☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

歯科衛生士は歯石の除去ができればいいのか?

今日は検査の話をしてみたいと思う。

前回は歯科衛生士は法律的に診断はできないけれど、心の中での診断は必要だと言った。歯科衛生士はただの歯磨き屋ではないし、歯を綺麗にするだけのエステシャンでもない。スケーリング(歯石の除去)はれっきとした医療行為である。

きちんとした医療処置なくしてメインテナンスなんてあり得ない。患者とは患った者。つまり歯科医院を訪れるほとんどの人はなんらかの歯科疾患を持って来院する。

治療の終了が歯科疾患の予防のスタートであるが、残念ながら歯周病はいつでも再発する、または発症する可能性のある疾患である。つまり治療か予防かのラインを容易にいったりきたりする特異的な疾患である。

歯周処置をきちんとした上でメインテナンスに移行しなければ意味がない。

つまり歯科衛生士は歯周処置がきちんとできなければならない。(歯科医師の直接の指示の基に任されたならばの話だが)

昨日も話たが、処置をきちんとするためには、処置の前の診断が重要である。診断を誤れば治療を誤る。そして診断するためには何よりも診断をするのための検査がとても重要で、だからこそ何のために検査をするのか?どの検査をするのか?その検査が何を意味するのか?をきちんと理解していなければならない。

さて私達が歯周処置をするにあたり、一般的な検査が「プロービング」と呼ばれる検査だ。

48

歯科衛生士が大好きなプロービング。そもそもプロービングって何でしょう?
さっきも書いたけど確実に処置を行うためには確実な診断が必要で、診断のためには確実な検査が必要だ。プロービングはその検査の1つ。

プロービングで最も重要なのはポケットの深さの測定と出血。アタッチメントレベルや付着歯肉幅の測定もあるけど、今日はおいておくとする

プローブでポケットの測定...

どこを?ポケットってどこ?ここで解剖の知識が必要となる

歯周組織って?

歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質。

答えられました?私よく忘れちゃうけど

では、ポケットってどこだろうか?

ポケットの測定と簡単に言うが、プローブをどこまで入れるのか?

21

そこでこの図を思い浮かべる。生物学的幅径。Biological width。歯肉と歯槽骨の位置と付着の様式。

サルカス1mm、上皮性付着1mm、結合組織性付着1mm。で?CEJはどこなの?で?歯槽骨とそれぞれの距離はどうなってるの?

プローブってどこまで入れるの?または入るの?

上皮付着の部分はプローブは入るの?入れていいの?入れるとどうなの?

最近はペリオ大好きな歯科衛生士(ペリオ野郎と私は呼んでいるんだけど)が増えたので、プロービングをする歯科衛生士が増えました。

でね、患者さんに歯周病の検査をします、ポケットの深さを測りますねと言うと、「プロービングですね、痛いんですよね...」とおっしゃいます。プロービングという名前をご存知の方も最近はいらっしゃいます。

さて、なぜ痛いのでしょうか?

それは図の通り付着しているからです。もちろん理解して行ってますよね?どこまでプローブを入れるか想像して処置してますよね?今どこまでプローブが入っているか想像しながら行ってますよね?

そして歯肉が締まっていて器具が入りにくい事もある...炎症があって痛い場合もある...様々な状況があります。そういう事全てを理解して行ってますか?プロービング。

「プロービングは痛いものなのです、我慢して下さい。」と、患者に痛い検査を押し付けてませんか?もしくは、歯科衛生士さん自身が「プロービングは痛いもの。」と痛い理由もわからずに行ってませんか?主語がありません。主語が。正確には「私がするプロービングは痛いんです。」でしょ?

病気を治療するという事は正常な状態を知らなければならない。歯肉の正常像、ご存知ですか?
1段階ずつ、きちんと踏みしめながら処置を行わなければ結果がついてこない。

皆、歯科衛生士が行えば誰がやっても同じって思っているかもしれないけど、全然違う。患者は歯科衛生士の鏡。歯科衛生士の手技や人間性が患者の口腔にも反映される。

スケーリングって奥深いでしょう?スケーリングの話をしたいのに、辿り着くまでに何回話をしないといけないんだか 

とこんな話を最近はする機会が増えました...

まあそういう年なんでしょうなぁ。もう老い先短いので、若い衛生士さん達に引き継いでいかないといけないのだと思う今日この頃です。

ご参考までにぞうぞ(顕微鏡アシスタントYuちゃん

明日もガンバッペ