☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

気がつけば、最近は感染の事をメインに書いておりまして、顕微鏡のネタを書いてませんでしたね...

このたび、私、マイクロハイジニストnaomiのムービーが出来上がりましたので皆様にご紹介したいと思います

手前味噌ですが、世界的にも歯科用顕微鏡を用いて歯のクリーニングを行っている歯科衛生士は少ないと思います。
日本の歯科用顕微鏡の普及率は5%だそうです。この5%は歯科医師の治療で使っているのがほとんどですから、歯科用顕微鏡を扱う歯科衛生士だそれだけ少ないかご理解いただけるかと思います


 

プラーク(細菌)を除去するマイクロクリーニング 、歯石を除去するマイクロスケーリング、ステインを除去を始めとする歯を綺麗にするマイクロホワイトニングを紹介していますマイクロハイジニスト、マイクロクリーニング、マイクロスケーリング、マイクロホワイトニングはいずれもイリタニオフィスの登録商標です

昨日、患者様のポケットを除いていたら、すごい不思議なものを見ました。
ポケット内面に、穴が空いてるの顕微鏡ってすごい見えるんです。いつも不思議な思いで見ているのは、付着。付着って何でしょうね。歯に吸い付いてるんだけど、その吸い付き方が不思議でたまりません。

こういう事を観察するのが顕微鏡を使うという事です。付着の原理がわかれば、もっと歯周病が治せるかもしれないし、ブラッシングの仕方も変わるかもしれない、日々研究だよ。それが進化でしょう。

また次回にでもポケットの穴の話はするとします