naomiブログをご覧の皆様、おはようございます☆naomiです

お久しぶりにコメントを頂きました(・◇・)ゞ

コメント欄でお答しようと思ったのですが、文字数が限られていて書ききれなかったので本文でお答します

コメントはこちらを参照ください☆

さてyama様から「歯石は自分でとっていいの?」とのご質問がありましたので、その回答です

歯石をとることをスケーリングといいますが、スケーリングの方法には大きく分けて2種類あります。

1つは超音波をはじめとする器械を使うスケーリング。最近はパワースケーリングと呼ぶようですが・・・

もう1つは器械を使わない、人の手で、鎌のようなスケーラーという道具を使って歯石をとるハンドスケーリングです。

最近はスケーラーが売っています。naomiが見たのは100円ショップでしたけど、結構いろんなところで売っているようです。

yama様だけじゃなくって、他の患者様からも、最近よく聞かれます。スケーラーを買って自分で歯石をとっていいのかって

答えは“ハイ、どーぞ。”です。ただし自己責任において。


皆さんは自分の髪の毛を自分でカットしてますか?

今のご時世、カリスマ美容師さんと同じハサミをネットで購入するのは造作もないことだと思います

ではそのハサミを入手したからと言って自分で上手にカットできますか?

髪の毛は切るのに失敗したら再生しますが、歯は再生しません。

ついた歯石を自分で無理してとるよりも、つかない努力をした方がどんなに歯にやさしいことか・・・とnaomiは思うのですが、いかがでしょうか?

歯石ってもともとは柔らかい汚れなんですよ。それが石灰化して(固くなって)歯石になるわけですから、柔らかいうちにとっちゃえばなんら問題がないのです

歯石がつくということは明らかにお手入れ不足なのです

それでも歯石をご自分でとりたい方は、自己責任で“ハイ、どーぞ。”です。

歯石と歯の区別はつきますか?境界は非常にわかりづらいです。歯の表面は唾液で塗れているし、器具は滑るし、歯石だと思ってガリガリやっているところがエナメル質だということは十分に考えられます。

更に、中途半端に歯石をとると、その表面がザラザラして余計に細菌が付着しやすくなります。

naomi達は歯石をとった後は必ず研磨をします。

yama様がおっしゃっているハンドミキサーのような器械というのはおそらく“ブランカ”という歯を研磨する道具だと思います。

自分で歯の研磨ができて、ヤニがとれるとかいうのが売りだったような・・・^^;

以前、東急ハンズさんでよく見ました。雑誌にも載っていたような。

研磨のペーストの粗さは一体どのくらいなんですかね?研磨のペーストも様々な種類があります。クレンザーで台所の流しをスポンジでゴシゴシすると汚れは落ちますが、傷つきますね。

ヤニは落ちても歯にダメージはないのでしょうか?研磨の粒子もピンキリです。

naomiは研磨の粒子の大きさを選んで使っていますやたらに色素が落ちるからと言って研磨剤をゴシゴシはやりません。

それからシリコンのチップ。

シリコンのチップにもひどいものがありますね。

磨いているうちにその摩擦熱でシリコンがボロボロと削れてくるものがあります。歯科用のものでもひどいものがありますね...安いかもしれませんが、naomiは絶対に使いません。

使っているとnaomiが怖くなってきます。これ,
大丈夫???^^;

シリコンの固さもありませすね。シリコンが固くて広がらない物は歯の全面に当たらないので、結局、研磨できません

たかが歯石とり、たかが研磨ですけど、いろんなことを考えてnaomiはやっていますけど、それでもご自分でチャレンジしたい方はどーぞ。どーぞ。
 

ということでお答になりましたでしょうか?yama様。

歯ブラシは使い勝手がよいみたいで、よかったよかったです。

私服姿は恥ずかしいですね・・・(*´Д`*)
 

また次回のご来院の際、歯ブラシの使い勝手を教えてくださいね☆
 



院長は今日もミナー参加中♪ですDr.IritaniOfficeはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントさっちゃんのSachiブログはこちら☆