顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: メインテナンス


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

P80905392

今日もせっせとメインテナンス中でーすあ、いつもと同じ写真か(笑)

先日久しぶりに書きましたけど大学卒業した4月から、診療日が2倍近くに増えまして...
とにかく余計な事をする余裕な時間がないのです...

メインテナンスの患者だから余裕かと思ったら大間違いで、リスクが少ない患者さんだからこそ、集中してみないと見逃す事も多いのです。だから反対に時間がかかったりします。

さて、メインテナンスの患者様です。6ヶ月に1度ぐらい来てたかな。
最初の頃はメインテナンスに来たり来なかったりだったのですけれど、最近は毎回次回の予約を受付でとってくださいます

こんな隙間の異常にも気がつかないといけないのです、しかも風をかけてうっすら黒いという代物を...右上4番近心。
 
20170614_1

見るからに覗きたくないでしょ。。。だって、ポケット幅どのくらいだと思いますか?

20170614_2

歯石の全体像はこんな感じ必ず可能なら歯石の底部を確認します。↓

20170614_3


まずは、鎌形スケーラーで除去してみようかな

20170614_4
 
ハンドスケーラー、超音波スケーラー、互いに短所、長所がありますけど、必ずしもパワーの強い超音波スケーラーの方が除去効果が高いと思ったら大間違いです。結構歯医者さんでも歯石除去と言えば、キーンみたいな歯医者さんもありますよね私はあんまり好きじゃないんですけど。。。

20170614_5

ポロリほんの一部ですが除去できました1目盛1mm
でもね、これはほんの一欠片。もっと見て

歯石の底部が完全に見えていてポケット幅がある程度あって、根面とスケーラーの角度が理想的な角度になるのであれば第一選択はハンドスケーラーです
なぜなら、歯石は縁下と言えどもはじいて除去するものだからです

20170614_7

 ↑でもこんな境界が不明瞭だったり、ポケット幅が狭くて、両刃の鎌形スケーラーを挿入して反対側の歯肉内面を傷つけるようなら、超音波スケーラーを選択します

でもね、超音波スケーラーだからと言って簡単に除去できるわけではなく、根面なので、パワーをあげれば痛みが出るし弱すぎると歯石が粉砕できない。ましてや先端が丸いチップは削るパワーが弱い

そして、超音波スケーラーでも、歯肉は焼けます。つまり根面に対して斜めにチップを挿入して、歯肉を圧排しながらというのは無理。触れてるだけでも焼けて来ますから、確実に排除しないといけません 

20170614_6

今日はちょっと焦点があってないけど...こんなもんで
ポケット幅2mmの処置でした

でも、これ、写真がはっきりしていないから説明しづらいのですけど、根面にほんのちょっと窪みがあるのです。。。安全ピンの先でしか触れないような窪みが

そんなところ歯石はなんとか取れても、滑沢になんかできないっつーの
そんなケースは山ほどあるのです。

*************************************

つまり皆さんが思っているよりも、根面というのは複雑な形態をしていて、そんな根面をストレートのチップで盲目的に歯石除去を行っている事自体、根面を滑沢にしているのではなく、今回の症例のように、うっすらとした歯石の壁を作っているにしか過ぎないのです

つまり、歯石の除去はほとんどできていないと思っていい
歯石が完全に除去できていないのだから、組織の再生は起こらないと私は思う。

根面の無菌化?無理無理。お口の中で出血すごいし、歯肉溝浸出液が溢れてくるし、隔離できないもの。

私がいつも目指しているものは、運よく組織や骨の再生が起これば良いけど、それよりも歯石をできるだけ除去する、そこに焦点を当てています

これは数日前の症例ですけど、今日も同じような症例をみています...また後日UPするとします

私たち歯科衛生士の役割は、歯石を完全に除去する事ではなく、メインテナンスの時間は健康教育の時間、モチベーションを上げるための時間と考えた方が良さそうです。いえそう考えるべきです。

なぜなら、直視できても、歯石は確実に除去できないのだから

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

こんばんは!naomiです真面目にブログを書くのはかなり久しぶりな気がします。
なんだか最近、時間が経つのが早すぎて...昨年一年大学に行っていた事もあって、医院の仕事も滞りいえいえそんな事ありません。

よくよく考えれば、大学に行く前よりも、私の診療日数が倍になっているのです。 3日余裕があったから、大学に行ったのに。大学から帰ってきたら知らない間にブラック歯科医院に 今は連日患者さんを拝見していて、他に仕事をする時間が取れない。雑務が溜まる一方です 日々診療で忙殺。

P80905392

ですが、日々診療で忙殺という事は患者さんのお役には立っているわけで さて。先週から今週にかけては、歯肉縁下歯石除去のオンパレード。なかなかブログを書く時間はないけれど、毎日の診療はこんな感じです。

メインテナンスの患者様です初回クリーニングも合わせて、何回か拝見させて頂いているのですが今回は左下の7番に歯肉縁下歯石を認めました。 つまりは、私が取り残していた歯石です。 しかしながら、皆様にお尋ねしたいのですが、歯石って完璧に除去できるのでしょうか?

私の答えはNOそれは文献でも言われています。

★Waerhaug J:Healing of the dento-epithelial junction following subgingival plaque control. . As observed on extracted teeth. J Periodontol,49:119,1978.によれば

The chances of removing all of the subgingival plaque from all four surfaces are fairly good if the pocket depth is less than 3mm. If the pocket depth ranges from 3 to 5mm the chances of failure are greater than the chances of success, and if the pocket depth surpasses 5mm, the chances of failure dominate.

