顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

医科と歯科が一緒に学べる数少ない機会!首都圏滅菌管理研究会♡

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 秋ですね秋♡

******************************

今年は清々しい秋晴れの日が多いですねここ数年は夏から直ぐに冬が多くて、もう日本の四季、秋はなくなっちゃったのかな〜と思っていましたが、今年は日本の四季、秋らしい秋です

さて秋と言えば食欲の秋。。。はおいておいて。

皆様、学びの秋ですぞ
今年の冬もやってきました。首都圏滅菌管理研究会のご案内です

この3年間、コロナ禍で学びの機会も減ったことでしょう。そろそろ学びモードにシフトチェンジしてみませんか

12月17日、久しぶりの現地開催で第21回首都圏滅菌管理研究会が開催されます
コロナの8波も懸念されていますが、現在、ライブ配信も検討中です

この研究会は滅菌技士の単位習得の研修会でもあります滅菌技士(師)の方はぜひご参加をご検討ください。

また、滅菌技士(師)ってなーに?という方、滅菌技士は一般社団法人 日本医療機器学会認定の資格です

滅菌技士(師)とは医療施設に関連した滅菌供給の知識と実践に優れた専門家であり、滅菌供給業務を通して人類の健康と福祉および医療の安全に貢献する人です。

もともとは病院勤務の中央材料室の方々のための資格でしたが、滅菌は病院だけの業務ではありませんので、歯科衛生士さんや歯科助手さんが取得することも増えてきました

感染対策をはじめとして、器具、器材の洗浄や滅菌の基本が学べます

2022.12.17.首都圏滅菌管理研究会


第21回目の今回は、なんと、聖路加国際病院から生中継洗浄、滅菌の現場を生で見られるという画期的な企画です

更に、感染の世界では大変有名な、坂本史衣先生もご登壇されます

この研究会は、ご縁あって私も幹事をさせていただいております。

なかなか医科と歯科が共通で学べる機会は少なくて、だからすごく貴重な研究会だと思っています。

ぜひ、皆様これを機会に研究会にご参加くださいませ〜

テレビドラマの終焉という芸術文化の喪失

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 秋ですね秋♡

******************************

今日はあいにくの雨ですね...それでも今年は秋晴れの日が多くって、清々しい気持ちの日が多かったですね。また明日晴れてほしいです

さて。コロナの8波が始まったようでですね。私は今週5回目のワクチン接種をしようと思っています

なんだか最近は医療従事者への風当たりが強くなってきましたね...

海外ではマスクを外しているのにいつまでマスクを着けさせるんだ、いつまで自粛させるんだ、医療はコロナで儲けている、とか...

コロナで儲けている。。。

ああ、本当に、日本人はどうしちゃったの

自分や家族がコロナに感染する危険性を犯してまでお金儲けしようとする人います

経済が回らなくて、生活が苦しいのは医療従事者だって同じです。お医者さん離れで病院は赤字に転じているところもありますし、それでも地域の医療を支えなきゃ、目の前の命を助けなきゃって皆、頑張って働いているんです。。。

日本人は物質的には豊かになったけど、心はどんどん貧しくなっていきますね。。。残念です。

ところで皆さんの最近の楽しみは何ですかこんなコロナ禍で、私の楽しみはテレビです

もう世の中的にはテレビって終わっているんですよね。そう言われていません
テレビハイ、古いおばちゃんの戯言だねって感じで

そんなおばちゃんの私が最近思う、残念なこと。

日本は何でも古いの一言でその良し悪しも検証することなく葬り去ること。
歴史を重んじない、歴史をバカにする、いつまでも欧米に憧れる...
欧米に憧れて真似するんだけど、所詮欧米人になれるわけではなくて、外国人からみたらアジア人なんだって自覚が無い

まあ、ある意味、教育の賜物という側面もありますね。自分で考えないで、右向け右の大号令で、皆右を向くのですからね

テレビのことも悲観的側面でみれば、誰かがテレビ潰しをしているんですよね。エンタメのプラットホームが変われば得する人がいるんじゃないかなーきっと。テレビはもう古いって宣伝(情報操作)ですよね。

例えば一世帯に一台あったテレビが、日本の世帯数が約5000万世帯だとすると、5000個のテレビが他のプラットホームに置き換わるのです...すごい儲かりそうですねー

更に今はプラットホームがスマホの中にありますからねープラットホームが世帯数どころか、個人数になれば1億円の売り上げですもんね^^;

まあそれも時代。仕方ないのかなぁ...

