東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科診療 リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

地域における嚥下調整食の段階統一と質の高い嚥下調整食の提供を目指して
image


何度もお話を聞いているのですが、とうとう4月から専攻生として、直接のご指導のもとに勉強させて頂くことになりました…

セミナーついでにご挨拶をば(;´Д`A
キンチョーしたぁ〜

今週は大忙し。
先週末は学会で、学生が試験で休みのため2週間連勤中(^^;;

仕事は嫌じゃないけど流石に時間に追われるので毎日気が抜けずにバタンキューです。

そんな時ですが、それでも容赦なく毎日はやってくるわけです

今日は東京女子医科大学でセミナーです^ - ^

image


1.高齢者の歯科治療
〜特に口腔外科疾患について〜
東京女子医科大学医学部歯科口腔外科学講座教授 安藤智博先生

★尋常性天疱瘡、突発性血小板減少症、口腔カンジダ、帯状疱疹、狭心症治療薬シグマートによる口内炎、重症歯性感染症、高齢者の顎顔面骨折、陳旧性顎関節脱臼、口腔ガン、ビスフォスフォネート製剤と顎骨壊死(薬剤関連顎骨壊死)、抜歯における抗凝固薬の休薬、PT-INT、NOAC、血栓の種類、慢性DIC(播種性血管内凝固症候群)

・高齢化による全身疾患や薬剤の問題に伴う口腔トラブルはこれから益々問題になると思われる。特に高齢になってからの抜歯を避けるためには若い頃からの口腔ケアときちんとした処置が必要となる。私たち歯科衛生士の果たす役割は大きい。

2.痛みの診断学
〜基礎から臨床まで〜
日本大学歯学部診断学講座
准教授 野間昇先生

★1.動物実験2.クリニカル3.ケース
どのように関連痛は起きているのか?
BurningMouthSymptoms
米国口腔顔面痛学会の分類
SNOOP

・かなり専門的な話しなので理解するには時間がかかるが、近年歯が原因ではなく歯の痛みを訴えてくる患者様も増えてきているのでしっかりと学びたい分野である。

学会2日目。ラストスパート´д` ;
image

ベーシックレクチャー3
口腔ケアは感染制御になり得るか。
大西徹郎先生
★食べるために必要なもの、義歯が必要。(義歯を作製することが)歯科サイドの感染対策。

シンポジウム22
ワクチン
多屋馨子先生、前田美穂先生、宮津光伸先生、中野貴司先生
★ワクチン接種は、個人を守る=集団を守る=ワクチンができない人も守る。

特別講演3
新興再興感染〜国内でも発生・流行の可能性はあるか〜
岡部信彦先生
★既知の感染症、新興感染症、再興感染症の定義。

ランチョンセミナー18
どのように発展させる⁈院内感染対策〜手指衛生遵守率向上に向けた取り組みを中心に〜
サラヤ(株)企画
三重県医学部付属病院医療安全・感染管理部 田辺正樹先生
★ゼンメルワイツの悲劇。ITCの役割、手指衛生。


教育講演10
医療者の手荒れ対策〜皮膚科医の視点から〜
菊地克子先生
★手荒れの原理

日本環境感染学会
多剤耐性菌感染制御委員会企画
いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識
〜グラム陰性桿菌を中心に〜
矢野寿一先生、柴山恵吾先生、菅野みゆき先生、小佐井康介先生
★多剤耐性菌CRE(Carbapenem-Resistant Enterobacteriaceae)を中心に。

★閉会式
image

来年は…なんと‼︎来年の大会長は恩師である森屋恭爾先生です‼︎☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆来年も駆けつけなければ↓小さくて見えないかもしれませんが来年のお知らせ

image

やっぱり医科はアカデミックで良いです。発表がエビデンスに基づいていて、自分自慢じゃないから聞いていて苦になりません。

今回の学会の収穫は感染制御学におけるそれぞれの項目が深まったのと、歴史を大切にし受け継ぐ事、組織作り。

環境感染学会にはいつも明確な目標があり、それを実行する一線級の先生達がいる。

天然痘、ポリオの撲滅、ワクチンの開発、追いつけ追い越せ感染制御のレベルアップ。今や諸外国に並ぶ結果を出し、受け継ぐ若い世代の、育成も行なう。

アカデミックどすなぁ(^○^)

歯科は何の目標もないし、戦略もない。たまたまDMFTは目標値を切ったけど、私達が何かのしたのかと言えば何もした覚えがない。

低迷。あーつまんない。

というわけでわ、また、来週がはじまります。

来週もガンバっぺ(^ー^)ノ

朝から第31回日本環境感染学会総会に参加しています…8時半からで1日バタバタ。

1日携帯見ている時間なかった〜´д` ;

というわけで今頃ですが。
image

毎回この学会は演題がたくさんあって何をチョイスするか迷います。

開会式
世界に発信しよう我が国の感染制御
一山智先生
★1986年に創設された学会の歩み
日本発の欧米誌採択論文数の増加、今や国際的に我が国のデータを発信できるまでになるまでの歩み

特別講演1
感染制御関連施策の変遷とその背景
大久保憲先生
★注意すべき厚生労働省の通知、薬剤耐性菌AMRへの対応、総務省の行政施行と診療報酬、症例に対応する行政の対応。

招請講演1
家族の起源と感染症〜ゴリラから学ぶ
山極壽一先生
★人間の家族の進化とその行方。多産になったわけ。

教育講演1
消毒薬の適正使用〜今昔物語〜
白石正先生
★ゼンメルワイツ、リスター、ロベルトコッホ…手指衛生から、手術時、最新の消毒薬まで歴史を振り返る。

ランチョンセミナー14
感染対策の費用対効果
テルモ(株)
★実際の感染対策の費用対効果。手指衛生、PPE他。

特別講演2
感染制御における教育と人材育成
賀来満夫先生
★他職種連携、リスクコミュニケーション、グローバル化の視点

招請講演3
伝統文化の人材育成〜京都花街と能楽に学ぶキャリア形成の仕組み〜
西尾久美子先生
★舞妓、芸妓のキャリア形成の実際。能楽の人材育成。

シンポジウム17
手指衛生にまつわる様々なエビデンス
小阪直史先生
川西史子先生
一木薫先生
三富陽子先生
★手指衛生に関する様々なエビデンス

さて、明日も頑張ります♪(´ε` )

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです   初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんばんは。
今日は春一番が吹き荒れ、寒い中でも春の訪れを感じる一日でしたね。楽しみな春がやってきます

さてその春とともに、また今年も『歯科衛生士道』を若い衛生士さんに引き継ぐためのセミナーを開催します

歯科衛生士の皆様、もうお申し込みはお済みですか 

151224_セミナーチラシA案-2


↓詳しくはこちら。告知’sからお申し込みできます。
http://kokucheese.com/event/index/357006/

↓主催する歯科衛生士en-rondのfacebook page。講師たちのつぶやきはこちらから。 
https://www.facebook.com/dental.hygienist.enrond/

