顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: セミナー


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

先週の土曜日に、私が感染について学ばせて頂き、様々なご縁を頂くことになった東京医療保健大学の公開講座に参加させて頂きました

今年のテーマはこれからの在宅医療・介護一地域の元気をつくる一

昨年は高齢化社会と医療保健で、誤嚥性肺炎が取り上げられ、感染制御(東京医療保健大学企業人支援講座修了)、摂食嚥下(日本歯科大学東京短期大学リハビリテーション学専攻 専攻科卒業)、地域医療と、私達が学んでいる道と同じトピックスが並びます。

時代についていけてるのか、院長に先見の目があるのか

IMG_1604

講演1 生涯を通じて住民に伴走する地域看護を目指して:ビュートゾルフ柏の実践
    一般社団法人 Neiborhood Care 代表理事 古江 悟 先生

講演2 地域高齢者の体力測定を通じた介護予防と健康支援の取り組み
    医療保健学部医療情報学科 教授 今泉 一哉 先生

研究発表 発表1 外来がん化学療法の現状と副作用としての味覚障害の研究
         大学院医療栄養学領域 修士課程 修了生 中濱 孝志・大木 直子 先生
     発表2 在宅での看取りのための地域連携:
         病院から訪問看護ステーションへ出向いて行う事例検討会
         医療保健学部看護学科 在宅看護学領域 准教授 大金 ひろみ先生
     発表3 在宅における感染制御の実情
         大学院感染制御学領域 博士課程 西川 美由紀 先生
     発表4 産後ケア研究センター開設にあたって
         医療保健学部看護学科 母性看護学領域 講師 島田 翔子 先生

特別講演 AIで介護革命?
     人工知能とケアマネージャーによるハイブリッド型ケアマネジメントの発明
     株式会社シーディーアイ CEO 岡本 茂雄 先生

それぞれに大変興味深い内容だったのですが、一番興味深かった内容は発表3の在宅における感染制御の実情です。

実際の訪問看護に同行させてもらって、現場での感染の問題を考えるという内容でした。

問題点として、手指衛生の回数やタイミング、PPE(手袋の使用枚数)、手技の順序があげられていました。

手指衛生は、処置前に1回。
尿カテ交換→摘便→陰洗の際に手袋を1枚、片手のみ使用。
終了後に居宅の流しで流水と石けんで手洗い1回。

この処置で手袋1枚はありえない。通常は1処置毎に1枚手袋を使用するとのが当たり前との事。。。
なぜ手袋の交換をしないかというところで、コストが問題だとおっしゃっていました。

具体的な点数の項目はメモできませんでしたが、処置を含めて数千円(7千円ぐらいだったと記憶)だったと思います。

歯科の私からすれば、はいって感じです。

歯科は、今年4月の診療報酬の改定で感染に点数がつきましたけど、たったの3点、30円ですから

在宅は病院と違って感染のリスクは低いが、在宅における針刺し事故はあるとし、スタンダードプリコーションの遵守は必須とまとめておられました。

全国の訪問看護師の血液・体液曝露の実態と今後の課題 2012:渋谷 智恵
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsei/27/6/27_12-024/_pdf

ふむ。一つ叫びたいことが声を大にして言いたい事があります

私がいつも感染分野で、歯科だという事で感じる嫌な気持ち。

だから歯科は。。。という見下されるあの嫌な気持ち。

手袋1枚なのも、この手順なのも、ありえないという私から見れば上から目線のコメント...

私、いつも思うのですが、歯科は感染制御やってないだから歯科は...って、歯科を責めれば現場がよくなるのでしょうか?何かを卑下する事が、誰かを非難する事が、私たちの論文が素晴らしいって自慢するのが研究なのでしょうか?