でね、私が今楽しみにしているのが舞いあがれです。舞いあがれの何が良いかって...
高畑敦子さんの演技です高畑淳子さんのばんば(おばあちゃん)の役が、もう、本当、感激するぐらいすごい。完全にばんばなんです。何でも自分の白髪で演技をやらせてほしいとお願いしたそうで、その入れ込みようがすごいなと。

そうそう、意気込みといえば、瀬戸内寂聴さんの映画がありますね。寺島しのぶさんが寂聴さんの役をされるそうで、丸坊主にしたのもすごい意気込みだなぁと。

昔の話だと、三國連太郎(もうきっと若い人は知らないでしょうね。佐藤浩一さんのお父さん、寛一郎さんのおじいちゃんです。)さんが、お年寄りの役をするのに、自分の歯を抜いて入れ歯にした。。。なんて話もありましたね。

残念ながら今ではその価値観を理解できないかもしれませんね...でも私はそういう意気込みがあった人たちだからこそ大御所と言われ役者さんとして尊敬されたと、私は思っていますが

思い起こせば、まあ歴代たくさんのドラマを見てきたわけで。最近では相棒と科捜研が平日夕方の日課となっていたわたくしですが、数年前にどちらも終わる...と言っていたのに、なぜかまた新シリーズがはじまりましたねテレビの視聴者がもう40代以上という現実らしいですが。

私としては嬉しいのですけど。どうなっているのでしょうね。テレビ業界。大丈夫?

でね、皆さんはきっとドラマのことなんてどうでもよいと思っていると思うんですけど...

私が残念に、いえ、危惧しているのは、高畑さんはじめとする素晴らしい俳優さんたちの活躍の場や、若い俳優さんの育つ場所がなくなっちゃうってことなのです

昼間やっている2時間ドラマって、主婦の暇つぶしみたいに思われているかもしれませんけど、そういう世の中的にどうでもよいドラマで(私にとっては人生に必須のスパイスですけど)若手の俳優さんが演技力を磨いて羽ばたいていくのですよね。最初から大御所の人なんていないんですもの。

だからそういうある意味でほどよいどうでもいいものって必要だよなって思うのです。

みんな、テレビは古いと言って、何も考えずに同調してますけど、これって人間が演じる文化の損失じゃないですか?本当に無くしていってよいのですかという話と、じゃあ無くさないまでも他の形で残していかないと消えますよっていう話です。

文化や芸術って、皆さん軽々しく言いますね。日本文化を海外にアピールしたり、観光客を呼び込んだりに使いますよね。でも、芸術や文化は1日にして成らずなんです。

つまり、今、注目されている、日本の売り日本の芸術日本の文化は長い歴史が作ったもので、それを切り売りして日本は生きているのです。じゃあ、将来はどうするのって話です。

芸術や文化を消費するだけでなく、創造していかなければならないわけです。

それを目先の利益や視聴率だけ見ていたら、あっという間に枯渇してしまうという危惧です。それこそ芸術、文化のSDGSを考えるです。

今はたくさんのプラットホームがありますから。自分で選択できる時代になりました。でも、実際には自分で選択しているようで、選択させられていることがたくさんあります。

ステマのように、知らないうちに自分にあった宣伝だけが流れてくる。

気がつかないと、自分が検索しているはずなのに、検索サイトに導かれてるなんてことはよくあります。

昔のドラマは作品の思いを伝えようとか、作り手の意思を伝えようとか、そういうのが多かったように思いますが、最近は、思想が入ったものとか、情報の植え付けとか、世論を加えたものとか、見ていると意図を感じる作品が増えているような気がして、純粋にドラマも楽しめなくなってきました。

まあそんな事に気がついちゃう私も私なんですけどね...

