東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科診療 リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: 予防


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療、全過程録画保存
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント 

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

日本ではせっかく予防大国スウェーデン発のPMTCをいち早く国内に取り入れたのに、本質を履き違えた日本風にアレンジして意味のないクルクル研磨にしてしまい、いつまでたってもこれからは予防の時代だと言い続けている。

予防に興味がある歯科医師や歯科衛生士はスウェーデンがお好きで、何かと言えばヨーテボリと、本当の素晴らしさを理解せずに見てくればかり真似し続ける。

そうこうしている間にアメリカではスケーリング後のポリッシングを進化させ、歯面を分割してどのようにポリッシングするかを事細かくマニュアル化し、フルポリッシングから、リスク部位だけをポリッシグするセレクティブポリッシングへと進化させた。(進化というべきか...という感じもするが^^;)

言葉尻だけを捉えると、PMTCとSelectivePolishingは異なるが、よくよく考えれば専門家が行う機械的歯面清掃であり、コントラアングルを使用してラバーカップを使用して、グリッターと呼ぶペースとを使用して歯面を研磨するのは全く同じではないかと思う。

そして世界は更に進化を遂げている。(これまた進化と呼ぶのかどうか私にはわからないが^^;)

今までは歯石を除去するスケーリング(scaling)や根面を滑沢化するルートプレーニング(root planing)、研磨(polishing)を歯のクリーニング(tooth cleaning) と呼んで来たが、歯のクリーニングを最近はProphy(Prophylaxis)と呼ぶ。

(独り言だけど...Debridement...Deplaquing...PMTC...Prophylaxis...なんだかね〜

と言っても、その定義はこれまた進化しているようで(何度も言うけど進化と言うのが適当かわからない^^;が)、Prophylaxisは治療のための処置ではなく、純粋に予防のための処置の事を指す。

Prophylaxisが必要な人は歯周病の兆候がない人。つまり歯ブラシやフロスをする時に出血がなく、歯科衛生士がプロービングをした時に深さが3mm以内で骨の吸収がない、健康な状態である人としている。

しかしながら、その処置は歯面に築き上げられたプラークや歯石、ステインをハンドインスツルメントで除去し、グリッターと呼ばれる歯磨剤で研磨...

つまり処置は今までと同じ

さて、こういう事をどう理解するかがとても大切だ。

表面だけを追っかけていると、これからはProphylaxisの時代だと言い出し、それに見合った器械、まあ適当な所はエアーポッシング(air polishing)に使用されるような器具だと思うが、PMTCの時と同様に流行り出すに違いない。

まあすでにヨーロッパではProphylaxisの概念が進んでいて、メインテナンスの時にエアーポリッシングするのは当たり前になっている。

どこまで行ってもアメリカとヨーロッパのバトルは続き、外国かぶれの日本はそれに右往左往されるのだ

ソニーケアとオーラルB、ピエゾ式とマグネット式、PMTCとSelectivePolishing...デンツプライとEMSの闘い

純粋な日本人衛生士Japanese Dental Hygienistのnaomiにはど〜でもい〜さ〜だよ
両方とも本質が同じだから、原理原則を理解していれば、呼び名はどうでもい〜さ〜です。

naomiの行う歯のクリーニングではプラーク除去をメインに、歯石も除去するし、ラバーカップでの研磨もするし、エアーポリッシングもするし、とにかくその人の歯の状態に合わせた「綺麗」を追求するから、アメリカ型でもないしヨーロッパ式でもない。

原理原則を学んだオリジナル。まあ、ヨーロッパかアメリカを基準とすれば、属さないからオリジナル
という事になります。

どちらも素晴らしい考え方や施術だとは思うけど、本質は同じだ。

そして日本発とするならば、歯科用顕微鏡を用いたクリーニングを日本人だからこそできる繊細な処置と、こだわりで世界に発信できると私は思っているけど

世界では歯科衛生士が歯科用顕微鏡を用いてクリーニングをしているのはほとんどなく、症例もほとんど出ていない。しかも歯周病の処置ではなく、予防的にポケット3mm以内の歯石の発見を除去を行っている衛生士はまずいない。

まあ世界はアジア人である日本人は相手にしないから

世界に出て行っても無駄だと思うけど、世界にはない顕微鏡を用いたクリーニングの恩恵に与れる日本の患者様のために来週も頑張るとします

今日は右上7番の遠心、インレー下の歯石をポケットをよけてスケーリングしたよインレーの膨隆が大きくて除去できないかと思ったけど...

流行に反するマグネット式のスケーラーを使用して除去できました

写真忘れた...症例写真は明日にでもUPするとします

動画もね...UPしたいけど編集が面倒なので...おいおいね

明日は勉強会です10年ぶりセミナーの打ち合わせだよ明日もがんばっぺ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray) 
3台のPCと5台のモニター 
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

BlogPaint

週末、毎年恒例の歯磨き指導に行って参りました全員集合〜

BlogPaint

小学校での指導も10年を越えました。

最初は何年か数えていたけれど...10年越えたら...もうわかりません(笑)学校長は3人目だったかな...養護教諭の先生は現在4人目。 学校の先生方よりも出入りが長い私達です (*゚∀゚)
 
instruction4

今年はチームイリタニ全員で参加。先生にばい菌役をお願いしたんだけど...断られた(笑)適役だと思いません?ばい菌役。写真は歯磨き指導初参加の顕微鏡アシスタントAkiさんSachiちゃん

instruction7

子供達のテンションも高いけど、それに負けない顕微鏡アシスタントYuちゃんとYuriちゃん、Koiちゃんのこの笑顔

instruction5

私もテンションMAX !!

