊先生が講演されますので、裏方としてその役割をきっちり務める事が大きなイベントの1つです。
23

小林寛伊先生は日本の感染制御学の生みの親であり、第一人者です。その歴史的人物であらせられる小林先生のお話を聞けるのはこれが最後になると思います。ぜひご都合つく方はご参加頂ければ幸いです。(また詳細が決まりましたらアップいたします)

それから日にちが前後しますが4月の歯科衛生士研究会en-rondのセミナーを成功させる事。

ここで皆様にお知らせがあります。歯科衛生士研究会のセミナーの申込を開始いたします。お申し込みはこくちーずよりwebよりお申し込み頂けます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 ☆ デキる歯科衛生士を育てるコース ☆ 
 〜明日から使える臨床の技シリーズ 繊
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

講師4名(全員キャリア20年以上)が教える即使える実践的なセミナー。
受講して頂ければ必ず歯科衛生士としてキャリアアップできます。(私達が責任を持って必ずキャリアアップさせます。)

今回から定員を減らして10名先着順としました。(必ず結果を出して頂くために人数を減らしました)

【内容詳細】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■第1部  
『 今さら聞けない! 一から学べる感染対策 』

 ◎ 歯科医院の感染対策の中心は歯科衛生士!
 ◎ 知ってますか?感染制御学という学問の事
 ◎ これだけは絶対に守りたい感染対策のルール
 ◎ 最新のガイドラインを紹介します

 講師: 戸田 奈緒美 先生(歯科衛生士)
      1993年 鶴見大学短期大学部 歯科衛生士科 卒
     2013年 東京医療保健大学企業人支援実践講座 終了(首都圏滅菌研究会幹事
      現在  Advanced Care Dr.Iritani's Dental Office 勤務
     ・文献:歯科衛生士業務における顕微鏡の活用

なぜ、私が感染制御学の話をするのか?虫歯も歯周病も感染症。HIV、B型、C型肝炎も全て感染症。感染についての基本的知識は私達歯科衛生士の仕事の基本。アメリカの歯科衛生士の成書の第一章はinfection controlです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆★☆★☆★

■第2部
『 うまく伝わる。患者さんが変わる。魅力的な臨床説明の仕方 』
 
 ◎ 患者さんの興味関心を惹きつける説明とは?
 ◎ 患者さんにうまく伝えられる。うまく話せるようになる
 ◎ 説明が変わればTBIのモチベーションは簡単!
 ◎ 実習付き

講師: 池内 麗 先生(歯科衛生士)
     1992年 埼玉県立衛生短期大学 歯科衛生士学科 卒
     2000年 日本橋土屋歯科医院 勤務
     2009年 株式会社松風ハイジニストセミナー講師
      現在   日本橋土屋歯科医院 勤務
     
     ・研修会実績:スウェーデンイエテボリ大学大学 歯周病科/
      イタリア卒後研修機関ARDEC/スイスEMS社

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆★☆★☆★

過去2回セミナーを開催しています。過去1回の様子は以下のリンクからご覧いただけます
平成27年10月 第2回セミナー
平成27年4月第1回セミナー

突然ですが、皆さんは何を基準に受講するセミナーを選びますか?

老婆心ながら申し上げれば、若い衛生士さんは今はまだ理解できないかもしれませんが、例えばTBIの仕方とか、スケーリングの仕方とか、テクニック的な事は、経験積めば誰でも上手くなります。だから若いで経験が未熟な時はそういうセミナーに参加するのも大切なのですが、でもそれは選択の第一条件にはなりません。

それよりも自分のモチベーションを高めてくれう歯科衛生士さんに早い段階で出会うかどうかが重要です。つまり受講するセミナーの受講が憧れの人か否か。つまり人です。

人間とは不思議なもので、憧れる人になりたい!と思うと成長が早い、早い。悶々と日々の診療を悩んでいる時間が馬鹿らしくなるくらい、その衛生士さんになるために頑張ろうって思うのです。

それが、10年、20年続くと、結果スペシャリティーの高い歯科衛生士になっているというわけです。

これが物事の本質です

これは歯科衛生士に限りません。例えば患者さんも早い段階でできる歯科衛生士さんに出逢えば、長期で見た場合、その歯の健康レベルはかなり高い状態で保てる。でしょう?

だからモチベーションを上げ続けてくれる歯科衛生士さんと出会う事がその人の歯科衛生士人生の一生を左右する

そんな歯科衛生士さんと皆さんはもう出会いましたか?

