☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

先日、ある出来事を思い出しまして...世界で歯科用顕微鏡を用いたクリーニングをしているのは日本の歯科衛生士だけだと思いますが、その歴史の進行を大幅に遅らせたと思う出来事。

日本の歯科衛生士が学術的でないがために、歯科衛生士という職業は全く進歩しない。
残念ですがこれが現実。

大きな目で見ると本当に残念なのですが、まあそんな世の中の事を考えず、自分の患者様を幸せにする事を考えるのであれば別に歯科衛生士の歴史がどうとか...関係ないんですけどね 

さて。今日もせっせと患者様に幸せを

初めてクリーニングされる患者様。皆様ほとんどの方がどこかの歯科医院で歯のクリーニングを受けていますが、たいてい当院で初回の時は出血いたします

 なぜか?それは炎症があるから。

炎症があると言う事は細菌がいるという事で、細菌をやっつけようと体の中心部にある胸腺から免疫細胞が血液に乗ってどんどん運ばれてきて、血液が集まるから歯肉がパンパンになって、パンパンだからちょっとした刺激で出血する...

歯肉溝ってイメージするなら、爪と指のお肉の間。この間に点のような歯石があるだけで出血がドバドバしてくる

SRP1

右上6番と7番の間。口蓋側。エアーを吹いただけで出血。歯肉の中を除くと縁下歯石が見えます
    
SRP3

最初は見えないのだけれど、歯肉が緩むとこの通り。はっきり大きな歯石が見えます。大きいといっても厚さ1.5mm程度。

SRP2

もっとよく角度を変えてみればその奥は深い。

SRP4

歯石を取りながら角度をかえてフィニッシュ。根面に凹みがあって、これは解剖学的に歯周病にかかりやすい形態。

こんなの取れないよね...1mm単位の器具を手を変え品を変えしてチョイスして除去するのだもの。一筋縄ではいきません。

この1mmの歯石を除去するのに20分。え?遅い?下手?(笑)すみません。

たかが1mm足らずの歯石ですが、この歯石がゆくゆくは歯槽骨を溶かし、とりかえしのつかない歯の喪失に繋がる訳です。

さて。明日も満員御礼。患者様のために。ガンバッペ