要約させて頂きますと
ポケットの深さが3mm以下はfairly good
(goodでもvery goodという表現でもない。まぁまぁ良い?という意味?厳密には除去出来ていない?)
3mm-5mmはthe chances of failure are greater than the chances of success
(要するにかなり怪しいということ)
5mm以上はthe chances of failure dominate
(明らかに実際は歯石除去できていないということ)


★Stambaugh RV, Dragoo M, Smith DM, Carasali L.The limits of subgingival scaling. Int J Periodontics Restorative Dent. 1981;1(5):30-41.によると

ポケットの深さが平均3.73mm以上になると取り残しが多くなる 

これは3.73mm以下では確実に取れるとは言っておらず、3.73mm以下でも取れない事が隠れた文章です。専門医でも歯石は完全に除去するのが難しい??のかもしれません。

これは、歯周病の専門医のデーターですから、専門家ではない私などがやれば、もちろん成功率は低くなるわけです

ただし、これは時代的に顕微鏡を使用していない盲目的作業のデーターと思われますから、一概に比較できない側面もあります。  そうです、時代は変わったのです。欧米や欧州に憧れたけど、顕微鏡を使って、歯石除去を、歯科衛生士が行なっている私がいるのは日本なのです。

001

皆さんご存知ですか?歯肉はお手入れが良いとキュッと閉まり、お手入れが悪くて炎症があるとゆるくなるのです。 私が今回拝見した患者様も、この部位は前回までキュッとしまった歯肉でした。
しかし、前回いらした時に、今日はもう何でもないけど、先日ここが腫れたとおっしゃっていたのでした。 

原因はこれ
20170606-1

前回はポケットクローズしていたポケットがオープンになっています。
そして中には歯肉縁下歯石が見えますまずは超音波で除去して行きましょう。
 
201706006-2 

顕微鏡ってすごいですよね。スケーラーの先が歯石に当たっているのがスローモーションのように見えるのです。集中していると。顕微鏡もすごいけど、人間の目の凄さもひしひしと感じます。

20170606-3

パラパラ漫画みたいやってん 

20170606-3


基本的に歯肉縁下歯石を除去する時は、垂直的に縁から根尖に向かって行います。これまでの写真は結構上から見ていたアングル。 

20170606-5
 
これはほんの少しですが、角度をつけたもの。一番最初に歯石を確認した時に近いアングルですね。
斜めに見るのは、歯石の底部を知りたいから。歯石を追って行くと自然に見たい角度が変わって行きます。

20170606-6

そしてポケットクローズしていた歯肉も処置とともに少し緩んだりします。でも、この辺縁を切らない限り、またキュッとしまってきます さて、皆さんはここで歯石が取れたと思いましたか?私は...性格が悪くて、ひねくれ者。疑ぐり深い性格なので...

20170606-7

 ポケットの中にマイクロミラーを入れて、側面を直接見ます。すると、げっでしょ垂直的には除去できたように見えても、直視するとまだまだついてるのです。 ただ、この場合は、歯石もありますが、歯石だけではありません。これがまた不思議なんですけど、セメント質の添加根面がささくれ立ったようになっている事があります。

さて、これをどこまで除去すれば良いのか?

わからない私の臨床的な感覚で言えば、削りすぎちゃいけないけど、滑沢にプレーニングしなければいけないと思うのです。じゃないと、歯肉がぴったりくっつけない。つまりポケットクロージャーできない。

20170606-8

だから、こんな感じに仕上げて見ましたこれ、簡単に見えますけど、もの凄い技を使っているのです。
先日、来院された院長のお知り合いの先生に「イリタニオフィスはチームワークが良いね」って言われました。

そう、私は常にチームを大切にしています

それは顕微鏡の治療は私1人ではできないからです。この歯石の除去を可能にしたのは、私ではなく、アシスタントのAkiさんです 左下7番。ここには、下顎の骨があって、頬粘膜が近接してくるので、粘膜を抑えながら、マイクロミラーをポケット内に挿入するのは不可能です。

だから、どうしているかというと、アシスタントがミラーで頬粘膜を引きながら、エアー(風)を吹き、私がマイクロミラーで歯肉を圧排しながら超音波スケーラーで根面を滑沢にするというおそらく誰もきっとやった事が無いだろう技を使っています そして、こんな技が可能になるのは、チームワークの良さそれしかありません。本当、いつも感謝、感謝です。

20170606-9

そして、もう一度上から。最初にショットを撮ったアングルでで。ポケット底部まで確認。結合組織性付着の付着ぶまでしっかり確認しますブヒッ 先週、今週はこんなんばっかりだったな〜と言っても、私が取り残している歯石だから仕方無いけど... 歯石には取りどきがあります。

これは患者さんにもいつもお話する事ですが、私は悪さをしていない1mm足らずの歯石を歯肉をめくって傷つけてまで取る必要は無いと思っています。歯石がついて入ればいつか必ずポケットが緩む時がくる。 その時が取りどきです。

でもそれは、いつも私を信じてメインテナンスに通ってくださる患者様だけにもたらされる福音です 患者さんの頬粘膜...引っ張りすぎて御免なさいだったけど、除去できたので良かったです。まあ良いわけにはなりませんけど、無理なものは無理な時があると思うと同時に、自分の技の未熟さを大いに反省するわけです さて。

ブログ書いてないけど、毎日こんな処置をしています

余談ですが、オフィスでは土曜日に歯科衛生士のアシスタントをしてくれる、歯科衛生士の学生アルバイトさんを募集しています(学生に限ります) メリットとしては、歯科衛生士の実際の処置を見て勉強できる...とか、おばちゃん歯科衛生士の愚痴が聞けるとか ご興味ある方はオフィスまで御連絡ください。


ではまた明日も頑張りましょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんばんはnaomiです
学校を卒業して早速。大学で学んだ事を患者様に還元。↓口腔機能評価中

BlogPaint

私がこの1年間学校で学んできた分野。それは口腔リハビリテーション学
主には、摂食嚥下。摂食嚥下というのは、ざっくり言えば、食べる事飲み込む事。大学では、その摂食嚥下に障害のある患者さんの治療を専門にしているクリニックで実習を重ねて来ました。

当初大学に入学する時の面接で、一般開業医で歯科医師が摂食嚥下分野の治療をしていないのに、なぜ今更大学に入って勉強するのか?と何度も聞かれました

確かに、対象となる患者さんが来ないクリニックで、そこにまた戻るのに、なぜ勉強するのか?というのは疑問だったのかもしれません。

当時の私にしたら、勉強するチャンスはなかなかないし、自分が知らない事を知る事が出来るのは凄く楽しい。行かせてもらえるなら、行きたいそんな思いでした。

面接で何度も聞かれたから、不合格かなーって思っていたほど(笑)

そして私もどうやって学んだ事を生かせるのかわからなかったけど、卒業した今、早速アイディアが閃き先日から患者様に還元出来るようになりました

私がメインテナンスで見ている患者様。長い方はもう10年を超えていて、だんだんお年もめしますし、世の中的な定義で言う高齢者の方も担当させて頂きます。

歯科衛生士の仕事は、患者教育と健康管理。私は虫歯や歯周病にとらわれず、健康教育を行えるシステムを歯科衛生士は持っています。それがメインテナンスです。

看護師さんの関わりとは違って、数ヶ月に1回、患者様が来院し続け、10年越えで関われるのです。
そんな仕事他にはないよですが、10年通って頂くためには、それなりの人間力が必要となります

最初は虫歯が歯周病の話をしていても、10年も通っていれば、話も尽きます

いつも思うのは、もっと何か患者様のためにできないかな。

と言うわけで、初めました。予防的な口腔機能評価。メインテナンス時に、口腔機能を評価し、問題があれば早めにアプローチしていく。お口の健康を守る事は、よりよく生きるため。素敵な人生を送って頂くために、口腔の健康は必要不可欠。そのためのお手伝いをするのが私、歯科衛生士です。

この口腔機能評価。行って見ると意外に...早速問題点が抽出できました。

次回検査結果をお話しして、口腔機能の低下を予防する予定でいます。

患者様の主訴に摂食嚥下障害や口腔機能の低下はありません。私が早期に発見してアプローチする事で、余計な事でお口の事、食べる事、生きる事に困らずに人生を楽しめる。

それが予防です。

楽しいーーーーーーーーーっ!

歯科用顕微鏡が入る前、私はもう歯科衛生士としては出来る事がないと思って、仕事がマンネリ化していました。 顕微鏡が入って、世界が広がって、歯科衛生士がめちゃめちゃ楽しくなりました。というよりも患者様のもっと役に立てる事が嬉しかった。

そして今回、久しぶりにその時と同じ気持ちになっています。まだまだ歯科衛生士として、患者様のお役に立つ事が出来る。新しく提供出来るものを得たのです。

まだまだ未完成ですが(手技ではなくてシステム)回数を重ねるごとに洗練されていくと思います。

当面は65歳以上のメインテナンスを受けている方を対象にしたいと思いますが、ご希望があればそれ以外の方にも応用していきたいと考えています。

具体的に何しているのかって?

それは秘密です結果が出てきたら公表したいと思います。

こんな事考えたり、やってる衛生士さんいないだろうな...多分、大学を出ていなかったら、こんな発想にはならなかったと思います。

私たちは3期生。まだ10人足らずしか卒業していません。そして皆、摂食嚥下分野で活躍してますので、一般歯科で、歯科衛生士が単独で形にしている人はいないと思います

還元。還元。全ては私が担当する患者様のためです 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今月号のデンタルハイジーンの宣伝。

この歯を守れないメインテナンスって、某先生の言う、ケア型の事ではないでしょうか?

↓私が先日書いた記事
http://microscope-enhanced-dental-hygienist.jp/archives/52638792.html

患者がメインテナンスに来ないのも、患者が歯を磨いて来ないのも、全ては担当の歯科衛生士のせいだと私は思います。

人の人生を左右する歯科衛生士の仕事はそんなに甘い仕事じゃありません。

以下デンタルハイジーンの宣伝抜粋です。

image


『デンタルハイジーン/2016年11月号』
今月号の特集は“歯を守れるメインテナンスと守れないメインテナンス”です。

メインテナンスという言葉は、一般社会にも広く認知されるようになりました。

しかし、メインテナンスにしっかり通っていただいているにもかかわらず、歯周病が進行したり、新たなう蝕が発症したりと悩まされることはないでしょうか?

それは、もしかすると

メインテナンス=定期的なクリーニング

という“歯を守れないメインテナンス”に陥っているからかもしれません。

本特集では、メインテナンスにおいて本当に大切なことは何かを科学的根拠から紐解いていきます。

医歯薬出版発行
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【医療安全・感染制御・滅菌管理】 
〜〜医療安全〜〜 
医療の質は安全に比例いたします。
東京医療安全・感染制御研究会はこちら
http://www.iryou-anzen.jp/

〜〜滅菌保証〜〜

バリデーションと物理的・化学的・生物学的インジケータで大病院レベルの滅菌管理を歯科医院レベルにも。国内初のオフィス滅菌保証を全公開です。
東京医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部
http://sterilization.hatenadiary.jp


歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんにちは。naomiですお盆休みは皆様いかがお過ごしでしたでか?
私も夏休みが今日で終了。明日からまた学生に戻ります。

宣伝になりますが、来る10月16日(日)にセミナーを行ないます。
第4回歯科衛生士en-rond IOH研究会セミナーの申し込みページ

歯科衛生士のセミナーというととかくスケーリング(歯石除去)やモチベーションのセミナーが多いのでですが、その前の段階、歯科衛生士診断のセミナーはほとんどありません。私の考え方としては、確実な診断(厳密には歯科衛生士は診断できませんが、歯科衛生士が処置を進める上での診断の意味です)なくして患者様を導く事はできないというのがポリシーです

歯科衛生士の診断って何?と思う方は、ぜひ次回のセミナーにご参加下さい。目からウロコのセミナーです。定員10名すでにお申し込み頂いている方いらっしゃいますのでご興味ある方はお早めに

さて、この2週間、大学の夏休みのため、メンターのお仕事(naomiのメンターぶりは歯科衛生士YUさんのブログへ)、そして久しぶりに新規の患者様を担当しました。

ここ最近はnaomiは新規の患者様は担当していないのですが、この夏休みは枠が空いたので数名担当させて頂きましたかなり重度な歯周病の方が多く、どうかと思いましたが、初回のモチベーションは成功したようでなんとか通って頂けそうです。

私達がいくら患者様のお口を綺麗にしたくても、患者様が綺麗になるまで来院してくださらなければ私の仕事はありません。そして、患者様がお手入れをしてくださるなど、協力なくして綺麗な口腔内は作れないのです。患者様と歯科衛生士は二人三脚

 いつも私が歯科衛生士を教育する時に言うこと。

新人の時は誰でも、患者さんを担当するプレッシャーと自分の自信のなさで、緊張する、患者さんを担当したくない、嫌だな...と言います。

私からしてみたら、「なんじゃそりゃ」です。

「あなた達は緊張するとか、嫌だとか自分本位の発言をするけれど、患者さんがいるからあなた達に歯科衛生士としてのお仕事があるのですよ何が患者さんを担当したくないですか患者さんがいるからあなた達が歯科衛生士でいられるのでしょう自分勝手な事を言う前に患者さんに感謝しなさい」と教えます。

私はいつも言いますね、「師」は選んだ方が良いと。

TBIやスケーリングのテクニックは年数を重ねれば誰でもそれなりに上手くなるのです。

ただ、歯科衛生士として患者様に向き合う姿勢や歯科衛生士として生きる道を教えてくれる歯科衛生士は少ない。歯科衛生士としての心を教えてくれる歯科衛生士を師に持つ事が大切なのです。

それは、歯科衛生士という職業が、人の一生に関わる仕事であり、人の人生を支えるという事は一筋縄ではいかない。人としての器が大きくなければ人を導くなんて事はとうていできないからです。

さて余計な話はさておき...

当院では歯科用顕微鏡を使って歯石の除去を行っており、ブログも書いていますが、はっきり言って顕微鏡がある事は2の次の話しです大切なのはきちんと歯科衛生士としての基本を身につけている事。

20160812SRP1

さて歯科衛生士の皆さん、上の写真を見て、私がどこを見ているのかを当てて下さい。もし私が見ているところがわからない方は、ぜひ次のセミナーに参加して下さい。次回セミナーでは歯肉の診方をレクチャーします

顕微鏡はただの拡大する器具に過ぎません。歯肉の中を想像し(実際には想像ではないのですが)何かあると予感が働き、歯肉を開かなければ歯肉縁下の歯石を確認する事はできません。

そこで必要になるのは、顕微鏡の扱い方ではなく、歯科衛生士としての診断力なのです

20160812SRP2

ここです上の写真から、歯肉の中のこの歯石を想像できましたか?上の写真をただただ拡大したところで何も見えませんね。顕微鏡が有ることを自慢したところで何の意味もないのです顕微鏡は使いこなしてこそです。

20160812SRP3

 出血していて診るのが少々気持ち悪いかもしれませんが、実際の大きさはこんな感じです。かなり大きい歯石です

20160812SRP4

フィニッシュ。きちんとポエット底部を確認します

と、このレベルの処置ができるように、私がメンターとして歯科衛生士を指導しているわけです

歯科衛生士が先輩から直接指導を受けることは、なかなか無いことです。
私もほとんど先輩から指導を受けた事はありません。だからこそ様々にセミナーに行き独学で勉強しました。だからいつも思っていました、教えてくれる人がいたらもっと早くに成長できただろうに...ってね。

だからこうして今、私の身近な歯科衛生士には、自分の技術を惜しみなく教えているるわけなのです自分の技術を出し惜しみしていても、私が幸せにできる患者さんの数は限られていますから。

惜しみなく後輩に技術を伝承するのは、医療従事者として当然の事です。ヒポクラテスの教え。医の倫理です

さて、明日からこんな偉そうな事を言っている私も学生になります。

学びの姿勢を忘れずに。感謝の気持ちを持って明日からまた頑張ります 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんにちは、歯科衛生士naomiです

今日は久しぶりに症例写真を...症例というほどでもないか。

歯科衛生士さんに、どんな業務をしていますか?とお尋ねすると、大抵、PMTCしていますって答えます。

PMTCって?