私達とのセミナーとの出会いが、皆様の人生の素敵なスパイスになれるように。私達も香り高いスパイスにならなくっちゃセミナーまであと3ヶ月。私達も成長します。

このセミナーは今回含めてあと3回は継続するつもりでいますが、その後の継続は今は未定です。ご興味ある方は早めにご参加下さい。

それでは皆様、本日も張り切って参りましょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

さてお正月休みも今日まで...あもう日付変わってるけど今日から仕事が始まります。

さて。さてここ数日、今年の目標を考えていた私。毎年ブログに記録を残しておけば、その年が終わった時に振り返るになる。

と考えれば、当然今年は4月にセミナーを控えているので、セミナーの成功が目標となる

きっと普通だったら、自分がセミナー講師をやって有名になりたいとか、お金を儲けたいとか、そういうのがあるのだと思う。でも、私別にそんなのどうでもいい。 じゃあ、なんでセミナーをしたい、しなければと思ったんだっけ?と振り返った。

そう、私たちはもう随分年を経ってしまった今でも自分の事を未熟だと思っているけれど客観的にみたら臨床経験20年。もうベテランの域。次の世代に何かを残す世代になったのだ。

私が学校を卒業してから20年間、これからは予防の時代だと言われてきた。虫歯大洪水の時代から、歯科衛生士が予防を担い、歯科衛生士の知名度が上がり、歯科衛生士がユニットまで持てるようになった。それは先輩達にしたら大きな時代の変化であった。

でも...実際蓋を開けてみたらどうだ。国民が歯科衛生士という名を知っているのに、歯科衛生士がユニットまでもらっているのに、なにゆえ今だに80歳で20本の歯を残そうなのか?なにゆえ国民の40歳以上の80%が歯周病なのか?これは私たち歯科衛生士の怠慢ではないか?患者様を幸せにできてない

それはつまり、今までのやり方では患者がついてこないという事なのだ。もっと斬新で新しい、患者さんが求めている事 。それがわからなければ時代は変わらない。

そして、それを伝えるのが私たちなのだ

私が臨床に関われるのは、せいぜいあと10数年ぐらい。だとしたら、その後誰が国民の健康を守ってくれるのだろうか?

歯科衛生士は患者さんの人生という舞台にそっとご一緒させて頂ける職業であり、時には家族のように、時には友人のように、時には指導者となり、患者さんとともに泣き笑い、悩み、時には導き、ともに人生を分かち合う仕事だと思っている。

人の人生に関わるからこそ真剣に、真摯に、歯科衛生士である私も人間として大きな器でありたいと思うって研鑽してきた。そして実際に歯科衛生士である私との出会いが患者様の人生を大きく変えるのを目の当たりに見てきた。

だからこそ患者様がメインテナンスに10年以上も通って下さる。

多くの患者様を幸せにしたい。そう、私たちがセミナーをするのはその願い以外の何者でもない。私達がセミナーをする理由は、私と同じ思想と技術を持った歯科衛生士がもう1人いたら、幸せになる患者様が2倍になる。私と同じ思想と技術を持った衛生士が2人いたら、幸せになる患者様が3倍になる。

全ては患者様のため。それが原点だ。

そのためには歯科衛生士道を極めた歯科衛生士が増えてもらわないと困る。だから伝えなければならない。

そのために心血を注ぎ、次の世代の衛生士に私が20年培った思想や技術を全て伝えたいと思うのだだから私達のセミナーはものすごい真剣で、その辺りのチャラいセミナーとは違う。その真剣さが違う。
 
敷居高っこんな真面目に書いたら歯科衛生士さんドン引きだね 

でもね、歯科衛生士って本当に素敵な職業なのだよ。それをわからずして一生歯科衛生士をしているのはもったいない。歯科衛生士がどんなに良い職業かって、そしてどんなに崇高で素晴らしい職業かって事に気がついてほしい。

クルクルワクワクでは本当の意味で患者様を幸せにする事はできない。そう真の歯科衛生士道を学んでほしいのです。

長くなりました。今年の目標はセミナーを無事終える事です。そしてセミナーの成功とは私達の熱が伝染した歯科衛生士さんが、自分の患者さんにその熱を伝えて多くの患者様が幸せになる事です

さて〜明日からがんばんべ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

2015年2日目。今日は母と一緒に一般参賀に行って参りました

2015-01-02-10-42-26

皆さんご存知ですか?一般参賀には、手荷物検査とボディーチェックがあるのですよ今日1日皇宮護衛官の皆様が大活躍です。

2015-01-02-11-51-37

3年前、母の「死ぬまでに一度は行ってみたいわね〜」の一言から始まった我が家の年中行事。1度ならず本年で3回目の参加となりましたなかなか近くで見る事ができないのですが、作戦を練って、1回目で裾野に近づき、2回目で中央へ迫るという戦法。今年は時間が少し遅れたので一昨年同様お昼を挟む形に

後ろのおばちゃんの「こんなに人が待っているのによくお昼ご飯が食べられるわね。」の心ない言葉の邪気をスルーして待つ事1時間30分

だいたい勝手に待っているのはあなたでしょう?

