顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

セミナー

第44回 日本手術医学会の一般演題にエントリーされました

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 気がつけばすっかり秋ですね

******************************

シルバーウィークが始まった先週末。先週末から台風が日本列島を直撃していて...皆様ご無事にお過ごしでしょうか?私は家にこもってエリザベス女王様のお葬儀を見てました。

さてさて、秋の深まりにつれて近づいてくる学会。
来月10月14日、15日に開催される第44回 日本手術医学会の一般演題にエントリーし登壇させて頂くことになりました

日本手術医学会は、手術医療を俯瞰的な視点でとらえ、学際的な研究をとおして患者様に安全で良質か つ快適な外科的治療法を提供し社会福祉に貢献することを目標としています。

手術医療に携わる外科系診療科医師、麻酔科医師、看護師、臨床工学技士、放射線技師、滅菌技士 (師)、薬剤師などメディカルスタッフがチームとしてひとつになり、さらには医療情報や建築設備部門、経営部門など院内の他部門や院外の他の医療機関、研究機関とも密接に連携して手術を遂行する必要があります。

今回は一般演題の洗浄・滅菌の分野での発表
当院ではスタッフ全員が資格を持っています。今回は協同演者として、歯科衛生士で第1種滅菌技師のYUさん、滅菌技士Akiさんと共に発表に臨みます。

演題24 歯科における器具・器材の再生処理

日本手術医学会一般演題

第44回 日本手術医学会 日程表・プログラムより

 最近は歯科衛生士さんや歯科助手さんで滅菌技士(師)の資格を持つ方が増えてきました。 

病院の中材で歯科衛生士さんが滅菌技士(師)として勤務しているというのは聞いたことがありませんが、これからは中材に勤務する歯科衛生士さんもアリなのかもしれませんね

歯科衛生士が嫌になったら滅菌技士(師)とかもアリかも人生100年時代、働き方の柔軟性は必要です。私は歯科衛生士一本ですけど。。。汗 他にできん 。。。

私たちは歯科院勤務で、少々場違いな感はありますが、間違いなく医科と歯科の協同(共同)は今後必要不可欠になってくると思います。医科の方々に、歯科を知ってもらうきっかけになればと思っています。

私は歯科衛生士ですが、まさか私が医科の研究会や学会で発表する未来が待っていようとは、若い頃は想像したことがありませんでした。病院歯科の歯科衛生士さんならアリだけど、私はずっと開業医一本だし。人生何が起こるかわかりませんね

でも...正直アウェイな場所で歯科の存在をアピールするのは、とてもしんどいものがあります
何度も辞めたいと思っていますが、つまりは、私の存在=歯科のイメージとなることを考えると、働きかけはしんどいけど、存在自体が何かの意味になればなーと思っています。

ご興味のある方はぜひ手術医学会にご参加ください。

自分のできることをコツコツと。私ができるのはそれだけや今週も頑張ります

数年ぶりにデンタルショーに参加

IMG_6929

昨日は数年ぶりにデンタルショーに参加させて頂きました(*≧∀≦*)

デンタルショーは色々ありますが、KOさんのデンタルショーは初めて。

院長はデジタル物を見ていましたが…
歯科衛生士部門は四半世紀全く変わってないですね…
どうなんですかね…

世の中からかなり遅れをとっている感があります。

ただ刺激を受けました。新しい物に触れるとアイデアが湧きますよね(*´∀`*)

さて今週も頑張りましょう。

手荒れを防いで手肌美人に!

感染対策の基本の「き」手指衛生

しっかり感染対策するほど手が荒れますよね!でも、手荒れは厳禁です。逆に傷になったところに細菌が付着して細菌の温床になりますし、手のバリアー機能が低下します

どうやって手のケアをしたらよいか。。。専門の先生のお話しを聞く機会がありましたのでメモします

第310回 聖路加国際病院健康講座を拝聴しましたので皆様にもご報告。
聖路加国際病院皮膚科 新井 達 先生のお話しです。

聖路加健康講座310回


コロナ前は毎回、診療が終わってから健康講座に参加していましたが...このコロナ禍で健康講座も中止になったり延期になったり今回は動画配信でしたので拝聴することができました

新型コロナウイルスにはアルコールが有効ということで、私たちも日々、アルコール製剤を使用して手指衛生を行なっていますしかしながら、手が荒れる荒れる

今日はなぜ手が荒れるのか?というお話しを聞きましたので忘備録第一弾

手荒れが起きやすい理由

理由 その1は

指や手のひらには皮脂腺がないのでアルコール消毒で皮脂が減少するそうです。
また手首の関節から手指に皮脂が到達するためには半年必要なのだそう
対策として小まめに保湿クリームを塗って、角質水分量を回復することが大切なのだそうです

