若いっていいな〜セミナーに思う

April 02, 2015

無麻酔下歯周ポケット5mm痛みなく歯石の除去

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんばんは、顕微鏡歯科衛生士naomiです

最近ブログがご無沙汰になり…

というのも、迫る12日のセミナーに向けて余裕がなく…

でも、日々仕事はしています

image

右上7番口蓋側近心。歯周ポケット5mmブリーディングあり。

image

ポケットを覗くと根面に黒い付着物がびっしり

image

超音波スケーラーで除去していきます。

image

ハンドスケーラーミニファイブ。うっすらと根面が削れているのが見えますでしょうか?

超音波スケーラーとハンドスケーラー、どちらが良いか?という議論はいつも言うけどナンセンス。メリット、デメリットを理解して使い分けるのがプロ。

超音波で時間をかけて粉砕しなくても、ハンドスケーラーで一撫ですれば直ぐに取れる歯石もあります。

image

フィニッシュ。歯周ポケット底部のこの輝きは、いつも私を不思議な気分にさせる。

美しい事には意味がある。健康な組織は美しい。病的な組織は色もツヤも形も醜い。

人体は不思議だ。

根面の歯石もどこまで除去するかいつも迷う。感染した根面はセメント質が添加して、まるで牡蠣貝の表面のようにササクレ立ったような形になる。

再付着を考えるなら、滑沢にするのが理にかなうと思うが、しかしながら歯の一部なだけに、削り取るのも気が引ける…

何が真実かわからない。

でも、一番大切なのは、顕微鏡で歯石をとることじゃない、歯科衛生士として患者様の歯を一生守れる事は顕微鏡とイコールではない。様々な知識と技術を持ち合わせて、いつも患者様の事を思い、そのための研鑽を惜しまず、そして患者様が自分で自分の歯を守れるように導くこと。

患者様が自分で自分の歯を大切にするように育てること。依存ではなく自立して私がいなくても自分で自分の体を大切にできるように育てる、自分の命を大切にできる人に育てること。そのように患者様を導ける歯科衛生士こそがすごいのだ。

自分の体を守ることは自分の命を大切にすることと同じ。そして与えられた命に感謝し、自己実現すること。それが生きるということ。歯科衛生士の仕事は奥が深い。

さて。明日も…



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mantachannel at 20:52│歯周病 
若いっていいな〜セミナーに思う