なぜだか空回り・・・顕微鏡セミナー

November 26, 2007

インプラントのオペ中止!

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは!naomiです

皆様は3連休をいかがお過ごしでしたでしょうか?

私はゆっくりしたのは初日だけ・・・といっても、洗濯と掃除に追われ、さらに、私の大好きな雑貨屋さんが、今月末で閉店するので、お買いものついでに実家へ。

土曜日は診療し、昨日は院長と一緒に顕微鏡のセミナーに参加。終わってからまた実家に帰って・・・

なんだかばたばたしている毎日です。ブログも書こう、書こうと思っていることが書けずに日々が過ぎてゆきます

これはいけないっ!

タイムリーな話題をご提供しないといけませんよねっ!私が書こう、書こうと思っていたこと・・・

それは先日のインプラントの手術の日のこと。

インプラントの手術が、不備があって中止になったことは、naomiブログをお読みの皆様であればすでにご存じのことと思います。naomiブログを見てくださっているということは、きっと、院長のブログも見ているのではないかと思うからです。

お読みになられていない方はこちらをご覧ください。http://iritani.exblog.jp/i6/

院長のブログの通り、オペは中止になりました。

エンジンが・・・動かない・・・すでに鎮静の麻酔はインプラント埋入部位に局所麻酔も打ちました・・・

なのに、肝心なエンジンが動かない!(((( ;゚д゚)))

うっそ〜まじ?(´;ω;`)

配線をし直す、電源を入れなおす、ヘッドの部分をのぞきこむ、ヘッドをはずして、上へ下へと眺める・・・

5分経過・・・10分経過・・・15分経過・・・

神に祈る・・・

業者に頼みの電話を入れる。

やっと折り返し連絡をもらったものの、今から届けても1時間を言われ・・・

さて、院長の判断は???(゚Д゚≡゚д゚)

実際の選択肢は院長のブログのとおり。

1)続行1
備え付けのインプラント専用でないエンジンでオペを続行する
…エンジンの回転数とトルクのコントロールが出来ません。ベストな埋入は出来ません。しかしやろうと思えば埋入は可能です。患者様にも言わなければ分かりません。経営面から見ればベストかもしれない。


2)続行2
代替え機を直ぐに届けてもらう。…一時間くらいかかるとのこと。
…高齢の方であった為に静脈内鎮静法による負担に不安、確実に1時間で代替え機が届けられるとは限らない。…悩む。


3)中止
…セデーション(静脈内鎮静法)と局所麻酔は行ったが、メスは入れていない。ご高齢であるという理由と、日を改めて万全な体制を立て直す…悩む。

麻酔科のドクターも含めて、スタッフ全員が息をのみました。

オペが中止となればどんな理由だとしても、患者様に大変申し訳ない思いをさせる・・・

患者様はいつもお孫さんの面倒を見ていらっしゃるのですが、インプラントのオペ当日はお嬢様がお休みをとり、付き添われていらっしゃいました。

ではお孫さんは誰だ見ているか?というと、付き添われていらしてお嬢様のご主人様がお仕事をお休みなられて面倒を見ていたのです・・・そんな家族模様を知っていたので、いろいろな思いが交錯します。

家族みんなが、インプラントをする患者様のために協力して、まちにまったオペの日だったのです。

それにご本人も、覚悟を決めてのオペ当日。麻酔から覚めたら、歯が入っている・・・不安と期待と入り混じった気持ちであったと思います。

その期待を裏切ることになる・・・きっと自分のために休んでくれた家族のために申し訳ないとか・・・いろんな思いがあるのではないかと思って・・・

いろんな思いが巡りました。ご家族のやさしい気持ちに応えられないことが本当に残念に思いました。

業者が1時間こない・・・1時間は・・・無理だぁ・・・

だとすると、続行するには続行1しかありえない・・・もしくは中止・・・

麻酔科の先生とnaomiが見守る中、院長は静かに言いました。

「中止します」

院長はすぐにオペ着を脱いで、お待ちになっていたお嬢様に説明しに部屋を出ました。

麻酔科の先生がポツリ・・・

「入谷先生は誠実な方なんですね・・・」

naomi

「本当ですね、私も、本当にそう思います!」

この瞬間、本当に本当に心の底から、麻酔科の先生のおっしゃった一言がじわーっと心にしみてきました。

もし、同じ状況に歯科医師の先生があったなら、続行1を選択する先生がきっと多かれ少なかれいるはずです。

それを、麻酔科の先生もnaomiも知っているから・・・

でも、院長は患者様に非難されようと、当日オペができなくって患者様に頭を下げることも、全てを恐れず、患者様のことを優先したのです。

自分が受けたくない治療はしない

例え今日インプラントが入らなくても、最善の医療を提供することことそ、本当のサービスであり、患者様に対しての最大のサービス・・・いいえ、サービスなんて言いませんよね。真の医療です。

このドクターの下で働いていて、本当によかった!

そう心から思えた出来事でした。

さて昨日の顕微鏡のセミナーのことも書きたいのですが・・・

長くなりましたので、今日はこのあたりにしておきます。


naomi勉強ブログを作りました☆日々の勉強を記録としてつづります。

http://ameblo.jp/advanced-care/



 

 

 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mantachannel at 18:29│インプラント 
なぜだか空回り・・・顕微鏡セミナー