naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

8月1日から本格復帰いたしまして、1週間が経ちましたお待たせしていた患者様がたくさんいらっしゃいまして、8月のクリーニングはほぼ満席土曜日におきましては9月いっぱい満席となっております

皆様にはご迷惑をおかけいたしておりますが、反面、こんなにもたくさんの方々がクリーニングに通ってくださっている現実を、不謹慎ながらうれしく思います

そしてnaomiを信頼して通って下さる患者様に感謝すると共に、その気持ちに答えるべく、益々精進しなければならないなぁと、皆様のお気持ちを胸に刻み込んでおります。

どうそ今後ともよろしくお願いいたします

今日、処置の後に患者様にご説明していると、患者様がおっしゃいました。

「以前他で歯のクリーニングをした時は、こんなレベルじゃなかったし、やって貰っても歯と歯の間の着色もとれなかった。」

こんなレベル。

こんなレベルかぁ。。。

以前にもある患者様に言われました。

「正直驚きました。思っていた以上に見て下さって、こんなに時間をかけてやって貰えると思っていませんでした。」

レベル。

私は思わないのだけれど、患者様からすると、歯のクリーニングにはレベルがあるらしい

ふと思う。日本で歯を綺麗にするクリーニングってやっているのだろうか?

日本では保険の縛りがあるから、治療以外の歯のクリーニングは保険外。でも、日本の医院でやってるクリーニングってPMTCでしょ?PMTCイコール、naomiに言わせればただの歯の研磨。それ意味あるの?

あ、そうそう私が仕事に復帰するのと同時に、新しいアシスタントのAkiさんが入社しました
Akiさんに歯のクリーニングのことを尋ねてみたらPMTCという言葉が返ってきて失礼ながら笑ってしました。

PMTCね。。。

客寄せパンダのクリーニング。

よく衛生士さんに聞かれます。PMTCのチップは何を使っているんですか?ペーストは何を使っているんですか?

はいはい、なんでもいいんじゃないですかぁ

呆れます。

何のためにPMTCするのですかねぇ?目的なくやっているからこういう質問になるわけで。

目的がプラーク(細菌)の除去なら、答えは決まっていて、プラークが落ちるチップ、プラークが落ちるペースとが良いわけで、どこのメーカーを使わなければいけないという決まりはありません。

本質を理解せず、自分がしていることの目的も考えずに施術をおこなってるからこういう質問になるのです。

何でも自分で考えることが大切です

ふと恐ろしくなったのは、日本では歯を綺麗にするクリーニングはしてもらえないから、誰にも歯を綺麗にするクリーニングは理解できないってことか。。。

徒然なるままに想うことその2。

先日、歯周ポケット6mmを基本治療できっちり治すセミナーに参加したけど、今日の患者さんを見ている限り、私には無理だ。。。

だって、根面の形態は本当に複雑で、顕微鏡で見えても歯石をとるのが難しい

まだまだ精進が足りません。

また来週も頑張ります