顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

カテゴリ: 審美

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray) 
3台のPCと5台のモニター 
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´))

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい

*************************

本気で歯が綺麗だと思った事...ありますか?
特別でも何でも無い毎日の処置。

prescaling

クリーニングした後の歯が美しく見えるのはなぜか?答えはすごくシンプル。

「余計な物がないから。」

歯の表面の光を遮る物がなくなるから。

その1点の曇りもないクリーニングを実現するのが歯科用顕微鏡。肉眼の処置ではここまでの美しさは出ない。綺麗になっているのかどうか見えない

postscaling
 
 歯って綺麗

私のクリーニングは本気。妥協なし。瞬時にその人に合った美しさを想像し、そのレベルに時間内に仕上げる。だから初回は時間がかかる。時には回数もかかる。時間内に仕上げようと思うからちょっとスピードアップ目。でも最終型の仕上がりは計算とおり

患者様が予想以上に感激する。予想を越えた美しさに仕上げてこそ心が動く。この綺麗を保ちたいという強い欲求にかられる

感動を与えてこそ歯科衛生士。モチベーションとは人の心を動かす事だ。 

さて。今日はこれから滅菌消毒の講習会に参加して参ります。

頑張っぺ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは^^naomiです

海の日の連休、皆様いかがお過ごしですか?

naomiは今日は大切なお友達と銀座でランチを楽しみました

友人のSちゃんが、また24日から入院するので、その前にご飯しよー♪ということでYちゃんと一緒にランチしました。

年齢・30代半ば。性別・女性みんなそれぞれに一生懸命生きていますです、ハイ・・・人生いろいろあります。

さて昨日は審美のセミナーに行って参りました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

08.07.20写真はテキサス大学歯学部 審美歯科学教授であるナサーバージ教授です。

ちなみにバージ教授はアメリカ咬合学会前会長です。

日本には審美歯科学という講座はありません

歯科材料の進化によりより少ない侵襲でより小さく修復することができるようになりました。

接着剤の進化です

審美・・・

日本ではどうですかねぇ・・・

お国柄ってありますよね。

日本は歯並びが悪くてもなんとも思わないし、金属を入れてもどうでもいいんですよね・・・

ちゃんとしたことを知らないというのもありますが・・・

イタリア人は白い歯しか入れないそうです。naomiも、オールセラミックスとかジルコニアとか、光の通る天然歯と同じ美しさを持つ材質を見ると、それ以外はいれたくないなぁ・・・と思います。

まあ基本は自分の歯を削らないということですけど

バージ教授の治療は美しい“見た目”的にも、“機能”的にも。

田中浅見先生はおっしゃいます。“審美歯科とは殆ど歯科医療の総合だ”と。

その通りだと思います。機能がない美しさはたくさんありますが、機能のある美というのはなかなかありません。本物です。

美しいってすばらしいです。やっぱり歯は白い方がいいよー

さて明日はインプラントの手術です。また今週も始まるのね〜^^頑張ります♪


毎日進化中☆パワーUPDr.IritaniOfficeはこちら☆

月曜担当こいちゃんのAkoブログはこちら☆

書ききれないよー^^;☆naomiお勉強ブログはこちら

スーパーアシスタントさっちゃんのSachiブログはこちら☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