顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: セミナー

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは micro scalingR歯科衛生士naomiです 

***********************************

先週末、金曜日から2019.10.04-06 セミナー29 The 5th annual meeting of International Academy for Digital Dental Medicine 第5回国際デジタル歯科学会に参加してきました

さて、最初にDigital Dentistryとは下の動画は今回の学界とは関係ないのですが、まずはDigital Dentistry を理解して頂くためにご参考までに、ボストン大学の動画を紹介します。




デジタル機器による診査、診断(例えば歯科用顕微鏡 dental microscopeや光学印象 Intra Oral Scaneer、コンビームCT cone-beam CT) これらのデータを融合し、治療計画を立て、画像で治療後のプレゼンテーションができますし、硬組織(歯や顔面の骨など)や軟組織(歯肉や唇、顔の皮膚など)すべてを立体画像として画面の中に再現できます。

見えない骨の中まで見る事ができ、例えばインプラントの時には内部の血管や骨の欠損状態などが事前にわかり、インプラントの埋入方向、深さ、角度などを事前に確認する事ができます。

事前にガイドを作成する事でインプラント手術の際にも予知性の高い手術ができます。

また3Dプリンタ0ーやCAD/CAMによる削り出しの技術により、インプラントのサージカルガイドやテンポラリーの歯や義歯などの補綴物を数時間で作成する事ができます。 

画像を見ると近未来的で素晴らしい世界のような気がしますが、学界でも佐藤逐次先生がおっしゃるように、手術は極めてアナログなものなのです 。

まだまだデジタル機器はその進化の途中です。人間の手に叶わないものだってたくさんある。

人間が手を抜くための機器の進化ではなく、その優れた優位性を利用し、人間の役に立つ方向にデジタル機器が進化すればなと思いました

にしてもボストン大学の動画を見ても思いますし、最近肌身に感じるのですが、世界における日本のポジンションが低下しているのをとても感じますし、この国の未来に不安を感じます。

日本が輝いていた時は夢か幻か...

若い頃にアメリカやヨーロッパに憧れて、夢に向かった若い日。そういう若いエネルギーが今の日本からは感じられない。

それは欧米に追いついたからと思っていたけれど実はそうではなかった。

追いつこうとしていた人は極わずかで、日本人は欧米で見聞ききした事を自慢するにとどまり、自慢した人が偉いと評価され、その見聞きした事は実践されていかなった事の結果今にいたるのだと思う。

欧米に行ってきた、見てきた、そんな自慢はどうでもよくて、それを日本人として消化して新しい日本の文化を生み出してこそ先進国の仲間入りができたはずなのである。

失った20年は大きい。

私が今感じるのは、これからまた日本が世界に追いつけ、追い越せと思っていたあの当時のように、心を更にして世界にどう食い込むかと努力する時代がこれから始まるのだと思う。

つまり、振り出しに戻っただけの話 

本当に日本は息苦しい。個性もないし、新しい発想もない。発想もないというより発想する教育をしていない。新しい発送は古い人間を脅かす。若い才能を育てる事なく、管理しやすい人間を育てる国には新しい未来は来ない。

大人の発想が変わらなければ世界ではずっと通用しないでしょうね 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3日間、第10回 日本デジタル歯科学会 第5回国際デジタル歯科学会に参してます(^^)

IMG_4208

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは micro scalingR歯科衛生士naomiです 

***********************************

昨日、私が専攻科でお世話になりました、日本歯科大学多摩クリニック主催の第3回食べるを支える研修会に参加してきました

1部
食形態の調性〜嚥下調整分類2013、発達期摂食嚥下障害(者)のための嚥下調整食分類2018〜
管理栄養士 尾関 麻衣子 先生

2部
さまざまな代償法
摂食嚥下専門クリニックにおけるICT(MCS:Medial Care Station)を用いた多職種連携
戸原 雄 先生

そして最後に教授である菊谷 武 先生 から締めのお言葉がありました。 

第3回 食べるを支えるセミナー

尾関先生...学生の時には在宅に一緒に訪問させて頂いて食事指導を見学させて頂きました。
いつもメジャーを持ち歩いていらして、上腕周囲長を測定したりして在宅では難しい筋肉量の把握をしていらっしゃいました

今回は日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食学会分類2013を解説して下さいました。 

学会分類2013

は日本歯科大学多摩クリニックが協力している一般社団法人 食べるを支える会食分類から引用しました。 

健康長寿ネットによると嚥下食とは、飲み込みや咀嚼といった嚥下機能の低下がみられる場合に、嚥下機能のレベルに合わせて、飲み込みやすいように形態やとろみ、食塊のまとまりやすさなどを調整した食事のことを言います。嚥下訓練に使用される嚥下訓練食品も含まれます。

