これからはじまります!
image

今日は参加する側なのに、なぜか心臓バクバク…

久しぶりに先生や同期の仲間と会えていろんな意味でテンションmax(≧∇≦)

基調講演 感染制御をどう考えるべきか 小林寛伊先生

特別講演 高病原性鳥インフルエンザのパンデミックと診療継続計画 木村哲先生

教育講演 軟性内視鏡の洗浄と消毒における課題 大久保 憲先生

研究発表
患者用シーツの細菌移行とシーツ由来の浮遊粒子に関する定量的検討
医療従事者の手指から検出される芽胞形成菌に関する検討
次亜塩素酸ナトリウム含浸環境清拭クロスの残留塩素濃度に関する検討
エチレンオキサイド滅菌後のプラスチックに残留するエチレンオキサイド濃度の分析
臨床経験を含めた止血鉗子の多角的検討
Enterococcus faeciumを使用した洗浄消毒装置用生物学的インジケーターの開発
培養細胞を用いた過酸化水素による細胞毒性の検討
診療報酬の変遷からみた我が国の感染制御の発展に関する研究

あーさすが医科だな...大御所の先生方のお話もすばらしいけど、研究発表がすばらしい。なんで同じ医療で学問なのに、歯科は違うんだろうなぁ。

気質が違うと言ってしまえばそれまでだけどでも、なんだか歯科はとにかくインチキ臭い。

歯科ではこの分野の先駆け田口正博先生と今日もお会いできて、テンション上がって、田口先生に続いて私は歯科スタッフ分野で感染制御をこの業界に少しでも知ってもらうきっかけになったらな〜と思う。

でもとにかく人前に出るのは苦手なんだよなぁ...

いつもそうだけど、こんな人前に出るのが苦手な私を人前に出させるモチベーションは、患者様以外の何物でもない。専門職として患者様の役に立ちたいと願えば私が人前に出ることが患者さんのためになると思えば仕方ない。

いつもこんな調子人の中は苦手だ

むふふ。でもそんな内気な私の目標は、歯科スタッフに手を洗ってもらうこと。歯科のほとんどは診療所で、感染制御をしようとすると院長先生の考え方は経営方針、予算などによって理想的な方向に行かないことが多い。でもこのままじゃいけない。

そう、手洗い!手洗いは水道と石鹸があればできる。それに手指衛生は感染制御の基本の基本。手が病原菌を媒介する。まずは手を洗う事をきっかけにちょっとづつ感染制御の概念が広まればいい。亀の一歩。でも亀の一歩でも踏みださなくちゃ何も変わらない。

今はそんな思いでいます

さて来週もがんばっぺ