東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科診療 リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: セミナー

学校で学んでいるのですが、何故か今日は嚥下内視鏡のセミナーに参加しています。

胃瘻造設と合わせた内視鏡のセミナーです。

image


医科が主催です。

ふむ。

やはり歯科とは視点の違いもあり。そして、口から食べるという意味においては医科だけでは不十分であり…歯科職の頑張り度が足りない事をマザマザと感じます。

なんだかんだ言っても、今の大学の教育で学んだ事が役に立っています。

衝撃的だっのは、嚥下造影検査で咀嚼させたら喉頭挙上が不十分になるから、咀嚼はさせない。

ちゃんと嚥下の評価を何処かで勉強した方がよいと先生がおっしゃったこと…

確かに歯科の若い先生の勉強不足は否めない。でも、それを勉強しにきているのだし、その言い方はない。

しかも、普段食べるように検査しないと意味ないんじゃないだろうか?

それは両方を検査すべきで、咀嚼を除外するのは流石医科だなぁ…と思うのですよね。

歯科がヘボっているからどこへ行っても馬鹿にされて、上から目線で…

頭にくるなあ。いつも。

色々ありますね。


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】


歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

今日は医院は休診で、スタッフ皆で第11回滅菌管理研究会に参加しています^ - ^

image


感染症基礎講座 中材と法令 東京大学医学部付属病院 材料管理部 深柄和彦先生

教育講演1 被滅菌物に応じた滅菌法選択における注意点 株式会社ウドノ医療 営業部 マーケティング室 副部長 栗原 靖弘 先生

教育講演2 滅菌保証の最前線〜各国ガイドラインの比較から見た日本の滅菌保証〜 スリーエムジャパン株式会社 ヘルスケアカンパニー 感染管理製品技術部 マネージャー 木村登 先生

シンポジウム テーマ:滅菌物の管理

滅菌物の医療現場における管理の実態と問題点 日本大学医学部付属板橋付属病院 専従感染管理者 伊藤美和子先生

再滅菌どうしてる?〜運用方法と検討課題〜 聖路加国際病院 中央滅菌室 市橋友子先生

材料部スタッフによる医療現場のラウンド 東京大学医学部付属病院 材料管理部 大山 剛先生

特別講演 小規模施設での滅菌について 沢田記念高岡整志会病院 副院長 佐藤根敏彦

有難い事に幹事の仲間入りにさせて頂いて、今回も裏方でお手伝い(^ ^)

まだまだ自分の勉強不足を感じますね〜

歯科のために貢献なんて言っているばやいではない。自分が勉強しないとね。

今日は残念ながら二次会はご遠慮しました。

大学のスケジュールも来週はハード。連日予演会で朝が早いし、部署替えで疲労もピーク…

そして、明日は矯正…

休みなしの14日(ㆀ˘・з・˘)

ちょっぴり早くお休みして…明日も頑張りましょう^ - ^

さて。10月、11月は唯一の休みはほとんどが講習会です。勉学の秋です。

仕事、家庭、大学…でめいいっぱいですが…お頭の弱い私は人一倍時間を費やし、勉強し続けるしかしかありません…

今日も頑張ります^ - ^

今日はインフルエンザセミナーです。皆さんもうワクチン接種はお済みですか?

image

口腔顔面痛Orofacialは、oral(口)とfacial(顔)を組み合わせた造語です。

今日はアクシデントがありましたが、なんとかセミナーに間に合いました‼︎

image

今日は土曜日。セミナーです(*≧∀≦*)

image

小林寛伊先生、大久保憲先生、安原洋先生…
image

高階雅紀先生、深柄和彦先生…という東大きっての大御所揃いの研究会です(^^;)(高階先生は大阪大学ですが)

どんな時も本質を考えさせられる小林先生の言葉。

verificationとvalidation…

滅菌器が正しく動くかインジケータを使用をして検証するのはverificationで、インジケータを使用(して滅菌保証)する方法が有効かも含めて一定の規格(無菌性保証水準:SAL)を満たしているかをチェックするのはvalidationというところでしょうか…

滅菌工程を検証したと言うべきか、滅菌保証を成したと言うべきか…

という奥の深いお話(; ̄ェ ̄)です。

まだまだ勉強が足りません。

いつも思いますが、歴史を追う事はとても大切ですね。

診療後、今日はもセミナー。秋は多いよね…(^^;)

Prof.Bjork Klinge 特別公演
日時 2016/10/19 19pm〜
場所 東京

http://www.socialstyrelsen.se/english
image


法律、教育、保険制度。

スウェーデンも、フィンランドもイタリアンもご縁があって、行かせて頂きましたが、社会背景や法律が全く違う中で、予防先進国と呼ばれる欧州の真似をしても日本の歯科予防が上手くいくわけがないのです。

歯科衛生士にはそういう視点がないから。
〜型プラークコントロールて言って患者指導している歯科衛生士は如何なものかと思う。

予防は国策です。

image


今日は診療後にセミナー…

終了時間8時30分…

…いつもより早い( ̄◇ ̄;)

いつもはまだ学校にいる時間。

エイズ患者が増えるということは、啓蒙活動が上手くいっていないという事。

HIV患者がエイズを発症するには何年も要する。

発症する前に感染に気づき、薬を服用すれば決して不治の病ではない。

早期発見、早期治療が功をなす。

☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【医療安全・感染制御・滅菌管理】 
〜〜医療安全〜〜 
医療の質は安全に比例いたします。
東京医療安全・感染制御研究会はこちら
http://www.iryou-anzen.jp/

〜〜滅菌保証〜〜

バリデーションと物理的・化学的・生物学的インジケータで大病院レベルの滅菌管理を歯科医院レベルにも。国内初のオフィス滅菌保証を全公開です。
東京医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部
http://sterilization.hatenadiary.jp


歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************
image

今日は第33回日本障害者歯科学会に参加してまいりました。

残念ながら今日1日の参加になってしまいましたが、本日聴講させて頂いた演題です。

歯科衛生士基調講座供‐祿下圓紡个垢PMTC 東京医科歯科大学臨床教授 内山茂先生
一般口演 障害者におけるOral Hralth Assesment Tool日本語版の有用性の検討
一般口演 経管栄養の要介護高齢者にみられる咽頭の付着物は何か?
一般口演 口腔剥離上皮膜がみられる患者にカンジダ菌は存在するか?
一般口演 当センターにおける簡易型細菌数測定装置の応用について
一般口演 重症心身障害者における摂食機能療法の介入効果
一般口演 経鼻内視鏡を用いた唾液誤嚥評価法の開発
一般口演 入院患者の摂食嚥下障害と低栄養に関する報告
一般口演 当地域摂食機能支援相談事業の現状と課題
一般口演 ミールラウンドにおける頸部聴診の「見える化」による情報共有
市民公開講座 認知症と歯科〜認知症になったらすること、認知症になる前にすること〜 菊谷武先生

内容はまた改めて。。。

さて、今週も頑張ります! 

このページのトップヘ