PMTCというのは、プロフェッショナルメカニカルティースクリーニング、つまり、専門家による機械的な歯の清掃。

実際の手技は、ラバーカップ(ゴムのカップ)にペーストをつけて歯の表面を磨くというものです。

これは、予防の父と呼ばれているアクセルソン博士の右腕ブリギッタニーストレン女子によって日本で広められました

本来は、PMTCはリスク部位に合わせて行うもので、きちんとした概念がありましたが、日本ではその普及の仕方に問題があり、その手技だけが拡散する事となりました。

いつの間にか保険診療にもPMTCという言葉が入りました。これは驚きです

皆様ご存知でしょうか?このPMTCが入ってくる前はPMTC用の減速コントラってなくて、勉強してもなかなか歯科医師の理解が得られず購入できない場合には、通常の歯科医師が使用するコントラを低速で使ったりした時代があります。

PMTCイコール減速コントラプラスPMTC用の頸の短いラバーカップ。つまり物の話になってしまったのです。このコントラを売りたい企業の戦略が日本の予防を大幅に遅らせたと言っても過言ではありません。

メインテナンス。メインテナンスはイコールPMTCではありませんし、メインテナンスイコール顕微鏡を使用する事でもありません。メインテナンスとは単なる手技だけではなく、歯磨きの指導もありますし、食事指導もありますし、つまり様々な健康に関する情報提供の場でもあります。

メインテナンス時にいくらプラークや歯石を除去したところで、残りの364日間、患者様が何もしなければ、全く意味がありません。つまり、メインテナンスとは歯科衛生士が行う手技だけではないという事。

もっと大きな意味で患者様をモチベートする時間も含めたもっと大きな範囲の物の事を言います。

さて、私はこのPMTCの手技については以前から疑問があります。疑問があるので、顕微鏡を使用した時も、歯の研磨を録画する事はありません。だいたい、私これいつもやってません
誰も疑問に思わないみたいですけど...

20150417_101527057461

つまり、よく見るこの図です。先ほども申し上げましたように私は研磨に何の意味もないと考えていますから、顕微鏡でこの手技を録画する事はありません。よく雑誌などもで、歯科衛生士が行う顕微鏡を使用した処置となると、このラバーカップやブラシで歯の表面を研磨している写真や画像が掲載されますが、見るたびに、この衛生士さんは理解していないんだなぁと思います。

私がブリギッタニーストレン女子のセミナーを受講したのは、今から15年前。しかも実習の時に実際にやってもらいました。だって力加減とかわからないでしょう?

やり方としては、ラバーカップを歯肉溝内に入れてと言われます。

さて、では以下の写真を見て下さい。

下顎前歯部を染めだしました。

20150425_161350518091

私が何を見ているか?さあ、更に拡大します。

BlogPaint

ここ。エアーをかけて観察すると、歯肉溝内にプラークは入っていない。これはプラークフリーゾーン。

なぜ、ここにラバーカップを入れないといけないのでしょうか?プラーク入ってないけど、何のために歯肉溝内に入れるのか?目的は何か?そして久しぶりに再度アップしますが、以下の動画を御覧ください。



一方エアーポリッシングは簡単にプラークが除去できます。もちろんエアーポリッシングも粉の粒子を歯の表面にぶつけるわけですから、マクロの世界ではダメージがあるかと思います。しかしながら、今は粒子がかなり小さくなっています。

ここで誤解しないで頂きたいのは、私はエアーポリッシングの方が良いと言っているわけではありません。物の本質の話です。

いずれにしてもプラークを除去しなければならないわけですから、さて、どちらを選択するか?です。そしてどうやって使用するか?です。

ちなみに、アメリカではこのラバーカップを使用した研磨はスケーリングの後にしか行いません。プラークを除去するためにという概念はアメリカにはありません。

よくデンタルフロスについても患者様から質問されます。

神経質になりすぎて、歯肉の中までフロスを入れている患者様もいます。歯科医療従事者でもフロスを歯肉溝内まで入れてくださいと指導する方がいますね。なぜ?

プラークが入らないように生体の防御機構があるのに、なぜそれを壊すようにフロスを中まで入れないといけないのでしょうか?もちろん、プラークが入ってしまうポケットだったら考え方は変わりますが、そういう事を考えて指導しているか?という事です。

一辺倒な指導。典型的な歯科衛生士の指導です。

PMTC。私だって最初から今お話したように考えていたわけではありません。最初は自分もわからないし、自分で勉強して、試してみて、そして考える。この考えるプロセスが大切だと思うのです。教えてもらった事が必ずしも正しいとは限らない。

患者様にその勉強した手技をやったとして、その責任は最終的には自分にあるわけです。教えてくれた講師にあるわけではありません。

自分で考えましょう。

日々精進。明日もガンバっぺ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

最近ふと思うこと。

「もしかしたら、私がやっている、歯科用顕微鏡を使用しての、歯石の除去やメインテナンスは、拡大鏡を含む従来の肉眼での処置とは似て非なるものではないだろうか? 

 従来、ポケットが4mm以上の深いポケットの中の歯石は、そのままでは除去が難しく。麻酔をして、歯肉を剥がして直接歯石が見えるようにし、歯石を除去して、また歯肉を縫合するという方法がとられていた。

術野が見えないから切り開き、直接見えるようにして視野を獲得し、施術を行う。 

これは、歯科に限ったことではない。医科だってその昔は開頭手術や開腹手術が行われていた。しかしながら、今やこのような侵襲の大きい手術は少なくなってきている。もちろん適応によってはまだ開腹手術も行われるが、できることなら小さい術野でというのが昨今の潮流である。

歯科は?歯周病の治療はどうだろうか?

同じではなかろうか。

今だに肉眼で歯石を除去して、再評価してポケットが残っているから麻酔してポケットを開いて歯石を除去するなんて、ナンセンス

20150311kenbikyou

ポケット6mm。上顎左側側切歯遠心。犬歯は唇側転位。第一小臼歯が近接しています。歯肉を避ければポケット内に大きな歯石が認められます。

20150311SRP

私は世代的に手用スケーラー(ハンドスケーラー)に固執したいけど、でももうそれは「昭和の女子」もう古い時代ですかね...いやいや、そう言われても、私は昭和の女。手用スケーラー派です時と場合によります。今の私があるのは、ハンドスケーラーのことを熟知していたから。超音波しかできない衛生士さんだったら今の私の処置はできない。

炎症がある歯肉は出血しやすい。それは、そこに細菌がいる証拠で、細菌をやっつけようと体の中心部から免疫細胞が血液に乗っかってどんどん運ばれてくる。血液が集まるから腫れて、赤みをおび、パンパンになった血管はちょっとした刺激で破れやすい...これほど出血しても患者さんは全く痛みがない。無麻酔なのに

20150311SRP3

使い分けができてこそプロ。学生の時、ハンドスケーラーと超音波スケーラーの利点、欠点を学んだ。その後、時代がハンドスケーリングはもう古いみたいになって、巷にはハンドスエーラーは使わないという歯科衛生士が増えた私は何度も言うように古風な女子ですからハンドスケーラーにこだわった。

20150311SRP2

こだわってきた結果がこの結果である
顕微鏡での歯石除去に限って言えば、超音波スケーラーを使用すると余計に除去に時間がかかることもある。意外にもハンドスケーラーを最初に使用する方が拍子抜けするくらい手早く歯石が除去できることもある

そして超音波で歯石の除去を行った後や、終盤に差し掛かった時に根面に残る歯石(処置2枚目の写真にうっすら残っている)を剥がしとるのはハンドスケーラーの方が向いている。いやハンドじゃないととれない

歯周ポケット内の歯石の除去は一筋縄ではいかない。手をかえ、品をかえ、自分の持っている知識や技術を最大限に発揮しなければこの症例のような難易度の高い処置にた対応できない。

いつも言うけど小手術。一般的な歯石除去とは似て非なるもの。

プロは結果が勝負。明日も一番勝負頑張ります

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

今日もせっせとメインテナンスします

左上6番口蓋側近心。

20150225preSRP

3ヶ月に一度クリーニングをしていても、歯肉の中に歯石が付着することがあります。そしてこの歯肉の中の歯石が、5年後、10年後に歯槽骨、つまり歯が植わっている骨ですが、その骨を亡くしていく

だから、たとえポケット幅1mmの中に見える、1mmに満たない歯石も見逃さない。

20150225postSRP

根面は複雑。肉眼の世界では、根面を滑沢にしろと言われるけど。 実際には滑沢になんてできない。皆が思っている以上に根面は複雑でデリケート。根面は自分の身が危ないと思うと添加する不思議な組織。だから、その表面は凸凹している場合もある。それを削り取って全て滑沢にするのは、私には疑問符です。

そして、根面は、触れば触るほど、木の表面を鉋がけするように、薄く削れてゆく。 薄く削られたところは凹む。凹みに合わせてまた削れば、そこだけどんどん凹んでいく。しかも、根面は木片のように全部が見えていないし、根の先まで見えているわけじゃない。つまり、いくら鉋がけしようとしても、見えているところだけが凹んでいくのである。

顕微鏡を使用した歯石の除去は本気でやっている人が少ない。だから、やり方もわからないし、どこまでやってよいのか肉眼とは基準が違うけど誰もわからない。自分の感を信じるしかない。

私の感では、不必要な根面の除去は必要ないような気がする...組織を傷つけるのはすごく怖い。
結合組織を再生するためだったらもしかしたら違うかもしれない。でも、そのためには再生を誘導する何かが必要で、でも未だに確実に再生する方法、薬は存在してない。

ただ汚れた部分を除去してあげること。それが体にとって一番よいのではないかと思う。

歯周病専門の歯科医師や、歯周病が大好きな歯科衛生士は、何かと根面をいじりたがる。根面を研磨するとか、滑沢にするとか...でもそんな必要があるのかどうか、今の段階では私にはわからない。

以前、某アメリカ帰りの歯科医師のセミナーに参加した。歯科衛生士同士歯石を除去する実習があって、私の相手になった衛生士さんは20代半ばで、確かに下顎の前歯部隣接面にザラつきはあった。

でも...若いし、歯肉がぴったり歯間乳頭部を埋めている。刃部の大きい鎌形スケーラーでは歯肉が傷ついて予後退縮する可能性があるし、まあ触らなくても...と思ったら、チェックが入った

naomiさん、ここ持って。ほらわかる?ここに歯石があるわ。ガリガリガリ...

歯石を取られた衛生士曰く、やっぱりあれぐらいガリガリやらないと取れないんですね。さすが歯周病専門医...だってつまり、私の歯石の除去はてぬるくて、歯周病専門医のガリガリが正しいと若い衛生士さんは思ったわけだ

さすがって...私、毎日歯石見てますからね...そんなガリガリやっても、百害あって一利なし。ガリガリやらないと歯石がとれないって、この業界人の神話ですよね。ガリガリやらなくたって歯石取れるし。実際私とってるし。

ああ、若い衛生士さんには私の意図はわからず、さすが歯周病専門医のスケーリングを真似ていくのだろうな...それが本当に患者様のためなのかな?疑問です。

まあ人のことはさておいて。私は私の道を行きます

さて。明日は金曜日ですよ〜週末あとひと頑張り。頑張ります

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様おはようございます。今週も始まりました今週も張り切ってまいりましょう

さて、先週末は金曜日、土曜日と学会に参加して参りまして。そして昨日日曜日は4月に開催するセミナーの打ち合わせ。ほとんど休みがない感じですが、まあ好きな事をやっているので、ま、いっか

さて、昨日のセミナーの打ち合わせで、なんと大変な事が判明。

歯科衛生士が診療室からいなくなる!?

そう、いまや歯科衛生士は引く手数多の職業なのです。
歯科医師の先生たちが予防を勉強しても、やってくれる歯科衛生士がいない
そこで何が起こったか。とうとう歯科医師が1人でできる テクニックをセミナーで教え出しているとか...

でも実際に歯科医師がそれを学んだところで、実際には、臨床で歯科医師がそんな事(そんな事というのは表現がよくないけど)をしている暇はない 。ほとんどの患者さんは、歯科医院へ治療を望んで来院するわけで、つまり歯科医師は治療をしなければならない。

歯科医師が予防をやっていたら、患者さんが溢れてしまうし、実際のところチャージがあわない。でもいたしかたなく、歯科医師がするとしても、まあ丁寧にはできませんよね...正直。

歯科診療所は、今や24時間営業、年中無休。コンビニか 働く側の私たち歯科衛生士も拘束時間が長い上に給料は安い、保険もなくて...労働環境が悪い。

それに比べて、仕事の内容は別として、今や医科では口腔ケアが大流行。 

今回の学会でも、ランチョンセミナーでVAP(人口呼吸器関連肺炎)予防としての口腔ケア と受講しようとしたら、朝一番に売り切れ...

当たり前だけど、口は体の一部ですから、口のケアをする事が全身の様々に影響する事は、私たちの中では周知の事実ですが、まだまだ勉強不足で歯磨き屋な歯科関係者も多く、医科関係者の方が口腔ケアに関心が高い。口腔ケアが関心を浴びている理由はこちら(日本人の死亡原因と口腔ケア)をごらんください。

最近は病院や介護施設で働く歯科衛生士が急増しています。お給料はどうかと思いますけど、社会保障と勤務時間は病院の方がしっかりしています。必要とされるニーズもあるし、働く側の歯科衛生士の要望とも合致する...

しかし!!!
そういう環境的な問題はありますが、全身の状態が悪くなる前から口腔ケアをしておけば、もっと生活の質が高くなる。つまり、

予防を担うのが歯科衛生士

なのだから、歯科衛生士が病院に流れてもらっては困るでしょう?!病院でやっている事は所詮対処療法でしかありません。

もっと診療室で、若い時から、口腔ケアの話をしていたら。こっと口腔ケアのモチベーションが上がっていたら。患者さんが全身のご病気で苦し時に更にわをかけて口腔疾患で苦しむ事はないのです。

そこが歯科衛生士の仕事なのです!!! 

でも、予防は目に見えないし、予防する道と予防しない道の両方を選択する事はできない。
つまり、患者さんにも将来はわからないという事で、その時、何か全身的な病気になり、口腔ケアの事を病院関係者から言われて、初めて気がつく。という事になるのです。

私が昨日感激した一言。

今回のセミナーで講師を担当する、池内麗さんが、

「皆、介護介護って歯科衛生士が言うけれど、私全く興味ないのよね。だってその前に診療室でできる予防があるし、それが歯科衛生士の仕事でしょう?それは看護師さんにはできないんだもの。」

さすが池内さん。私が尊敬する歯科衛生士さんの1人です。世の中の衛生士さんは、ペリオ野郎やガリガリ、クルクル講師の話を聞いてないで、池内さんのような歯科衛生士の本質を知っている衛生士さんの話を聞くべきです。