つい先日新年が開けたと思ったら、もう2月も中旬。早いものです。
さて私も春の訪れとともにだんだんと4月に向けてセミナー仕様にスタンバイ。

いつも書いていますが、簡単にセミナーに至った経緯をご紹介

私が歯科衛生士の勉強会en-rondを結成したのは、2000年の2月20日の日曜日。新宿のとあるビルの一室で、私達は出会いました。

出会いは、当時私はことある毎に興味あるセミナーに参加していました。不思議な事に、やっぱり頑張っている衛生士は同じようなセミナーに集うもの。何度かセミナーで見る同じ顔...そんな中で出会ったHiromiさんという衛生士さんと、東京近辺でよい歯科衛生士のスタディーグループはないかという話となりました

私達に思い当たるところがなく...『じゃあ作ろうか?』と意気投合したのが始まり
あとは実行あるのみ。その前から歯科衛生士のMLで知り合っていた歯科衛生士仲間に声をかけたり、MLで声をかけたり。そしてめでたく2月20日に結成しました。

en-rondという名前は『輪になって』というフランス語でMikiさんが考えました。

私にとってはこの日の事はきっと一生忘れない思い出です。

当時は30名ぐらいメンバーがいて、様々に講師を呼んだり、某先生と温泉旅行に行って夜中まで勉強したりとそれは楽しい青春でした。さて、歯科衛生士は女性の集団ですから、時が経つに連れて結婚、出産でメンバーも減って行きました...

取りまとめ役であった私も悩みました。いつまでこの会を続けるか?

でも迷った時に決めました。この会は歯科衛生士の歯科衛生士による歯科衛生士のための勉強会、一人でも続けたいというメンバーがいる限り続けよう。

そして現在残っているメンバーは4名
勉強会というよりも御茶会のように暫く時を過ごしていましたが、なかなか私達が憧れる歯科衛生士さんが現れない。世の中にたくさん講師はいるけれど...歯科衛生士の本質を教えてくれる講師は少ない
じゃあ仕方ない自分達で作ろうという事で一念発起。昨年からセミナーを始めました。

さて、この本質というのを伝えるのが難しい

私にもはっきりとまだ言える術がない。けれど、明らかに現在の日本の歯科衛生士にその本質を見る事は、私には、できない。

20年前からこれからは予防の時代だと言われ続けて、知らないうちに12歳時のDMFTは1.4本になりました。つまりもう日本人の虫歯予防は完了したのです。

なのに、未だにこれからは予防の時代だ、歯科衛生士が活躍すると言われている...
20年経っても歯科衛生士の定期検診率のデーターはない。公のデーターで定期健診と言われているのは、歯科医師のチェックを含めたデーターで、歯科衛生士が言う通常のメインテナンス率というのはデーターがないのである。

だから歯科衛生士が結果を出しているのかさえもわからないのである。

そして、テレビコマーシャルでも言われるように、40歳以上の80%が歯周病で...ってこのデーターも誰がどうやって統計をとっているのかわからないし、歯周病の定義すらわからない。

歯科衛生士が大好きなペリオの先生達や、私がペリオ野郎と呼ぶ歯科衛生士達は口を揃えて言う。
『プロービング(歯周ポケットの深さや出血を測る検査)は初診時は深めにとって出血も多めにつければいいんだよ。』歯周病の認定衛生士ですらデーターを改ざんするのだから、ご愁傷様としか言いようがない

そしてもちろん日本の国民皆保険制度に予防の点数はない。

何か全てが矛盾していて私には理解できない。

そして、歯科衛生士はそんな制度の中で毒されて、よくわからない行動をする。歯科衛生士は自分にはされたくない指導や処置を患者には平気でする。

歯周病だから歯石をとるのは当たり前で、歯肉が退縮(下がる)のは当たり前、退縮した歯肉を私が治したと自慢し、毎回患者の歯を真っ赤に染めてまるで鬼の首をとったかのように、患者に向かってココが磨けていませんねって...

なんだそりゃそれが患者の健康を守ろうとする医療人としての姿か私には疑問すぎる。

歯科衛生士が患者の一生を担う、大げさに言えば...いえ大げさじゃない、患者の人生を左右する仕事である医療人の姿か

だから私は世の中の歯科衛生士が大嫌いである。

初めてお会いする患者さんに必ず聞きます。
『歯石を取ったり、歯のクリーニングをした事ありますか?』ほとんどの患者さんが『あります。』と答えます。でもさ、なのにね、患者さんの口の中には歯石がべったりくっついていて、何一つ良くなってないんですよ。これが日本の歯科衛生士がしている事の現実なのです。

私患者診てます、私の患者◯人います、ユニット1台任されています...

現実を診て下さい、歯科衛生士さん。だから私達は歯科衛生士に物申す

本質を知りたい方は4月のセミナーにぜひ参加して下さい。

歯科衛生士の本質が理解できるエピソードを今回はお話するつもりでいます。『究極のTBI』のお話です。

日々私も精進です。まだまだひよっこの私。人様に教えると決めたからには、それなりの自分でいなければならない。だから日々気が抜けない。今まで以上に歯科衛生士に気合が入る。

さて、また明日から一週間が始まります。刻一刻と迫るセミナーに向けて、私もスタンバって行きたいと思います

 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです   初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様おはよございます。
毎日寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?そんな寒い中でも時々私は春の足音を感じます。
が待ち遠しいですね...

最近年をとったせいでしょうか、すごく時代だな〜と思う事が多くなりました。

歯科衛生士の仕事では、本当最近、顕微鏡を使ってメインテナンスしていますという衛生士さんが増えてきました...

まあその事に、へそ曲がりnaomiはモノ申す なのですけど

いつも申し上げますけど、歯科衛生士を選ぶときは顕微鏡のあるなしで選んではいけません。顕微鏡があったって、その歯科衛生士自身の力量によって皆様の歯の将来は変わってくるからです。

顕微鏡は使いこなしてナンボです。ヨーロッパでは80歳で20本以上の歯を残していますけど、顕微鏡で歯石取りやメインテナンスはしていません。より良い精度のしごとができるってだけの話です。

そして顕微鏡を使いこなすのは非常に難しい...

今日の症例は左上7番(親知らずがない人は一番奥の歯)の歯肉縁下(歯肉の中)の歯石の除去です。
BlogPaint
つまり上の左側の一番奥の歯の奥側の面です。
下の写真を見て下さい。顕微鏡で見たところで、何か見えますか?歯石見えます?

