オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

オリパラも終了してほっとした本日。皆様いかがお過ごしでしょうか?
先日まで猛暑だったのにこの1週間で季節が2シーズン変わった感じですねすっかり秋雨肌寒い1週間から一転、今日はお天気日差しが暑い

連日新型コロナの新規感染者数が気になっているところですが、東京では少しピークアウトしてきましたかね

2021.09.05. 新規感染者数

一時はオリパラ開催もあり、新規陽性者数も増えてどうなる事かと思いましたけど、自宅療養をメインにした頃から、皆焦ってきたのか感染者が減ってきたように思います。もっと早くから協力していれば、死なずに済んだ命もあったかもしれませんよね。。。

またワクチン接種も再開されてこちらの効果も多いじゃないかなと思います

2021.09.05.療養者数


しかしながらほっと一安心と言っても、今日現在で入院療養調整中の方が5000人を超えているのですから油断はできません。

そして、政府が緊急事態宣言を延長するという事は、今後増加する予想をしているって事でしょうかね。。。

そうなのですよね。世界を見れば、再び世界は右肩上がりの感染者数になっています。特に学校が始まり子供の感染が増えています。それに伴い、家庭内感染も増えています。

子供はワクチン接種ができない年齢のお子さんもいますから、周りの大人がワクチン接種をして子供の周りの集団免疫を高めて子供を守るというのが今できる事ではないでしょうか。

アメリカでは大学によっては対面の講義への参加はワクチン接種が条件というところもあるぐらいです。個人の権利は当然守られるべきものですが、社会の安全を守る事が今は優先される時と考える人たちも多いようです。

アメリカは公人もワクチン接種が義務化されるぐらいですからね。

でも個人的には正しいと思います。私たち個人は国が安全でなければ安全ではいられません。新型コロナウイルスがこれだけ猛威を振るい、社会の安全を脅かしている以上、今は国の安全が優先されます。

国家が安定しているというだけでも本当は幸せなのですよね。。。
パラリンピックの後にアフガニスタンの選手の皆さんがフランスへ渡った事を思えば日本はなんて平和で安全で幸せな国か。

まさにグローバルな感覚というのはそういう事ですよね。。。

大人が社会や国を守れる、そんな日本であってほしいです。

*************************

最後にお知らせです

来る2021年11月23日(火)〜29日(月)まで行われる 第33回 日本舌側矯正歯科学会 学術大会・総会ONLINEのコ・デンタルセッションに登壇させて頂きます

今日、拝聴していた関野 諭 先生もご登壇されます。

第33回 日本舌側矯正歯科学会


タイトル私、歯科衛生士辞めます!〜新興感染症を経験して〜ととてもキャッチーになっております私の得意分野...まあ得意と言えるかは謎ですが、感染制御を大学の講義で学ぶ機会を頂いた事をきっかけに、歯科での感染制御についてのお話で、呼ばれる事が多くなりました...

もうコロナ2年目で感染対策についてはコロナ振り返りの勢いですが、ぜひご参加頂けると嬉しいです

9月末日まで早割となっております。ぜひ奮ってご参加下さい