ギュウギュウで身動きとれない私にとってこの耳元で囁かれる邪気は本当につらいものがありますですが1年に1度の親孝行だと思えば、まあいたしかたない。そして今日は空が素晴らしく青い


青い空に心癒されながらそんなこんなで本年も無事に...

天皇陛下万歳

2015-01-02-11-51-13
 
新年早々親孝行をした私には、きっと明るい1年が待っているに違いありません

皆様も良いお正月をお過ごし下さい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

あけましておめでとうございます。
謹んで本年もどうぞよろしくお願いいたします

毎年備忘録も含めて新年は御節のお話を書いています。私はお料理はあまり得意ではないのですが、でも日本人の心である御節は毎年手作りしようと思い、新年早々頑張っております。

osechi

今年の我が家の御節
今年は、黒豆、田作り、数の子、栗きんとん、酢の物として紅白なます、お煮物として昆布締め、芽出しくわい、筑前煮、そしてお雑煮の全10品を手作りいたしました。

一の重はおせちの筆頭、祝い肴。

osechi1

数の子、黒豆、田作り。なぜこの3つがおせちの筆頭なのかと言うと、江戸時代の徳川農政の農民に対する政策からきているのだとか

「農民は数の子のように子を多く産み、労働者を豊かにする。黒豆のように健康な勤労者となり耕作に励む。そして出来秋には五万米のように米を五万と収穫して欲しい」という事らしい

(現代を振り返れば少子化で労働力の低下が指摘されており、いつの時代も同じ事の繰り返しですね...)

まあいずれにしても、歳神様を拝して子孫繁栄五穀豊穣を祈る気持ちは今も昔も変わりありません。

二の重は口取り。

0sechi2

三の重は鉢肴(海の幸)。与の重はうま煮(山里の幸)。我が家は家族も少なく重箱は頂き物の3段なので、今年は三の重と与の重を一緒にしました。本当は5重が正式なのでお恥ずかしい限りですが

osechi3

実家はおせちは煮物以外は出来合いでしたので、私は大人になってから独学でおせち料理を学びました...と言ってもまだ勉強中なのでいたらないところがたくさんあります最初は祝い肴から始まり、少しづつ品数を増やしました。あ、そうそう最初に作ったのは締め鯖やってん

最初は数の子の塩抜き加減がわからなくて苦くなったり、しょっぱかったり。昆布巻きの昆布や干瓢の選択を間違えて分厚くなり失敗。ニシンの扱いが難しそうなので邪道にも鱈子を使ってこれまた失敗。伊達巻もはんぺんを使った邪道を試したけど失敗まあ様々にやらかしてます

まあ祝い肴が落ち着いたので良いかな〜と思っていたら、八百屋さんにくわいを持たされたのが昨年
大きな声では言えないのですが、なんだかんだ心の中で言い訳し、冷蔵庫のこやしに... なってしまったナイショね

今年もまた八百屋さんに勧められて、一年発起!初めて我が家のお重にくわいが登場いたしました以外に上手に出来てよかった

近年、和食は世界的に無形文化財になりましたが、なんと日本では雑誌で和食の特集を組むと売れないのだとかデパートのおせち商戦もものすごいですものね...

そこまでしておせち食べる意味あるのか?日本の伝統や文化は「何をすれば良い、何を食すれば良い」というよりも、その何をするには意味があるわけで、意味が形になったものがおせち料理というわけです。形だけが残っても意味がないような気がするので、私も毎年おせちを作りながら日本の食文化を学んでいるというところです

nimono

こちらはお煮物(筑前煮)です。いやあこれだけつまめる品がありますと、お酒が美味しい事、美味しい事やっぱり締め魚には日本酒です

先日、某研究会でお箸の歴史や使い方を教えて頂きました。お正月に使うお箸は両方使えるようになってますね、これは神様とともに同じ物を食するという意味があってこの形になっていますだからこの形のお箸は普段の時は使いません。

さて最後はお雑煮です。

ozouni

我が家のお雑煮はシンプルな江戸雑煮。鳥肉メインの鳥雑煮です。鳥肉と小松菜だけといういたってシンプルなお雑煮。紅白を添えたいのでお重に使った紅白の蒲鉾を飾り、三つ葉を結んで、柚子を松葉で。シンプルなだけに、鳥雑煮の決め手は黄金の出汁でしょうか

こうして我が家の、いえいえい、私の新年の始まりです

さ〜今年もかっ飛ばして参りますよ〜
あと数日のんびりしながら今年の夢をデザインしたいと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

2014年12月31日。本年最後の日となりました。
皆様年末いかがお過ごしでしょうか?