SRP

歯科衛生士の力量は顕微鏡のあるなしではなく、正常、異常、日常と違う、つまり変化を見極められる事。それは顕微鏡のテクニックとは別の問題です。視診、触診、レントゲンやCTの読影、問診など様々な要素から総合的に診ていく。それが本当の歯科衛生士です。

私の歯科衛生士としての直感。むむむ...何かある ブヒー

SRP2


だから覗く。器具で歯肉をよけて中を見ようと思う。

3

あった。歯肉の中にある歯石。心の声。『こんなの取れるわけないやろーーーーーっ

SRP4
 
そうは言っても、私も歯科衛生士の端くれ。10年以上私を信じて通って下さっている患者様に、歯石ありますけど取れませんなんて、そう簡単には言いたくないっ

ぜって〜とってやるぜ

と気合を入れて超音波スケーラーで弾き飛ばして除去したところ。ポケット幅1.5mm。深さ3mm。
どんなに小さくても、これが歯周病の始まり。その芽をいち早く摘み取る事。それが予防につながる。だから諦めない。自分の患者には私のできるかぎりの責任を果たす。それがnaomiの流儀。

でも、本当、これ、結構キツイ... 歯肉の中の歯石の除去は気が遠くなるほど神経を使う。だってその世界の大きさは1mmかける1mm以下。

さて。今日も患者様のために。頑張るべ〜な

歯科衛生士の皆様、もうお申し込みはお済みですか?セミナーやります
↓詳しくはこちら。告知’sからお申し込みできます。
http://kokucheese.com/event/index/357006/

↓主催する歯科衛生士en-rondのfacebook page。歯科衛生士としてのつぶやきしてます。
https://www.facebook.com/dental.hygienist.enrond/

私も40の声を聞きましたが未だにひよっこだと思っています...なのですが、自然とそれを後輩に教える立場になってきた...本質を教えてくれる歯科衛生士さんが少ないので、人前に立つのは得意じゃないけど、仕方ない、一念発起。仲間と昨年からセミナーを始めました。講師のReiさんは本質を語る数少ない歯科衛生士。

私は、やるからには歯科衛生士の本質をきちんと伝えたい。情報化社会で、情報に左右されて、なんだかビジュアルだけに憧れて格好いいと言う衛生士さんがすごく多い。私が知る限り本質を理解し、本当に尊敬できる歯科衛生士は少ない。

師は選ぶべきだ。

憧れの衛生士さんの道が自分の道となり、師によって歯科衛生士としての人生は大きく変化し皆様の人生も大きく変わる。そして歯科衛生士は患者様の人生をも変えていく。

人の人生に大きな影響を与える職業であるからこそ、人間としての本質が一番に大切なのである。

私が歯科衛生士に教える事はここからはじまるのです。うちのスタッフの歯科衛生士1ページ目に私が書かせたもの。お題は『歯科衛生士として1番大切なもの』 



ロッカールームの台にたまたま置いてあったノートの表紙をパシャリちゃんと書いてあった
 
これが歯科衛生道の本質です。

ぜひ歯科衛生士の本質を学んで下さい。今回は定員10名。すでに半分お申し込み頂いております。
ご興味ある方はぜひご参加下さい。皆様とお会いできるのを楽しみにしています 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

久しぶりのブログです。今年も早いものでもう1月が終わってしまいました...
つい先日お正月を迎えたばかりだと言うのに 

私の今年初のお仕事は、先週金曜日に行われた首都圏滅菌管理研究会の幹事の会合でした
かなりな緊張からの疲労で週末はバタンキュー

次回の研究会は記念すべき第10回大会。小林寛伊先生初め著名な先生方がお話し下さいます。詳細は研究会のHPで発表されると思いますのでもう少々お待ち下さい。
23
私は今回初めての幹事としての参加でしたが、畑違いの私を役員の皆様初め研究会の皆様が温かく迎えくれて下さって...まずはホッと一安心。研究会の皆様には感謝、感謝です

実はあまりにも外の活動の事ばかりを書いていると、患者さんに心配されます。

『naomiさん、辞めるんですか?』

辞めません

私の本業は臨床家ですから。
目の前の患者様一人を幸せにできなくて多くの人を幸せにはできないが持論ですもの。

ちゃんと本業のお仕事してます。久しぶりに症例を。最近は初回クリーニングの方が増えて来たので、歯石除去の症例がたくさんあります...が写真を選んで落としてきたり大きさを変えたり、ブログを書いたり...がなかなか時間がとれなくて紹介できないのが今の悩みです

さて、最近はよく『当院では歯科衛生士が顕微鏡を使用してメインテナンスを行っています。』というのを見ます。こう書いてあると患者さんとしては、顕微鏡があれば精度の高い歯石除去を行ってもらえると思うのでしょうね...

でも実際には全くそんな事ありません。

選ぶべきは顕微鏡があるかないかではなくて、自分の体を任せる人が信頼できる歯科衛生士であるかどうかです。なぜなら歯科衛生士の仕事は奥深く、その力量が問われる仕事だからです。

顕微鏡だけがあったところで患者様を導けるかどうかは別の問題。

下顎右側の頬側の写真です。
さて、この写真を見て私がどこを観察しているのか皆様はお分かりになりますでしょうか?
6番の近心の縁上歯石らしきもの?と思いますか?
SRP1
いいえ不正解です。私が気になったのはここです。縁下の歯石。これはポケットをよけて見える歯石を拡大したもの。上の写真のように、そのまま拡大したところで何も見えません。ポケットの中の異常に気づき、中を確認しようと思うのは、それは私の歯科衛生士としての経験からの臨床的感からです。
『むむむ... 何かある。』
SRP2
いつも申し上げますが器具の1目盛りは1mm。1mm強程度の歯石。こんな1mm程度の歯石なんて取らなくても問題ないかもしれません、でも、初発がこれで、この歯石がどんどん大きくなったり、この歯石に細菌が付着して歯周病が進行していく...

でもね、正直言いますけど、1mmの歯石の除去って半端なく神経使いますポケット幅2mm程度の中の1mmの歯石を歯肉の内縁上皮に器具が当たらないようによけながら処置するのですから、その集中度と言ったらありません。
SRP3
正確に歯石だけに器具を当てます。超音波で粉砕。歯石全体が1mm強で上の写真の小さい塊って何ミリよ?って話です
SRP4
健康な組織は美しい。上皮内面はなぜかキラキラしていて、歯石を除去した瞬間から歯面に付着しようとしてくる。人体の不思議。だから歯石除去直後はその姿を撮影するのが更に難しい。
image

歯科衛生士の仕事は奥深い。手技の確実性と知識と経験。顕微鏡があるないなんてどうでもいい。

だってヨーロッパでは顕微鏡で歯科衛生士が歯石の除去なんてしてない。でも80歳で20本以上の歯を残している。それは歯科衛生士の手技だけじゃない知識の伝授や導き方により患者様のお口の運命は変わってくる。だから信頼できる歯科衛生士である事が重要なのだ。

歯石はとってもまたついてくる。顕微鏡を使う衛生士よりも患者様のモチベーションを上げて二度と歯石のつかないテクニックをマスターさせる歯科衛生士の方がずっと価値がある。

どうしても不器用でセルフコントロールが難しい患者様を次回必ず来院するようにモチベートできる歯科衛生士の方がよっぽど価値がある。

顕微鏡があるかないかとか、歯石が確実に除去できるかどうかなんて本当はどうでもいい話。

歯石なんて残っているに決まっている、顕微鏡があってもそれは今見えている世界の話。電子顕微鏡で確認したら確実になくなっているという保証はない。肉眼の時よりリスクが減っただけ。

歯科衛生士奥深し。

さて今週も精進するとします


 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

今日の独り言。

戦争反対もいいけどさ、原発反対もいいけどさ。

もっと大切な事がある。

こういう話を書くと、昭和の人とか古い人と言われてしまうと思うけど

でもいつの時代でも変わらない本質というのがある。

最近目にした記事。

自分が楽しく自分の人生を送れば、結果それが人のためになる事もある。だからと言って人のためになる必要もなく、まずは自分がやりたい事、したい事をする事が大切。

最近良くこういうの聞きます。

親のレールに縛られる事なく、人と比べる事なく、自分らしく自分の人生を生きる。

確かにそう私もそう思う...

ただ...

なんだかいつも疑問符が浮かぶ。

それが何かなぁってずっと考えていたのだけれど。

もう退職してしまったけれど、某スタッフとのやり取り。

途中省略しますが...入社直後からずっと体調が悪くて、仕事を覚えてもらいたくて(その方がほかのスタッフの負担も減るし)休みを半年間返上したし、休むたびに代わりに残業したり、出勤したりした。

ある日私だけじゃない、そんな周りの気遣いにも気付かず自分勝手な言動をしたので、流石の私も堪忍袋の尾が切れた。

もう切れてるから私も止まらず。

「ねえ、仕事って何でするか知ってる?何で働くか知ってます?

「知りません...」

「はあ?知らないの?貴方結婚したいとか言って、自分の子供が働き出す時に働く意味をどうやって教えるの?」
お金のため?そういうのを拝金主義って言うんだけど。
「自分が生まれてから、世の中にや八百屋さんがあって、魚屋さんがあって、学校があって...親だけじゃなくって社会に育てて貰ったんでしょう?大人になったら社会に恩返しするために働くんだよっ!そんな事もわからないで働いてるの?少しは周りの気持ちを考えたら?チームで仕事してるんだしさ…」

因みに彼女は新卒ではなく、社会人5年以上経験あり。しかも大手企業サービス業経験者。

その後も同じような人が続き...雇ったバイトが初日に連絡なしで来ない、1日来たらで旦那の海外転勤が急に決まったと言って挨拶にも来ず更に催促するまで制服を返却しない、メールで一方的に辞めますと言って挨拶にも来ないで借りていた本を誘郵送で送りつけてくる。

そう今の若い人って、全ての主語が「私」。それが悪いとは言わないけれど、なんで自分の前に「人」に感謝の気持ちがないかな。自分一人で育ってきて、全て自分がやってもらって当たり前みたいな。いつも私が主語だから、どんな場面でも自分が中心で物事を考える。

相手の事を先に考えていたら、初日に行かなかったら相手が困るなとなるし、急な海外転勤とか嘘つかないし制服はすぐ返却するよね。近所なんだから借りた本ぐらい持ってくるでしょロッカーの私物だって片付けてないんだし。

だから、冒頭に申し上げた、「まずは自分の人生を楽しむ」って言葉がすごく気になる。せめて自分の人生よりも育ててもらった親に恩返ししなよと思う。自分の事よりも、まず育ててもらった親、社会、周りの人に感謝しなよと思う。

聖路加病院の日野原先生は、命の教室で子どもたちに伝えています。

子供のうちは自分のために時間を使いなさい、子供なんだからいくらでも好きに使っていいんだよ。でも大人になったら、人のために時間を使いなさい。

大人が悪い。

確かに自己中心的な若い人もいかがかと思うけど、本質を教えられない大人、教えない大人に責任がある。

原発、戦争糞食らえっです。反対運動をしたり参加したりするのも意味があるかもしれないけど、世の中のお母さんや大人が周りの人を大切にする道徳心や生き方を教育するほうがよっぽど意味がある。なんかそういう本質的なところが伝わってこない。

世の中の大人が何も言わなくなったから。子供が自己中心的になって、アメリカ人みたいになった。アメリカ人の主語は必ずI am...私は...アメリカの真似をするのもいいけど、日本の良さがどんどん失われていく。日本人の心も。日本人の顔をしたアメリカ人。

彼女は退職後おめでたくご結婚されました。私が怒った意味を理解してくれて彼女が素敵なお母さんになる事を願います。結局子供の思想は親に影響されますからね。

最近そんな事に歳を感じる私です。

昨日も仕事の連絡はラインが当たり前。手紙を書いてくる人や電話をしてくる人とは仕事をしたくないと某若者は言っていました...

世の中にはいろんな人がいます。年齢もまちまちだし。なぜ自分達より先にこの世の中を作ってきて下さった大人の文化を否定し、自分達の主張だけするのでしょうか?貴方が作った世の中ですか?貴方が世界の創造者ですか?

大人がいて、周りの人がいるから自分が仕事がお仕事できて生かされてるって早く気が付くといいのにね。

人があっての私です。社会があっての私です。平和があっての私なのですよ。そしてその平和な日本を作ったのは若い人がお金を稼がないと言って邪魔者扱いしているおじいちゃんやおばあちゃん達なのです。

今の人は目上だからって尊敬するわけでもないし、友達扱いするし、自分と並列、ともすると年老いて能力がない人は自分よりも下に見るものね...私が歯科衛生士の仕事でも、歴史を知る事が大切ですというのは今日書いた事にも繋がっています。

何人もお年を召しているだけで尊敬するに値するものです。お年寄りを大切に。

隣人に愛を。

世界の平和への一歩は主語を自分ではなく、相手に変える事です。

さて。今日も感謝の気持ちを忘れずに。1日を大切に過ごしましょう


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

新年4日。今日が仕事初めの方も多いかと思います。
さて。お正月気分を一掃して、私も今日から本格始動いたします。

現在決まっている私の2大イベントをご紹介します。
昨年仰せつかった、首都圏滅菌管理研究会の裏方役。7月18日に10回大会が開催されます。私が大変お世話になりました、小林寛伊先生が講演されますので、裏方としてその役割をきっちり務める事が大きなイベントの1つです。
23

小林寛伊先生は日本の感染制御学の生みの親であり、第一人者です。その歴史的人物であらせられる小林先生のお話を聞けるのはこれが最後になると思います。ぜひご都合つく方はご参加頂ければ幸いです。(また詳細が決まりましたらアップいたします)

それから日にちが前後しますが4月の歯科衛生士研究会en-rondのセミナーを成功させる事。

ここで皆様にお知らせがあります。歯科衛生士研究会のセミナーの申込を開始いたします。お申し込みはこくちーずよりwebよりお申し込み頂けます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 ☆ デキる歯科衛生士を育てるコース ☆ 
 〜明日から使える臨床の技シリーズ 繊
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

講師4名(全員キャリア20年以上)が教える即使える実践的なセミナー。
受講して頂ければ必ず歯科衛生士としてキャリアアップできます。(私達が責任を持って必ずキャリアアップさせます。)

今回から定員を減らして10名先着順としました。(必ず結果を出して頂くために人数を減らしました)