ドラマの構成はともあれ、それでもやっぱり俳優さんの一生懸命さとか、演技力に魅了されてドラマを見てしまう私なのですけどね

私も人を感動させる自分でありたいです

さてまた1週間頑張りますーーーーー
 

2022.11.10.セミナー 歯科と栄養

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 気がつけばすっかり秋ですね

******************************

皆様、こんばんは♡naomiです

2022.11.10.セミナー歯科と栄養

秋は学びの秋ですね。

今日は日本大学口腔リハビリテーション多摩クリニックのセミナーに参加しました♡

今日は、菊谷武先生と、栄養士の尾関さんのお話を聞きました。
卒業してからはや...数年。情報をアップデートしないといけませんね^^*

多摩クリニックセミナー2022

多摩クリニックでは毎年、年間でセミナーを開催しています。
来年もありますので、ぜひご興味がある方はぜひご参加ください。

 

ハイヒールと私

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 気がつけばすっかり秋ですね

******************************

皆様、こんばんは♡naomiです

きゃー皆様、もう11月ですよ、11月今年もあと2ヶ月足らずで終わってまう。。。

今年も本当に早かったあー本当にコロナ禍は記憶が飛んでて...

コロナと母の入院が連動していて、心とからだの調子を取り戻すのに時間がかかり...と言っても、まだ完全に復活したのか?と言われると、うーむ。。。なのですがぁ。

 今日は徒然に書きますけど、第7波が終わって、日本社会が経済優先にシフトしていますが...なんだろ。私の生活も流れがでてきたように思います。

今まで本当に膠着していたものが動き出したような,,,

この3年間、学会に参加したことはなかったけど、先月、3年ぶりに学会で発表するという大役をおおせつかり、今までは頑なにお断りしていたのですが、世の中が動き出したことで、お断りし続けるのも気が引けて、半々な気持ちでお引き受けしました。

発表するのは苦手だけど、自分が何かの役に立つということは有り難いことなだーといつも思っていて

でもそのあたりから、なんだか人生がスラスラ動き出して。 通勤のお洋服をジャケットやスーツに戻して、トレンチコートを着てみました。コロナが始まってから洋服は洗えるものしか着ないと決めていて...

コーツやジャケットは洗えないから、コートでも丸洗いOKの、へたってもいい安物...本当は一番の貧乏買いだけど...仕方ないと言い聞かせて2年間...

先日の学会発表で、はやり服装をキチンとするのが大切だなーと思ったのがきっかけで日常を取り戻しはじめました

で、スーツ着るし、ジャケット着ると、当然、靴はハイヒール。。。

で、まじまじとハイヒールを見て。。。

最近は女の子もかわいいワンピースにスニーカーになりましたよね。。。ちょっとおばちゃんな私は、流行は理解するけど、違和感あるな〜だって、スーツやワンピースってどちらかというと正装になると思うんだけど、足だけカジュアルなんだもの

いつの間にか見渡せばヒール履いてるのが珍しくなりました。。。

私、実は若い頃から腰が悪くて,,,ヘルニア持ちなんですだから20代の時に整体師の先生に5cm以上のヒールは履いちゃだめよって言われましたで、その教えを守って低めのローヒールを履いていたのですが。。。

ある時、初の学会発表の機会をいただきまして。はりきって決めスーツを選んで、足が綺麗に見えるヒールを選んで。。。

で、登壇当日。緊張のあまり足が震えちゃって。慣れないハイヒールで立っているのが精一杯で気を取られて...

発表はまずまずのできでしたが、その発表以外の余計な緊張に労力を使うのが嫌になり。。。

普段からハイヒールマストにしました

だから、やっぱりこれからもヒールはやめられません。。。壇上にはハイヒールで立ちたいもの

というわけで。今日タイトルはエッセイみたいなタイトルですが。大した内容ではありませんでしたね最後までお付き合いいただきまして有難うございます

スーツもちょっぴりきつくなって...やばっ!ダイエットします

 

第44回 日本手術医学会で発表させて頂きました♡

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 気がつけばすっかり秋ですね

******************************

皆様、こんばんは♡naomiです

今日は週末土曜日だーーーーーっ

昨日、本日と第44回日本手術医学会総会が開催されました

今回、学会の一般演題に初めて登録し、発表する運びとなりました

第44回 日本手術医学会


今回は歯科における器具・器材の再生処理というテーマで発表いたしました。

日本手術医学会は
手術部における業務を安全かつ円滑に遂行するための機構、施設、設備、機器、器材、運用その他に関する医学的研究の進歩をはかり、これによって社会の福祉に寄与することを目的とする学会です。

はてさて、皆様疑問に思いませんか私はクリニック(開業医)の、いち歯科衛生士なのです...

