オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

おはようございます
連休も明けて皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、GWのお休みでしばらくお仕事から解放されましたけど、またまた連休明けにフルPPFとなり、N95マスク、ゴーグル、ガウン、キャップのフル装備。顔の吹き出物が治らないままお仕事再開となりました

さて今日は第20回の首都圏滅菌管理研究会のお知らせです

なんと今回は一橋講堂で久しぶりのリアル開催

第20回首都圏滅菌管理研究会

5月6日より申し込み開始しております(詳細ただ...正直、歯科関係者の方にはこの直前になっての募集...しかも土曜日開催ということで、参加が難しいかなぁと思っておりますが、ぜひご参加いただける方はご参加いただければ嬉しいです

今回の第20回講演は特別な意味があります。

そもそも首都圏滅菌管理研究会とは

主に首都圏地区の病院・診療所などに勤務する職員ならびに手術・中材業務に関心のある方々を対象として、滅菌・洗浄業務に必要な知識の習得と質的向上に関する教育・研修を行い院内感染防止に役立てることを目的に設立された研究会です

活動しているのは、滅菌技士/師の皆さんです。滅菌技士/師は日本医療機器学会の認定資格です2000年に「医療現場における 滅菌保証のガイドライン 2000」が刊行されたのにともない滅菌供給業務の水準向上を目的として発足されました。最近は歯科衛生士さんが取得していることも多いです。

ちなみに当院では第2種滅菌技士2名、第1種滅菌技師1名が日々の滅菌業務に責任を持ってあたっています

よく歯科医院で見られるのは、日本医療機器学会の第2種滅菌技士の資格と他の似たような資格の第1種を重ねて表記してあたかも日本医療機器学会の上位資格を取得したように表現してる方がいますが、全く異なった資格ですのでお気をつけください

そう、コロナ禍で...ですが、誕生20周年を迎える資格なのです

今回は私がお世話になりました東京医療保健大学 初代 学長であられた故 小林寛伊先生とともに感染制御の分野を牽引してこられた、東京医療保健大学 名誉教授 大久保 憲先生のお言葉を賜ります。

そして歯科分野の講演として東京医療保健大学臨床教授であられる田口正博先生が御登壇されます。

医療分野以外では、つめあと残すアニメ 魚雷映像の佐野リヨウタ氏をお招きしてお話しいただきます。思わず聞きたくなる伝え方...歯科衛生士として興味津々です

お申し込みはコチラ

ぜひ皆様のご参加をお待ちしております〜