顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: セミナー

今日はこれから植田耕一郎先生のオーラルフレイルから摂食機能療法まで。

口腔機能低下症のお話しを拝聴します(^^)

IMG_3159

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

昨日、ご縁がありまして子宮頸がんのお話を聞く機会がありました。

国立がん研究センターの最新がん統計によれば、子宮頸がん死亡者数は年間約3000人と言われています。
男性の死亡数1位肺がんの死亡者数が年間5万3千人、2位の胃がんが約3万人、女性の1位大腸がんが2万3千人、2位の肺がんが約2万1千人ですから、割合で見れば死亡者数の少ない疾患と言えます。

でも3000人て...%では少なく思えるけど、決して侮れない数字だと思います

子宮頸がんの発症にはHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が関与していると言われており、1度でも性交渉の経験がある全ての女性に子宮頸がんのリスクがあると言われています。

この子宮頸がんの原因となるHPVの感染を防ぐのが子宮頸がんワクチンです。

日本ではワクチン接種後の副作用の報告により、現在は 厚生労働省の平成25年6月14日付け「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)」により「国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされたところである。」とされています。

それを受けて、例えば、自治体では江東区のHPと見てみると

区ではHPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)予防接種の積極的な勧奨を中止しています。と書かれており、チラシには「現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。」とこんなに大きく書かれています。

面白いですよね、厚労省は「勧奨すべきではない」と書いて入るのに、区では「勧奨を中止」と書いています。言葉遊びが物凄い感激

スクリーンショット 2019-05-20 11.12.17



その結果HPVワクチンの接種率は(看護roo 昨日の講師宮城悦子先生のコーナーより)低率となっています。
スクリーンショット 2019-05-20 13.16.28


そして、これは大阪大学の2016年6月29日に発表された論文です。
“Outcomes for girls without HPV vaccination in Japan”
子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨一時中止の継続に伴う、HPV感染の生まれ年度による格差

スクリーンショット 2019-05-20 13.22.33

この結果は、子宮頸がんワクチン摂取率が低率になった2000年以降の女子が20歳を迎える2020年問題。 急激に子宮頸がんのリスクとなるHVPウイルス感染者の報告が増加するのではないかと危惧されています。 結果的に将来子宮頸がんが増える(予防接種以前の死亡率に戻る)という事になります。

ただこれは個人のHPV感染、子宮頸がんのリスクが上昇するというだけでなく、集団感染という意味合いにおいても、感染者が社会に増えるという事はそれだけ疾患の蔓延の原因となるという事ですから、個人の感染者が増えるという事は社会全体として感染症の広がりも危惧されます。

ちなみに世界を見ると、例えばオーストラリアではワクチンを含めた予防政策がうまく行き、2028年には子宮頸がんは撲滅されると言われています。

オーストラリアにおける子宮頸がん撲滅までの予測期間:モデリング研究

ふと私は不思議な疑問が湧きました。

なぜ日本では、ワクチン名が「子宮頸がんワクチン」なのでしょうか
ちなみに、HPV感染予防は子宮頸がんの予防と女性を守る的な観点だけで日本では語られますが、世界では、HPVワクチンは男女問わず両方に接種しています。  

HPV-Associated Cancers(HPV関連がん)の予防という観点です。

CDCではHVPに関連する6つのがんを紹介しています。

スクリーンショット 2019-05-20 13.34.53


HPV can cause cancers of the:  Cervix, vagina, and vulva in women Penisexternal in men Anusexternal and back of the throat, including the base of the tongue and tonsils (oropharynx), in both women and men

性交渉つまり男女お互いの行為で感染するのに、なぜか日本では女性の病気である「子宮頸がんワクチン」って変じゃありませんか男性は感染源じゃないって事

そして驚くべき数字は、CDCの表の男性のback of the throat、咽頭がんの数字の大きさです。
女性の子宮頸がんの数字と同じぐらい、アメリカではHPVによる咽頭がんの発症率が多いのです。

なぜゆえ日本では女性だけがこのHPVワクチンを推奨されるのか?

そもそもその積極的接種推奨中止も問題ですが、ワクチン導入の経緯がなんだか変

まあアメリカで男性が特異的に咽頭がんが多いってところは、お国柄の性癖とかそういう問題もあるのかも知れませんけどね。データは事実ですけど、読み方によって真実は随分異なります。

 アメリカでは咽頭がんを含むオーラルキャンサーがとても問題で、それを一番に発見するのは歯科職なので、がんの発見者としても歯科医師、歯科衛生士は頼りにされています。

たまにはアウェーな研修会にも出て見るものですね。

facebookにも書きましたけど、私は歯科衛生士とは「お口を通して患者さんの心と体の健康を守るプロフェッショナル」であると思っており、歯科のチェアサイドで子宮頸がんの話をしたって良いと思っています。