私は、昨日から年末最後のお仕事。御節作りをしています 

2014-12-30-10-28-21

くちなしの実がいいでしょ

2014-12-30-10-55-54

こんな感じ

一年の最後はいつも御節作りで終わります。私は口を通して患者様の心と体の健康をお守りする仕事をさせて頂いておりますが、口というのは食を司る器官。食べる事を大切に思う事は職業柄とても大切です。

人生は短いものです。80歳まで生きられたとしても、あと39回しか御節作りはできません。だから今日を大切に。日本人である事を誇りに思い、そして平和な日本に生まれ、こうして毎日ささやかながら幸せに暮らせる事に感謝し、命がある限り人様のお役に立つよう日々精進するのであります。

人生苦しい事、辛い事はたくさんありますが、世界にはもっと苦しい人たちがいます...
幸せな日本人に生まれた私の人生の意味を日々考えながらまた来年も過ごして参りたいと思います。

目の前の人を幸せにできずして、世界の人を幸せにはできません。まずは身近な人を大切に
どうぞお正月は家族や大切な人、友人...大切な人と良いお正月をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします

オフィスは4日の日曜日までお休みですにまたお会いしましょう 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【休診のお知らせ】


12月27日(金)午後から1月5日(日)まで
休診とさせていただきます。

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

新年あけましておめでとうございます

2014年もスタートしました。今年は「攻」の姿勢で頑張りますのでどうぞ皆様よろしくお願いいたします。

さて私の新年の初仕事と言えば。お節。毎年お節を手作りするのが年末年始の日課です。

osechi1

今年は三の重まで伊達巻きとかまぼこ、烏賊の松前漬け以外は手作り

osechi3

紅白の精進なますと鶏のお煮物

osechi2

そして締めはお雑煮。小松菜とささみの入った江戸雑煮でございます

写真で皆様にお見せするのはお恥ずかし限りですが...何しろ大雑把なO型の私。写真の整理は大の苦手。ブログにアップしておくのが一番の保存という事で...

毎年代わり映えしない我が家のお節ですが、この「変わらない」という事が良い事なのだと気がつきました。

今年も無事にお節を作る事ができ(1年が無事に終わった証)そして元旦に家族でお節を一緒に味わう事ができた(新年を無事に迎えられた証)。

毎日に変化がないとついそれが当たり前と思ってしまいます。しかしながら本当は「変わらないもの」「普遍のもの」はあり得ない。諸行無常が世の常。

変わらなく年末年始を迎えられたという事がこの上ない幸せである事に気がつき、そして感謝しなければなりませんね

年末にお節の食材を買い求めると、どこに行っても言われます。

「お節作るの?すごいね

ふーん...そんなものですかね...

あれ?もしかして、私がお節作るキャラに見えない...だけか

最近はデパートのお節が人気のようで早いうちに売り切れ。お節は買うものなのかな?

八百屋のお母さんと「お節は作る事にも意味がある気がするわよね。」と意気投合。
最近はお節卒業というのがあるらしく。お節が縁起を担ぐので、お年を召すと、もう目が出なくてもいいし、お金が入ってこなくてもいいし...ってな事で縁起を担ぐ必要がない。だからお節は卒業なのだそうだ

私はもう古い時代の人なのでしょうね古くて結構古いとか新しいではなく、日本人として大切にしなければならない日本の心があります。

今日はお雑煮の汁を作りながら、なんと日本食とはシンプルで難しい物かとしみじみ。他にないですよね。こんなにシンプルな味。シンプルでありながら奥深いお出汁の味わい。

シンプルというのは簡単という意味ではなく、削ぎ落とされた洗練された深みがあるという事です。

さて。私の仕事も今年はシンプルに磨きをかけて...

洗練されたシンプルさを今年は目指したいと思います。

さて。お天気もよい元日。皆様よいお正月休みをお過ごし下さい

今年もどうぞよろしくお願いいたします
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