理由 その2

手の皮膚は角層が厚いので、乾燥が悪化すると、ひびわれを起こしてしまう
対策としてはワセリン、サリチル酸ワセリン軟膏を外用して、皮膚の表面から水分が逃げないようにコーテイングするのがよいそうです

実際現場や日常では
医療現場で用いる手指衛生剤は、保湿入りのアルコール製剤を選ぶ
普段のケアとしてひび割れを起こしたらワセリンなどのコーティング作用のある軟膏を外用する。
ポイントはこまめに塗ること

冬はやっぱ手が荒れるので気にしているのですが、この時期は乾燥がそれほどでもないのでついつい、保湿を忘れてしまいます

これ書いたらクリーム塗ってこよーっと

2022.07.19〜2022.07.22 医療安全学会基礎講座2022


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆さま、こんにちは〜ご無沙汰しています。

またコロナの感染者が増えてきましたね...
国はもう規制はかける気はないようなので、皆さま各自で気をつけましょう。

さて、私は水曜日から本日、先ほどまで、日本医療安全基礎講座2022を受講していました

医療安全基礎講座2022

3日、朝9時から5時までみっちり講義で、連日授業を受けるのは学生以来だな〜
この3年間、学会の参加も控えていましたからね。

今はお腹いっぱいです

内容については後日アップしたいと思いますお疲れさま、私 
 

2022.07.07.口腔バイオフィルム感染症ぱーと2

本日は診療の後に日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック食べるを支える研修会に参加しました

2022.07.07.口腔バイオフィルム感染症

最近はオンラインのセミナーが増えたので、私としてはとても有り難いです。

昨日の東京都の新型コロナの感染者数は8000人という目疑う数字が出て増える予想はしていましたが、急激な数字の増加にやや恐怖さえ覚えます

オミクロンBA2かBA5置き換わりが起きておりBA5の感染力の強さが拡大の原因となっているようです。救いなのは重症者率が高くないとことですが、感染者が増えれば一定数の死亡者が出ますので手放しでは安心できません

それに、感染者が増えれば無症状で歯科院を訪れる患者さんの数も増えますから、私たちの対応としても、ガウン、マスク、フェイスシールド...全ての防護具を着用しなけいればならず油断ができなくなります。職業上の感染リスクが上がるということになります

とは言っても、歯科衛生士としてはどんな時も良い口腔衛生状態を保つことは必要だし、もうコロナも3年目ですから、何もしないで日々を過ごすというのも,,,正しくwithコロナ診療ということになります。

まだまだ当院では不特定多数の施設内への出入りは禁止されているので 、オンラインセミナーはありがたいのです

コロナ禍で私が心を痛めているのは、高齢者医療についてです。自分の親のこともあって、人ごとではありません。

うむ。。私も歳をとった

孤立する高齢者にとって社会資源として、包括支援センターやケアマネージャー、デイサービスや訪問サービスの利用は社会とつながる大切な資源だと思うのですが、このコロナ禍でその利用もなかなか難しい。

家族だけの出入りなら家族が気をつければ良いですが、人が特定されているとはいえ多数が出入りする訪問サービスは感染を持ち込まれる可能性もある。。。 

様子を見ている間にもう3年目なのですよね...社会との窓口が家族だけというのもなかなかキツいものがあります。

本当、そういう時代ですよねというわけで、ぜひ歯科医療従事者の皆さんには、在宅医療を学んで欲しい

というわけで私も摂食嚥下を学んだわけですが。今日もとても良い学びとなりました。
様々な学びがありましたが、私は歯科衛生士なので、口腔ケアに関するお話がとても興味深い話でした。

ケアと回収。唾液誤嚥によって誤嚥性肺炎が起こる。

誤嚥性肺炎で入院すると

死亡のリスクが高まる。30日以内の死亡率が10%から15%
身体機能が低下する 。身体機能70%低下。
家に帰れない。在宅復帰率が50%。
食べられない。30日経口摂取不能は40%、新規胃瘻増設率は10%。 

 つまり誤嚥性肺炎を起こさせないためには唾液を綺麗にしておくことが大切。

口腔内を良い衛生士状態に保つのは歯科衛生士の役割頑張らねば...

