顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: 口臭

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは〜naomiです

診療終了やっと今日からお休みでーす♪

なのですが、日曜日は、歯科衛生士勉強会en-rondがありますので、そのための準備を少々。

今回はう蝕活動性試験と口臭測定器、そして顕微鏡を使用して、お口の中の細菌を検査。洗口剤や歯磨きで本当にお口の中の細菌が減るのか?口臭が減るのか?などなど、教科書でしか知り得なかった世界を実際に見てみよう!という試みです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

その下準備として、口臭測定器の使い方をチェック院長に教えてもらいました。

使い方ついでに、再び口臭測定前回、一度口臭を測定したこと書きましたね☆覚えていますか?

口臭測定した後に、パーフェクトぺリオでうがい。歯磨きなしのうがいだけです

そして数値が全て0にΣ(・ω・ノ)ノ驚愕の真実。

口臭の主な原因物質は揮発性硫化物(Volatile Sulfur Compounds)。特によく知られているのが以下の3つ。

1.硫化水素

2.メチルメルカプタン

3.ジメチルサルファイド(ジメチルスルフィド)

口臭測定器ではこの3種類のガスを測定しています。

もっと詳しい専門的なことを知りたい方はnaomiお勉強ブログへどうぞ

今日のnaomiの口臭データーでは、硫化水素が少々多い様子。

硫化水素と言えば・・・

口臭測定器の業者の方から、最初に説明された折、主に舌の汚れが原因で増える口臭ですと言われたことを思い出し、

「おっ、そうか。じゃあせっかくだから舌のお掃除でもしてみようかなー

08.08.14.zetsubrush.jpgということで、さっそく舌をお掃除して、再度口臭測定を行ってみることにしました^^

naomiが持っているのは、舌ブラシと呼ばれているもので、舌をお掃除する道具です。

舌ブラシにもいろいろと種類があります。ヘラのようになっているもの、ブラシになっているもの・・・などなど。

naomiが使用するのはブラシのもの。

え?なぜブラシなのかって?

舌の表面には味蕾といって、絨毯のように毛がたくさん立っています。舌をお掃除するためには、この毛と毛に入った汚れをとらなくてはいけませんから、ヘラよりもブラシの方が理にかなっているからです

さて、ゴシゴシゴシ・・・

舌の表面のお掃除は力加減が難しいのですあまりにごしごしやりすぎると舌の粘膜を傷つけてしまいます。皆さんも力加減には気をつけましょうね☆

でも、今日は結果をはっきり見たいから、念入りにゴシゴシゴシ・・・軽くですけど、舌の奥から手前に、右半分、左半分と60回くらいこすったでしょうか・・・^^;

あ、これ完全にやりすぎですので絶対にマネはしないでくださいね!

さて、完璧〜もう1回口臭測定してみよーっと♪

え?あれれ?^^;

08.08.14.oralcroma.jpgちょとーーーー全然硫化水素減ってないよーーーー

それどころか増えてます^^;

でもジメチルサルファイドは少し減った模様。でも0にはなっていません。

写真は前回の記録と継続して入っています。4回分の記録がありますが、2回目がパーフェクトぺリオでうがいしたもの。4回目が舌ブラシでお掃除した後です。

興味深い結果ですね〜

今日の結果では舌をお掃除しただけでは口臭は減らないという結論になりました

でも、これは今日だけの結果ですから、これが全てではありません。

naomiお勉強ブログに書きましたが、口臭の原因揮発硫化物の発生はお口の中のタンパク質由来と言われていて、舌苔(舌の汚れ)が原因と言われています。

臨床結果も含めて、もう少し理解を深めないといけないな・・・まだnaomiの中でしっくりきません

さて、次回は何を試そうかな?

今日は舌だけ。次回は歯磨きと口臭の研究!いかがですか?興味深くないですか?日曜日、やってみようかな

日本の歯科医院では予防といっても、臨床データーなし。ただただここに磨き残しがありますね、ちゃんと磨いてください・・・そればっかり。

歯磨きは原因除去の1つでしかありません。

ここ数年、naomiがやっていることが本当に予防につながっているのか、歯科衛生士としてモンモンとした日々を過ごしてきました。歯磨きだけでは防げない何かがある・・・いつもそう感じていたからです。

その壁に風穴を開けられるかも

病気を予防するということはそんな簡単なことじゃありません。

予防をなめんなよーです^^予防がそんな簡単なものなら、日本から虫歯も歯周病もとっくの昔になくなっています。

それに、昔は何かあればすぐ歯を抜いちゃったけど、今はなるべく抜かないようになってきました。

歯がない頃の予防と、歯が残る現代の予防は全く違います

日々勉強。naomiと出会う患者様が人生の最後を素敵に過ごせますように・・・プロとしてお手伝いできる自分でありたいと思います。


今週いっぱいお休みです☆パワー充電中Dr.IritaniOfficeはこちら☆

月曜担当こいちゃんのAkoブログはこちら☆

かなりさぼっています^^;☆naomiお勉強ブログはこちら

往診・インプラントと経験値UP中アシスタントSachiちゃんブログはこちら☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜naomiです

イリタニオフィス、本当に日々進化しています(・◇・)ゞ

お口の中の細菌が直接見ることができる顕微鏡を導入、同時に細菌が発生するガスを測定できるオーラルクロマも導入しました

まずはとにかく自分で試してみなくっちゃ☆

まずは唾液をとって、カバーガラスをして見てみました残念ながら唾液ではあんまり細菌らし細菌が見えない

つまんないよーーーーーー

あ、そうだプラークをとれば細菌は見えるかなーと思って、見てみると、おお〜棒状に動く物体が

でも・・・

プラークじゃ、炎症反応が見えないな・・・やっぱり血液の方がいいなぁ・・・赤血球とか、白血球とか・・・炎症細胞が見たいんだよなぁ。勉強にならんな゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

あ、そうだ。歯石でもとれば出血するかな〜

・・・

歯石はとれたけど出血せず

残念と思っていた矢先、違うスケーラー(歯石をとる鎌のような器具)をとりに行ったら、手にひっかかっちゃって、指先が出血

うぉおおおお^^やったー血液が見えるぅ〜

でも・・・

指先の血液だけじゃ、赤血球だけしか見えません・・・そりゃあそうですよね。血液の中に細菌がいたら菌血症それこそ命に関わります。

検査の手順はわかったけど、naomiでは実験にならないみたい^^;

仕方ない、じゃあ、細菌の発生するガス値でも測定してみるかなー

オーラルクロマは、細菌の発生するガスを含めて3種類ガスを調べることができます。舌が汚れていると増えるガス、歯周病菌が発生するガス、食物由来のガス。全てを調べられるのはオーラルクロマだけなのだそうです

このガスが口臭の原因になります。

今日は、朝から大忙しでした^^;もともといつもとイレギュラーの予約時間だったのですが、処置やお話が伸びてお昼を食べる時間もなく(´;ω;`)

診療が終わってからお昼のお弁当をいただきました。3時過ぎ^^;

片付けも朝から山ほどたまっていたので、歯磨きしたかったけど、帰るのが遅くなるのが嫌だったのえ、とりあえず片付け片付け☆

ふうーーーー終わった〜

お、そうだ。歯磨きもちょうどしていないし、先生に顕微鏡の使い方でも教えてもらって自分の細菌でもみーよおっと♪というわけで顕微鏡検査をすることに。

ついでにガス値も測定しちゃお

ガスを採取、待つこと8分

08.07.24.koushuu.jpg

さすがに歯磨きをしておらず、汚いけど食べカスが歯と歯の間に残っている状態ですもの、ガス値が高くても当然へ〜こんな風に測定されるのかぁ♪

←こんな風に出てきます。でも、これ2回目の結果^^;え?どうして2回やったのかって?それはこれから御説明します☆

よしよし、ガス値が高いから、高純度HCLO(パーフェクトぺリオ)でうがいしてみよーっと^^というわけです(笑)なんでも自分で確かめないとね☆

パーフェクトぺリオは先日も書きましたが、これ、実際使ってみると、使い心地がいいんです。すごく効果がある気がしてました。でもその効果を自分自身で確かめる方法がなかなかない

簡易型う蝕検査キッドの結果を先日ブログに書きました☆そのくらいしか目では確かめられませんでした。

1分間うがい♪っと。

08.07.24.koushuu2.jpgうおーーーーーーーこれ、すごいよーーーーー

写真は棒グラフになっていますが、左が1回目。右がパーフェクトぺリオ1分間うがい後の数値です。

歯磨きはしていません。うがいだけです。

あっという間に数値が0に近づきました

本当にすごい〜。これデートの前には最高ですね(爆)

ついでに、かたくなに歯医者さんに来てくれないご主人様や奥様にも有効かも(爆)よく言われるんです、主人を、妻をつれてくるにはどうしたらいいんですかねって☆^^

どうしても来ない方はパーフェクトぺリオでうがししてもらうとか(笑)

ただ・・・うがいで細菌は減りましたが、歯磨きをしていないので、歯の表面がざらつくのです(´−д−;`)

ざらつくということは、そこに細菌や付着しやすく、増殖しやすいということ。

やっぱりプラーク、細菌の機械的除去は必要不可欠ですnaomiのクリーニングを受けましょう〜♪なんちゃって(笑)

いえいえ、クリーニングを受けるか受けないかは患者様の自由ですので、どうぞどうぞお好きになさってくださいませ

パーフェクトぺリオは歯の表面を綺麗にした上で使うのが効果的だと思います。

いやあ、それにしてもすごい

でもこのすごさ、患者様に伝えることができるかな・・・

日々勉強☆最近考えることが多くて困ります〜

少々煮詰まり気味☆のnaomiでした^^


 毎日進化中☆パワーUPDr.IritaniOfficeはこちら☆

月曜担当こいちゃんのAkoブログはこちら☆

書ききれないよー^^;☆naomiお勉強ブログはこちら

naomiより大人な心優しいさっちゃんのSachiブログはこちら☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