【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray) 
3台のPCと5台のモニター 
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´))

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

歯科医師の先生方が絶対にやらない処置...

不良補綴物の研磨。

pre cr
 
上顎4番の隣接面...

目が点になるような修復 

なんでこんな充填になるかね。修復不可能だけど、でもこのままメインテナンスしても仕方ない。不良補綴物はプラーク(細菌)の付着をまねく。いくら本人がお手入れしても、不良補綴物に細菌がついて手入れが間に合わない。

歯科医師がこれを判断するならば、やり直し。私だってやり直した方がよいと思う。でも、現在他の歯も治療中で、このまま暫くメインテナンスしなければならないとしたら?

1分でも1秒でも歯を守りたい。そう思うのはメインテナンスをする歯科衛生士naomiの思い。今、今日、この瞬間に、患者様の歯を守るために、できる事を全力で患者様に行いたい。

でも、正直本当はやりたくない...(患者様にも言うけれど。)

だいたい、隣接面のインレーの辺縁だけ削れるはずがない。 わずか数ミリの隙間で、歯肉にバーを当てずに綺麗に研磨なんて無理じゃない?

そんなちまちました事やったって、満足するのは私だけで、患者様にしてみたら時間と費用をかけてする必要がないんじゃないかって...

そう思うのだけれど、なぜか「やりますっ!」って宣言してしまうから我ながら自分が怖い^^;

post cr


こんなもんで勘弁して下さい...だいたい最初からコンタクトゆるいし。コンタクトポイントは触っていません。CRの細い研磨バーで形態だけ修正。これ以上研磨不可能。器具が入らない。研磨のポイントなんてデカ過ぎて当たりもしません。無駄に歯肉を削るだけ

こういうのよくあります。顕微鏡でメインテナンスしていると、歯科医師への恨み節しか出てこない。

よく処置が終わった後に顕微鏡歯科アシスタントのSachiちゃんYUちゃん

「なんで、こんなの私がやらなきゃいけないかなぁ...私の仕事じゃないよね。」とぼやき

私が防ぎたいのは、歯科の二大疾患である虫歯と歯周病。この場合、合っていないけど隙間なくCRが充填してある。辺縁にカリエスはまだ認められないし暫くはこのままいける。今日この瞬間に一番問題なのは、プラークの付着を招いている事と、歯肉の炎症。つまり歯周病。

この際審美的な問題は置いておくとして、歯を長持ちさせるためにはとにかく炎症を抑えなければ。

形態は悪いけど歯肉に接していなければフロスでなんとか掃除ができる。形態の悪さはあまり問題ではない。

歯を長期で守る為には補綴物のメインテナンスも必要。だけど歯科医師はそんなに暇じゃない。だいたいこんな治療をしているのは歯科医師だし。超本人がそんな事するはずがない。

そもそも後に自分でメインテナンスするとしたら、最初から丁寧に充填するだろう。

歯科衛生士の予防は奥が深い。

さて。明日は土曜日。あと1日。明日もがんばっペ