オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

先日も書きましたが、本当に月日の経つのは早いですね〜もう29日ですよ、29
今月ももう終わり。。。

コロナ禍なので、時が経つのが早いという事は良い事だと思います。嵐が過ぎ去るのを待つ。
時間が解決する事もあります。

でも、母の入院期間が長引いて困るというのもあります

コロナ禍では生きるとか老いるとか、考えましたね〜まあ自分もあと数年経つと大台に乗りますから、親が年を取るのも無理はないですけど...

さて、先日書きましたが、昨年はだったので、今年は牛歩でも進みたいと思います。
ただ新しい事を始めるとかではなくて、待ち遠しい春に向けて備える。今までやってきた事を地道に続けるだとか、停まってしまった事を再開させるとか。

そこでずっとサボっていた症例報告でもたまにはしていこうかなって思ってます

何しろ、大雑把なO型なので、動画の編集が面倒なんですよね〜
やり慣れないから時間もかかるし、思ったような仕上がりにしようと思うと、余計に時間がかかる

で、まあ、編集するんですけど、適当に

で、このライブドアブログ...

動画がそのまま貼れないんです普通、写真と同じでアップロードできますよね〜ここでは、YouTubeかニコ動しか上げられないんです。。。インスタとか、フェイスブックはスマホで編集した動画をそのままいけるんですけどね...


で、仕方なく、YouTube動画にあげて、ここにリンクを貼るわけです

 

歯石除去の動画っていっぱい出てるんですね〜特に再生回数が多いのは、めちゃくちゃいっぱい歯石がついている、歯が歯石で埋まっているような人の歯石除去の動画。すげ〜っってやつです

まあもちろん、歯石除去の動画って、歯科医師がアップしている事も多いですからね。
私も歯科衛生士ですし、初期治療と言って、歯周病の治療の一旦を担う時には、多量についた歯石を除去している事もあります。

歯周初期治療では歯磨きの仕方をお話ししたり、歯周病の原因となるプラークや歯石の除去を行います。

でもね、歯科衛生士の醍醐味は、その初期治療が終了して、メインテナンスに入った後の人生の終わりまでの何十年もの間、患者さんのお口の中を管理するのが、本当のやりがいだと思うんです。

だから、初回のわ〜すげ〜は凄いけど、 それが、じゃあ、10年後維持できてるの維持させたのの方が予防を担う歯科衛生士らしいと思うですよね〜

で、話が脱線しました

で、今日の↑動画は、メインテナンス中の患者さんの動画で、もう7、8年になるかなぁ。の患者さんです。

歯肉はすごくしまっているのに、風をかけると、ぽつっと歯石が見えるのです
歯周ポケットの幅は1mm〜1.5mm。深さも2mm程度と、全く病的な炎症がある歯肉ではありません。
こんな小さな歯石、しばらく放っておいても問題ないけど。

でも、この歯石がいずれ悪さをするならば、その芽は小さいうちに摘んでおいた方が良い。

実はこの歯石を発見できるかが、まずは勝負なのです 

メインテナンスも年数が経つと、↑みたいな歯石しかなくなります

地味だな〜私の動画

というわけで、マクロの世界をお楽しみ下さい