顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

心の病気

新しい春


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

皆様、こんにちは。桜咲く春。皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は...先週末に、母が7ヶ月ぶりに退院しました
妄想が凄くなって家事もままならなくなってしまった母。。。

入院の時にはもう普通の人には戻らないかもと思っていました。。。
入院して2週間は隔離だったし(精神科の隔離病棟は通常の病棟と違ってかなり閉鎖的)年齢も年齢なので2週間の間に認知機能が低下するかもしれないし、2週間で不安になって暴れて骨折や怪我をするかもしれない...そんな中の入院。

無事に2週間を過ごし、1ヶ月程度で薬があってきてそれからはみるみる回復。
だけどコロナ禍だからすぐに退院というわけにもいかず、MAX入院してもらっていました。

入院の時はなかなか医療にアクセスできなくて入院に至るまでには物凄い苦労しましたけど、結果オーライでした

当初相談していた病院はすぐにコロナのクラスターが出たし、急性期の病院だったのでもしそちらに入院していたら、このコロナ禍の中転院させられてしまったかもしれないし。相談員の方も親切で気もあったし、なんと私と小学校と中学校が同じという同郷だったし、色んな事を振り返ればとても運が良かったと思っています

丁度退院の日に桜が🌸最後の満開に近かったので近所の公園をお散歩。

桜

さてでも、退院してからは気がきじゃありません。

日中ご飯食べてるかなーとか、薬ちゃんと飲んでるかなーとか、閉じこもってないかなーとか。とにかく気になる。そんなこんなで数日経って、なんとか自分で家事もし、買い物もし、お風呂も入って清潔を保っているようだし、ちょと一安心な今日です

色々と考えることがあるなー

まあ突如として介護者になってしまったわけですが。私まだ50手前ちと早いですよね〜

実は25歳(確かその頃)の時に、歯科衛生士を辞めて、ホームヘルパーの全日の学校に通い、卒業する時に進路を決めるときに、在宅で死を迎える人のお手伝いがしたいと思って、訪問歯科診療のドアを叩きました。

20代の時には、頭で理解していた事が、今は現実の事となって体験し、思っていた以上に大変というか現実だなーと思う今日この頃です。

在宅で私を迎える人のお手伝いがしたいって...実際今、在宅を支えるのが私。

もともと私のモットーとして、目の前の人さえ救えないのに、多くの人を救うなんて無理という持論があります。

つまり、私が母の在宅を支える事ができないようなら、他人様の支援なんてとてもできないって事ですよね。

ある意味大変良い経験をさせて頂いているという事になるのかな...
でもキツいですよ〜神様は乗り越えならない試練は与えないって言いますけど、本当かな?です。

まあ考えても仕方ないので、なんでもやってみて進もうと思っています。

コロナ禍の中で色んな人生の試練がありますが、皆さん励まし合って乗り切りましょう!

喉元過ぎれば、あの時は...って笑えると良いですね。

さて明日から4月です。新しい春。希望を持って前に進みましょう♡
 

ケア

ナオミブログをご覧の皆様、こんばんは!ナオミです

もうすぐ春です

私は医療人です。きっと、一生。

実は私は歯科衛生士が嫌いです。ですが25歳の時、この“歯科衛生士”という仕事を、自分の一生の仕事にしようと決めました

好きとか嫌いじゃなくて、自分の一生の仕事に決めたのです。

学生の頃からこの仕事が合わなくて、次は辞めよう、次は辞めようと思っていたのに、また歯科衛生士、また歯科衛生士を繰り返し、飽きっぽい性格のくせに、この仕事だけはこんなに長く続いてきました。

新卒より、この年まで一度も人生がぶれずに、歯科衛生士一直線で来ているのがとても不思議です^^

そして、今、休職中なのですが・・・

先日、病院通いをしている中で、私の医療人としての心がワンランクUPしました。進化したのです。

突然の話ですが、医療にサービス業の側面があることは、20代前半から知っていました。私が2件目に働いていた医院は、サービス業そのものだったからです。

患者様に1人のスタッフ。待っている間はお話をする。まるでホステスな仕事。

最初はサービス業の側面に違和感をすごく感じました。だって、医療はサービスとは違う、医療だもの。

でも、患者様達は歯科でサービスされることを好んでいるようでしたし、それがよい医院だと思っているようでした。

私の言う歯科のサービスは何かって?

それは、つまり、“お客様”扱いをすることです

挨拶したり、丁寧に接したり・・・一般的なお客様マニュアルに沿って対応することです。

それをサービスと呼ぶわけですが・・・

私は心のどこかで違和感を感じていました。

だって医療は医療だもん

でも、先日、その答えはでました。

私はサービスだからって患者様に優しく接したり、丁寧にしたりしたことはありません。したいからする。気持ち優先。結果の接する態度は同じでも、そこにはハートがあります。

でも・・・

私が今までサービスだと思っていたものが、本当は医療の一部だったのだということに、今頃気がついたのです

本当に今頃で、われながら自分のおろかさに腹が立つのですが

そう、つまり心の部分なのです。

患者様に丁寧に察したり、話を聞いたり、声をかけたり・・・これって、接客のサービスじゃなくて、ケアの一部なんです心のケアの部分。

病院に足を踏み入れたときから、私達は患者様のケアをしなければならないのです。それが真の医療者であり、ケアのプロなのです。

日本では体のケアはしてもらえるけど、心のケアはしてもらえない。。。

心の痛みが体に及ぼす影響を日本のお医者さんはわかっていません。

体の痛みばかりを直したがるばかりに、心がおざなりになり、患者様の心は傷ついています。それは本当の医療の姿ではない。

医療とは人を見るものであって、病気をみるものじゃないと思うから

さて、今感じているケアへの思いを、今度は形にする番です。

どんな形にするのか?うふふお楽しみですね☆^^

少しづつですが、仕事復帰します無理はできませんが、ぜひ、ナオミのケアを受けにDr.Iritani’sOfficeへ足を運んでくださいませ

しばらくは、スタッフの関係もあり、Dr.Iritaniの予約のみ承るようですが^^;


Dr.Iritani が開業しました☆詳しくはこちらへ

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード