東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科診療 リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: セミナー

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんばんは。naomiです。やっと魔の1週間が終了しました〜

ここ1ヶ月、大学とセミナー、学会などで私的にはかなりハードなスケジュール。
睡眠時間連日平均4時間、一昨日は3時間。普通だったらなんとか乗り切れる睡眠時間なのですけれど、7月から、大学で在宅のチームに配属されておりまして...この炎天下に毎日でずっぱりなので、脱水と体調管理が難しい

私もいつのまにか40歳ごえですから思っている以上に気をつけないと。在宅で具合が悪くなったら先生方に迷惑かけますからね

さて、この魔の数週間の最終日が本日。魔なのですが、気持ちはウキウキな今日のこの日。

今日は首都圏滅菌管理研究会の記念すべき第10回大会でした
私もいつの間にか幹事になり今日は初のスタッフとしてのお仕事

朝から受付係。400名以上の方がお見えになりました。...私自身も先生達のお話を聞きたかったのですが、裏方のお仕事があってなかなか聞けず。

でも、今日は10回大会。小林寛伊先生のご講演だけは聞き逃しちゃいけない立ち見ですが会場内に入っちゃいましただって、小林先生のお話を聞ける機会は数少ないもの

image


そして今回は…

実は懇親会で司会という大役を仰せつかりなんとか終了いたしました。いやあ、緊張しましたけれど、良い経験をさせて頂きました。会長の深柄先生には感謝感謝です

そして司会が滞り無くでいたのもご一緒に司会を務めて下さったKがわ様のお陰です
拙い司会で申し訳ない気持ちはありますが、私なりの精一杯でしたので、許して下さいっ

懇親会の余興。太鼓と書画のパフォーマンスが素晴らし過ぎました

image

最後は書画によってこの研究会の行き先を示すような龍が現れるのです素晴らしいっ感激

さて、私は未来に向かって歯科職としてどうしていけばよいのか…
折角参加させて頂いているので、何か業界のために貢献したいなぁと思うのですが…

まだまだアイディアがわきませんさてもう直ぐに第11回の打ち合わせが始まります無い頭をひねって、皆様のお役に立つアイディアを絞り出すとします

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんばんは。naomiです

やっと今週が終わりました今週は辛かった...

月曜日、火曜日、木曜日は猛暑の中在宅を回って診療。水曜日は外来で患者さんを見て...
木曜日の夜は翌日が宿泊なでの家事で遅くなって寝たのは2時...当日猛暑で日差しを浴びていたので、日焼け疲れもあって...翌日金曜日は8時から学会の手伝い。

途中お仕事しつつ講演を聞かせて頂いたのだけれど、だめだ...睡魔に勝てない...

1日目は懇親会もあって1時に就寝。今日も朝からお手伝いさせて頂いたのだけれど、講演を聞く度に睡魔との闘いスタッフのくせに...あー本当に情けない。

とは言え、与えられた任務はこなしました今日はもうバタンキューです...

image

東大安田講堂へまっしぐら。今日のご出勤はこちらで。恐れ多い...こんな事でもなければ私なぞが出入りできない場所

今日は有森裕子さんが、公開講座でお話下さって、一番食事で調子の良かったメニューは、ご飯、お味噌汁、梅干し、納豆、しょうが、お酢の物、野菜ジュースだったそうです。もちろん、その日の運動メニューや大会メニューによって変わるそうですが、とにかく「旬のもの」を頂くというのが印象的でした

そして、本日私に任命されたのは、スマイルケア食の展示コーナーのご案内をする事。

image

私がこの学会のお手伝いをする事になった経緯は、首都圏滅菌管理研究会からの繋がり。今通っている摂食嚥下分野とは全く関係がありません。なのに、なぜか学会長の深柄先生のご専門が栄養なので外科代謝栄養学会のお手伝いをする事になり、スマイルケアにたどり着くという...

スマイルケア食品。学校で習いました。ざっくり過ぎて怒られちゃうかもしれないけど、介護食品の分類分けです。飲み込みを評価して、食形態を確認して、その機能にあった食品を選択する。食品には色と番号がついていて、誰でもどこでも同じ物が変えるという仕組みです。 

今日はたまたまそのシンポジウムがありまして、お手伝いながら聴講できました
image

スマイルケア食品って何?どんなものなの?どうやって選ぶの?などなどスマイルケア食品の話を直接農水省の方からお聞きする事ができました。

世の中本当に狭いもので、今回ご講師の吉良厚子先生やスマイルケア食品の展示の協賛にお見えになった農水省の方が現在勉強させている教授の事をよくご存知で... といいますか、この検討委員会のメンバーなんです

世の中狭いです...

全く違った分野にいたつもりが、2つの分野が重なってしまったという... 

ふむ。まあ人間の事を勉強しているので、分野分けしているとは言え、重なってくるのも当然か。

さて、明日は久しぶりにフリーです...が多分バタンキューですね

来週も頑張りましょう。

来週は滅菌管理研究会ですよあ、次の次の月曜日祝日ですけど 

今日から第53回外科代謝栄養学会学術集会のお手伝をしています!
image

明日の市民公開講座では元マラソンランナーの有森裕子さんがお話下さいます。参加は無料です。

今回の大会長の深柄和彦先生は首都圏滅菌管理研究会会長、東京大学医学部付属病院 手術部 准教授です。

今日の明日ですが、ご興味ある方は是非ご参加下さい。

7月7日から9日の3日間、伊藤国際学術研究センター、および東京大学安田講堂にて第53回外科代謝栄養学会学術集会が行われます!

image

市民公開講座では元マラソンランナーの有森裕子さんがお話下さいます。

今回の大会長は首都圏滅菌管理研究会でもお世話になっている東京大学医学部付属病院 手術部 准教授 深柄和彦先生です。

ご興味ある方は是非ご参加下さい。

大学が休みの貴重な休日…
ですが、今日は洗浄滅菌の勉強をしています‼︎(⌒-⌒; )

image


洗浄滅菌と言っても…

image


東京大学医学部付属病院 手術部准教授
深柄和彦先生による中材部長日記

ドイツの微生物のDr.Henning Kessler(ヘニング・ケスラー博士)による
ドイツにおける滅菌モニタリング法について(同時通訳)

という、レベルの高い内容です。

参考になる事がたくさんありますので、また患者様に還元したいと思います(^○^)

今日は気管切開の勉強会です。分野が違えば学ぶ事は山ほどあります。

もし、あなたの家族が気切をしなければならなくなったら?

私達は医療従事者として気管切開を勧める側でもあり、患者として気管切開を選択する立場にもある…

あなたならどうする?

image


追伸
facebookからリハ科の件についてご質問下さったAさん。ごめんなさい、メッセージがなぜか一読した後に消えていてお返事ができません、よろしければもう一度ご連絡下さい。ごめんなさい(>人<;)

image


昨日、口腔リハビリテーションの分野では第一人者の歯科衛生士、有友たかね先生のお話を聞いてまいりました

私が現在勉強させて頂いている口腔リハビリテーション(以下、口腔リハ)科は、食べる事に特化した歯科診療です。

従来、高齢者や子ども歯科診療と言うと、虫歯や歯周病、入れ歯の作製というイメージですが、口腔リハは食べる事を扱う分野。

食べる事とは具体的に食べ物を認知したり、唇や前歯でかじりとったり、噛み砕いたり。更には飲み込みまで…の事を指します。(だいぶざっくりな話ですけど^ ^)

確かに、介護現場における口腔ケアは大切なのですけれど…

でもね、何でそんな時期になってからなんだよー(−_−#)と思うわけですよ、外来上がりの歯科衛生士としては。

30代、40代の時に…もっと遅くてもいいですよ、50代とか60代とか。

その頃にセルフケアを身につけていれば、お年を召してから慌てる事ないのに。

そう導くのが、外来メインテナンス衛生士の仕事。つまり、私の仕事。

学ばねば…

週末はメインテナンス。
また、来週頑張りますm(_ _)m

地域における嚥下調整食の段階統一と質の高い嚥下調整食の提供を目指して
image


何度もお話を聞いているのですが、とうとう4月から専攻生として、直接のご指導のもとに勉強させて頂くことになりました…

セミナーついでにご挨拶をば(;´Д`A
キンチョーしたぁ〜

今週は大忙し。
先週末は学会で、学生が試験で休みのため2週間連勤中(^^;;

仕事は嫌じゃないけど流石に時間に追われるので毎日気が抜けずにバタンキューです。

そんな時ですが、それでも容赦なく毎日はやってくるわけです

今日は東京女子医科大学でセミナーです^ - ^

image


1.高齢者の歯科治療
〜特に口腔外科疾患について〜
東京女子医科大学医学部歯科口腔外科学講座教授 安藤智博先生

★尋常性天疱瘡、突発性血小板減少症、口腔カンジダ、帯状疱疹、狭心症治療薬シグマートによる口内炎、重症歯性感染症、高齢者の顎顔面骨折、陳旧性顎関節脱臼、口腔ガン、ビスフォスフォネート製剤と顎骨壊死(薬剤関連顎骨壊死)、抜歯における抗凝固薬の休薬、PT-INT、NOAC、血栓の種類、慢性DIC(播種性血管内凝固症候群)

・高齢化による全身疾患や薬剤の問題に伴う口腔トラブルはこれから益々問題になると思われる。特に高齢になってからの抜歯を避けるためには若い頃からの口腔ケアときちんとした処置が必要となる。私たち歯科衛生士の果たす役割は大きい。

2.痛みの診断学
〜基礎から臨床まで〜
日本大学歯学部診断学講座
准教授 野間昇先生

★1.動物実験2.クリニカル3.ケース
どのように関連痛は起きているのか?
BurningMouthSymptoms
米国口腔顔面痛学会の分類
SNOOP

・かなり専門的な話しなので理解するには時間がかかるが、近年歯が原因ではなく歯の痛みを訴えてくる患者様も増えてきているのでしっかりと学びたい分野である。

このページのトップヘ