お願いされた当初は20代だった私も、今や40歳。1年生の指導で使う紙芝居も10年前に皆で手作り。3年生で使う劇のお面や小道具は私が作りました。衣装は毎年少しずつ購入しました。ばい菌の衣装は初回は黒いゴミ袋だったし(笑)

今や時代はデジタル&バーチャルの時代...そんな中で紙芝居や下手な劇がウケるとは思わないし、時代遅れだと若い衛生士さん達は思うかもしれません。

パソコンで動画を流したり、パワーポイントのスライドショーで写真を流せば上手い説明ができるのかもしれない。

でも、あえて私は紙芝居と劇を続けています。

その理由は人の心を動かすのは、人じゃないと出来ないと思うからです。例えば人は映画を見て感動します。映画はデジタルですが、映画で人が感動するのは、スクリーンの中で演じている人の息づかいです。その迫真の演技が人を感激させる。

CG技術は人を驚かす事はできますが、人間の心の底の感情を揺さぶるのは人の発するエネルギーだと私は思っています。

そして思い出に残るのは感情を揺さぶられた出来事だと私は思うのです。

だから私は単なる知識の説明ではなく、心に残る指導をしたい。 心に残れば覚えてもらえます。

劇の終盤、必ず今日の復習します。染め出して残った部分は細菌(ばい菌)である事、ばい菌はうがいだけでは流れない事、ばい菌を落とすのは歯ブラシである事。ほぼ全員が大きな声で答えてくれます。

歯磨きをする意味を理解してもらう。これにつきます。

人はなぜその行為が必要なのかがわかれば自発的に行動し始めます。それは大人でも同じです。なぜ歯磨きをするのか?あなたはご存知でしょうか?

BlogPaint

 4代目養護教諭のY先生とは今年でお別れ。就任から今日まで6年間お世話になりました。
とっても明るくてチャーミングなY先生。次の学校でも子供達の人気者になることでしょう(*´∇`*)

6年間私達を呼んで下さったことに心より感謝します。

さて。また一週間が始まりますね。今週も頑張りましょう♪ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

前回アメリカの歯科事情を書きました。ご紹介した図をまじまじと...

オオーw(*゚o゚*)wよくよく見ると、これ本当にすごいです。お口の健康を守る方法がこの中に凝縮されているではありませんか。

improve oral health

1. 1日2回フッ素入り歯磨き粉を使って歯磨きをしましょう。3ヶ月から4ヶ月毎に歯ブラシは取り替えましょう

2. 毎日フロスで歯と歯の間の食べかすを取り除きましょう。

3. バランスのよい食事をしましょう。スナック菓子などの間食は控えましょう。

4. 歯科衛生士の歯のクリーニングや検査のための定期健診を予定しましょう

これがADA(アメリカ歯科医師会)が推奨する歯の健康を守るためのガイドラインです。

日本ではどうなのでしょう?日本歯科医師会のホームページを見てみましたが...

日本ではフッ素も徹底していないし、フロスも徹底していない。スナック菓子の澱粉が虫歯を誘発すると海外では周知の事実なのに、日本ではあまり聞いた事がない。歯医者には痛くなったらいくもので、歯科衛生士のクリーニングなんてうける筋合いがない...

これが日本の現実です。

歯科疾患を防げるはずがない。何1つ徹底されていないもの。

歯科衛生士である私は声を大にして言いたい。ヨーロッパやアメリカでは定期的に歯科衛生士のクリーニングを受けています。それは定期的にプラーク(細菌)をコントロールする事で歯周病が防げるというきちんとしたデーターがあるからです。

でも日本ではそれは国民には知らされない。だから歯科衛生士の私1人が成人の皆さんに歯のクリーニングが大切だと言ったところで皆さんは私の話に耳を傾ける事はない。

歯科医師の検診や治療には来院するけど、歯科衛生士の歯のクリーニングは馬鹿にしているから歯科衛生士の定期健診には来ない。

困ったものです。

歯科医師の検診受けたって歯を削るところを探しに来るってことじゃありませんか?口腔疾患の早期発見でしょう?それって。

でも歯科衛生士の健診は歯を削るところを探すのではなくて、削られないように危険なところを事前にお知らせしてお手入れしてもらうのです。

やっぱり海外は良いですよね...

日本の歯科衛生士が海外に行きたがるのがよくわかります。海外には真の歯科衛生士の仕事がありますから。

日本では歯科衛生士は先生のアシスタントで、患者様からすればただのねーちゃんですからね。

これ全て教育ですよ。子供の頃からの教育。海外では上記の4つが大切だって子供の頃から教育されるのです。日本ではそういう事は教育されません。皆さんも知らなかったでしょう?教育されていないのですから知る訳がありません。

さて。昨日は診療が終わった後に、摂食嚥下のセミナーに参加してきました。その内容もまとめなければなりませんが、明日明後日もまたまたセミナーに参加して参ります忙しいですが、また学んだ事を皆様に還元できればと思っております。

それでは皆様、また明日。おやすみなさい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けの歯のクリーニングのみのご受付を承っております。詳しくはお電話でお問い合わせ下さい。ご希望の衛生士がいる場合はお電話にてその旨もお伝え下さい。

平成15年の調査によると日本における歯科定期検診の受診率は20%。定期検診で歯周病の検査をしている所はわずか14.4%だそうです。当医院の定期健診(メインテナンス)では虫歯及び歯周病のチェックは必須です。

*************************

先日、糖尿病第6の合併症 歯周病と歯のクリーニングについて書きました。

その中の一節、Dr.Loe先生のお言葉。
プラークコントロールこそが歯周治療では最も重要な処置法であり、プラークコントロールなくして治療はありえない。

自分のブログを読み返すたびにこの言葉の重みが増してきます。

これはプラークコントロールこそが歯周病の治療では最も重要な処置であり、プラークコントロールなくして歯周病の治療はありえないという意味

そう...

 そうなんですけど...

でも私にはプラークコントロールこそが歯の治療では最も重要な処置であり、プラークコントロールなくしての治療はありえないと訴えかけてくる気がするのです。

当医院に来院される患者様。やはり院長のオタクな...いえいえこだわりの治療を求めて来院される方が非常に多く、歯のクリーニングや予防に興味のない方もいらっしゃいます。

確かに治療の費用がかかりますし、無駄なお金は使いたくない(*・ε・*)というのもわかります。

でも...

よく考えてみて下さい。

お口の中には300種類もの細菌が何億と存在しているのです

最初からお口の中がすごく綺麗な患者様はほとんどいません...

その状態で治療受けるんですか?

と内心思っています。でも初対面の患者様にそんな事申し上げられません。
でも...

それは患者様のご希望ですから

患者様はよくラバーダム防湿を検索して当医院を受診されます。

ラバーダムって、細菌の侵入を防ぐためのものですよね?治療中に歯を削るから、削るというのは体の内部が飛び出る事ですから、そこに細菌が感染しないように。神経の治療で唾液から歯髄への細菌感染を防ぐためにラバーダム。

でも...

よく考えて下さい。その細菌が感染する、細菌って...

一体誰の???どこの細菌???

それって

あなたのお口の中の細菌ではありませんか?

治療の前に歯のクリーニングを受けないって、すごくリスキーだと思いませんか?

アメリカでは心臓手術の前に必ず歯科に患者をまわしてきます。なぜか?それは心臓の術前、術後の細菌の感染を防ぐためです。術後の感染は命に関わります。だから歯のクリーニングを徹底的に行います。口腔と心臓疾患、血管系イベントの論文たくさん出てますよね。

なのに、なぜ?歯科の治療というのは、歯のバリアーである皮、つまりエナメル質を破るわけですから、当然体の中身(象牙質やセメント質)が飛び出します。毎回が手術のはずなのに、なぜその前にクリーニングをしないのか?

歯のクリーニングがいかに大切かという事を日本国民の皆様にお知らせできていない私達歯科衛生士の怠慢ですね

せっかく親切に歯のクリーニングを先に行う歯科医師の先生向かって患者様はおっしゃいます。

「あそこに行くと、治療してくれなくて歯のクリーニングばっかりされる(`ε´)」

そう言われてしまうので、歯科医師も患者様の希望に応えて治療を先に行います。患者様は喜びますが、それ本当に皆様のためでしょうか?

決めるのは皆様です。

当医院では歯のクリーニングだけのご予約も承っております。本日もご来院がございました
歯科医師の診察は怖いけど、歯科衛生士の診察はエステ感覚で受けて頂けると思います

イリタニオフィスの歯のクリーニングは歯科用顕微鏡をフルタイムで使用して歯周病の原因となる全てのポケット内のプラークを確認、除去し、1mm単位で虫歯のチェックをいたします。歯科衛生士には必ずアシスタントがつきます。唾液や血液を確実に排除するためにアシスタントは絶対必要不可欠です。術者の2本の手では不十分です。また徹底的な感染管理を行うため完全個室となっています。

もちろんエステ感覚とは言え、きちんとした処置は行います

明日も頑張ります

*************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ 
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニングを始めました

また一般の方のクリーニングのみ(治療なし)の受付も開始いたします。

詳しくはお電話でお問い合わせ下さい

*************************

昨日乳がんのセミナーに参加して検診率の低さにびっくりした私。
今日は歯科の定期検診率について考えてみたいと思います。

健康日本21関係の資料を今回は引用します。ややデーターは古いですがまあ今でもさほど変わりはないでしょうから。

以下は性・年齢階級別 市郡別にみた歯科検診の状況です。

kenshin
どの年齢においても、歯科の検診を受けた事がないがおよそ80%

さて別の側面から見てみましょう。以下は医療従事者側が定期健診を実施しているかの有無。

10

なんと、35.7%の施設が定期健診を行っていない...

本当に腹立たしい(*・ε・*)ムー

ブログでも何度か申し上げたかと思いますが、私が歯科衛生士学校を卒業した20年前。これからは予防の時代だと言われてきました。

予防に定期健診は必須。歯科衛生士の大好きなスウェーデンでは定期健診率が80%以上だと言われていますね。日本の歯科衛生士はスウェーデンが大好きなのですから、定期健診が必須な事はもちろん知ってますよね。

ではなぜ日本の定期健診率は未だに20%なのか?

この20年間にどれだけの歯科衛生士がヨーロッパやアメリカの研修に参加したでしょうか?

一体何を学んで来てるんですかねぇ...ただの海外行った自慢をするためですよね、はっきり言って。
だって結果何も出してないじゃないですか。日本で。

予防、予防とか言ってますけど、歯科衛生士の怠慢ですよ。この結果。
はい?歯科医師が予防をやらせてくれない?思うようにやらせてもらえない?