書いていて思いましたけど、そうなのでしょうね。。。自分が凄いって自慢するのが論文。私の思っている事は正しいけど世の中そんな甘くない。理想でしかないのかもしれません。

残念。

そう残念なのです。

私が歯科の現場で思っていること。
やりたくたってやれない理由があるんじゃいっやれるんならとくにやっとるわっ

歯科衛生士は皆ジレンマを抱えています。誰だって理想の感染制御をしたいのです。
でも、様々に問題があって、理想通りにはできない。

個人で解決できるものならいざ知らず診療報酬3点30円の中でやれというお国のお達し、どうにもならないのが現実です。政治的働きかけた必要だけれど、歯科が政治力がないし、ましてや、日本の政治家は口腔の健康に興味がない。

歴代日本の総理大臣の口を見れば、一目瞭然。

もっと客観的に、問題点を提起し、卑下するのではなく、問題解決のための議論をしてもらいたかったな。。。非常に残念でした。

さて。

なかなか歯科へのバッシングも払拭するのはかなりのエネルギーを要します。
歯科にも訪問診療がありますし、今後、きっと歯科の訪問の感染対策も問題にされる事でしょうね。。。

もう3回も講演させて頂いてますが、やっと私に面と向かってはバッシングしなくなってきたという所で、客観的な問題提起と問題解決に向けての働きかけはまだまだこれからです。

11月に有難い事に、また講演の機会を頂けそうなので、私も負けずに頑張りたいと思います

長くなりましたが。ではでは。今日はこの辺りで。

ペコリ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1620

今日は肝炎の勉強です!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

久しぶりのブログになりました。
最近は「講習会に参加しましたー」だけのなんだか自慢ブログになっちゃってました

本当、ここ数年忙しさが倍増してまして、なかなかブログをゆっくり書く時間がなくて

一昨年、日本歯科大学多摩クリニックに摂食嚥下を学びに1年間通学し、診療と3日と学校3日の過酷な1年間を過ごし、学校を卒業した直後から、有難い事に講演の依頼を頂く機会が増えまして、昨年は年間4講演をこなし(講演がお仕事の方にとっては年間4本なんて大したことないと思いますが)昨年末で一通り終了。

またまた有難い事に、今年の5月に講演の機会を頂き、こちらはなんと教育講演今年は年間1本で終了だ〜と思っておりましたら、その後にある季刊誌に投稿の依頼を頂き、なんとまた、今年の11月に講演の機会を頂きました。。。

本当に有難い事なのですが、今年は外部からの依頼は5月で終わりだとおもっていたので、自分達で企画しているセミナーをやっと再開できると思って企画していたので、11月に、しかも連日講演になってしまったのは痛いです。。。

トホホ・・・

さて、とりあえずは、私たち歯科衛生士勉強会en-rond(アンドンロ〜輪になってという意味のフランス語〜)のセミナーのご案内をまずはこちらでさせて頂きたいと思います

スクリーンショット 2018-07-08 21.39.42

2018年11月11日 歯科衛生士勉強会en-rondセミナーチラシPDF
*ご興味のある方にぜひご紹介頂けるとうれしいです

平成28年11月11日の日曜日東京ガーデンパレス(東京都文京区)にて1年ぶりにセミナーを開催します 

今回はあなたがかわれば患者さんもかわる魔法のセミナープログラムと称しまして、第一部は私、naomiが今求められる歯科衛生士像として、今話題の歯科医院における感染制御から、口腔機能低下症まで、歯科衛生士の旬な話をいたします。

第二部は、Rei歯科衛生士が、患者さんがかわる治療成功の秘訣を話します。こちらは参加された事がある方はご存知かと思いますが、ビシビシ厳しい愛の言葉が飛び交う実習付きのセミナーです。

私が前半で話をするのは久しぶりなので、今から私がドキドキです

お申込みはPDFを印刷して頂いてFAXか、もしくは下のこくちーずからお申込み頂けます。
こくちーず 歯科衛生士勉強会en-rond 2018年11月11日セミナー

定員10名となっております。まだ少し先のセミナーですがチラシが完成しましたので、皆様にいち早くお知らせいたします

また前日の11月10日に、第15回の首都圏滅菌管理研究会が開催されます。 
まだオフレコですが、こちらの研究会のシンポジウムで講演させて頂く予定です。

まだ予定ですので、詳細が研究会ホームページに掲載されましたら正式にお知らせしたいと思います。

地方からお越しの方は、ぜひ、両日ご参加頂ければと思います 

。。。にしても。。。。連日重ならなくても。。。ねぇ。。。

いやいや、頼られているうちが花頑張ります 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1570

今日は歯周病のセミナーです(^ ^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は久しぶりに歯の勉強です(^ ^)

