naomiブログをご覧の皆様、こんばんは!naomiです♪

今日も寒かったですね〜本当に今年の冬はツライッ!冷え性のnaomiは手足が冷たくて、お風呂に入ると手と足先が真っ赤になります。そして、今日は成人の日晴れ着の素敵なこと・・・全国の成人を迎えられた皆様、おめでとうございます!そしてご両親の皆様、本当におめでとうございます!

町でお若い方を見ていたら・・・(ってnaomiはまだ若い方なのだろうか)昔のことを思い出しました。そして新年を迎えて。今年初めてブログをご覧になられた方のために、リップデザイナーnaomiの誕生を書いてみたいと思います!若かりし頃の思い出がよみがえってきます

naomiが歯科衛生士になることを決めたのは今から・・・あれ?何年まえ?高校3年生の時なので・・・14年?前かな?きっかけは簡単。"親に進められたから"(笑 すいませんありきたりのお答えで。。。

手に職があったほうがいいなぁと漠然とは思いましたが、naomiが親に、なりたいっ!と言った職業は"婦人警官"でした親は言いました"婦人警官になんかなってどうするの!芸能人と同じでやめたら何も残らないわよ!"(・・・たしかnaomiの記憶によるとこのように言われたと思うのですが・・・芸能人の皆様、大変失礼いたします。)

とにかく反対され、自分に大きな夢があったわけでもなかったので・・・えっと、医療系(=将来安定)ということで看護士さんは?と言われたかな・・・でもその頃のnaomiは手術の大量の血を見る自信がなく、"歯科衛生士でいっかな"と親のレールに乗っかったのでした

今思えば、自分に夢がなかったのと、いい子ちゃんだったんです・・・親の言うなりにしなければならない・・・みたいな。だから同級生に歯科衛生士の学校に行くと言ったとき、どんな仕事なの?と聞かれて答えられませんでした

さてそんな気持ちで入った学校ですから、入ってからが大変でした!解剖は生理学など講義はよかったのですが、実習で思った以上の器用さを要求され、1年目にして辞めたい・・・と親に言いました。

辞めたいとはいったものの、じゃあ、辞めたら?と言われると、「でも・・・」とはじまってしまうのが、ひねくれもののnaomi。結局、一般就職の夏は国家試験対策に追われて、気がついたら12月・・・国家試験直前!歯科衛生士の道以外の道は考えられませんでした

さて、そして国家試験。晴れて歯科衛生士になることができました

皆さんはどうやって今の仕事を選びましたか?自分のやりたいことってなかなか見つからないとよく聞きますが、皆さんはどうだったのでしょうか?naomiはこんな感じで歯科衛生士の人生を歩き始めました。自分のはっきりしたビジョンは・・・見えなかったですね・・・当時。

さて、まずは第1関門突破このあと、naomiの歯科衛生士人生がStart!します♪この続きを語らないのは惜しいですが、続きはまた明日にします☆また明日も読んでくださいね♪続きを楽しみに


naomiのお家はこちら☆歯にこだわった患者様増加中♪

http://www.advanced-care.jp