顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: セミナー

昨日、今日と、滅菌技師のakiさんと一緒に、第93回 日本医療機器学会に参加してきました。
IMG_1353
昨日は歯科の演題もあり…
かなりなガッカリ感でしたけど…

歯科はもっときちんと勉強するべきだと思う。

裸の王様の教授が心から可愛そうになりました(T ^ T)

IMG_1357

今回は、首都圏滅菌管理研究会のメンバーがたくさん発表し、刺激を受けた2日間でした。

比べてはいけないと思うのですが、医師は凄いです。

医科の先生方は、滅菌技師もその一つですけど、業務の中に新たに必要な分野を見出し、それを担う人材を教育し、育成し(つまり、雇用を生む)業界でその人達が食べていけるように保険点数をとって自立する道しるべをつけてくれます。

そして、頑張れば道が開ける事を教えてくれてモチベーションを上げて下さって、勿論おんぶに抱っこではだめで、自分達でも頑張りなさいと応援して下さる。

それに比べて歯科は…保険点数の加算のための根拠も示さず、ただただそんな値段ではできない!という嘆願書しか出さない。

歯科技工士はすでに食べられずにいなくなり、残るは家族が生計を支える女子技工士のみ。

歯科衛生士は院内の全てを任され、受付、アシスタント、清掃、感染管理、滅菌業務…有給も社会保障もない。

独身女子が一生歯科衛生士で食べていけるか?と言えば、マンションさえ買えない。つまり、親やパートナーの援助がなければ成り立たない。

セミナー屋になるなら別だけど。だから男性の歯科衛生士は殆どいない。家庭は養えない。

歯科医師は自分達がそういう環境にあるから、お前たちも当たり前だとブラックな労働環境を押し付けてくる。

医師とは大違い。

確かに診療報酬の低い歯科ではどうにもならないのかもしれない。

でも、だったら歯科医師やめちまえっ!と思う。

歯科医師が減ってくれた方が、歯科医療費のパイは決まっているわけだから、その分取り分が増える。

歯科医院の雇用の実態を歯科医師は隠したがるけど、歯科衛生士の常勤の雇用率は50パーセントを切っている。非常勤の雇用率は更に低い。

つまり、ほとんどの歯科医院は歯科医師1人。奥さんが時々お手伝いというのが普通。

こんなジリ貧な業界で、感染管理も何もないもんだ。

歯科医師もおかしいし、管轄する厚労省もおかしい、こんな歯科医療政策しかできない政治家もおかしい。

だって、歯科医師の傘下の私たち歯科衛生士は、休みの日にバイトしないと生活が成り立たない。

仕事が終わってから掛け持ちバイトしないと生活が成り立たない。

こんな国家資格ってありますか?

こんな状況なのに、なーんにもしない歯科衛生士会には愛想がつきる。

そういう客観的データを出せないのが歯科。説得力がない。

医科の傘下はいいなー

だーけーど。

私は歯科衛生士の仕事にプライド持ってます。

歯科衛生士は、揺りかごから墓場まで、患者さんが健康な時から関われて、健やかなる時も病める時も…の下りのように、患者さんの人生の舞台に上がることができて、人生を共に歩ける。

