☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです

************************************

新型コロナウイルスの感染が拡大していますね。皆様、くれぐれもお気をつけ下さい

第3波と言われていますが、日本では第1波も第2波もいつ収束したのかわかりませんし、今回の第3波も、感染拡大しているのに経済優先という理由で感染者を全国にばら撒くという、医療従事者の私たちから言わせれば、狂気の沙汰の中、感染拡大が止まらない大阪府に看護官が派遣されました...

日本の経済を守るために、どうして医療従事者が、感染の拡大のツケを命をかけて払わなければならないのでしょうか?たった10万円の支援金で命をかけて仕事をしないといけないのでしょうか

医療現場では今だにマスクやグローブやガウンが不足してるし、または供給されていても数倍高値になっていてそれでも工夫して危険を感じながら精神をすり減らしているのに。

今後この矛盾した対策が続けば、医療従事者のなり手は必ず不足し、団塊の世代の多くが退職を迎え、福祉、医療のマンパワーが足りな具なる2050年問題も、更に拍車をかけてマンパワーの不足を招くでしょう。
そうなれば、結局それはブーメンランとなって自分たち、つまり患者さんに皺寄せが行くのです。医療従事者が不足するという事は、命の危険が増えるという事です

さて、感染が広がってくれば歯科職の私たちも気が気じゃありません。平素から全ての患者を感染症と思えのスタンダードプレコーションの理念に基づき感染対策を行なっていますが、更にフェイズをあげて気を引き締めなければなりません。

そこで今日はサージカルマスクと高性能フィルターのN95マスクの違いをおさらいしてみたいと思います

スクリーンショット 2020-12-12 22.51.48

2020.12.12.surgical musk vs N95

サージカルマスク、N95ともに細菌やウイルスを吸い込まない、患者及び医療従事者を細菌やウイルスから守る役割があります。

それぞれに団体の規定がありますが、簡単に言えば、N95の方がフィルター性能が高い。

注意しなければならないのは、サージカルマスクはルーズフィットでOKですが、N95は顔な密着させて空気の漏れがないかを装着のたびにチェックする必要があります。(ユーザーシールチェック)

また、装着がきちんとできているかどうか定期的にフィットテストを行う必要もあります。

ただし、フィルター性能が良いからと言って、一般の方が使用した方が良いか?と言われたら、それはNOです。一般の方の生活の中で、N95のフィルター性能が求められる場面はほとんどありません。またN95は空気の漏れがあってはならないので、かなり使用感が慣れないと苦しくなります。

苦しいとマスク表面を触ったり、気になって顔近くを触ったりしますので、逆に感染の危険が高くなります。一番感染源となりやすいのは、私たちの犲雖瓩任垢ら。使い慣れない人が使うと逆に感染源になりやすいので注意が必要です。

感染者が日々、最高記録を更新していますね...

オフィスの感染対策は日々進化しています。

次回はPA PR電動ファン付き呼吸用保護具について書いてみたいと思います