【内容詳細】 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■第1部  
『 今さら聞けない! 一から学べる感染対策 』

 ◎ 歯科医院の感染対策の中心は歯科衛生士!
 ◎ 知ってますか?感染制御学という学問の事
 ◎ これだけは絶対に守りたい感染対策のルール
 ◎ 最新のガイドラインを紹介します

 講師: 戸田 奈緒美 先生(歯科衛生士)
      1993年 鶴見大学短期大学部 歯科衛生士科 卒
     2013年 東京医療保健大学企業人支援実践講座 終了(首都圏滅菌研究会幹事
      現在  Advanced Care Dr.Iritani's Dental Office 勤務
     ・文献:歯科衛生士業務における顕微鏡の活用

なぜ、私が感染制御学の話をするのか?虫歯も歯周病も感染症。HIV、B型、C型肝炎も全て感染症。感染についての基本的知識は私達歯科衛生士の仕事の基本。アメリカの歯科衛生士の成書の第一章はinfection controlです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆★☆★☆★

■第2部
『 うまく伝わる。患者さんが変わる。魅力的な臨床説明の仕方 』
 
 ◎ 患者さんの興味関心を惹きつける説明とは?
 ◎ 患者さんにうまく伝えられる。うまく話せるようになる
 ◎ 説明が変わればTBIのモチベーションは簡単!
 ◎ 実習付き

講師: 池内 麗 先生(歯科衛生士)
     1992年 埼玉県立衛生短期大学 歯科衛生士学科 卒
     2000年 日本橋土屋歯科医院 勤務
     2009年 株式会社松風ハイジニストセミナー講師
      現在   日本橋土屋歯科医院 勤務
     
     ・研修会実績:スウェーデンイエテボリ大学大学 歯周病科/
      イタリア卒後研修機関ARDEC/スイスEMS社

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆★☆★☆★

過去2回セミナーを開催しています。過去1回の様子は以下のリンクからご覧いただけます
平成27年10月 第2回セミナー
平成27年4月第1回セミナー

突然ですが、皆さんは何を基準に受講するセミナーを選びますか?

老婆心ながら申し上げれば、若い衛生士さんは今はまだ理解できないかもしれませんが、例えばTBIの仕方とか、スケーリングの仕方とか、テクニック的な事は、経験積めば誰でも上手くなります。だから若いで経験が未熟な時はそういうセミナーに参加するのも大切なのですが、でもそれは選択の第一条件にはなりません。

それよりも自分のモチベーションを高めてくれう歯科衛生士さんに早い段階で出会うかどうかが重要です。つまり受講するセミナーの受講が憧れの人か否か。つまり人です。

人間とは不思議なもので、憧れる人になりたい!と思うと成長が早い、早い。悶々と日々の診療を悩んでいる時間が馬鹿らしくなるくらい、その衛生士さんになるために頑張ろうって思うのです。

それが、10年、20年続くと、結果スペシャリティーの高い歯科衛生士になっているというわけです。

これが物事の本質です

これは歯科衛生士に限りません。例えば患者さんも早い段階でできる歯科衛生士さんに出逢えば、長期で見た場合、その歯の健康レベルはかなり高い状態で保てる。でしょう?

だからモチベーションを上げ続けてくれる歯科衛生士さんと出会う事がその人の歯科衛生士人生の一生を左右する

そんな歯科衛生士さんと皆さんはもう出会いましたか?

私達とのセミナーとの出会いが、皆様の人生の素敵なスパイスになれるように。私達も香り高いスパイスにならなくっちゃセミナーまであと3ヶ月。私達も成長します。

このセミナーは今回含めてあと3回は継続するつもりでいますが、その後の継続は今は未定です。ご興味ある方は早めにご参加下さい。

それでは皆様、本日も張り切って参りましょう

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

謹んで新しい年をお祝い申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
image

私の年末年始はお節に終わりお節で始まります。いわば一年の締めくくりであり、一年初めの仕事でもあります。

今年は〆鯖に始まり、黒豆、栗きんとん、紅白なます、数の子、ごまめ、慈姑、筑前煮、蒟蒻の煮物、昆布巻きの10品を手作りしました(最近良く何品作るのか?と尋ねられる事が多いので記載します)

私の中ではお節は食べる事が目的というよりも作る事が目的です。
お節は和食の基本と良く言いますが、出汁をとるとこから始まり、乾物を戻し、下ごしらえをして丁寧に仕事をしていく。
image

そして最後に出来上がったものを丁寧に盛り付ける。本当に日本の文化というのは手間暇の文化です。日本食はその究極

その丁寧さは、自分の仕事観に相通じるものがあり、自分の仕事も各有りたいと思うわけです。
(三つ葉の葉が裏返っていたり柚子の幅が揃ってないのはご愛嬌という事にして下さいあくまでも素人なので

ですからお節作りは私にとっては「けじめ」であります。

さて、本年も丁寧な仕事を心がけたいと思います

皆様も幸多き歳でありますように

今年もよろしくお願いいたします

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************


本年もあと数時間となりました。

先ほどブロブを書いていたら、PCがフリーズして記事が消えた。。。
つまり、余計な事は書くなって事なのですね

さて、今年の振り返り。今年とにかく頑張った

終了

一番大変だったのは、第9回首都圏滅菌管理研究会での発表。参加者330名。東大の先生方の中で発表するのは、本当に心臓が止まる思いでした。畑がもともと違いますからね。歯科の業界での緊張とはまた格別の緊張感でした。

さて本年もnaomiの爆裂ブログにお付き合い頂きまして有難うございました。

いつもご来院して下さる皆様、1年間本当に有難うございました。

それから今年ご縁がありお付き合い頂きました皆様有難うございました。

チームイリタニの皆様本当にいつも有難うございます。

一年の最後は様々に思いが巡りますが、最後には感謝の言葉しかありません。

感謝、感謝と言いますと、どこかのいんちきコンサルタントみたいですが、私が感謝と申し上げるのは自分への戒めでもあります。私はそんな立派な人間ではないので、感謝申し上げると言うことで、そういう自分になるという自分への戒めの意味もあります

感謝

いつもの事ですが、来年もまた誰かのお役に立てるために。そして感謝の気持ちを忘れずに。この2つしか私にはありません。

また来年もどうぞお付き合い頂ければ幸いです。

どうぞ良い新年をお迎え下さい。皆様に幸多き歳となりますように...



☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************


今年もあと数時間となりました。

今年の振り返りです。今年参加したセミナー&学会。全24回。
いつも勉強する機会を与えて下さっている院長に感謝しております。
血の涙が出るまで勉強しろ10000ページ暗記しろというのが院長の口癖です

2015.12.03 インフルエンザセミナー
2015.11.29 第9回首都圏滅菌管理研究会
2015.11.01 新型インフルエンザセミナー
2015.10.29 日本成人矯正歯科学会 コ・デンタルスタッフ向け秋季セミナー
2015.10.25 インプラント成功のための口腔内外の感染管理
2015.10.01 HIVセミナー
2015.09.28 摂食嚥下セミナー
2015.09.17 歯科麻酔セミナー
2015.08.23 パーキンソン病の治療と展望について
2015.07.19 人生論と運命学
2015.07.16 歯内療法その質を高めるために
2015.07.09 歯内療法
2015.07.03 感染制御の新たな課題
2015.06.28 第8回滅菌管理研究会
2015.06.21 日本成人矯正歯科学会23回大会
2015.06.07 日本全身咬合学会第29回公開講座
2015.05.26 小児歯科臨床のコツ
2015.05.17 脳
2015.04.13 第29回日本医学会
2015.04.15 食べる事に問題ある患者に歯科は何ができるのか
2015.03.08 医療安全セミナービスフォスフォネート
2015.02.20 第30回日本環境感染学会総会 学術大会
2015.02.10 周術期研究会
2015.01.29 洗浄、消毒、滅菌

なかなかこれら全てを自分の身にするのは難しいですが少しでも患者様にこの知識を還元するべく来年も精進いたします

本日2回めのブログアップですが、年内にまとめておきたかったので列記します。

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************


今年もあと数日。皆様2015年の最後、お過ごしでしょうか?

さて今年最後に何を書こうかと考えるわけですが、ふむ。

今年を振り返って見れば、昨年東京医療保健大学で学んだのをきっかに、講演の機会がポツポツありました

歯科衛生士en-rondの研究会のセミナーが4月にあり、9月に成人矯正歯科学会のコデンタル向けセミナー、10月に再度en-rondのセミナーがあり、11月に第9回首都圏滅菌管理研究会での発表。ほっと一息ついてこの年末突入でした。

さて。来年はいかに

とそんな事をしていたところ、ご縁がございまして、首都圏滅菌管理研究会の幹事を仰せつかりました。さて来年はこのご縁がどう広がるのか…楽しみでもあり、本音を言えばチョー不安です

そして、話は変わりますが、先日今年最後の講演会、土屋和子先生の「プロフェッショナルワークバランス」出版記念講演に参加して来ました。

土屋和子先生は私の歯科衛生士人生に多大なる影響を与えた歯科衛生士さんです。

ご縁と言えば、私が土屋先生と初めてお会いしたのは20代の頃。ご縁があって、先生も私の事を覚えていて下さり、40代になった今もご縁が続いています。

あー
私が追っかけしているだけか

今回は出版記念講演という事だったので、先生のお話だけかと思いきや、実習付きのガッチリ講習会でした。

でね、結構自分の内面を見つめるセミナーで…自分の事をいっぱい話してエネルギー消耗。

生まれてからの全てが自分の思考を作り出しているというのは知っていたのだけれど久しぶりに改めて実感。

最近、そういうセンサーが敏感になったのか、周りの人の何かを感じる。

実習のバディが、なんだか気になるオーラを発している…目線を合わせないんだけど、実習となると真っ直ぐに目を見て凄く明るく振る舞ってくる。

ギャップが苦しい…というか、私の中に胸騒ぎを起こす。不安…

こういう時は大抵自分の問題とリンクしている事が多いから、自問自答してみる。私の中にそれが気になる何か問題がある。

でも。

私が心理学を学んだ経験上、それを掘り下げるだけが良いわけじゃない。

そして自分の中に不安はあるから、何か問題はあるのだと思うけど、それよりも今は目の前のバディを助けたい…助けたいというと大袈裟だけど…何かできる事をしてあげたい。

今回は深いセッションじゃなかったから、あまり深いところには行きつかなかった。

兎に角彼女が気になる。観察していたら…観察してたわけじゃないけど自然に視野に感覚が入ってくる。

胸が苦しい彼女は胸が苦しいのか胸を抑えて息を吐く。

鳩。

白い鳩が彼女の胸から生まれる…見えた。

なんだかなぁ〜私かなりおかしい人だよね

でも、なんだか彼女が苦しそうに見えて…可怪しい人と思われるのを覚悟で彼女に伝えた。

胸に手を当てて呼吸を感じながら白い鳩が飛んでいくイメージをして、お化粧して外に出ると運気が上がりますよ

かなり可怪しい…私

うーむ。上手くブログでは伝えられないのだけれど、心理学って俄かでは使い物にならない。というか、中途半端に人の心の問題に立ち入ると逆に相手のキズを大きくする事がある。

本気で相手を思うなら、心中する覚悟がないと心の問題は扱わない方がよい。自分の器を私は知ってる。

でも、助けを求めている人には手を差し伸べたい…

だから簡単なイメージ療法。心の内に溜まっているものを外へ。何も具体的には聞かず、何も話さず。

なんだろう。
その日、私はなぜこの講演会に来たのかピンときた。彼女と会うためだ

だって、私、実は出版記念講演と言うものの、出版記念パーティーだと思って参加したのだもの

まさか、心理学の講演だったとは夢にも思わず。しかも心の基本なら知ってる。今の私のテーマじゃないから。わざわざこのテーマのしかも実習付きセミナーには参加しない。

そう。ご縁。

あれから彼女はどうしているかなぁと思いを馳せる…

何も具体的には聞いていないし、本質はわからない。

あのアドバイスがマイナスになってないといいなぁ…基本的に心を病む人はまじめで良い子な人が多い。人に何か言われるととりあえずニコリ。

悩みは気がつかれない方がいい時もある。無理に解決しない方がいい時もある。そんなときのアドバイスは心をえぐる時がある。

時が解決する時だってある...

1番大切な事は、自分を信じてくれる人がいるって心信じる事ができて、自分は価値ある存在であるって信じる事

人を信じられる、自分を信じられる環境にあったら心が病んでしまう事はない。

人が信じられるものであると自分が信じる事ができれば何も問題ない。それは理想でもしかしたら妄想かもしれない。

自らの心の真実は自分が決める事だから

心理学では何かとウンチクや流派があるけれど、共通言語として言うならば、愛する事、愛される事、自分を信じる事。この3つしかない。

つまり、頭で考える理論や理屈じゃなくて人間の本質。

今右衛門曰く。
焼き物で1番大切な事は何か?
それは人間性である。

物事の究極は人間性…

久しぶりに意識した他者理解と自己理解。

何が言いたいかわからなくなってきた

そんな事が頭をめぐっているカウントダウン30日のnaomiです

最近ご縁の事をよく書くな…今年はご縁の1年だったんだなぁ。

来年もご縁を大切にして人間性を磨こう

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

どんなに健康そうな、どんなに手入れが良さそうな口腔内でも、異変がある場合があります。それを見逃さないのが予防を担当する歯科衛生士。

その異変は極々僅かな異変で、1回のメインテナンスでは気がつかない場合もあります。でも継続して拝見していると見えてくるものもあります。

それは見落としという事ではなくて、生体が見せてくれない場合もあります。

特に歯肉は手入れが良ければ一見異常がないように装うし、手入れをサボれば覿面にその異常を教えてくれる組織でもあります。つまり、素直な組織ってことです。

メインテナンス中の患者様。右下6番の近心。ポケット幅1.5mmの中に2mm程度の縁下歯石が付着。簡単に例えれば、爪と指の肉の間の砂粒を除去する作業。器具1目盛りが1mm。
 
