☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんにちは、歯科衛生士naomiです

先日、今月末のプレゼンの提出が終了したので、今週はホッと一息...している暇はなーい!んだけど、ま、いっか

日々加速していく毎日ですが、今日は過去を振り返り。ブログを書きます

もう1ヶ月以上が過ぎました。歯科衛生士en-rond IOH研究会のセミナーから。まだ1ヶ月... もう1ヶ月...とも言えますね。

受講生の皆様からポツポツとお便りが前回もセミナー終了後に有り難いお言葉を頂きました。(前回のお便りはこちら

前回同様、ご本人には許可を取っていませんが、私もお返事する術がないので、こちらでご紹介がてらお返事いたしたいと思います。

メールは受講してくださったBさん。メールはすごく長文なのですがほんの一部だけご紹介します。

私たちのセミナーは実践型。

実習の後半Bさんは自分の不甲斐無さに落ち込んだそうですが、今回参加しなかったらこれからも流作業のように仕事をしていたと、今回参加して本当によかったとの事。

(そうなのです、前回も実習の途中で受講生が途中で頭が真っ白になって黙りこくっていました。)

そして、セミナーは日曜日。
月曜日の朝にリコールの患者さんを担当する機会があり、早速実践されたそうです。

以下はメールの本文そのままに。

「リコール患者さんといつもとは違う流れでお話をしてみると、今までの知らなかった、趣味や、仕事のことなど聞くことができ、それから歯みがきのことを聞いてきてくださいました。 患者さんの、いつもとは違う、やわらかい表情がうかがえました。 なんだか、嬉しくなりました。」

ヤッターBさんが私達のセミナーを通して、歯科衛生士として心温まる体験をした事が私も嬉しい

よく患者指導と言いますが、私は指導という言葉が嫌いです。私達の仕事は患者様が自ら自分で自分の健康を守れる様に導く事が仕事です。患者様自らの言葉をBさんが得た事は歯科衛生士として成長した証拠です。素晴らしい

そしてなんと更に嬉しいことに最後にこう結んでありました。

「 ...今回Reiさん、naomiさん、I.O.H研究会の方々に出会い衝撃を受けた私は、勝手に尊敬する、師匠のような衛生士さんを見つけた!と思っています。」

有難う。Bさん。ただの歯科衛生士の私達を師匠だなんて。嬉しいです有難う

私の願いは、技術ばかりや格好よさばかりが注目される現代に、20年も前からこれからは予防の時代と言われて何も結果を出していない歯科衛生士業界で、歯科衛生士という患者様の人生の舞台に立たせて頂き、人生を共に歩むという他にはない素晴らしい職業の本質を知ってもらいたい。

私がセミナーでお会いできるのは1回数人ですが、草の根で私達の思いを伝えていけたらと思います。

それに嬉しい事は重なって。受講生のCさんからも手書きのお手紙を頂きました。
手書きのラブレターってこの年になるとなかなか貰わないですよね日々お忙しい中、手紙を書く時間を私のためにさいてくれた…それだけで嬉しい。有難うございます 

よくセミナーの報告に、受講生からの声とか言って、すごい褒め殺しみたいな文章が書いてあるのってやらせだと思ってました本当にお便りもらえることもあるんですねー。感激です

私は自分自身、たくさんのセミナーに行きましたけど、後からメールやお手紙を出した事がないので、逆にセミナーを開催する側になってお礼状を頂くと不思議な気分。

でもそれだけ受講生の皆さんの心を動かしているってことでしょうか...有り難い。

私は歯科衛生士の仕事が得意じゃなかったけれど、25歳の時にこの職業で食べていこうと決めました。それしかできなかったから。でもこうやって続けてきて、今思う事はやっぱり歯科衛生士でよかった!

顕微鏡でのSCやSRPは外科手術なのでアシスタント付きでサージャンになれる。公衆衛生の場に出れば昔憧れた小学校の先生。セミナーを開催すればセミナー講師。セミナーは自分達で一から企画するのでイベントスタッフ。患者さんを分析しようと思えばプロファイラー。身の上相談わ受けようと思えばカウンセラーにもなれます

患者さんの前では素敵な女性を演じようと思えば女優さんにだってなれますしね

自分次第で様々な職業になれるのが歯科衛生士の面白いところです。

次回のでセミナーは来年平成28年4月10日の日曜日に開催します。患者様に寄り添う衛生士になりたい方は是非ご参加下さい。  

さて。今週は久しぶりに歯肉縁下の処置が多く...

現在歯科衛生士学校の学生がいますが、初めて顕微鏡での処置を見てSRPの概念が変わってびっくりしています。 

学校で習うSRPは痛みを伴うので必ず麻酔して行う物だと教えられるそうです…が、私の処置は殆ど痛みなく、無麻酔で行う事が多いです。

次回は久しぶりに症例のことを書きたいと思います