【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray) 
3台のPCと5台のモニター 
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´))

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

今日は小学生Hちゃんのメインテナンス私が唯一メインテナンスで診ている小学生ちゃんです。通常は子供の診察はしないのですが、Hちゃんは知り合いなので特別なのです。

今回で4回目。大分歯医者さんにも慣れて来ましたすごい、すごい緊張しながらも、上手にお口を開けて、お水で流すのも、バキュームで吸われるのも、クルクル研磨されるのもへっちゃらになりました〜いえ〜いやったね

firstmolar

メインテナンスの最後に大人と同じように説明。

確かに子供の理解力ではどのくらい理解できるかわからないのだけれど、でもそこでふと思うのです。
理解できるように説明するのがプロの歯科衛生士だよなって。

だから大人と同じ画像を見せたとしても、話すポイントも、理解してもらいたい事も、話方も、そして導き方も違う。

 今この瞬間にお話しなければならないポイントがある

今回は半年期間があいちゃったけど、何も問題ありませんでした

私は子供のメインテナンスはしないけど...

子供のうちからメインテナンスしていれば、6歳臼歯を大きく削って治療したり、神経をとるような処置にはなり得ない。

実は意外に知られていないが、6歳臼歯をいかに守るかがお口の健康の一生を左右する。

6歳臼歯を虫歯にする事からお口の健康は崩壊し始める。多くの大人が6歳臼歯を治療している。そしていつしかそれがまた虫歯となり、神経を取り、根の治療の再発を繰り返し抜歯に至る。

つまり6歳臼歯の治療日をいかに遅らせるかが鍵となる。

真面目に予防に取り組めば一生健口に過ごせるのになぁぶひっ。

歯科衛生士の怠慢だ。予防は歯科衛生士しかできないもの。予防するのは歯科医師じゃない。

歯科衛生士がもっと独立して自分の役割をきちんと果たしていたら、患者さんはもっと幸せになれるのに。。。

まあ歯科衛生士が結果を出してこないのは、この20年間この業界を眺めていたからわかる。20年経って変わらないのだから、これから先も変わる事はない。何か大事件が起こらない限り。

私は自ら事件を起こすつもりはない。私のポリシーは「目の前の患者1人を幸せにできずして、多くの患者を幸せになんてできない。」という草の根的な考え方だし。歯科衛生士の底上げには嫌気がさす。何しろ歯科衛生士の「底」は見えないほど深い。

だから私が出会う患者様お1人を大切に。出会いを大切にして1人、1人、大切にする。
それが一番自分の身の丈にあっている。

さて。明日も有り難い事にクリーニングの予約は満席でございます
お1人様を大切に。

明日もガンバッペね