☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療、全過程録画保存
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント 

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

歯石除去は奥深い...

今日は左上7番遠心。

日々こんな難症例ばかりです

pre

ポケットの中を覗くと黒い縁下歯石があります...

業界の方なら重々承知かと思いますが、上顎7番(親知らずを除くと一番奥の歯)の歯石除去は困難を極めます。

肉眼やルーペ(拡大鏡)では見えない。盲目的操作となる。つまり手探り

moon

見える大きさをイメージしてみます。拡大鏡では月が肉眼よりも大きく見える程度。顕微鏡では月のクレーターが見える、更にクレーターの穴の中まで見えるくらいの差があります

最近は食品に始まり様々にゴースト作曲など「偽装」や「嘘」が世の中に蔓延しています。本物を見極める目がとても大切。「拡大鏡と顕微鏡が一緒」などとはどなたが言った事でしょうか...もし本気でそう言っているのなら、それこそ真の価値がわかっていらっしゃらないのでしょうね...お気の毒に。

ここ数回大臼歯の歯石除去の事を書いていますが、毎回画像を掲載していると、大臼歯のポケット内の歯石の除去がいとも簡単な処置のように受け取られるかもしれません

しかしながら毎回申し上げるようにポケット内の歯石は見つけるだけでも至難の技ですし、それを除去するのは超高度な技なのです。

顕微鏡を使う使わないに関わらず、世の中では「歯石除去」が軽視されていると思うのです。たかが歯石取りだと皆さん思っていませんか?

歯石の除去は歯周疾患の治療、予防に欠かせない処置ですし、どれだけ歯科医療従事者が完全な歯石除去(根面のデブライドメント)に重点を置いているか(歴史的にも研究の対象にされています)を知って頂きたいのです

私が数年前に欠いた論文の写真ですが、こちらをご覧頂ければ少しはご理解いただけるのではないかなぁと思います。(先ほどの月の写真も論文のものです)

angle

いつもポケット幅1ミリや1.5ミリと申し上げますが、写真を見て頂ければわかるように、もしポケット幅が1ミリで深さ5ミリに歯石が付着している場合、ポケット中を覗ける角度は11.3°しかありません。

11.3°って...分度器があったら見て見て下さい。極々狭い限られた範囲である事がご理解頂けるかと思います。

ましてこのポケットをミラーで除いて、更に処置するとしたら。それはそれは本当に大変な処置なのですよ...

でも取りますけど。

post

この症例では炎症が強くないので出血がなく比較的簡単に除去できました。

日々こんな毎日がわたくしの仕事でございます

歯科衛生士は人の体を、命を扱うのですから、もっと慎重になるべきです。

講師で名声を得てお金を稼ぐのも良いですが、間違った知識が広まり、習った衛生士がその間違った知識で患者と向き合い、結果不幸な患者が増えるのは私としてはいかがなものかと思います。

私はこの衛生士さん達をザク切り、ガリガリ衛生士と呼んでいます。退縮と正常な治癒の区別がつかず、自分が下げた歯肉を正当化する...

私は今週も患者様の真の幸せのために仕事をさせて頂きます頑張ります。