私がメインテナンスすれば、ドブのような口腔内は輝きを取り戻し、せせらぎの音が聞こえてくる。

私がメインテナンスすれば、ポケット9ミリでも歯石がとれる。

私がメインテナンスすれば、将来起こるであろう口腔内の変化を先回りにキャッチし、手立てをうつので、歯周病が防げて、虫歯の進行も遅い。

私がメインテナンスすれば、食べる機能は長く維持でき、食べられなくなっても、食形態のアドバイスで最後まで幸せに生きられる。

歯科衛生士の行うメインテナンスには無限に人を元気にするパワーがある。

その価値を、歯科医師も歯科衛生士も理解していない。

海外ではそんな素晴らしい職業である歯科衛生士の価値は高い。民度の低い日本人には思想や理念は理解できない。

私はもう40歳を超えで、業界のために尽力する気は毛頭ない。20代で歯科衛生士の底上げ、社会的地位の向上と思ったけど、歯科衛生士の底は底なしだった。

私は目の前の患者さんをみるだけで手一杯。そして、目の前の患者に見れない歯科衛生士に外で発言する資格はないというのが持論。

この仕事が凄い仕事だと言う事が伝えられない私のプレゼン能力の問題だけど、無関心な歯科医師、歯科衛生士には愛想がつきている。

患者さんならいくらでも手技で伝えられるけど。

はー。長くなりました。

明日はゆっくりお休みします^ - ^


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1341

今日は白内障についてお勉強します!
(*'ω'*)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

会長講演 日本歯科医学が推進する新機能・新技術 住友雅人先生のお話しが聞けたので、今日は満足(*'ω'*)

IMG_1329

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アウェイ過ぎて、心臓が飛び出そうな勢いです…(^-^;
18時近くまでの長丁場ですが、頑張ります‼️

IMG_1324

細菌感染症

結核対策の歩み 公益財団法人 結核予防会 結核研究所 所長 加藤誠也先生

抗生物質の歴史と人類への影響 長崎大学熱帯医学研究所 国際保健学分野 教授 山本太郎先生

ウイルス感染症と感染症の歴史 

ポリオ根絶に向けた取り組み 国立感染症研究所 ウイルス第二部 第二室長 清水博之先生

感染症の歴史 明治〜平成 国立感染症研究所 エイズ研究センター 第二研究グループ長 山本浩之先生

日本脳炎、デング熱対策の歩み BSL4施設稼働 国立感染症研究所 名誉所員 倉根一郎先生

感染症対策における感染研の役割 厚生労働省 大臣官房 厚生科学課 課長 浅沼一成先生

☆参加してみて☆
どのご講演も大変興味深い話であった。

山本太郎先生の抗生物質の話の中で、マイクロバイオームの話があり、1度きちんと聞いてみたい話だったので大変良かった。また、抗生剤を多く使用している地域と糖尿病、肥満の患者の数のプロットが重なるという大変興味深いお話であった。

山本浩之先生の歴史も、日本史、世界史、イベントと並行しており、時代背景と医療政策がとても、わかりやすかった(しかしながら、細か過ぎて覚えられなかったけどw)

1番感銘を受けたのは、厚労省の浅沼一成先生の熱意でした。日本の感染対策を本気でやっていこう!という熱意…

そして、何度もエビデンスに基づいた…とおっしゃっていました。医療者としてごもっともです。

でも…なぜ?

なぜ、こんな熱意のある人が厚労省のトップにいるのに、歯科の感染対策はエビデンスのない事をしいられ、現場はジリ貧で、6万件の歯科医院のうち半分は歯科衛生士や、助手もいない。

歯科技工士はいまや終了。生活できずにいなくなってしまいました…

こんな人員構成の中で、感染対策なんて無理です。

トップがおかしい人かと思っていたら、トップはまともだった!

では、誰が歯科のこの全くよくわからない、エビデンスに基づかず、予算も貰えないのに、やらないと罰せられるのか?

疑問しかない。
まあ、それが世の中って事かもしれませんけどねw

とにかく、お役人でも真面目に熱意のある人がいたんだ!という驚きと、その熱意に感激し、と同時に末端のひどさにがっかりし…様々に思う事のある1日でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1320

600名定員マックス。
今日は久しぶりに、摂食嚥下分野をお勉強(^O^)

摂食嚥下分野に関わる皆さんは、植田耕一郎先生の話を一度は聞くべき。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

昨日の日曜日第14回の首都圏滅菌管理研究会が開催されました。

IMG_1293

今回は、歯科外来診療における感染防止対策の基本というテーマで講演させて頂きました。
人の前で話すのは大の苦手な私ですが、発表という貴重な機会を与えて頂けるのは本当に有難い事です。

