naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

8月にアシスタントのAkiさんがチームイリタニに仲間入りし、来週には衛生士さんが入りそうなイリタニオフィスこれからどうなっちゃうのでしょうね急に大所帯今後のオフィスが楽しみです

楽しみな反面、実はいっぱいいっぱいなnaomiです

え?なぜかって?

ずばりスタッフ教育

うーむ教育なんてそんな偉そうに言えないのですが、お仕事に慣れて頂くために色々と伝えなくてはいけないことがあります。

誰もが思う「私が教えるなんてできない。」

私も若い頃はそう思ってましたけど、でも教えてあげないと、逆に新人さんが可哀想なのだと最近は思うのです。

だって、教えても教えなくても時間が経てばそれなりの仕事を要求されるのだもの。

だとしたら、効率よくコツをお伝えして早く育って頂いた方が実は新人さん自身が楽なんですよね

だから相手の事を思うのなら、厳しい事も、どんどん教えて成長して頂いた方がいいなって最近は思うのです。私にとっては愛情のつもりだけど、もしかしたらお局うるさいなと思われているかもしれませんね


まあ、なんと思われようと関係ないんだけど

だって仕事だから。

アシスタントでも、歯科衛生士でも、関係ない。

仕事ができないということは患者様に迷惑をかけるということだもの。

でもうちのアシスタントさん達は立派に育っています。
ううん、育っていると言うよりも自ら成長しようとしています日々勉強したり練習したり努力しているもの

ところで衛生士って育つのかな

と色々と考えいたら、自分の中での歯科衛生士業界の問題点が浮き彫りになった。(あくまでも自分の中での話なので、そんな事思っているのは私だけだと思う

歯科衛生士の教育ってテクニックだけなんだよな。。。先輩から教えられる事って。歯石の取り方とか、クリーニングの仕方とか。

誰も歯科衛生士道については教えてくれない。

そりゃあそうだ。誰も思想なんて興味ないし、お金にならない。テクニックの伝授だけの方が実践的でお金になるものね先輩衛生士からそういう事教わったことないし。

でも、そんなテクニックだけ習得した衛生士はしょせんロボットでしかない。ただ歯を綺麗にできるテクニックだけのクルクル衛生士。

だからある程度年数が経てば、先輩も後輩もなくて並列だと思っちゃって、憧れる先輩がいなくなってしまう。

同じセミナーを長年している衛生士さんにはとっととご隠居してもらった方が、本当にいいなと思う今日この頃です。

先輩達が思想ではなく物の話ばかりするから、若い衛生士さんが物の話しか言わないお馬鹿になったのです。

先輩の教育の賜物だよね。昨今のお馬鹿衛生士って。

教育って大切ですよね。

私に教えられる事があるとすれば歯科衛生士とは?という思想と、歯科医師、歯科助手、歯科技工士。チームの皆に感謝しなさいって事かな

感謝。感謝

あ〜それにしても歯科衛生士歴20年。人生の季節も秋に突入
そろそろ後輩を育てろとってことかなぁ残りの人生をかけた仕事か

でも、まあ、確かに。

私がいなくなってしまったら、困ってしまう患者様がいますからね。後を引き継ぐ衛生士さんがいれば患者さんも安心ですものね

イリタニオフィスの新しい衛生士ちゃんを皆様どうぞよろしくお願いします