口腔ケアはするだけではなく口腔ケアをすると一時的に口腔内の細菌数が増えるので、その細菌を回収する、術後の細菌数をコントロールする事が大切です。

なんてことを繰り返し学んでいるわけです

コロナ前はずっと参加していたのですが、コロナになってセミナーも滞ったり、私も参加できなかったり。。。

本年度は研修会が充実してますhttps://tamaclinic.peatix.com/view

2022年度研修会案内

次回8月25日ですぜひご興味ある方はご参加ください

 

明日ですよ〜

FullSizeRender


満員御礼のようです(*≧∀≦*)


セミナー 日本医学会総会市民講座 頭痛

昨日は夕方からオンラインセミナーを受講してました
日本医学会総会の市民講座♡テーマは頭痛です。

日本医学会総会 市民講座

頭痛の種類、分類、受診のタイミング、片頭痛、片頭痛の予防などについてお話を聞きました

ここ数ヶ月、執筆の締め切りがあって余裕がなくって、セミナーもなかなか聞いていなかったな...
今回は市民公開講座で一般向けだったのでとてもわかりやすかったです

今は無料でお医者さんのお話が聞けるので本当にありがたいです勉強になります

備忘録です 

セミナー2022.06.18 日本環境感染学会終了。3日目♡


木曜日から今日まで日本環境感染学会に参加していました( ´ ▽ ` )
今日もWeb参加♡

2022.06.18 環境感染学会


2022.06.18 閉会式

終了しちゃって...webだけどちょっぴりさみしいです

来年はリアルで参加したいです

半分がweb参加のようですがオンデマンドがあるのが有り難いです。
会場が10もあってマンモス学会ですので、いつも拝聴できるセミナーが限られるので、どうしても基調講演とか教育講演とか、大きなものが主流になりがちですが、オンデマンドがあると一般演題もゆっくり拝聴できます

まああとは時間との戦いですが...

今回はコロナの演題も多かったですが、コロナ終了あとのこれからは、コロナ以外の感染症も注意しなければなりません。来年はG7があります。

2016年の伊勢志摩サミットの折に薬剤耐性菌の国際協調を発表した日本。来年のG7もまた新たな戦略が打ち出されることでしょう。

個人的にはコロナの閉塞感から早く解放されたいです

今回の発表でコロナの無症状患者の症例が出ていました。結局、診療した歯科医師も歯科衛生士も感染せず陰性でクラスターにはなっていませんでした。

発表は、歯科、それみたことか、歯科は感染対策していないから感染した!ともっていきたかった症例のようでしたが、裏腹に歯科は感染していませんでした

皆さん、歯科の感染対策をすごく馬鹿にしますが、私たちだって不用意に感染したくありませんからね、普段からマスクもしていますし、ゴーグルだってしてますよ、今時の歯科医院は。

売り言葉に買い言葉ですが、医科の方がものすごいクラスター発生してますよね 

上から目線の発表はよくないですよね。
私も気をつけねば
誰だって最初は知らないのですもの。
だから教育が大切なのです

さて私はこれから抄録書きします〜...

新しくお仕事をいただきましたので、頑張りたいと思います有難い♡
お仕事はまた時期が来たら発表しまーす。

皆さま良い週末を 

セミナー 2022.06.17.日本環境感染学会に参加 2日目


昨日から土曜日まで日本環境感染学会に参加しています♡( ´ ▽ ` )
今日もWeb参加です。

2022.06.17.環境感染学会

新型コロナ感染症の新規陽性者数は減少傾向ですが、二千人弱で下げ止まりですよね...
かなり医療機関でも行動制限が緩和されてきましたが、当院ではまだ引き続き注意しています。

私もそうですけど、他のスタッフの家族に高齢者がいますし、小さな開業医では、スタッフの感染は病院の機能停止につながりかねません。できるだけ感染しない、させないという事で、未だに行動制限があります。

不特定多数の建物内への出入りは、未だ注意ということです。

世の中が緩和されて学会などもリアルで開催されていますが、未だ参加できないところが悲しいところです

でも、逆に言うと、それだけ感染に気をつけているので、患者さんが安心して来院して下さるということがあります一時は患者さんも歯科離れ。病院にかかるのが不安...というのがありましたから。その気持ちを払拭するためにも私たちが率先して感染対策しなければなりませんね。

もう少し日常に戻るのは 時間がかかりそうです。

さて。閉塞感はありますが、時間は刻一刻と過ぎているわけで。今日、今できることを。そして楽しく。やってきましょう♡

さて。明日はセミナー最終日。がんばりまーす 

セミナー2022.06.16-18 日本環境感染学会に参加!


今日から土曜日まで日本環境感染学会に参加します♡( ´ ▽ ` )
今日はとりあえずWeb参加です。

2022 環境感染学会
 
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード