naomiブログをご覧の皆様、こんにちは!naomiです♪

2006年初日。皆様、いかがお過ごしでしょうか?さてお久しぶりに今日はお料理メニューをご紹介したいと思います!

昨日はものすごく大忙し仕事をしていながらも、ちゃんとお正月の支度をしたい!という欲張りなnaomi。なんとか大掃除を終了し、形だけですがお正月を迎えることができました!

"おせち"は節供(句)料理のひとつ。行事食のひとつです。

節供とは、江戸時代の式日で、年に5日、公式に法制化された日のことです。(今でいう祝日のようなもの)この5日を"五節供"と言い、現在も重要な年中行事となっています。

人日じんじつ(1月7日 七草の節句)・上巳じょうし(3月3日 桃の節句 ひな祭り)・端午たんご(5月5日 端午の節句)・七夕しちせき(7月7日 笹の節句 たなばた)・重陽ちょうよう(9月 菊の節句)。

現代ではご馳走の多いお正月料理だけが"おせち"と呼ばれています。皆さん、ご存知でしたか?おせちの意味。日本人なのに、以外と知らない日本のこと日本の文化を大切にしたいものです。

歳神様へのお供えを下げて一同が神とともに食べてお祝いする直会(なおらい)の儀がお雑煮や節供料理の始まりと言われ、お正月が農耕のまつりの日でもあることから、江戸時代以降、農事に関する祝い肴がおせち料理の筆頭とされてきました。

五穀豊穣・子孫繁栄のほか、文化、経済、平安などを祈念する意味の縁起がこめられているのもおせちの特徴です。

cd0cac25.jpgさてnaomiは今年は関東ではかかせないおせちの華、"祝い肴"を手つくりしてみました。ちなみに、関西地方では黒豆の代わりに"たたきごぼう"が入ります。

黒々と健康でまめに働けるように"黒豆"。五穀豊穣(五万米)の字をあて"ごまめ"。昔は田の肥料にしていましたので"田作り"とも呼びます。子孫繁栄を願う"数の子"。おまけですが豊かな愛財宝(金団)の意を込めて"栗きんとん"。大好きなんです♪栗きんとん!これがなくてはお正月じゃないっ!ぐらい楽しみな一品です。

お味の程はいかに?!(笑 ご想像におまかせしますでも本当に日本料理は難しい炒めて焼いてのお料理とはわけが違います。長い人生、毎年少しづつお勉強してゆきたいと思います!

皆様のおせち料理はいかがでしたか?


おせち1年生チャレンジャーnaomiのお家はこちら☆

http://www.advanced-care.jp