この食べる機能と食形態をわかりやすくしたものがこの表です。

この嚥下調整食の分類が理解できていると、例えば、病院で退院する時に病院では嚥下調整食2-2だったと言えばその機能と照らし合わせて食形態を調整できます。また病院と病院や介護施設全ての共通言語となり、美味しく安全に食べる事が継続して支援できます。

切れ目のない支援
こちらも日本歯科大学多摩クリニックが協力している一般社団法人 食べるを支える会からの引用。

ブログを書いていて思いますが、摂食嚥下の事を説明するのって結構難しいですねつまりは自分の中で整理できていないという事ですね

健康な皆さんにとっては毎日美味しく口から食事をする事は当たり前かもしれません。しかし病気や加齢が原因で噛んだり飲み込んだりする食べる機能が低下することによって、美味しい食事が口からとれなくなる事があります。
食べ物が認知できない、食べ物が上手く口に取り込めない、噛み砕けない、唾液と混ぜる事ができない、食べ物をひと塊りにできない、飲み込めない、誤嚥するなどが摂食嚥下障害です。

これは認知機能に問題がある事もありますし、唇や舌などの口腔機能に問題がある場合もあります。

そんな時、どう食事をとるか。食事とは楽しみでもありますが、栄養を摂るという生命維持に不可欠な要素でもあります。食事ができないという事は生命維持に関わる大事件です

だからどうやって栄養を摂るかどうやって食べるかというのはとても重要になります。

ざっくり言えば、その使えない口腔機能の部分を調理で補っている食事が嚥下調整食です。

次に飲み込みが上手く行かない場合の代償法、顔を傾けて飲み込む、主食と飲み物を交互に嚥下する、顎を引く、一口量を調整するなど。
戸原先生が具体的に紹介して下さいました。

最後に菊谷教授が生活の場における支援の難しさについてお話しされました

生活のための食を支えるために、本人の意思を尊重しなければならない自立尊重原則と医療者として誤嚥や窒息のリスクを減らすことに努めなければならない善行原則このはざまで私たちは悩む
先日ご紹介した小山珠美先生は病院の看護師さんなので、どちらかといえば急性期を担当し後者の善行原則が優先されます。

しかし、病院を退院し在宅医療になり、余命が限られた人であればリスクはあっても自立尊厳の原則を尊重するべきかもしれない。
その時々、また個人によって選択する道は違う...

菊谷先生曰く
万策尽きたのか。最後まで食べたという記憶は残された家族の記憶の中にもとどまり続ける。一方、なぜ食べてはいけなかったのか、他に方法はなかったのかと思い悩みながら送ってしまった家族にとって、この思いは悲嘆からの回復の妨げになる

人生の最終段階における摂食嚥下リハビリテーションは、「長寿を享受した人の人生の総仕上げに立ち会う」という意味を持つ。人生の大先輩に対してわたしたちは何ができるだろうか...

人生の最期を支える医療職として考えさせられますね 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は日本歯科大学多摩クリニックの食べるを支える研修会に参加します。

IMG_4063
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは micro scalingR歯科衛生士naomiです 

****************************************

先日、お江戸日本橋歯科医師会が主催する、要介護者歯科保健講演会に参加して来ました

すっごく楽しみにしていた講演会

それは、小山珠美先生がご登壇されたからです。
小山珠美先生はNPO法人口から食べる幸せを守る会の理事長でいらっしゃいます。

私はNHKのプロフェッショナル仕事の流儀という番組が大好きなのですが、その2016年5月16日の放送で小山珠美先生が紹介されました。珠美先生のスプーン1本で口から食べる事を取り戻していく患者さんの姿にとても感激しました。

時を同じくして、私は2016年に日本歯科大学付属病院 口腔リハビリテーション多摩クリニックで、日本歯科大学東京短期大学口腔リハビリテーション専攻科生として1年間摂食嚥下を学ばせて頂いておりましたのでその感激はひとしおでした。

そして珠美先生は看護師さんですが、人生の最後まで口を使って食べる事をサポートする事は私たち歯科職がやるべき事でもあるという気持ちがフツフツと湧きました。

ただし私は開業医勤務です。専攻科では毎日摂食嚥下障害の患者様を拝見していましたが、現在は元の診療所に戻りましたので、ほとんどが健康な患者様です。そこで私が得た知識と毎日の業務にギャップを感じますが、しかしながら私、歯科衛生士の本当の仕事は「予防」です。
ですから、患者様が最後まで口を使って食べ続けられるように、若い時からの予防を担うのが本来の重要な役目。当然最後まで食べ続けるには、噛む(咀嚼)事が大切ですし、粉砕した食物を唾液と混ぜてひと塊りにする(食塊形成)ためには、舌や頬の機能が大切ですし、もちろん飲み込む機能の維持(嚥下)も大切です。
これらの口腔機能の低下を早期に発見して元の状態に戻す事は非常に重要な役割です。

そして、それは健康な時より歯科医院に定期的に来院して頂き、接する機会が日常の一部となっているからこそ気が付ける事であり、一生関われる場でもあります。つまり定期的な健康予防教育の場が確実にあるという事です。
これは歯科のメインテナンスシステムでしかなし得ない事です。

先日私のもう10数年のお付き合いのある患者様が3ヶ月に一度のメインテナンスで来院されました。何度かブログに登場していますが、元々はその患者様のお母様の往診に行ったのがきっかけでのご縁です。お母様が亡くなり、そして娘さんである患者様も高齢者になりました。
そんな患者様に、ふと、ほっぺたに空気を入れられますか?冗談のような話ですが、できないのです何度かやって頂くと感が戻って来たようで頬を膨らます事ができました。ほっぺたに空気を入れてご自分でも家で動かして下さいねと伝えました。

何気ない一言。これが歯科衛生士にしかできない関わりです。

そして私の役目は歯を守る事ですが、この歯を守るためには、今となっては歯科用顕微鏡が手放せません。病院に勤務して摂食嚥下に関わる事はとても興味があるし楽しいと思うけど、でも歯科用顕微鏡を使用した世界にも例がないメインテナンスを手放すのは私には無理楽しくて仕方ないですもの。誰も取れない歯石を除去するの

だから私は開業医でしかできない歯科衛生士の役割をこなしたいと思います。

一生口から食べる続けるためには、かかりつけの信頼できる歯科衛生士を持つ事です。若い時には歯を守りながら将来の事を教えてくれて、人生の最後にお口の事での困りごとがないようにきっと導いてくれると思います。

私もそんな歯科衛生士でありたいと思っています

ちなみにお口から食べる事(経口摂取)の重要性は、私が首都圏滅菌管理研究会でお世話になっている深柄和彦先生が論文を出されています。簡単に私が皆さんに知って欲しい論文の内容を説明しますと手術後の回復には免疫力が大切ですが、静脈点滴など腸を使わない栄養療法を行なっていると栄養は補填できても腸管免疫が低下して感染防御機能が低下するというものです。

つまり腸管免疫を低下させないためにも(感染防御機能を低下させないためにも)口から食べ物を入れる事が大切だという事です。
栄養摂取の術後早期自立 外科と代謝・栄養47巻6号 2013年12月 

腸の飢餓「Gut starvation」用語についての説明は
Gut starvation 外科と代謝・栄養48巻5号 2014年10月

余談ですがGut starvationという用語があるのなら、ぜひOral starvationという用語が広まらないかなぁーと個人的意見です。   

この論文では最後に、長期間,食事摂取量回復が見込めない場合は,在宅経腸・静脈栄養も考 慮しなければならないケースもある...とあります。

この経腸栄養には違った問題があり、在宅でいかに家族やチームで食べる事を支えるか...そういう事も大きな課題ではありますが、その事についてはまた別の機会に考えたいと思います。

最後まで口から食べ続ける事は人間が生きる尊厳。
さて今週もまた患者さんのお口のサポート頑張ります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

口から食べる幸せを守る

食べることが困難になったらどうしてほしい?


今日はNPO法人 口から食べる幸せを守る会 理事長 小山珠美先生のお話を拝聴させて頂きました(^^)


IMG_4040

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日はドライマウスでご高名な斎藤一郎先生のお話を拝聴します。
FullSizeRender



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は診療後に栄養のセミナーに参加します(^^)

いつも首都圏滅菌管理研究会でお世話になっている深柄和彦先生もご登壇されます♡

FullSizeRender


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2日間、院長と歯科衛生士のYUさんと歯周病のセミナーに参加しています(^^)

IMG_3796
IMG_3814
IMG_3809

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は子供の口腔機能低下症について学びます(^^)

日本歯科大学多摩クリニックの専攻生として1年小児も学びました。私の恩師は田村文誉先生ですが、他の大学の先生のお話は聞いたことがないので楽しみです。

IMG_3761

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