この統計データーからすれば63.3%の施設で定期健診が行われています。なんだかんだ言っても歯科医師から歯科衛生士に予防を患者に提供するチャンスが与えられてるって事ですよね。

なのに20%足らずの受診率。これが日本の歯科衛生士の実力。

さて。更に私が驚くのは以下のデーターです。
このデーターの読み取りがなかなか面白い

12


定期健診で歯(う蝕など)の口腔診査は89.7%。成人だからフッ素関連はパーセンテージが低いと見るとして、保健指導が60.3%という事は、おそらく現場を知る私としては、歯磨き指導だな と予想できます。

歯磨き、歯磨き、歯磨き。歯科衛生士の唱える馬鹿の一つ覚えです。

さて次。

日本では国民の80%が歯周病だとテレビでも豪語しているのに、なんとデーターによると定期健診では歯周病の診査は14.4%しか行われていない。 
 
更に驚くべき事に歯肉の上についている歯石の除去(歯肉縁上歯石の除去)を毎回行うのは65%。つまり35%は行われていない。歯肉の中の歯石の除去(歯肉縁下歯石の除去)においては毎回行うのは39.9%。つまり60%は行われていない

これでは歯周病が減るはずがありません。

こういうデーターの把握もせずに、正確には把握もできずに、予防、予防と騒ぐ歯科衛生士。
私やってます、私の患者です、と数人の患者を数百人の患者がいるように自慢する日本の歯科衛生士。

御愁傷様ですね。歯科衛生士。

私は自分のデーターを持っていますし、自分の実力を客観的にデーターとして知っています。

私がする歯のクリーニングが他と何が違うのか?と聞かれますが、上記のデーターを見れば説明しやすいですかね。

定期健診で必ず虫歯も歯周病もチェックしますし、粘膜もチェックしますし、噛み合わせもチェックします。全身の事もお尋ねします。

縁上、縁下に限らず、全ての歯石を除去しますし、う蝕、歯周病の原因となるプラークを全て除去し、更に患者様の持っている歯の限界値まで綺麗に仕上げてお帰り頂きます。

先日ある患者様がnaomiのクリーニングが終わった後におっしゃいました。

「これが歯のクリーニングだとするならば、私は一度も歯のクリーニングをした事がありません。」

私は日本の歯科疾患の減少を目指しているわけではありません。
20年以上も自分の仕事の責任も果たさず、これからは予防の時代だと言い続けている日本の歯科衛生士には嫌気がさします。

今の歯科医療制度を変えるには大きな力が必要で、私ごとき個人が動いたところでどうにもなりません。大げさに言えば敵は霞ヶ関です。保険で予防に点数をつけるとするならばそれなにの覚悟がないとできないという事です。

そんな無駄な労力を使うよりも、歯を守りたいというお気持ちを持ち、naomiのクリーニングを受けたいとご来院してくださる患者様をお一人お一人大切に拝見させて頂く方がよっぽど時間を有効に使えます。

明日も頑張ります

*************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ 
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニングを始めました

また一般の方のクリーニングのみ(治療なし)の受付も開始いたします。

詳しくはお電話でお問い合わせ下さい

*************************

今日は日本の歯科疾患の予防について考えてみたいと思います

歯科用顕微鏡@歯科衛生士kimさんが先日、世界的な歯科疾患予防の権威として知られているSwedenのP. Axelsson教授の事を書いていました。

Axelsson教授は歯科衛生士の間では予防の神様と呼ばれるぐらい有名で、予防を目指す歯科衛生士なら一度は聞いた事がある名前だと思います。

Axelsson教授が日本の歯科衛生士の間で有名になった理由の1つ。Axelsson教授と一緒に論文(The long-term effect of a plaque control program on tooth mortality, caries and periodontal disease in adults : Results after 30 years of maintenance (pages 749–757)P. Axelsson, B. Nystrom and J. Lindhe)のリサーチをしていた衛生士のB. Nystrom先生の日本講演。

日本の歯科衛生士の予防の歴史において、最高にして最悪の出来事。

日本の歯科衛生士がAxelsson教授の研究の本質を理解せず、B. Nystrom先生の手技だけを真似した結果、意味のない歯の研磨が横行し、歯科衛生士の処置が原因の知覚過敏が起こりました。

またこの手技がお金になると踏んだ歯科医師が、予防に保険は効かないと言い出し、それを歯科衛生士にさせるため医院をワクワクさせ予防の本質を理解していない衛生士に手技=お金としてやらせたのです。

何が予防のプロだか。日本の歯科衛生士がアホだったとしか言いようがありません。

定期的な歯科衛生士のクリーニングで確実にプラークを除去する事で歯の寿命をのばす事ができるというのが本質で、クリーニングの手技、つまりPMTCだけを真似しても予防にはならない。その本質がわからなかった歯科衛生士の罪は大きい。

頭の良い歯科医師の先生達は知ってますからね。PMTCには何の意味もないって。

Swedenがなぜ歯科疾患の予防に成功したのか?
その成功の方法がPMTCの普及だと思っているから日本の歯科衛生士はお馬鹿さんなのです。

Swedenは国をあげて歯科疾患の予防をしています。そこがまず日本とは大きく違います。PMTCなんてただの末端の話です。

20歳までは歯科治療費は無料。保健所の役割も大きく、3歳児ですでに唾液検査を行い、リスクが高い子供にはリスクが高い子供に合わせた予防プログラムが実施されます。

また歯科治療も国で一括管理。例えば私が一週間前にA医院で歯の治療をしたとします。今日B医院に行くと、コンピューターで私が一週間前にA歯科医院を受診した事そしてどこをどう治療したかがわかります。