今回のセミナー、実は私も話をしますけど、私の裏の狙いとしては、この池内麗さんという素晴らしい考えを持った歯科衛生士さんを世の中に出したいという思惑があります


なかなかいませんよ、歯科衛生士道、つまり歯科衛生士という仕事の本質を理解している衛生士さん。

スケーリングの仕方を教えてくれる衛生士さんはたくさんいます、クルクルPMTCのやり方を教えてくれる衛生士さんも、物の話を教えてくれる衛生士さんはたくさんいます。でも、それだけじゃだめなんです

いつも言うように、歯科衛生士は患者さんの人生という舞台にご一緒させていただいて、それこそ健やかなる時も、病めるときも、一生涯そっと患者様に寄り添う職業なのです。患者様に一生寄り添うためには、本質を理解していないと長いおつきあいはできない。

それは、歯科衛生士の職業が、患者さんと最終的には人と人、人間と人間の関係になるからなのです。人として成長する事が、歯科衛生士として一生患者さんい寄り添い続けるという事なのです。

目標とする人は選んだ方が良いです。目標とする人を誤れば自分もそうなってしまうからです。だから多くの歯科衛生士さんに、歯科衛生士の本質を極めた衛生士さんを目標としてほしい。自分が有名になりたいために講師をして、パッと見格好よく見える衛生士さんに憧れるんじゃなくて、地味でも長く診療をしていて、患者さんから本当に信頼されている、結果を出している衛生士さんを目標にしてほしい

診療室の歯科衛生士が病院に取られていくことは、最終的には国民の不利益です。

患者さんも選ばなくてはなりません。良き歯科衛生士さんとの出会いは、一生の健康を左右する出会いとなります。

さて...長くなりました。今週も全力投球頑張ります


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様、こんばんは。今週もまた始まりますね!さて今週もせっせとメインテナンスいたします
今日ご紹介する患者様は、初回のクリーニング時に、歯肉の炎症が強く、痛みと沁みるのとで縁下どころか歯肉縁上の歯石すら触れなかった患者様です。

何度かチャレンジしましたが、痛みが強かったので、歯石を全て取りきらずにメインテナンスに移行。最初は縁上を除去して、縁下をちょと除去して、今回やっと深いところまで見られるようになりました。

ほら。きちんとクリーニングやメインテナンスをしていると炎症がなくなってくる。歯石がついていても。皆、歯石が悪いものと思っているけれど、歯石が悪いのではなくそこに住み着く細菌が悪いのです。
だから歯石が残っていてもきちんとplaqueを除去しておけば炎症がなくなる。

SRP

歯肉をよけて歯石を除去する。ところが、炎症がなく歯肉が締まっているからこそ歯石が取れない場合もある。それこそメインテナンスで年数を見ていれば見ているほどシビアなケースになってくる。

SRP2

歯石はポケット内を追えば追うほど深く、ポケット底部まで続いていることが多い。歯肉が締まっている場合、歯石を追うかどうか迷う。それは歯肉を傷つけずに除去することが無理になるから。

その程度も計算して除去する。一番優先されるのは損傷なく除去すること。次には多少の損傷をしても見えたら歯石を取りきること。多少の損傷というのは、切れるのはNG。挫滅程度の損傷まで。もし切れるようならそれは経過観察しながらポケットが開いて見える時、または炎症が引いて出血しない時など、「取りどき」に除去する。

それから、それはまた歯肉上皮の厚みにもよる。薄くてすぐに皮が向けそうな歯肉だったら、傷の治りが悪いことを予想して触らない。歯肉の皮が厚くて治りが早そうなら多少損傷しても歯石の除去を優先する。

傷つけるとは何事だと言われる方らいるのなら、では最初から除去は無理です。ということで私には請け負えない。私を信じてお任せしてくれる患者様だからこそ心血を注いで歯石を除去する。


SRP3

このケースもすごくシビアなケース。隣接面直下のポケット底部にうっすらと付着を認めるんだもの...まず器具が入らない。そして根面の表面形態もお凹凸...凹凸というほどじゃないな。岩の表面って感じかなぁ。

よく教科書的には、根面を滑沢にって言うけれど、滑沢にして良い、滑沢になる表面と、してはいけない表縁があるように思う。硬度が高く硬ければ滑沢にしてもよいし、滑沢になる。でも、柔らかい場合は、滑沢にはならない。なぜなら表面がわからないから、触れば触るほどカンナで木を削るように、剥けてくる。やり過ぎれば知覚過敏のもととなる。

もともと歯なんて、人工物じゃないんだから、全てがツルツル滑沢であるわけがなく、だからこそ歯石の付着が起きるのだが、でもそれをもともとの表面以上にツルツルにすることはできない。それは歯を破壊することではないかと私は思う。

さて。顕微鏡で見るから理解できることがある。顕微鏡で歯石を確実に除去するからわかる歯肉の性状がある。

以前にも言ったけど、私が今歯科衛生士さんに伝えたいことは、「痛くない歯石除去の方法」だけどそのためには、たくさん知ってもらわないといけないことがある。

先日ある衛生士の学生さんとプロービングの話から、歯石を除去した後のポケットがどう治癒するのかという話になった。治癒ってなんだ?教科書的には生物学的幅系の獲得だそうだ。でも、実際臨床ではそんなことありえない。ポケットが残っている場合も少なくない。じゃあポケットが残っている歯肉はどういう治癒形態なのか?

それがわかっていなければ、長期のメインテナンスはできない。知識もたくさん必要なのです。

だからセミナーをやるって話をしましたね...

さて。今週もまた自分の人生駆け抜けますっ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