image


診療後のお勉強です(*´ω`*)

か強診療の診療所が条件ですが、エナメル質初期う蝕管理加算がついたのは歯科衛生士として喜ぶべき。

ところで、誰が点数化して下さったのか?歯科衛生士が自分達で働きかけけたなら素晴らしい。

歯科医師だとしたら、やっぱり。

ですが、点数化して頂いたのなら、歯科衛生士は有難く活用するべき。

殆どの歯科衛生士が興味ないと思いますけど。

そういう事なのですよね…

社会経済…医療経済や政治に興味がない。

医療を変えるにはここの仕組みを知らないと、やってます!とか患者見てます!だけでは何も始まらないのにね…

だから話す気にもなれない。

先日、某職能団体に入会しようと思ったけど、女性がこんなに社会に参画しているにも関わらず、融通きかない対応に、またもや怒りを通り越してがっかりし、意見書でも送ってやろうかと思ったけど、やっぱり相手にしたくないと思って放置。

社会的に地位向上したいと言っているのに、やってる事は全く社会に適応してない対応に、ごめんなさい!やっぱり私無理かも(笑)

後の世代に誇れるような歯科衛生士業界にしないと、20年間何も変わらなかった今と同じ、口だけと言われそうだけど、だからこそ自分達でセミナーを始めたわけなのです。

実際1から自分の手で作り動いているのですよ。だからもうそれだけでいいかなと思うのです。

マスは動かせないけど、1人でも私たちの思いを繋いでくれたら良いかなと。

話しがかなり脱線しましたが…

予防に点数がついたも同然。

さて、歯科衛生士の皆さん、この点数をどう生かしますか?

生かさなければ点数はなくなります。

そもそも、自分がやってる事が患者のためになって、国の医療費が削減できるなら、自分達で点数とってこいや!なんですけどね。

すっかり愚痴ですが。

久しぶりにフッ素の話しが興味深かったです♡(*´ω`*)