タイムリーにこんな宣伝をやっていますね。これはフィンランドの物語ですがスウェーデンも同じです。
スウェーデンは私が見学に行った数年前にはすでにこうなってましたから。



一概には言えませんが、このようなインフラ整備が整えば無駄な治療がなくなりますよね。歯科医療費の削減に繋がる一面もあるかと思います。

日本では他の医院の治療は全部ひっぺ返す。何度も何度もひっぺ返して治療するのです。

これは歯科医師が悪いのではなく国の法整備やインフラ整備を含む歯科医療制度が悪い。
ひっぺ返して、引っこ抜いて医院が成り立つように制度がなっているんですもの。

本気で歯科衛生士が予防をしようと思うなら政治家を排出して国の歯科医療制度を変える事です。
それが本当の意味で予防大国Swedenの真似をするという事です。

そこに気がつかずにスウェーデン型と言って手技や物だけを真似する歯科衛生士が馬鹿なのです。予防をうたっている企業もありますが企業は利益優先ですからね。歯科衛生士は企業や歯科医師に利用されているに過ぎません。

さて。メインテナンス中の患者様です。

caries1

左上2番の近心にカリエスを認めます。拡大します。

caries2

エナメル質が崩壊しています。写真カリエスの上に亀裂がありますね。
これ、プラークコントロールだけで防げますか?PMTCで防げますか?

caries3

このカリエス非常に大きく見えるかもしれませんが、目盛りのついている器具(プローブと言いますが)1目盛りが1mmです。つまり1mm足らずのカリエス。

予防とは歯科疾患を未病のうちに防ぐ事。これは虫歯、歯周病ともに言えますね。
そして罹患してしまった場合にはその進行を遅らせる事。これも初期の虫歯および歯周病全般に言えます。
そして早期に発見して侵襲を小さく抑える事。虫歯の場合には硬組織の疾患ですからエナメル質を貫通した場合残念ながら自然治癒はありません。虫歯が広がれば広がるほど歯を削る容量が大きくなり、神経に近くなりますから、速やかに歯科医師の治療を勧める事も大切な仕事です。

真の予防とは何か?歯科疾患の予防は奥が深い。

海外の真似をした所で日本の歯科疾患の予防はできません。

海外を目指す衛生士さんは非常に向学心があり優秀な人が多い。しかしながら海外に憧れるのも良いですが日本でその実力を発揮し、日本の歯科疾患の数値を減らしてこそ真の実力ある歯科衛生士ではないかと私は思います。

海外に限らずたくさんの事を学び、引き出しを多くし、必要な時にその引き出しから取り出した知識や技術をその場に応じて使いこなせる、そして結果を出せてこそ真のプロとなるのです。

本質を見極めましょう。

*************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ 
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆naomiです

連休いかがお過ごしでしょうか?

さて、先日、患者さんですが、歯科衛生士学校の学生さんが来院されました。社会人になってからの挑戦です☆唾液検査の結果のお話をしました。

その時に、ある質問をされました。「友達に虫歯が多くて、歯医者が嫌いな友達がいるんです。どうしたらいいですか。。。?」

さてnaomiブログをご覧んの皆さん、歯科衛生士にとって一番大切なものは何だと思いますか?

それは、“患者さんが自分で自分の歯を守れるように育てて差し上げる事”

歯科衛生士にとって何よりも大切な技術です

先日、歯周病予防のためのフルマウスプラークコントロール☆イタリア・ジェノヴァ大学 公衆衛生学教授 アンナマリア ジェノヴェージ先生のセミナーを受講してきました。

maria

アンナマリア先生の一節。

患者とは、外界から隔離された静かな個室で対応する

患者のモチベーションUPのためのコーナーを作る。外界と遮蔽してモチベーションを高められる空間を作る。患者に共同責任者という関係を作っている間に扉を外から開けない。

歯科衛生士にとって一番大切なのは、コンプライアンスとモチベーション

コンプライアンスとモチベーションは、最初が肝心。

初回で失敗すると、2度目はとても難しい。

たかが歯の話でも、歯ブラシの話でも、ここでの失敗が一生を左右する大変重要なポイントなのです。

ここで、患者さんが「一生自分の歯を大切にしたい!」と思えば、その患者さんの歯の健康は一生安泰です。

逆に言えば。。。

ここで失敗すると、その患者さんの一生の歯の健康をだめにするってことなんですよ!

歯科衛生士の皆さんはモチベーションをどうお考えでしょうか?

患者さん、皆言います。

歯の話って歯磨きの話ですか?歯ブラシの使い方?そんなの何回も聞いたことあります。今更同じ話なんて聞きたくないし時間の無駄です。わざわざ遠くから来院しているのに、辞めてもらえませんか?

そういう顔を私に向けてきます。

即座に椅子を倒して、スケーリングしている場合じゃないのです、日本の歯科衛生士の皆さん

日本でなぜ予防が普及しないのか?

私が衛生士学校を卒業した十数年前。その時から、「これからは歯予防の時代だ歯科衛生士の時代だ」と言われ続けてきました。

さて、この十数年で、日本の虫歯や歯周病の罹患率はどのくらい減ったのでしょうか?口腔ケア不足による肺炎はどのくらい減ったのでしょうか?

