【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

さて。前回の続き。前回除去した隣の歯の歯石の除去です

SRP-4

まずはポケット測定。ポケット2mm出血なし。プローブがやや斜めですがそれでも2mmしかありません(笑)

SRP-5

ポケットは浅いけど...ポケットを開くと歯石がびっしり

SRP-6

これは私の個人的な意見ですが。歯石は削り取る物じゃなくて弾くものです。

それは根面でも同じです。しかしながら、肉眼での歯肉縁下の歯石除去の場合は歯石が見えませんから根面に沿ってスケーラーを引き上げる事になります。

これが実は大問題で、歯科用顕微鏡で歯石を見ると、結局歯石は取れていない事が多く、その上歯石の上を撫でて滑沢にするものだからますます歯石が硬くなり、結果ますます歯石の除去が困難となり歯周病のリスクが増していきます。

歯石の除去のコツは弾く事です。歯石を弾き取り、根面がほぼ綺麗になったところで初めてルートプレーニングするのです。歯石ある上をルートプレーニングしては絶対にだめです。

削り取るのと、弾くのとでは器具の選択も違ってきますし、器具の使い方も違ってきます。
目的によって全ての事が変わって来る。

SRP-7
 
どうでしょう?一見綺麗にとれたように思えますがところがどっこい

とにかく私は侵襲の少ない精度の高い処置をしたいと日々思っていますので、ミラーは使わずとにかく直視ポジションにトライします。

SRP-8

前から覗きます。見て下さい。角度が違えはこんなにも見え方が違うのです。まだまだ残る隣接面の歯石。直視で診る場合には特に注意が必要です。挿入角度に気をつけないと見逃します。

SRP-9

歯肉縁上の歯石を除去して、私がどんな時でも必ず確認するのは、歯石の底部。そしてポケットの中。歯肉を開くと、ほら。点ですがまだ歯石があります。

SRP-10

点の歯石を除去してポケットをぎりぎりまで開いて確認します。これは肉眼では絶対に無理。歯科用顕微鏡でしか見えない場所です。

SRP-11
 
再度ポジションを戻して確認。ポケット底部を確認します。
たとえ点でも残す事は許されないと私は考えています...

...がしかし。

そうは言っても実際取り残さないで除去できるかと言えば、そこは個人の技量によりますので、見えるから誰でも除去できるという物ではありません。

歯科用顕微鏡で歯石を除去するのはそんな簡単なものじゃありません。

ふうっ( -д-)

毎回処置の途中では絶対無理の心の声が聞こえますが、絶対あきらめないのがnaomi流。あきらめません

また前回も申し上げましたが、ポケット2mm出血なしでは病名はつきません。では誰がこの歯石を真剣に除去してくれますか?歯科医師は病気を治すのが仕事です。

そう、この予防的な歯石除去こそが歯科衛生士の仕事ではないでしょうか?だから歯科衛生士のクリーニングには意味があるのです。歯科医師の定期チェックは病気の発見です。未病の発見こそが歯科衛生士の役割なのです。

さて。来週もまた頑張ります