naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは~naomiです

昨日は歯科医師の五島朋幸先生のセミナー“生きること 食べること 命を支える歯科医療”に参加しました。

そして、今日は内科医の松本光正先生のセミナー“笑いと健康~プラス思考で医療を考えましょう~”に参加してきました。

歯医者というと、一般的なイメージとしては、虫歯治療、歯周病治療、そんなイメージしかないと思います。

でも、本当は全然違う。もっと歯科の分野は奥深い物なのです。

虫歯の治療も、歯周病の治療も、本当は素敵に生きるために必要な物の1つで、虫歯の治療が大切なんじゃない。歯周病の治療が大切なんじゃない。

疾患を予防をして、人生を最後まで楽しむことが大切なのです

五島朋幸先生は長きに渡って訪問歯科診療に従事されていらっしゃいます。naomiの尊敬する歯科医師の1人であります。

naomiも数年前、院長と一緒に訪問歯科診療を行っていました。毎日が勉強の連続。訪問に答えはありません。

病院のベッドの上でポカーンと口をあけて、意識もうつろな患者様を目の前にして、どうやって口腔ケアをしたらいいのか…認知症で言葉の通じないおばあちゃんの口腔ケア。どうやってお口を開いてもらえばいいの?

心と心が通わなければ、私に向かって決して開かれることのないお口…

診療室の処置は簡単です。お口を開けてくださいと言えば、お口を開いてもらえますから。

でも、お年寄りや認知症の患者様は、自分が気に入らなければ口を開けてくださることはない。不思議なんですけど、相手のことを瞬時に判断するんです。

この人は自分にとってよい人か悪い人か。心を開ける人かどうか。

これがすごく怖かったnaomiの心の内を見透かされているようで…naomiの人間力を問われた気がします。

ケアって言葉は看護婦さんの特権みたいなところがあります。

歯科衛生士にケアってなんだか変。そう思われることでしょう。

でも、歯科衛生士でもケアをします。ケアができます。まあ、正確にはケアをする。ケアができる歯科衛生士もいるというのが正しいと思いますが(汗)

口腔ケアって本当に大切なんです。

命と直結なのです。

もっと多くの歯科衛生士が口腔ケアをしたら、世の中変わって、たくさんの人がもっともっと幸せになるぐらいに、大切なのです。

でも・・・残念ながら世の中はなかなか変わりません。

五島先生はそんな変わらない社会の中で、いつでも情熱を持って口腔ケアを広げています。

naomiも今は訪問ができる状況にないけど…

診療室にいてもできる口腔ケアがあります。お口の働きを伝えること、口腔ケアの大切さを伝えること、これから自分の身に起こるこをと教えて差し上げること…

病院や施設、在宅にいなくても、お役に立つことがたくさんあります。

五島先生の話を聞いて、更なる情熱が湧いてきました☆

naomi1人の力は微力だけど、微力が誰かを動かし、そのまた誰かが誰かを動かし…そんな輪を広げて世の中を変えていけたら。

また気持ちを新たにできた2日間でした

**********************

Dr.IritaniOfficeはこちら☆

院長Dr.Iritaniのブログはこちら

いつもありがとうございます。技工士Dt.Tomohiroのブログはこちら

チームイリタニアシスタントさん♪

Sachiちゃんのブログ

YUちゃんのブログ