感謝、感謝

パソコン操作が上手く行かず、少々焦った事もありましたが、なんとか無事に終了いたしました。

この4月の診療報酬の改定で、歯科にもようやく感染防止対策に関する保険点数が加算される様になりました。しかしながら、その点数は3点。3点とは30円です。

日本の歯科医療は、歯科医療従事者の良心の上に成り立っているなと本当に思う、今日この頃です。
それなのに、日本では「だから歯科は。。。」とか、「歯医者」と呼び捨てにされたり。
本当なんだかなと思う事がとても多いです。

3点じゃ、手袋の交換もままならないのに。。。

私の発表の後に、多くの方が、「さすがに3点はないよね。」と言って下さったので、それだけで今回の講演の役割は達成したと、私は思っています。

ただ保険点数の問題は、感染に点数がつけば、他が下がる仕組みになっていますから、様々に問題があります。歯科医療費の分は決まっていて、その中でどう分配するかだけの話なので、まあ、意味がないと言えば意味がありません。

そもそも日本の歯科医療費は海外に比べてかなり低いですし、疾病依存型の保険点数の加点方式にも問題があります。

つまり、お偉い人の、「日本の歯科医療をどうするべきか?」という理念の上に決められる事で、しかしながら、お偉い人と言っても所詮日本人。日本人の口腔に対しての認識はかなり低いですから、日本の歯科医療が良くなる事はありません

アメリカトランプ大統領の歯はとても綺麗ですね一方日本の総理大臣の口元はどうでしょう?
専門家の私から言わせれば、

「歯磨きしてます」という汚さ。

女性の皆さん、もしトランプ大統領か、日本の総理大臣かどちらかとkissをしなければならないとしたら、どちらとしますか?

私は日本の総理大臣とは絶対にしたくありません。絶対に臭いに決まってますもの。だって、見えてる前歯の表面にも歯垢がべったり。ギャーーーーーー

日本のトップが歯垢だらけの口なのですから、日本の歯科医療が良いわけがない。だってこの方が日本の歯科医療のあり方を決めるのですよ。

日本の歯科医療には本当問題があります。やはりアジア。アメリカやヨーロッパの様に民度の高い思想には残念ながらなりません。日本人に生まれた宿命ですね

さて、毎回発表は緊張するのですが、有難い事に今回は多くの歯科の質問を頂き、歯科医療従事者の関心の高まりを感じました。

私はただの町医者の歯科衛生士で、学者でもなんでもありませんから、何でも知っているという訳ではありません。私もまだまだ知らない事がたくさんあります。

講演するごとに、私も勉強になります。

私が今、一番ジレンマに思っているのが、歯科の研究データーが乏しくて、質問に答えられないという事です。私は残念ながら研究者ではありませんから、根拠となる実験は行う事は出来ません。しかしながら、この分野を突き詰めていくと、その辺りがともて重要となってくる。

でも自分で研究する事は出来ない。さてどうするか?

じゃあ、研究してもらいたいテーマをブログに書いて、誰かにやってもらっちゃえ
どうですか?この名案

私が疑問に思っている事や、今後どなたかがこの分野で研究をされる時にテーマとしてして頂きたい事を書きます。すでに研究データーがあるものもあるかもしれませんが、それはいずれ耳に入ってくると思いますし、参考までに書きます。

・歯科用ハンドピースの取り扱いについて必ず滅菌が必要なのか?高水準消毒ではダメなのか?

・歯科用ハンドピースの現場における洗浄評価、およびメーカーによる洗浄保証の検証。

・歯科用ハンドピースのオートクレーブ滅菌における耐久性を知りたい。
(製品の機械的性能的として何回の滅菌に耐えられる様に開発、製造されているのか?)

・歯科用ハンドピースの注油の問題
(残留油の人体への影響、残留油が滅菌時に及ぼす影響、注油オイルは滅菌したらどうなるのか?)

