☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

ふうっ!やっと週末ですアシスタントのSachiちゃんが辞めてからはや半年。やっと来週から通常勤務に戻ります長かった〜

さて、まあだからといっても、私の業務は今までとは変わらず。せっせと歯のクリーニングと、そしてメインテナンスの毎日です。

今日はクリーニング初めての患者様。

レントゲン上に歯石が写っていて、拝見する前からヘビーなケースを予想させる患者様。

歯科衛生士は顕微鏡だけで患者様を診るわけではありません。レントゲン写真はもちろん、CTがあればCTも参考にしますし、実際の視診、歯肉の触診(プロービングを含む)ありとあらゆる資料をもとに、予想し、顕微鏡で実際に拡大してみるのです。

右下6番近心面。

BlogPaint


エアー(風)をかけると、ポケットが少々開きます。矢印の先に小さな歯石がありますが、たいしたことはなさそう。ところが...ここからが歯科衛生士の勘所。レントゲン上の歯石はこんなもんんじゃない。もっと深いところにありそうな気がする...naomiの勘。

31SRP2

やっぱり。歯肉を除けると大きな歯石が、歯肉縁下から現れました

顕微鏡って...見えるのは良いけれど見えるのも考えものです。だって見えたら除去できるかって言ったら、正直それはありません。見えても、器具の到達性が悪く除去するのが困難な時だってあります。

でも、除去できないと言うのはプロの私としてはどーしても言いたくない

手を変え、品を変え...時間はかかっても手をつけたら必ず除去する。

SRP3

最後はしっかり、歯と歯肉の境目を確認する。歯と歯肉の境界は爪と指の肉の境界に似ている。しっかり開いて開けないところまでしっかり確認する。

歯肉を開いている器具はプローブと言いますが、目盛りは1mm単位です。 と聞けばこの範囲の処置がどんなに小さいか想像していただけるかと思います。ポケット幅2mm。歯石の大きさは1mm程度。いやそれ以下。歯石を除去する器具にも強度が必要ですから、ある程度の太さや長さが必要です。また歯の形態は立体で、丸みを帯びていますから、ストレートの器具では歯石に到達できません...

様々に困難なことを、私の空っぽな頭で、無い知恵を絞り出して乗り越えていくのです。

すると不思議なことに、降りてくるのです歯石除去の神様が。ものすごく歯石がクリアに見えて、視野の中にガーーーーッと入ってくる瞬間があるのです。すると、「取れた」となるのです...

今日もそんな感じでした。お時間はかかっちゃいましたけど

歯石の除去は神経がすり減ります。皆さん気軽に歯石とりっていますけど、私が行う歯石の除去は、そんな簡単なものじゃありません。

たいてい初回クリーニングを受ける方は、歯肉の中のお掃除をしたことがないので、歯周ポケットが細菌の温床となっていて、 炎症が起きているので、そこを触りますから、大抵の方が血まみれです出血した中での歯石の除去は困難を極めます。

なので、初回のクリーニングで歯肉の下の歯石、つまり、歯肉縁下歯石を除去するのはやめようかと考えているところです。余計な出血は歯肉を傷つけます

初回はplaqueを除去して炎症を抑えて、2回目から歯肉縁下歯石の除去をするようにしたいと思う今日このごろです。

さて。週末久しぶりに充電して来週からまたがんばりまっせーまた来週もよろしくお願いします