20151219

真に見るという事は難しい。見ているようでも盲目的に感覚で器具を動かしてしまう事もある。だから見て歯石に触れる器具先を注視する。まるでスケーラーの先端に眼があるように。そんな感覚で処置していく。

19-2

現実には、何の症状もなく、出血も何もないこの組織に病名がつくはずもなく、歯科医師がおせっかい的にこの歯石の除去に取り組む理由は何もない。むしろ、この除去に時間を割くなら、歯科医師としてもっとするべき処置がある。 つまりいつか悪さはするけれど、そのいつかまで放置されるのがこの大きさの歯石である。

でも、初発はここだよね...これぞまさに歯科衛生士の出番。

(それにしても写真見て思うけど、健康な組織って美しい歯石を除去した後の根面にスケーラーが鏡面のように映っている。)

19-3
 

というわけで、私の担当する患者さんならば、この誰も気が付いてもらえない病気の眼を早々に摘み取ってもらえる。でも、ぶっちゃければ、これは私が取り残している歯石でもある。だってこの患者さんは3回めのメインテナンスだし。

これが生体の変化と、術者の限界である。だからいつも私は謙虚に、生体を観察しようと思う。

(やっぱり健康な組織は美しい。根面もツルツル輝くし、歯肉の煌めき。色と光のコントラスト。美しい。完全にオタク。私

生体反応はすごく素直で、歯肉の中に歯石があっても、良く磨いてコントロールしていると歯肉の入り口がピタッと締まる。つまり、外から歯石は見えない。顕微鏡を使ったところで、見えないものは見えない。

でもメインテナンスで何回も見ていると、その姿を見せてくれる時もある。

それは免疫力が低下した時とか、お手入れが不十分で炎症が起きてポケットが緩んだ時とか。 それを見逃さないのが私、歯科衛生士。

歯石除去にはやり時がある。ポケットが締まっている時に無理やり歯肉を引剥して歯石を除去するのは、組織を傷つける行為であり、それは無駄な侵襲となる。歯石を除去しても組織を損傷したせいで歯肉が下がり、将来的に様々に問題が出る事もある。

つまり見えた時が歯石の取りどき...

でもね、こんな小さな細かい処置、本当はやりたくない。精神的疲労がすごい。集中力が半端ない。見えているものは大きくても、実際に動かす手はそのミクロサイズの動きと処置だから...

だから皆さんにお願いです。たかが歯石取りと私に向かっては言わないで下さい(笑)たかが歯石の除去ですけど、されど歯石の除去で精神すり減らして仕事してますので。

日々こういう処置をしているんだけど、画像をカットするのが面倒でなかなか書けない。
でもたまにはお見せしないとね。ちゃんと仕事をしているって事を。

さて、今年もあと1週間、張り切って参りましょう 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

先日の首都圏滅菌管理研究会の発表が終了し、朝のミーティングでその報告がなされました。
顕微鏡アシスタント、現在歯科衛生士学生のYuさんが、研究会の内容から医療法について調べました。

常日頃医療安全に関して医院でも話し合っていますが...私は医療安全という言葉が出てきた時に、何かよくわからない違和感に駆られました。

医療現場で患者の安全と守るのは当然と医療者の端くれである私は思っていたからです。

医療安全を調べていいるうちにその謎が溶けました。

ヒポクラテスの誓い

33

ヒポクラテスの誓いを現在の言葉に表したのがジュネーブ宣言

12
(ともに日本医師会のHPより抜粋)
その後、ヒトを対象にした医学研究の倫理的原則を示したヘルシンキ宣言(1964年)や、患者の権利に関するリスボン宣言(1981年)が出されています。時代とともに医の倫理も変化しています。

様々な情報社会の現代。
様々に規制や法律の施行とともに、それがなにかマニュアルのように作られていく...

日本医師会のHPに私の違和感の答えがありました。医の倫理の遵守こそまさに医療安全対策の根本をなすものである。

アメリカの歯科衛生士の成書。いつも歯科衛生士の倫理を問うてくる。この処置は歯科衛生士の倫理としてどうか?患者にベネフィットがあるかどうか?(まあ、ベネフィット... なんて言うあたりが医療サービス大国アメリカらしいけど(笑))

医療の根源に必ず倫理があります。医療従事者としての魂。

上辺にとらわれると、本質を見失う。医療安全はマニュアルだけどマニュアルじゃない。その根底には医の倫理があり、その実行のためにマニュアルがあるのだ。

その本質を忘れず、今日も患者様のために。

今日もそんな医療従事者の端くれでありたいですな
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

半年に1回の恒例行事♡伊藤国際学術研究センター・伊藤謝恩ホール(東京大学)で行われた、首都圏滅菌管理研究会に参加してきました (内容に関する報告はnaomiお勉強ブログへどうぞ)

今回のテーマは市中感染の最前線。
今までは大病院のテーマが中心でしたが、今回は市中病院がテーマに。 何と今回は、naomiも演者として参戦です!

image

1.特別講演機А峇鏡症特別講座:手指消毒がどうして重要なのか」   
  森屋恭爾 先生(東京大学医学部附属病院 感染制御部 教授・部長)
2.教育講演:医療現場における滅菌保証のガイドライン2015解説
 「超音波洗浄装置項についての解説」城之内 幸宏先生(サクラ精機株式会社 学術部教育センター長)
 「ガイドライン2015のポイント」橋本章先生(株式会社ウドノ医機 研究開発部 部長)
3.シンポジウム:市中病医院における洗浄と滅菌における問題点  
 「市中病院における器材再生処理の現状と課題」
  酒井大志 先生(越谷市立病院 中央滅菌室手術室 医療業務主任)  
 「眼科領域における洗浄・滅菌について(仮題)」   
  杉田達 先生(医療法人社団達洋会 杉田眼科 院長)  
 「歯科医療機器器材の再生処理における改善」   
  戸田奈緒美 先生(イリタニオフィス 歯科衛生士)
4.特別講演供А崗嘆輯鐺盪覿製萢に関する話題」   
  大久保憲 先生(東京医療保健大学 副学長 教授)

人との出会いは偶然でもあり、必然でもある。 今回は神様の思し召し

昨年東京医療保健大学でご教授頂いた森屋先生、大久保先生、そしてなんと小林寛伊先生がお見えになり、一度に恩師3人と再会することができました 

今回は講師という大役を仰せつかり午前中は気が気でなかったけれど森屋先生のお話を聞き逃すまいとお耳はダンボ。昨年習った事を思い出し、改めて手指衛生の重要性を感じました。
(これを歯科に広めるのが私の使命‼︎)

2015年に滅菌保証のガイドラインが改訂となり午前中はそのお話を城之内先生と橋本先生がして下さいました。 午後は市中病院における再生処理の現状ということで、酒井先生が市中病院の現状を。また杉田先生が眼科領域のお話をして下さいました

