オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです ^ ^

****************************************

歯科では、ハンドピースの滅菌が幾度も取り上げられます。

歯科は滅菌していないと目の敵のようにマスコミに騒がれますが、その結果、ハンドピースさえ滅菌していれば良いという風潮が蔓延し、メーカーやディーラーが儲かるだけで、歯科医療の感染管理の推進は全く進んでいません。それどころか、その分の経費を私たちが負担しなければならず過剰診療が危惧されます。(歯科では感染管理に見合った保険点数はついていません)

私は、一人の科学者、歯科衛生士として、きちんとした歯科における感染制御を考えたい。
そういう思いで、今このシリーズを書いています。
(ちなみに当医院では患者さんに使用する全ての器具、器材を滅菌し、滅菌保証しています。滅菌できないものはディスポ。使用した器具の滅菌保証は全てブログで公開しています。)

****************************************

このスライドは、平成29年12月2日の第13回 首都圏滅菌管理研究会で発表したものです。

首都圏滅菌管理研究会発表


ここからご覧になられた方は、過去の記事もご覧ください。
第1回 歯科器材の洗浄・滅菌 その1
第2回 歯科用ハンドピースの洗浄・滅菌は何に従って行うか?
第3回 歯科用ハンドピースを洗浄・滅菌するためのガイドライン 
第4回 歯科用ハンドピースの洗浄・滅菌に関する通達(後半)

今回からご覧になった方は、上記の第1回から4回までをご覧下さい

第4回目の復習ですが、歯科用ハンドピースの取り扱いについてはガイドラインに従うようにとの事でしたが、ガイドラインを確認したところ、明確なエビデンスはありませんでした。

エビデンスがないのに、そして、ハンドピースの洗浄や滅菌費用に正当な保険点数もつかないまま(つまり歯科医院が自腹を切ってハンドピースを滅菌しなさいと国は通達しています。患者さんの皆さんは、自分たちが身銭を切らずに、歯科医院が自腹を切って滅菌してもられるのだから良いと思うと思います。

でも、思い出して下さい。歯科以外でも、コスト削減だけに目を向けた業界の不祥事はたくさんあったと思います。必要な柱を抜いて建築されたマンション。産地を偽装された食品...

皆さんにとって、医療にお金の話はタブーかもしれません、でも、かかるお金はかかるのです。この費用の問題を抜きにして、歯科の感染の話はできません。アメリカやヨーロッパの10分の1程度の治療費で歯科医院を経営しているのが日本です。

日本の国民皆保険制度は世界から見たら素晴らしい。誰でも、いつでも、安く医療が受けられる。そのコンセプトは素晴らしいけれど、あまりにも異常です。まあ政治家の皆さんもテレビを見ても、歯が汚いし、ギンギンギラギラ銀歯が見え隠れするし、歯科医療には関心がないので、歯科の点数が上がらないのも無理はありません。

口腔ケアが重要だなんて、みんな口先だけでは言うけれど、口腔ケアという名の下に、医科の傘下に口腔ケアを入れて保険点数を取りたいだけの話です。

様々な問題がありますが、これらの問題については今日はテーマではないので、この辺で。

さて、ハンドピースの話に戻ります。以下に添付文書に指定した方法を遵守とあったので、
 
厚労省通達

各メーカーにパブリックコメントを求めたところまで話をしました。

求むパブリックコメント

問い合わせの結果です

問い合わせ結果

12月に開催する首都圏滅菌管理研究会で歯科器材の洗浄について話をするのでとお話し、その上でパブリックコメントをお願いしたいと連絡しました。

このパブリックコメントへの回答回収は難儀しました

各社、メールや電話をしましたが、返事がなかなか来ない

私の難儀な質問に、難儀ながらも誠意を持って答えてくださったメーカー、こちらから再度メールをしてやっと回答してきたメーカー、時間がかかると言って、ついに研究会当日まで返信がこなかった国産ハンドピースメーカー(2社)があります。この2社は連絡すると言って、未だに連絡はありません。
(実際の発表では全てメーカー名を公表しています)

私としてはすごく残念でした

質問した側の私が言うのも何ですが、回答はメーカー側にとっても非常にシビアな問題だったと思います。昨今のマスコミを始めとする世の中の悪と決めつけたものに対する批判はものすごい。
メーカーを批判するために、私が回答を求めたと思われても仕方ないとは思っていました。

でも、私は最初からメーカーを批判するために回答を求めたのではなく、これをきっかけに歯科業界に正しい感染管理の知識を広めたい、知ってもらいたいと言う思いで調べ始めたものです。

だから、答えとして「現段階ではコメントできない。」でもよかったのです。
それはそれで理解できますし、あえてそれを批判する気もありませんでした。

でも、連絡すると言っておきながら連絡が来ないと言うのは、約束を破ったと言う事で、問題の云々ではなく、非常に残念に思います。

商売って何でもそうですけど、人と人の信頼の上に成り立つのではないのでしょうかね。。。
お客様からお金を頂くと言うのは、人様からお金を頂く事で、それは信頼があってこそ、あなたの所の商品を買いますって事なのではないかと思うのですけどね。。。

メーカーを信頼できないって。。。残念です。

私は何の肩書きもない、ただの小さな開業医の歯科衛生士です。
だからそういう扱いをされても仕方ないと思います
そういう目にあう事にもだんだん慣れてきました(慣れたくないけど)

長くなってしまったので、今日はここまでにしたいと思います。今日のブログは単なる愚痴ですね

歯科業界で今一番すべき事は信頼の回復ではないかと私は思っています。

首都圏滅菌管理研究会に参加させて頂いて、この業界の者として私が感じた事。
「歯科はハンドピースを滅菌してない歯科は感染管理してないだから歯科は(-ε-)」

患者さんも良く言いますよね、「歯医者」って呼び捨にして「だから歯医者は(-ε-)」

非常に残念に思います。これは歯科が皆さんに信頼されていないから罵倒されている、違いますか?
尊敬している人に向かって、「お前、感染管理してねーだろだから歯科はダメなんだよっ」とは言いませんよね...それなりに敬意を払った話し方をするでしょう尊敬してたら。

その不信感を払拭する。それが今私に与えらた使命だと思っています
これはなかなか薔薇の道です。辛いなぁ。。。

気を取り直して、今週も元気に頑張ります

*************************************
では次回は、各メーカーの回答をご紹介していきたいと思います。