naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

最近、歯科衛生士の業務について考えています。

日本では法律で歯科衛生士の診断はしてはいけないことになっています

でもね、よく考えれば診断のない処置なんて、医療としてあり得ないでしょ?

あーでも。。。法律でそう決まっているのなら、従うしかないのだから、処置だけすればいいのか

昨日お話した歯周病治療のプロセス。
診査→診断→治療計画→初期治療→再評価→歯周外科処置(以下省略)

診査も診断も歯科医師がして、初期治療だけ歯科衛生士。
それってどうなのよ?

でも、現実そうなんだよね
診査も診断も歯科医師がして、歯石除去だけ歯科衛生士がやってるの

昨日も言ったけど、歯石を取る行為は誰でもできます。経験積めば。
でもさ、目標は病態を改善する事であって、歯石が取れることじゃないでしょ?
病態の診査も診断もできてないのに、病態を改善するって。。。できるわけなくない?

おかしいんだよね、日本の衛生士って。

でもまた戻るけど、法律で診断はできないわけだから、歯石取り屋でいいから、日本の衛生士がおかしいと言う私がおかしいってことだよね

診査→診断→治療計画→初期治療→再評価

私が思うに、ここまでのプロセスを責任持ってしようと思ったら、ものすごい知識量が要ります。

例えばただ歯石を取ると言っても、全身疾患がある方ではその歯石取りが命取りになることもありますし、気軽に歯石取りとかでいないよねと思うのは私だけ?

なんだかいろんな矛盾があります。。。

よく衛生士さんが、「前の所では順序が決まってきてその通りにやらされていた。」っていいますけど。法律上歯科衛生士は診査診断はできないし、治療計画を含め治療の主導権は歯科医師が握っているわけで、好きにやらせてもらえないと言う衛生士の方がおかしいのでは?

それに、もし、歯科衛生士が主導権を握るのであれば相当の責任が自分にかかってく事を覚悟しなければならない。その覚悟ができるのか?そしてそれだけの知識、技術を持っているのか?

私が思うに、歯科衛生士にそんな能力はない。残念だけど。先生達もそう思っていると思います。

先生達が資料を作り、その通りにしゃべらせてクルクルさせる気持ちがよくわかります。
怖くて任せられませんものね。実際。

最終的な責任は歯科医師にかかってくるわけですし。

そういう事、日本の歯科衛生士は考えた方がいいですよね。
歯科医師の文句ばっかり言ってないで。 自分を顧みろって話です

あ、、、爆裂が過ぎてきました今日はこの辺で辞めときま〜す

明日はお休みですリフレッシュしなくちゃね