オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

皆様、こんばんは今日はなんだか毎日がめちゃめちゃ早いですね
今日はお休みだったので、久しぶりに地元のcafeにランチしに行ってきました

まだまだコロナの感染者数が落ち着きませんが、そういう中でも人生のほっとした瞬間を大切にしたいですねcafeでスマホを見ていたらロシアがウクライナに侵攻した...という気なるニュースも飛び込んできて驚きましたが...

ここのcafeはテラス席があってお店の外でもお食事などが楽しめます
ちょこちょこ芸術的なイベントをしているのですが、今回は世界で一番小さなキャンバス展を開催してました。

むむむ。。。マイクロスコープの小さな世界で仕事をしているnaomiとしては見逃せない
作品を見ながらマイクロケーキの盛り合わせを頂きましたちっちゃな、ちっちゃなキャンバスに描かれた作品たちが可愛かった

世界で一番小さなキャンバス展


コロナ禍で映画も音楽のコンサートも行けなくて(仕事柄、今だに閉鎖空間に近づけないでいます)、なかなか芸術的なものに触れる機会がないので今日はちょっと楽しかったですテラス、めっちゃ寒かったけど

さて、今日は口腔外バキューム(Dental External Oral Suction)のお話です
コロナ禍の前から注目されていたのですが、コロナで更に注目を浴び、品切れとなった商品です。

口腔外バキューム

当然、当院でも注目してました
どんな感染対策も自分の中でしっくりこないと実践できないわたくし。実体験してみました。(検証したのは2020年、パンデミック初期の頃です。)

どのくらい吸引するかとか、どの方向からが良いのかとか。

結果から申し上げますと、微妙何しろ顕微鏡を使うので吸引口の場所が限られる

口腔外バキューム実証

吸引口の向きとか、ポジションも勿論、自分たちで検証。患者さんのようにユニットに寝て、実際に使う場所に口腔外バキュームを置いて、吸引口を患者さん(恥ずかしながら私)の口の近くに寄せて、簡易的に、診療室にあった、アロマ線香の煙を使って、距離と吸引力や設置の場所を検証しました

厚生労働省委託事業「歯科診療における院内感染対策に関する検証等事業 一般歯科診療時の院内感染対策に係る指針(第2版)の質問11にはエアロゾルや切削粉塵の飛散を低減させる。したがって、歯科治療時は診療室内の汚染を減少させるために口腔外バキュームの常時使用が強く求められるとあります。

更に、吸引口は縦にすると良いってあるのですが、縦にすると患者さんの胸に当たるので実用的な使用方法じゃないような...

引用論文を見ると、全て国内の文献だけなんですよね海外での報告は掲載されていません。

海外ではコロナ禍のここへきて使用している方がたまーにいる程度。感染予防のマストにはなっていません

当院では効果的ではないのですが、もし使用するならば、前回ご紹介した(換気のはてな)医院の換気、診療室内の気流についても参考にして頂き、自施設の換気や気流との兼ね合いも考えなければなりません

今現在、歯科の感染対策はこれだけやれば感染しないというものはありません。
様々の組み合わせで感染のリスクを低減させることが大切です

なぜ日本では口腔外バキュームがこんなに流行しているのかそれは診療報酬に入っているからですが...

個人的感想ですけど、意味あるんですかね。

今回のコロナで皆さん理解したと思いますが、歯科用ハンドピースの滅菌をしても、口腔外バキュームを使用したとしても、コロナの感染は防げませんよね。なぜなら呼吸器感染症で、両方とも感染経路の確実な遮断になっていないからです。

感染経路の遮断にはグローブやガウン、マスクなどのPPE(個人防護具)の着用と手指衛生が重要です

普段、グローブも交換できず、使い捨てガウンを着る余裕もなく、エアロゾル感染や空気感染の感染予防の要となるN95マスクも入手できず、手指衛生のためのアルコールも供給されない、費用負担もない中で、なぜ滅菌や口腔外バキュームに診療報酬がつくのか、私には...よくわかりません

機械を揃えることが、患者さんのためになるのかすごく疑問。患者さんのためにも現場の歯科衛生士のためにもならない。だってもっと必要なものあるよ

私は歯科の現場に正しい感染対策が広がることを切に願っています。私は歯科衛生士が好きでこの仕事をやっていますが、職業感染するのを前提で、わかっていて仕事をするなんておかしいです

歯科衛生士ももっと自分たちの職業感染について考えるべきですし、雇用主である歯科医師もスタッフの安全にもっと責任を持つべきです。米国では雇用者の安全は法律で守られているのにこのよくわからない現状は、業界全体の問題です

歯科衛生士は患者さんと一生関われる、一生患者さんのお口の健康を守り続けることができる素晴らしい職業です。歯科衛生士の将来の担い手たちを守るためにも、業界全体で考えるべき問題です。

今日も寒かったですね今年は例年になく冷えるような気がします。
今週もあと2日。ラストスパート頑張って参りましょう