メインテナンスの世間話の1つに子宮頸がんのお話でもいかがでしょうか

私はこの場でワクチンの賛成や反対を論じたい訳ではなく、まずは考える種を蒔ければと思っています。

政治、経済、この世の中はいくら良い事でも一筋縄ではいかない事がたくさんあります。
人に流され情報操作されることは、この現代社会においては日常茶飯事。知らないうちに操られている事もあります。
だからこそ、自分の意見をしっかりと持つ、一度振り返って考えてみる。そんな事が大切なのだと思います。

それでは皆様、今週も元気に参りましょう 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_3073

今日はアウェイですが、子宮がんについて学びます(^^)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

今日は、診療終了後に、高齢化社会工学のセミナーに参加してきました

人生100年時代。どう生き抜くか

今日、記憶に残ったのは、平成がどのような時代だったかという振り返りに基づき、平成30年で日本人の心がどう変わった?という点。

「不満はないが不安がある」というのが各種の世論調査結果から浮かび上がる現代日本人の社会心理なのだそうだ。21世紀に入っての日本が「常温社会」に浸り、「イマ、ココ、ワタシ」。未来よりも今、期待よりも現実、公よりも私という価値を優先。「内向する日本」。

イマ、ココ、ワタシってすごく共感する。

つまり、ワタシでしょ未来を夢見ない国に未来はない。現実を見るのはいいけど、現実見ても何もしない。人の事には無関心、国がどうなろうが、隣の人がどうなろうが、私には関係ない。

つまり、ワタシだけが良ければ、ワタシだけが幸せなら良い。

なのに、高齢者に必要なのは参画できる地域コミュニティーだと言って、そのプラットホームを作ろうとしているのですよ。

若い時にワタシ主義で他人は関係ないと言って過ごしてきて、年をとったらいる場所がないから、いる場所を与えるって...なんだかおかしくないでしょうか?

日本は古来の家制度があり、時代の変化とともに、様々な問題もあって廃止に至ったが、家族とは何か?家制度はどんな役割であったかをきちんと考察せずに、いや考察したのかもしれないが、結果として家族は分断し、家族が崩壊していくこととなる。

家制度の反動か、日本はどんどん核家族化して今に至る。

国家とは何か、国民とは何か、暮らしとは何か、夫婦とは何か?婚姻とはどういう意味を持つのか...

全てにおいて問題があるから、不満があるから廃止としてきた結果が今である。

家制度が残っていたら、このような急激な少子高齢化にはならなかったのではないか?

そして、安い人材登用で、男女雇用機会均等法によって女性は突然社会に放り出される事となった。

核家族になった上に、女性は社会に出されて、家を守るのは誰なのか?
家で子供を育てるのは誰なのか?

家で子供が育てられなくなったので、外でお金を払って育ててもらう。雇用が生まれて、経済が潤う...

って、家族の代わりを、お金を払って人に委ねて、その結果はいかに?

とにかく最近の日本はあまりにもおかしい。でも、おかしいと批判する大人はたくさんいるけれど、それを修正しようと実行する大人は少ない。

大人が口ばっかりなのだから、子供がやる気のある子供になるわけがない。何か全てが悪循環。

つまり、大人がもっと子供の手本となるような大人になれって事です私も含めて。 

さて、さて。これから日本はどうなる事やら。

にしても、これからは高齢者も女性も働いてもらうって。。。いつまで働くのだろうか。

女子供、年寄りまでも働かないといけないなんて。戦争時代でもあるまいし、本当に日本は貧しくなったのだなと実感する

仕方ない。明日も頑張って働きます 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

皆さま、連休はいかがお過ごしでしたか?
やっと連休が終わり、私的には、今週からやっと元の生活が始まります

やっと少しですが自分の時間がある今日。ブログの続きを書いています。やっと書けた(笑)

医学会総会3日目。
 
記念講演
過去と現在を直視し、今後の震災に備える
名古屋大学減災連携研究センター福和伸夫 先生

がんを免疫力で治す
京都大学高等研究所
本庶佑 先生 ←本庶先生のエッセイは必見です。ぜひ拝読して下さい

閉会講演1
東海道新幹線から超電導リニアへ
葛西敬之 先生

閉会講演2
iPS細胞研究の現状と医療応用に向けた取り組み
山中伸弥 先生

医学会総会最終日。
恐れ多い方ばかりの講演でした

しかしながら、このクラスの方々のお話を一挙に聞ける事はなかなかありません
福和伸夫先生の地震の話が非常に興味深いものでありました。地震から見た歴史、経済、政治、地形、住まい、生き方など...自身として振り返り、自分の専門分野から世界を眺めて見るのも良いのかもしれないと思った次第です。

また、ノーベル賞を受賞される先生は、さすがに勉学だけでなく、研究者としての心構えや、人のために役に立ちたいなど、志が高く、そのお人柄に心より敬服いたします。

私のような凡人にとって、頭の良い方々は当然志も高いであろうという期待があり、またそうであってほしいと願う心がある。どの分野でも同じだが、一線級を行かれる方の志は本当に高い

昨今はこのような志を持った(頭が良いとか悪いではなく)人として尊敬できる立派な大人が少なくなったような気がしている...