IMG_1562

咬合に関する解剖。
咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋、他。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1547
今日は診療後にセミナーへ。
今日のテーマは「お薬と上手に付き合うために」(^ ^)

まとめると…
1.用法・用量を守る
2.ジェネリック薬を上手に使う
3.かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局をもつ
4.お薬手帳を活用する

最近いつも思うのですが、医科の傘下の職種はどんどん外へ向けて発信している…それに比べて歯科は…

といつも比べてしまうのですが、隣の芝生を羨ましがっていても仕方ない。

やるべき事を出来る事をしましょうかね(^ ^)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日、今日と、滅菌技師のakiさんと一緒に、第93回 日本医療機器学会に参加してきました。
IMG_1353
昨日は歯科の演題もあり…
かなりなガッカリ感でしたけど…

歯科はもっときちんと勉強するべきだと思う。

裸の王様の教授が心から可愛そうになりました(T ^ T)

IMG_1357

今回は、首都圏滅菌管理研究会のメンバーがたくさん発表し、刺激を受けた2日間でした。

比べてはいけないと思うのですが、医師は凄いです。

医科の先生方は、滅菌技師もその一つですけど、業務の中に新たに必要な分野を見出し、それを担う人材を教育し、育成し(つまり、雇用を生む)業界でその人達が食べていけるように保険点数をとって自立する道しるべをつけてくれます。

そして、頑張れば道が開ける事を教えてくれてモチベーションを上げて下さって、勿論おんぶに抱っこではだめで、自分達でも頑張りなさいと応援して下さる。

それに比べて歯科は…保険点数の加算のための根拠も示さず、ただただそんな値段ではできない!という嘆願書しか出さない。

歯科技工士はすでに食べられずにいなくなり、残るは家族が生計を支える女子技工士のみ。

歯科衛生士は院内の全てを任され、受付、アシスタント、清掃、感染管理、滅菌業務…有給も社会保障もない。

独身女子が一生歯科衛生士で食べていけるか?と言えば、マンションさえ買えない。つまり、親やパートナーの援助がなければ成り立たない。

セミナー屋になるなら別だけど。だから男性の歯科衛生士は殆どいない。家庭は養えない。

歯科医師は自分達がそういう環境にあるから、お前たちも当たり前だとブラックな労働環境を押し付けてくる。

医師とは大違い。

確かに診療報酬の低い歯科ではどうにもならないのかもしれない。

でも、だったら歯科医師やめちまえっ!と思う。

歯科医師が減ってくれた方が、歯科医療費のパイは決まっているわけだから、その分取り分が増える。

歯科医院の雇用の実態を歯科医師は隠したがるけど、歯科衛生士の常勤の雇用率は50パーセントを切っている。非常勤の雇用率は更に低い。

つまり、ほとんどの歯科医院は歯科医師1人。奥さんが時々お手伝いというのが普通。

こんなジリ貧な業界で、感染管理も何もないもんだ。

歯科医師もおかしいし、管轄する厚労省もおかしい、こんな歯科医療政策しかできない政治家もおかしい。

だって、歯科医師の傘下の私たち歯科衛生士は、休みの日にバイトしないと生活が成り立たない。

仕事が終わってから掛け持ちバイトしないと生活が成り立たない。

こんな国家資格ってありますか?