残念ながらちっとも減っていないのでは?(80歳での残存本数は数本増えたようですが、全体からしたら微々ですよね)

つまり、歯科衛生士は予防、予防と言いながら、結果を出してないってことなのです。

歯科衛生士ケアの基本を思い出してください。
the dental hygiene process of care

1. アセスメント

2. 診断

3. 計画

4. 実施

5. 事後評価










そして事後評価5を踏まえて、必要に応じて1〜4へ戻す。 

つまり、私達は、この数十年間、このプロセスを怠った。

再評価して予防の結果が出ていないにも関わらず、それまでと同じことしかしてこなかった。

歯科衛生士はもっと反省するべきだ。

私達の怠慢が結果として出ているのだから。

ユニットに座らせて、歯周病の治療、予防と言って即座にスケーリングしていてはだめってことなのです 

患者さんとゆっくり話せる個室で、誰にも邪魔されることなく、きちんとした歯に関しての教育を行い、自分の体に関心を持って頂く。セルフコントロールできる自分になっていただく。

それが重要なのです

naomiはこれを歯科衛生士の魔法と呼んでいます。

*************************

個室診療☆東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログはこちら

顕微鏡歯科アシスタントSachiちゃんブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜歯科衛生士naomiです

GW終了!今日からお仕事です^^*

今日はなぜか以前の医院からの患者様ばかり。かれこれ6年近いお付き合いの患者様。

よく歯科衛生士さんが日替わりのように、担当が決まっていない医院があります。

naomiは思うのですが。。。

やっぱり継続して見ている方がいい!

予防というのは将来の予想ですから、継続して見ればみるほど、その将来が見えてくる。そして、今日の異常も毎回見ているから見える。

例えば、今日いらした患者様。ちょっと歯肉が下がってるっぽいなぁ。。。

ムムムっ?噛み合わせだな。。。

先生に報告。

お見事!噛み合わせ強くあたってました^^*

これは今までみていたから今日の変化に気がついたのです。

今日だけ見ていては、もともと歯肉が下がっているのか、下がってきたのかわからない。

定期的な歯のクリーニングは、細菌をリセットするという大きな意味があります。これは、今日私がやっても、違う衛生士さんがやっても同じです。

でも、変化に気がつくには、前回と今回、違う衛生士さんが見ていては気がつかないこともあります。連携がとれていて記録がきちんとあればいいですけど。でも毎回写真でもとっていない限り、わかりませんよね。

その変化に気がつかなければ、患者さんの歯肉はどんどん下がって、知覚過敏や見た目にも困るでしょう。早期に気がつくことで将来起きることを防げた1出来事です。

だからnaomiはマイハイジニストを持つことをお勧めします。

その時だけクリーニングするのは、決して予防にはつながらないからです。

それにしても、プラークをとるのって大変ですね。。。

プラークってよく観察すると踏んづけられて道路にひっついたガムみたいなんですよ^^;

床にガムが踏んづけられてひっついたら、とるのが大変じゃないですか。歯のプラークも同じです。とるのに苦労します。こすりとらないととれないですもん。

そして隣接面。歯と歯の間は更にとれません。フロス1回ぐらいではとれない。でもここが一番のリスクポイントです。ここをとらねば、意味がない!だからnaomiは隣接面のお掃除に一番時間を使います。

ツイッターでPMTCのことを書きました。

PMTCとはプロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング。専門家によく機械的歯の清掃。

日本ではこれが大流行りで、予防歯科に行くと、必ず歯を綺麗にしますといって、ペーストつけて歯を磨かれます。何もついていない歯の表面までもね。。。

患者さんも言います。以前PMTCは受けたことありますって。。。

はい?PMTC。。。

歯をクルクルしたところで、患者さんの歯はよくなりません。ましてや歯の表面だけ磨かれてツルツルになっても、肝心な歯と歯の間や歯と歯肉の間が綺麗になっていないと、意味がない。

しかも毎日の歯磨きがよくなければ、365 日のうちの1日綺麗にしても意味がない。

歯科衛生士と歯のクリーニングの話になって、歯と歯の間のお掃除の話になったことがない。

ほとんどの歯科衛生士はペーストは何を使ってるんですか?ラバーカップはどこの?となります。

そんなの、どうでもいいんです。そういう質問をしてくる歯科衛生士は、naomiの中では「あ〜この人ちっともわかってないな〜」って思います。

プラークをとることが重要なのに。研磨するより歯ブラシした方がよっぽどプラークがとれます。だから何を使うかじゃなくて、何のためにそれをするのか?が大切なのです。

だからnaomiは歯のお掃除をする時には、歯ブラシを使う時もあるし、フロスも使うし、歯間ブラシも使うし、スーパーフロスも使います。ラバーカップで研磨はするけど、綺麗な歯の面はなでる程度か研磨しません。ラバーカップを使わない時もあります。

適材適所。プラークを落とすために何が一番よいのか?を考えて物を使い分けます。

歯のお掃除の本質です。

クルクルするだけが歯のお掃除じゃありません。

あまりにも最近の歯科衛生士さんがPMTCって言うから。

本質を見失わないでもらいたいものです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

昨日の勉強会が終了したので、ちょっと落ち着きを取り戻しました。昨日の発表まではずっとテーマの歯科衛生士とは何か?ばっかりが頭をぐるぐるしてたのですが、今日は気が抜けたように通常通り。