お二人のお話は歯科にも非常に通じる所があり、心の中であるあると叫びつつ、お二人が全て私がお話することを代弁して下さいました 

私は今回は少し変わった切り口で歯科医療経済の話しを交えながら歯科の現状をお話しました。
反響はどうだったのか、、、

最後は大久保先生のご登壇。 内視鏡の洗浄カルバペネム耐性腸内細菌科細菌酸性水のお話と興味深い話が盛りだくさんでした。 

今回は講師という立場もあって、壇上を見上げているのとは違った先生方を見ることができました。
小林先生の「いつでもevidenceを持って…」というお言葉と、歴史を学ぶ大切さのお話がいつも身にしみます 

そして、歴史は流れ、次の世代へと引き継がれていきます。今回の講師のお話は首都圏滅菌管理研究会会長の深和彦先生から頂いたもの。(実は間でご縁を結んで下さった方がおり、人とのご縁は本当にどこで繋がっているかわからないものですね...本当感謝です有難うございます)小林先生のご意思を引き継ぎ、深先生のご尽力があって、今回第9回目を迎えました。

以前にブログで書いたかもしれませんが、大学の病院見学の際に、小林先生や大久保先生の病院スタッフへの接し方にとても感激したのを覚えています。親しみやすくスタッフに話しかける様子や、スタッフが気さくに先生方に話かけるのを目の当たりにして先生方のお人柄の良さを感じたものです。

そして今回深先生を初めてお側で拝見し、諸先輩方の意思を引き継ぐ素晴らしい医師である事、そしてこのお人柄だからこそ会長として皆をまとめているのだなとしみじみ感じました。人への御心配りがとてもお上手なのです。医師としても人としても尊敬できる方です。だから抜擢されたのですね。会長に。

そして研究会副会長の久保田英雄先生とも、今回初めてご挨拶させて頂きました。
歯科は閉鎖的でなかなか医科とのコンタクトがとれませんが、先生は医科歯科大学なので、もし何かあればおっしゃってくださいと優しいお言葉をかけて頂き、本当に研究会の皆様のお人柄の良さに感銘いたしました。

勉強になります。私も日々プンプン怒ってないで、穏やかに優しく
人の器を磨かなくては...ね...

日々新しい出会いがあり、お仕事を下さる方があり、患者様がいる。本当日々感謝 です。

今日から師走。今年もあと1ヶ月を切りました...早い...日々を大切に。今日も頑張りましょう 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんばんは。歯科衛生士naomiです

連休、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
私は...日程を間違えて、一昨日は暇だたものの、今日は予定のブッキング!昼夜打ち合わせの1日でした。某ホテルのレストランで打ち合わせ。彼女は九州の方なので、お洒落東京のディナーにお誘いしました♡

image

彼女とお会いするのは2回目。2人で合うのは初めて...なのに、すごい意気投合!(と私が勝手に思っている)時が経つのを忘れて、つい爆裂してしまいました

彼女は九州の歯科衛生士さん。ご縁あってある人のご紹介でお会いできました。

歯科衛生士でよかった!と思うのはこういう瞬間です。

一般の人だったら、社会人になってから九州人の彼女と知り合いになる確率はほとんどない。歯科衛生士だからこそ意気投合できる

歯科衛生士という共通の職業があって、同じ仕事への情熱と熱意がある。それだけで意気投合してお互いに良いスパイラルでエネルギーを交換できて運気が上がる。

まさにご縁。

この歳になると、直感的に合う人が自分に合うかどうかがわかります。直感が閃かない人とは、時間が無駄なのでご一緒しません。でも直感が働いた人とは、自分が望まなくてもご縁がつながっていく。それが歯科衛生士という職業の魅力。

彼女は九州で、東京へ来るのは急遽決まりました。その予定に私が合わせられらのがまずご縁。お互いに求め合うひかれ合うエネルギーがそこにはあります。

そしてお会いするために約束の場所へ向かうと、なんとそこには10年ぶりの歯科衛生士の竹馬の友が。

たまたま先日facebookで見つけられてお友達申請されて、ネット上では繋がっていたけど、まだリアルには会っていませんでした。先日彼女の誕生日でお祝いのメッセージを送って、近々お会いでしたいですね〜なんてやりとりしていたら、今日なんと向こうから彼女が歩いて来た

あら。きゃ〜なんでいるの?久しぶり〜っていうか、すぐわかった

と大盛り上がり。1年は365日あって、1日は24時間あって。同じ時、同じ時間にここの場所に2人が出会う確率って...ものすごい確率じゃないですか?

九州の彼女と約束していなかったら、私は今日ここには来ていないし、約束の時間が30分ずれていたら竹馬の友には会えなかったし、本当にご縁です。

歯科衛生士という職業は不思議です。

私はすごく人見知りで、学生時代の友人と呼べる人は数少なく。音信不通な人です
なのですが、社会人になってからの知り合いはどんどん増える。しかも心許せる友達が。普通無いでしょ歯科衛生士だと、歯科衛生士という共通の職業というだけで距離が近くなって、お互いに熱く語れるの。不思議。

今日の九州彼女とも大いに盛り上がってしまって、時間オーバー...ごめんなさい...Takakoさん

歯科衛生士最高歯科衛生士である事に感謝、感謝です。

彼女も歯科衛生士に情熱を傾けている素晴らしい衛生士さんです。

いつか彼女とお仕事する事になりそうですが、機が熟すのはもう少し先になりそう。
それにしても、久しぶりの良い出会いでした。

興奮冷めやらぬ。

また明日から彼女たちに負けないように頑張ります

 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんばんは。歯科衛生士naomiです

最近、皆様いかがお過ごしですか?私はボチボチやってます。それにしても、1週間の終わるのが早いこと、早いこと

今日はこのブログを通じてお返事したい方々がおりまして、ブログを書き綴ます。

今週は不思議な日で、なんと連日お手紙をいただきました。
1通はお礼状。Hさん、ご丁寧に有難うございますもしかして、ここで以前にお礼状のことを書いたので気を使わせてしまったかな...もし気を使わせてしまっていたらごめんなさい。でもお手紙いただけて嬉しいです

それから北海道からお手紙をくださったRitsukoさん。お手紙わざわざ有難うございます内容に関してのお返事はもう少しお時間を下さい。まだ正式に詳細を出していないので、改めてお返事させて頂きますね。

そてにしても...

わざわざ住所を調べて、便箋や封筒を選んで下さって、手書きでお手紙を書いて下さる...何よりも私のために時間を使って下さることが本当に嬉しいです。そして有り難いです

取り急ぎお礼を申し上げたくて今日は短文ですが、これにて。

PCの速度がかなり遅くて...もうマシンが私の速さについてこれないみたいです
ブログ書くのに時間がかかる、かかる。あーもうっ

さて。いよいよあと10日。歯科の威信をかけて頑張らねば。今日もご指導頂きました。

さて今週もあと2日‼︎頑張りましょう(≧∇≦)

このページのトップヘ