☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様、こんばんは。今週もまた始まりますね!さて今週もせっせとメインテナンスいたします
今日ご紹介する患者様は、初回のクリーニング時に、歯肉の炎症が強く、痛みと沁みるのとで縁下どころか歯肉縁上の歯石すら触れなかった患者様です。

何度かチャレンジしましたが、痛みが強かったので、歯石を全て取りきらずにメインテナンスに移行。最初は縁上を除去して、縁下をちょと除去して、今回やっと深いところまで見られるようになりました。

ほら。きちんとクリーニングやメインテナンスをしていると炎症がなくなってくる。歯石がついていても。皆、歯石が悪いものと思っているけれど、歯石が悪いのではなくそこに住み着く細菌が悪いのです。
だから歯石が残っていてもきちんとplaqueを除去しておけば炎症がなくなる。

SRP

歯肉をよけて歯石を除去する。ところが、炎症がなく歯肉が締まっているからこそ歯石が取れない場合もある。それこそメインテナンスで年数を見ていれば見ているほどシビアなケースになってくる。

SRP2

歯石はポケット内を追えば追うほど深く、ポケット底部まで続いていることが多い。歯肉が締まっている場合、歯石を追うかどうか迷う。それは歯肉を傷つけずに除去することが無理になるから。

その程度も計算して除去する。一番優先されるのは損傷なく除去すること。次には多少の損傷をしても見えたら歯石を取りきること。多少の損傷というのは、切れるのはNG。挫滅程度の損傷まで。もし切れるようならそれは経過観察しながらポケットが開いて見える時、または炎症が引いて出血しない時など、「取りどき」に除去する。

それから、それはまた歯肉上皮の厚みにもよる。薄くてすぐに皮が向けそうな歯肉だったら、傷の治りが悪いことを予想して触らない。歯肉の皮が厚くて治りが早そうなら多少損傷しても歯石の除去を優先する。

傷つけるとは何事だと言われる方らいるのなら、では最初から除去は無理です。ということで私には請け負えない。私を信じてお任せしてくれる患者様だからこそ心血を注いで歯石を除去する。


SRP3

このケースもすごくシビアなケース。隣接面直下のポケット底部にうっすらと付着を認めるんだもの...まず器具が入らない。そして根面の表面形態もお凹凸...凹凸というほどじゃないな。岩の表面って感じかなぁ。

よく教科書的には、根面を滑沢にって言うけれど、滑沢にして良い、滑沢になる表面と、してはいけない表縁があるように思う。硬度が高く硬ければ滑沢にしてもよいし、滑沢になる。でも、柔らかい場合は、滑沢にはならない。なぜなら表面がわからないから、触れば触るほどカンナで木を削るように、剥けてくる。やり過ぎれば知覚過敏のもととなる。

もともと歯なんて、人工物じゃないんだから、全てがツルツル滑沢であるわけがなく、だからこそ歯石の付着が起きるのだが、でもそれをもともとの表面以上にツルツルにすることはできない。それは歯を破壊することではないかと私は思う。

さて。顕微鏡で見るから理解できることがある。顕微鏡で歯石を確実に除去するからわかる歯肉の性状がある。

以前にも言ったけど、私が今歯科衛生士さんに伝えたいことは、「痛くない歯石除去の方法」だけどそのためには、たくさん知ってもらわないといけないことがある。

先日ある衛生士の学生さんとプロービングの話から、歯石を除去した後のポケットがどう治癒するのかという話になった。治癒ってなんだ?教科書的には生物学的幅系の獲得だそうだ。でも、実際臨床ではそんなことありえない。ポケットが残っている場合も少なくない。じゃあポケットが残っている歯肉はどういう治癒形態なのか?

それがわかっていなければ、長期のメインテナンスはできない。知識もたくさん必要なのです。

だからセミナーをやるって話をしましたね...

さて。今週もまた自分の人生駆け抜けますっ