・残留セメントの物理的処理による器具表面への影響

・一般の歯科診療時において、診療用の器具、機材について、診療直前まで滅菌が保証されている事が必要なのか?(Nクラスで滅菌したものを保管しておいて使用するのはどうなのか?)

この考察には学術的見解と、医療経済を含めた実際現場で行うガイドライン的な扱いの両方からの検証が必要となります。もちろん学術的な見解の上に臨床現場での取り扱いが決まるわけですが、どなたか歯科の分野で研究する事があったら、この辺りのテーマをぜひ研究お願いします

歯科は本当に閉鎖的で、ユーザーにデータを公表しないし、どこかの政治家みたいに、知らぬ存ぜぬがまかり通っています。

でもそのおかげで、私たち現場は質の高い歯科医療を患者に提供出来ないという弊害が生まれています。

医療とはなんぞや?

医療とは誰のためのものやねん?

という話です。

机上の理論で患者の病気を治す事はできません。本来は、目の前の患者を救うために研究があるのであり、物を売るために患者や研究データがあるのではありません。

今や研究者がある思惑を持って研究する事が多く、まさに忖度の働いた研究が多すぎます。

よく日本人は精神論を持ち出すと言いますね。精神論では物事が進まないとか。

本当にそうでしょうか?私は、人の活動の根源は心にあり、人の心が何か成し遂げたいという欲求によって動くのであり、精神論とは気持ちから始まるものであり、心のないところに良いものは生まれないと思います。

精神論、結構それが日本の職人魂を生んできたのです。グローバル化でどんどん欧米化してきて、日本はダメだと言われるけれど、ダメなのは、グローバル化という大義名分で日本人を支配しようとする権力者達です。言いなりになっていたら、日本人の個性はなくなり、いつか日本は消滅します。

今は日本という個性があるから、それを欲して買収されていくわけです。買収されて個性がなくなった時、もう価値はない。

物の本質や価値のわからない拝金主義です。

物事の本質はいつの時代にも一つ。歯科医療の本質もまた一つ。患者のための医療。それしかありません。









 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

いよいよ今度の土曜日になりました研究会のお知らせです

今度の土曜日に第14回の首都圏滅菌管理研究会が開催されます。

最近は滅菌技士の資格をお持ちの歯科衛生士さんも増えてきておりますが、この研究会は滅菌技士の資格継続の講演の一つにもなっております。

毎回歯科のテーマがあるわけではありませんが、会長の深柄先生のご厚意で、今回も歯科の講演にお時間を頂いております。 今回は歯科衛生士の皆様を対象に、歯科における感染制御の基本をお話させて頂きます

また今回は、ポスターセッションに歯科の演題が投稿されています。
歯科用ハンドピースをタイプの異なる卓上高圧蒸気滅菌器での滅菌効果検証

一般的な歯科の感染管理のセミナーでは、歯科用ハンドピースや、その他、器具機材の滅菌消毒と、かなり狭い範囲の話ししか聞こえてきません 

そのため、末端の歯科衛生士は、歯科用ハンドピースさえ滅菌していればよい、器具機材の消毒滅菌だけしていればよいというような偏った風潮が現在の歯科の大きな問題点だと私は考えています。

今回の講演では、もっと広い範囲で感染制御を捉え、その中で自分が何をするべきか?
自ら考える事のできる歯科衛生士さんが増えるように、基本的な考え方の種をお話しさせて頂きます。 歯科では教育の中で感染制御学を学びませんので、大きな概念に触れることはないかと思います。

ぜひ研究会にご参加頂き、私が播く種を、皆様が活躍する場所で育てて頂き、この歯科業界が正しい方向へ向かうようにご協力頂ければと思います。

現状の閉鎖的な歯科では、患者さんのための良い歯科医療を追求することはかなり困難だと思っており、外部で歯科の声を聞いて下さるこの研究会は、歯科衛生士にとって希望の光だと思っています。

歯科衛生士の参加に注目が集まっています。

歯科衛生士がたくさん参加する事で、その小さな声を大きくしていける可能性があります。このチャンスを無駄にする事なく、歯科衛生士さん活躍の場がもっと広がる事を祈るばかりです。そのためにも、ぜひ皆様ご自身のために、ご参加頂ければ幸いです。

歯科衛生士は、歯科医院における感染対策を担う要となる可能性があります。。。
が、要となり自分達の活躍の場を広げるのは、自分自身です。

自分たちで自分達の活躍の場を広げましょうぜひふるってご参加下さい。

お申し込みはこちら


14mekkin


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ピンピンコロリを目指します!

IMG_1196

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

さて、皆様、いよいよあと1ヶ月に迫って参りました。
第14回の首都圏滅菌管理研究会で、第9回、第13回に続き「歯科外来診療における感染防止対策の基本」と題しまして、教育講演をさせて頂く事になりました

歯科衛生士は、歯科医院における感染対策を担う要。ぜひふるってご参加下さい。
お申し込みはこちら


14mekkin

私は歯科衛生士の仕事が好きで、歯科衛生士の未来は明るいものであって欲しいと願ってきましたが、どうも歯科業界自体が低迷していて、私が望むような明るい未来は歯科衛生士には期待できない気がしています。

しかしながら、それは、歯科衛生士自身に問題があり、自分達で自分達の置かれている環境を良くしたい、変えたいと思っていないからだと私は思っています。

この首都圏滅菌管理研究会は、元々は病院の中材を担う方々の研究会で、そのような歯科業界外の研究会に歯科衛生士として参加でき、声をあげる事ができるのは、とても貴重な機会だと思っています。

歯科衛生士が外に向かって声を上げないが故に、歯科衛生士の業務はどんどん縮小し、経済的にも困窮し、そして人材も集まらなくなっています。

そして、本当の歯科衛生士の仕事を理解していない歯科衛生士が多すぎます。

最近はともするとマッサジー屋か、エステシャンかのような歯科衛生士が増えすぎ、学術的な話をする歯科衛生士が全くいないのが非常に残念です。

これでは業界が伸びるはずがありません。

歯科衛生教育もしかり。歯科衛生士の未来像が誰の中にもない。

まあ、私はもう40半ばなので、これで逃げ切りです。そして、組織に所属しようと思った事も何度もありましたけど、組織のあり方を見ているととても私には合いそうにありません私、生意気なのでね

大きな事を変えるのは、組織と言われますけど、腐った組織に属するのはストレスがかかるばかり。

私は足の引っ張り合いではなく、ひらめきと直感で、アイディアを出しながら、前向きな組織で仕事がしたいのです。

首都圏滅菌管理研究会の会長である深柄和彦先生は、私のそんな性格を知ってか知らずか、とにかく私に外に向かって話をするチャンスを下さいます。もちろん、その期待に応えなければならないという重圧はものすごいものがあり、毎回プレッシャーに押しつぶされそうになりますが、歯科の業界よりはましです。

やらない、できない、やってます。そんなマイナス組織よりよっぽど良いです。

で、そんなこんなで今回もお話する機会を与えて頂きました。

私は組織には属せないけど、共感して歯科衛生士の未来を明るくしてくれる仲間にはぜひお会いしたいと思っています。

そして、やはり外に働きかけるには数が重要です。研究会の歯科衛生士参加者も回を増すごとに増えています。

ぜひ、歯科衛生士の皆様。未来を明るくするべく、話を聞きにきて下さい。

そして、来ていただいた暁には、どうか私にお声がけ下さいね。そして、ご興味ある方がいらっしゃれば、研究会ではメンバーを募集していますので、ぜひ仲間としてご協力下さい。

皆様のご参加を心よりお待ちしております 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日はスピリチュアルな痛みについて学びます(^ ^)

IMG_0818


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