☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

来年4月12日に歯科衛生士研究会en-rond主催で歯科衛生士向けセミナーを開催します
facebookページ https://www.facebook.com/dental.hygienist.enrond?ref=aymt_homepage_panel 
第1回目の今回は感染管理から誘導、問診、症例までGoodコミュニケーションがメインです
来年1月号の歯科衛生士、デンタルハイジーン2月号のDHstyleに募集が出ます
本物の歯科衛生士になりたいあなたは必見です!定員10名ですのでお早めにお申し込みください。

***********************
 
 さて。今日はインプラントのメインテナンスについて書きたいと思います 
 
インプラントのメインテナンスをする上で知っておかなければならない事。それはインプラント周囲の組織の事。

 natural toothimplant


















天然歯とインプラントの一番の違いは歯根膜があるかないかです。インプラントには歯根膜はありません。
それから線維の方向です。天然歯は歯周線維の走行は垂直ですが、インプラントはインプラントと水平に走っています。
また天然歯と歯肉には線維性の付着がありますが、インプラントの表面と歯肉には線維性の付着がありません

メインテナンスの時に重要になるなのが、この線維の方向です。この特性を頭に入れておかないと。

implant1

インプラントの周囲はインプラント体と水平に走っているので、天然歯よりも気をつけなければなりません。何に気をつけるか?
線維が水平に走っているという事は、歯肉の縁がゴムのリングのようになっているという事。付着がありませんのでそのゴムの部分が太い。内部にご飯粒のような異物が入れば、ゴムの締め付けがきつく、ポケット内で留まりやすく、出てこないという事なのです

つまり、粒のような食物残渣やplaqueの塊が、ずっと入り続ける。

BlogPaint

これ、スケーラーで書き出した異物。お野菜みたいな...

implant3

綺麗にポケット内を掃除するとネジの結合部が見えます。
中に異物が入っていても、炎症が起きているわけではありません。ただ詰まっているだけ。歯ブラシでは絶対にとれない。 
 

よくインプラントは感染しやすいとか、免疫力が弱いとか言われますけど、組織形態から汚れが付きやすく炎症が起きるというところは誰も言わない。

歯科医師でも、オペ後何年も経ったインプラントの歯肉がどうなっているか知らない方も多いのでは。それはつまりメインテナンスは歯科衛生士の役割だからです。つまり打った後は丸投げって事です。

だから術後の歯肉の状態は歯科医師よりも歯科衛生士の私の方がよく知っています。

そして、インプラントは感染しやすいって言うけれど、これは直感的なものですが、組織的には通常の歯肉よりもバリアー能力が高いと私は感じています。
インプラント体のネジの接合部は別です。付着がないと言葉ではそうなりますが、付着上皮に当たる組織内面は、角化…まではいきませんが、上皮が付着上皮よりも厚い。バリア機能が付着上皮よりもあるように思います。
インプラントのネジの金属部分は、必ずplaqueで曇っています。絶対にplaqueがつくものなのです

それに、手入れが悪くてインプラントになったのに。インプラント入れたから手入れが良くなるなんて事ないでしょ。手入れは変わらないもの。つまり患者様にとってはリスク部位には変わりがない。

インプラントを入れている人は多くなったけど、メインテナンスに行っている人、メインテナンスの話を聞いた人は少ない...インプラントに必要なのは、天然歯以上にメインテナンスです

今日はCTのセミナーでした。根管治療の話がメインでしだけど、感染部分を取り除くというところでは歯石の除去と同じで、その汚れをとった根面の表面が、私がいつも綺麗にしている根面と同じレベルの美しさだったので驚きました。全て同じなのだなぁ。

さて。また今週も始まりますね。昨日もヘビーな歯石の除去がありました...最近上顎7番の遠心の縁下歯石の除去がすごく多くて...戦意喪失です。集中し過ぎて疲れちゃって(笑)

実はこの患者様、先生の治療が終わってメインテナンスでって言われたんですけど...いやあ、まだまだ縁下歯石がついていてまあうちの先生に限らず、歯科医師の終了っつーのはこんなもんです。ハイ...

まあそれが私の仕事っちゃー仕事なんですけどね。歯科医師は治療がメインだから。歯石がついていてもそれが何か患者様の訴えにつながらなければ除去する必要もない。除去すればそれは余計な御世話ですものね。

そこで除去する重要性を説いて除去させて頂くのが私歯科衛生士の役目か。歯石除去のプレゼンをするっってわけね。プレゼンに失敗したら患者が可哀想だわね...時々失敗している衛生士さんいるけど。まあ自分の仕事は自分でとってこいってことだわね。

さて。明日も頑張りまーす