さてせっかくなので、昨日の内容をここに記載しておきたいと思います。

今日お見せするのは80歳で21本の歯を残している予防大国スウェーデンの記録です。

sweeden1
スウェーデンでは、自分で患者さんのアポイントメントを持っている人を日本で言う歯科衛生士と呼んでいます。向こうではオーラルハイジニストと呼ばれています。
sweeden2
向かって右は歯科医師の患者さんの待合室。中央は歯科衛生士のアポイントメントの患者さんの待ち合い室です。この医院は1年半待ちだったかな。歯科医師の治療は数年待ちで、新患は受け付けていません。患者さんの紹介のみ仕方なく受け付けています。
sweeden3

学生教育では1人の患者さんを歯科医師と歯科衛生士がチームとして関わります。
患者さんの情報はオンライン化されていて国で情報を一括管理しています。以前にいつどこでどんな処置をしたか、全て見ることができます。

予防大国スウェーデン。80歳で21本の歯が残っています。日本では80歳で9本。スウェーデンの真似をしてPMTCと呼ばれるプロフェッショナルトゥースクリーニングが日本で流行しています。

よく考えて下さい、歯科衛生士の皆さん。

先ほど写真を見せたように、スウェーデンでは、自分のアポイントを持っている人を歯科衛生士と呼んで歯科衛生士が予防を担っています。自分のチェアを持って患者さんを見ています。

更に歯科衛生士の患者さん用の待合室があるくらい、歯科衛生士は医院できちんと役割を果たしているのです。

学生教育では、患者さん1人を歯科医師と歯科衛生士がチームで見るチーム医療の教育がなされています。歯科医師の役割、歯科衛生士の役割が明確です。お互いの関わり方もしっかりしています。

スウェーデンの予防はPMTCで成り立っているのではなく、歯科衛生士の役割がはっきりしていることや、チーム医療の役割がはっきりしていること、国で情報を一括管理して国をあげて予防に取り組んでいること、これら全ての上に80歳で21本の歯を残しているのです。

もう一度言います。スウェーデンはPMTCがあるから歯が残っているのではない。

歯科医師、歯科衛生士の意識の違い、教育の違い、医療制度の違い、全てがあって、予防が上手くいき歯が残っているのです。

ところが、海外に研修に言った衛生士さんでこういう話をする人はいません。

海外に言ったことをあたかも勲章のように経歴に書き、日本で話をするのはスケーリングやルートプレーニング、PMTCや、洗口剤、薬剤のことばかり。

歯科衛生士が患者さんを診る時にどうやって何を使っているという物の話ばかり。

物を使ったところで、その裏にあるもっと大きな物を見ない限り、80歳で20本以上の歯を残すことは日本ではできない。

私達は何のために仕事をしているのですか?それは日本人の歯を80歳で20本最低でも残すことを目標にそれを目指しているのでしょう?

歯科衛生士は何のために仕事をしているのでしょうか?

メインテナンスしています、メンテナンスの患者さんが増えています。みんなそう言います。

じゃあ、それって国民の何パーセント?患者さんが増えてるって、何人来て、そのうちの何人がメインテナンスに乗っていて、1年後、2年後、3年後、何人が継続しているの?

答えられる衛生士さんいますか?

よくサービスの現場で言われることですが、どんなに最高のすばらしいサービスをしても、そのうちの20%はリピートしないということが言われます。

歯科衛生士のメインテナンスだけ、この法則に当てはまらないなんてあるでしょうか?

この法則にのっとれば、

例えば今月100%のリコール率(100人)
3ヶ月後今月の80%(80人)
6ヶ月後3ヶ月後の80%(64人)
9ヶ月後6ヶ月後の80%(約51人)
12ヶ月後9ヶ月後の80%(約41人)

いかがですか?

1年経ったら100人いたメインテナンス患者さんが半分以下になるんです。

患者さん来ています、増えています。歯科衛生士は言います。

いつの間にか来なくなっている患者さんはいませんか?どんどん新しい患者さんが増えているから、気がつかないだけではありませんか?

そんな曖昧なデーターなのです。メインテナンス率って。患者さんが来ていることを来ている感じと感覚で物を言うのは科学的ではありません。もし論じるのであれば分母を常に合わせておかないといけません。

海外の予防が成功しているのは、物のおかげではありません。

だから日本の衛生士さんがPMTCしたって、研磨ペーストを海外と同じ物を使ったからって、予防にはならないということなのです。

そもそも、日本の歯科衛生士さんにお聞きしますが、歯科衛生士って何ですか?

昨日もこの問いをメンバーに聞きました。答えられない衛生士さんがいました。

自分が自分の仕事を答えられないのに、患者さんが歯科衛生士が何かなんてわかるはずがないのです。

よく歯科衛生士は患者さんに認知されていないとか、歯科助手と間違われるとか、歯の看護婦さんとか、先生とか言われるとか言いますけど、歯科衛生士自身が答えられないこの問いに、患者さんに答えろといってもそれは無理です。

なぜ海外で学んできた衛生士はこういう話をしないのか?

解剖や学術的なことはすでにネットの普及で日本でも学ぶことができるようになりました。世界にその人しかでいないテクニックがあるなら海外で勉強する意味はありますが、日本ですることを場所を変えて勉強したからといって、なんら役に立ちません。

そういう研修会が多いのではないでしょうか?