こんな状況なのに、なーんにもしない歯科衛生士会には愛想がつきる。

そういう客観的データを出せないのが歯科。説得力がない。

医科の傘下はいいなー

だーけーど。

私は歯科衛生士の仕事にプライド持ってます。

歯科衛生士は、揺りかごから墓場まで、患者さんが健康な時から関われて、健やかなる時も病める時も…の下りのように、患者さんの人生の舞台に上がることができて、人生を共に歩ける。

私がメインテナンスすれば、ドブのような口腔内は輝きを取り戻し、せせらぎの音が聞こえてくる。

私がメインテナンスすれば、ポケット9ミリでも歯石がとれる。

私がメインテナンスすれば、将来起こるであろう口腔内の変化を先回りにキャッチし、手立てをうつので、歯周病が防げて、虫歯の進行も遅い。

私がメインテナンスすれば、食べる機能は長く維持でき、食べられなくなっても、食形態のアドバイスで最後まで幸せに生きられる。

歯科衛生士の行うメインテナンスには無限に人を元気にするパワーがある。

その価値を、歯科医師も歯科衛生士も理解していない。

海外ではそんな素晴らしい職業である歯科衛生士の価値は高い。民度の低い日本人には思想や理念は理解できない。

私はもう40歳を超えで、業界のために尽力する気は毛頭ない。20代で歯科衛生士の底上げ、社会的地位の向上と思ったけど、歯科衛生士の底は底なしだった。

私は目の前の患者さんをみるだけで手一杯。そして、目の前の患者に見れない歯科衛生士に外で発言する資格はないというのが持論。

この仕事が凄い仕事だと言う事が伝えられない私のプレゼン能力の問題だけど、無関心な歯科医師、歯科衛生士には愛想がつきている。

患者さんならいくらでも手技で伝えられるけど。

はー。長くなりました。

明日はゆっくりお休みします^ - ^


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_1341

今日は白内障についてお勉強します!
(*'ω'*)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

会長講演 日本歯科医学が推進する新機能・新技術 住友雅人先生のお話しが聞けたので、今日は満足(*'ω'*)

IMG_1329

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アウェイ過ぎて、心臓が飛び出そうな勢いです…(^-^;
18時近くまでの長丁場ですが、頑張ります‼️

IMG_1324

細菌感染症

結核対策の歩み 公益財団法人 結核予防会 結核研究所 所長 加藤誠也先生

抗生物質の歴史と人類への影響 長崎大学熱帯医学研究所 国際保健学分野 教授 山本太郎先生

ウイルス感染症と感染症の歴史 

ポリオ根絶に向けた取り組み 国立感染症研究所 ウイルス第二部 第二室長 清水博之先生

感染症の歴史 明治〜平成 国立感染症研究所 エイズ研究センター 第二研究グループ長 山本浩之先生

日本脳炎、デング熱対策の歩み BSL4施設稼働 国立感染症研究所 名誉所員 倉根一郎先生

感染症対策における感染研の役割 厚生労働省 大臣官房 厚生科学課 課長 浅沼一成先生

☆参加してみて☆
どのご講演も大変興味深い話であった。

山本太郎先生の抗生物質の話の中で、マイクロバイオームの話があり、1度きちんと聞いてみたい話だったので大変良かった。また、抗生剤を多く使用している地域と糖尿病、肥満の患者の数のプロットが重なるという大変興味深いお話であった。

山本浩之先生の歴史も、日本史、世界史、イベントと並行しており、時代背景と医療政策がとても、わかりやすかった(しかしながら、細か過ぎて覚えられなかったけどw)

1番感銘を受けたのは、厚労省の浅沼一成先生の熱意でした。日本の感染対策を本気でやっていこう!という熱意…

そして、何度もエビデンスに基づいた…とおっしゃっていました。医療者としてごもっともです。

でも…なぜ?

なぜ、こんな熱意のある人が厚労省のトップにいるのに、歯科の感染対策はエビデンスのない事をしいられ、現場はジリ貧で、6万件の歯科医院のうち半分は歯科衛生士や、助手もいない。

歯科技工士はいまや終了。生活できずにいなくなってしまいました…

こんな人員構成の中で、感染対策なんて無理です。

トップがおかしい人かと思っていたら、トップはまともだった!

では、誰が歯科のこの全くよくわからない、エビデンスに基づかず、予算も貰えないのに、やらないと罰せられるのか?

疑問しかない。
まあ、それが世の中って事かもしれませんけどねw

とにかく、お役人でも真面目に熱意のある人がいたんだ!という驚きと、その熱意に感激し、と同時に末端のひどさにがっかりし…様々に思う事のある1日でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