が、しかし人の振り見て我が振り直せ。
自身が志のある人間に近づくように努力する事こそ大切なのだと、改めて気がつかされます。

暫く、このページが下書きのメモの状態でアップされている事に気がつかず、先生方の名前にも敬称略がされており大変失礼な文章になっていました。大変失礼いたしました。

気がつけば、もう学会に参加してから2週間が経過してしまい。。。

私の予定からすでにすでに数十分オーバーしているのでございました

最近、なぜだかずっと悶々と考え事をしています。

私が追求するべき事、本当に時間を費やす事が何なのか?組織に属さなければならない故の無駄な時間ではなかろうか?とか、はたまたそれもご縁で、その中で自分のやれるべき事を成すのが私に与えられた
使命なのか?

つまりは私が凡人であり、一人では何もできな事の表れであるのであろうが、この心の整理がつかずに、日々悶々としている。

こう愚痴愚痴していると、やればいいんだとお叱りを受けそうですが、この悶々とした日々が、例えるなら、芽吹きの春を迎えるには必ず寒い冬があるのと同じで、 悶々とした苦しい日々が芽吹くための準備のための必要な期間である事は薄々と感じているのです。。。

にしても、悶々とするなーまだこの悩みは暫く続きそうです

それでは皆さま、今週もまた頑張りましょう 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

医学会総会2日目。

歯髄細胞を利用した再生医療
歯髄幹細胞を用いた歯髄・象牙質再生治療:さらなる発展を目指して
中島 美砂子 先生 (国立長寿医療研究センター)

糖尿病合併症に対する歯髄幹細胞療法の有用性
成瀬 桂子 先生 (愛知学院大学歯学部 内科学講座)

乳歯歯髄幹細胞による小児何知性疾患の新規治療の開発
田口 智章 先生 (九州大学大学院 小児外科学分野)

歯髄幹細胞の基礎医学と細胞治療における期待
本田 雅規 先生 (愛知学院大学歯学部 口腔解剖学講座)

記念講演
やれる理由こそが着想を生む〜はやぶさ式思考法〜
川口 淳一郎 (宇宙航空研究開発機構 JAXA)

野生の思考と未来の人材育成〜ゴリラに学ぶ〜
山極 壽一 (京都大学)

 ここまで見えるようになった精神神経疾患
脳神経回路と脳タンパク質老化の可視化:認知症に打ち勝つダイナミズム
渡辺 宏久 先生 (名古屋大学 脳とこころの研究センター)

神経疾患の脳内神経回路病態はここまで分かった
松田 博史 先生

精神疾患の脳内神経回路病態はここまで分かった
飯高 哲也 先生 (名古屋大学 脳とこころの研究センター)

他施設共同大規模MRIデータ解析による精神疾患の脳病態解明
笠井 清登 (東京大学大学院医学系研究科 精神医学分野)

2日目も無事に終了お昼過ぎの講演はお部屋が暖かくて、薄暗くて、睡魔に負けてしまいましたが...

今日こころに残った言葉は

JAXAの川口淳一郎先生の

「夢で飯が食えるのか?」と良く言われるが、

「夢も見れないで飯が食えるか

です。確かに。

自分に置き換えて最近の私は、年をとったせいかつい守りに。もう終活とか行っちゃって
反省しました。それから、京都大学総長の山極先生のゴリラのお話を聞くのは2回目だったのですが、動画のゴリラの群れの話が泣けて、泣けて

いつも先生は猿とゴリラと人間の違いをお話して下さいます。

猿は強いものが餌を独り占めしますが、ゴリラは餌を分配します。猿にはない行動です。そして今日は群れの中で片手を亡くしたゴリラの子供をボスゴリラが気遣い、それにつられて、他のメスゴリラや子供のゴリラが片手を亡くしたゴリラを気遣う姿が流れていました

人間はゴリラに近いと言いますが、先生は最近は人間が猿化しているとおしゃいます。

人との繋がりが脆弱になった今、これからの人間の幸せのかたちとは?
人は人との繋がりの中でしか幸せを感じられない。でも、その繋がりがない。そしてバーチャルで得られない繋がりをバーチャルの中に求める。

しかし、バーチャルがリアルにするのは不安で、そしてリアルに繋がる事に不安がる...人と繋がりたくても繋がれない世の中で、バーチャルで繋がりを求める心歪みが子供の自殺率をあげている。

日本は本当に貧しい国になったなと私は思っている。学力の話ではなくて、人間が生きて成長する事。精神があまりにも幼稚な大人たち。。。

昨日に引き続き、私が思っている事と同じ事を考えている大人がいる事にちょっと安心したりする。

子供に夢がない国に未来はない。子供が不安で自殺をする国に未来はない。。。

さて、明日は最終日。もう1日頑張ります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日はリハの先生の講義♡
100歳までいけるかな(^^)

IMG_3006


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender

今日は血管炎について勉強しました^ - ^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日もまた…
未来に向かって学びます^_^

IMG_2866



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_2841
今日は目の病気について学びます♡
今週はハードです…

毎日歯科用顕微鏡を使って明るい視野を見てますし、日々目を酷使してるので、しっかり学んでおきたいと思います(^^)

8
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