海外に行ったからっって本質をわきまえていなければ何の意味もない。

そう気がついた時、すごく腹が立ちました。なんで先輩達がこういうことを教えてくれなかったのかって。。。まあ人のせいにしても仕方ありまえんが、残念でなりまえん。

本質がずれ過ぎです。

次回はフィンランドの話をします





naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは~naomiです

女子フィギアスケート、皆すごかったですね~

素晴らしかったけど、でも勝負の残酷さも目の当たりにしました。

ミスがあったら金メダルはとれない・・・うーむ一流とは厳しいものよ。。。

さて、今日の本題とは全く関係ないのですが、歯磨き粉ってどうして使うか皆さんは考えたことがありますか?

日本ではなぜか歯周病予防の歯磨き粉がたくさん出ているけど、世界的には歯磨き粉はフッ素を歯に供給するために使うのが常識。

虫歯予防にはフッ素はなくてはならないものなのです

歯磨きで歯が削れると言って少量しか使わないのは日本人だけらしいですよ。

虫歯の原理は研究されていても、日本の予防は全く持って意味不明。

細菌によって作りだされる酸によってPHが下がって歯が溶けるのが虫歯。

なのに、未だに歯磨き神話。

歯磨きしたってPHを上げることはできないし、歯磨き単独で歯を再石灰化することはできない。

アメリカの教科書には、食事直後には歯磨きをしてはいけないという表記まであるくらいなのに、なぜか日本ではとにかく歯磨き。

1つ。歯周病と歯ブラシは相関関係があります☆同じお口の病気でも、虫歯と歯周病はわけて予防を考えないといけません。ご存じでしたか?

日本でも12歳児までの虫歯は減っているそうですが、12歳から19歳までの虫歯は増えているそうです。

これってどういうこと?

歯科医師の先生は日本と世界の違いは、フッ素の使用量だと言います。

確かにそれはあります。

日本ではフッ素は「毒」ですから。

世界平均で比べると、日本人のフッ素使用量は歯磨き粉に含まれるフッ素量で比べると4分の1だそうな。

これは事実。だからそれも一理ある。

でも・・・

naomiが思うに、歯科医療従事者があまりにも歯を削りすぎるからじゃなかろうかと思う節もある

初期の虫歯はエナメル質に限局している限り再石灰化して修復することができる。

なのに、ちょっと色が変わっていると、すぐに治療されてしまう。。。

歯科衛生士も歯科衛生士で、責任が生じるから、ちょとした虫歯でも先生に虫歯だから見てくださいとまわす^^;

まあ当然先生にまわせば歯科医師は削るわなぁ。だって歯科医師は治療するのが仕事なんだから。

先日、矯正治療が終わって、リテーナー装着をしている患者様がメインテナンスにいらっしゃいました。

矯正の衛生士さんに虫歯が心配だから先生に診てもらってくださいと言わたのが夏。秋口に当医院でチェックして経過観察となったのに、またこの冬、虫歯が心配だからといってまわしてきました^^;

患者様曰く、同じ衛生士さんに2回も言われちゃったから心配になっちゃって・・・ですって

あのねぇ、虫歯の治療し時は責任を持って自分で判断しようよ~自分の歯だったら、その虫歯は削るの???

あ・・・削るかもしれないな・・・衛生士は。自分の歯でも。

そこが日本の衛生士の足りないところですよね。。。

歯科衛生士は診断はできないけど、診査はできるし、予防プログラムを自分で立案するわけで、その虫歯の予後と、治療のし時、将来が予想できないと、予防って無理ではありませんか?

歯科医師におんぶにだっこで、自分で患者様のお口に対しての意見を述べられないようでは、本当の衛生士と言えないんじゃない?

歯科医師の言うままに歯石とりしかしてないから、そうなるのです。

自分で考える。

自分で責任を持って予防プログラムを立案する。

自分で責任をもってメインテナンスする。

自分で責任を持って・・・

おそらく自分で判断するから、世界の衛生士は評価が高いのです。

歯石取りが上手だから社会的評価が高いわけではないのです。

歯科医師と歯科衛生士の役割は全く違う。

同じ仕事をかぶってしているようでは、治療の延長でしかない。

うーむ・・・最近、ブログを書きだすと長いな^^;

いろいろと思うことがあるのです・・・歯科衛生士については。。。

さて、今度の日曜日は歯科衛生士ネットワークen-rondの定期勉強会です☆

今回は・・・うふふっ♪テーマは歯科用顕微鏡マイクロスコープです

もう参加者は締め切ってしまったのですが、参加できなかった衛生士さんは、本当にもったいない!

医院に歯科用顕微鏡、マイクロスコープがあればいいけど、医院にない衛生士さんは顕微鏡を覗くチャンスがない・・・

マイクロのすごさは実体験しないとわかりません。その経験は必ず臨床に活きます。例え医院にマイクロがなくても。メインテナンスが変わると思います。

だから、もったいないな~

さて、日曜日に使用する歯科用顕微鏡は当医院で使用している物とは違うのですが、それはそれでいろいろと実体験してきたいと思います

うっわー楽しみです!!!

**********************

東京マイクロスコープIritaniOfficeはこちら☆

全ての治療を歯科用顕微鏡で行うDr.Iritaniのブログはこちら↑全てを行う先生は日本でも少ない!

技工士Dt.Tomohiroのブログはこちら

顕微鏡アシスタントチームのブログ☆

顕微鏡アシスタントSachiちゃんのブログ

顕微鏡アシスタントYUちゃんのブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