この、私から見らたアウェイな学会で、ご縁あって発表させて頂くことになり。。。

そもそも、何を話すのだとなりますよね...

病院では現在、全ての診療器具、器材を中央材料室で一括して洗浄・滅菌するところが増えており、歯科器具、器材も中材で引き取りたいが、その取り扱いに困っているという声を聞きまして...

そこでかなりの場違いですが、歯科の器具の取り扱い(再生処理)を1から見直してみようと思いまして、演題登録させて頂きました

私の率直な感想を申し上げますと...あ、これは、学会の感想ではなくてですが。
歯科って外に出ると馬鹿にされることがすごく多いんですよね

コロナ禍の今となっては、かなり変わったところもありますが、歯科は感染対策していないとか、汚いとか、意味もなく貶されることが多いです。。。いや、多かったと言った方が良いでしょうか。。。

私たちはそれが悔しくて、その一言を払拭するために、挑戦してきたのですもの。

そして、あの時から8年...私に向かって歯科は汚いとか、歯科は。。。とおっしゃる方は減ったように思います。

最近は歯科のことを教えてほしいと変わってきました。

当初はどちらかというと敵対って感じだったのですが、やっとバカにはされなくなったなと思う今日この頃です。まあ、どっちが上とか下とかないと思うんですけどねー

学びに上も下もないですよね。ただ知らない人に、ただ知っているだけで、見下したり、馬鹿にしたりするのはいけないと思います。知らない人には教えてあげれば良いじゃないですか。ねぇ

いつもは私一人で発表するんですが、私もそろそろお年ですし、後につなげたいという思いもありまして、当院の滅菌技士(師)のYuちゃんとAkiさんにも研究の協力をしてと頂いて、共同演者ということで発表いたしました。

私の発表は、お昼前の午前中最後のトリで、お昼にランチョンセミナーもあって、ランチョンは先着順だったし、絶対に私の演題の前あたりで、抜ける人続出で、会場も閑散とするはず。。。と思っていたのに、なんと、最初から最後までほとんど満席。前の演者から席を立たれることもなく。。。

有り難い、有り難い

発表は途中で使っていたマウスが突然動かなくなっちゃって焦りましたけど、なんとか無事に話終え、最後に座長の先生に質問されたのですが、緊張のあまり頓珍漢な回答をしてしまいました。。。

約3年ぶりのリアル開催の学会参加で、発表も3年以上ぶり。演者席に座ったら、もう、心臓バクバク
しちゃって

終わったらどっと疲れちゃって...

でも、仲間と久しぶりに会えて楽しかったです今週も終わったー
週末ゆっくりおやすみしまーす 

第44回 日本手術医学会の一般演題にエントリーされました

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 気がつけばすっかり秋ですね

******************************

シルバーウィークが始まった先週末。先週末から台風が日本列島を直撃していて...皆様ご無事にお過ごしでしょうか?私は家にこもってエリザベス女王様のお葬儀を見てました。

さてさて、秋の深まりにつれて近づいてくる学会。
来月10月14日、15日に開催される第44回 日本手術医学会の一般演題にエントリーし登壇させて頂くことになりました

日本手術医学会は、手術医療を俯瞰的な視点でとらえ、学際的な研究をとおして患者様に安全で良質か つ快適な外科的治療法を提供し社会福祉に貢献することを目標としています。

手術医療に携わる外科系診療科医師、麻酔科医師、看護師、臨床工学技士、放射線技師、滅菌技士 (師)、薬剤師などメディカルスタッフがチームとしてひとつになり、さらには医療情報や建築設備部門、経営部門など院内の他部門や院外の他の医療機関、研究機関とも密接に連携して手術を遂行する必要があります。

今回は一般演題の洗浄・滅菌の分野での発表
当院ではスタッフ全員が資格を持っています。今回は協同演者として、歯科衛生士で第1種滅菌技師のYUさん、滅菌技士Akiさんと共に発表に臨みます。

演題24 歯科における器具・器材の再生処理

日本手術医学会一般演題

第44回 日本手術医学会 日程表・プログラムより

 最近は歯科衛生士さんや歯科助手さんで滅菌技士(師)の資格を持つ方が増えてきました。 

病院の中材で歯科衛生士さんが滅菌技士(師)として勤務しているというのは聞いたことがありませんが、これからは中材に勤務する歯科衛生士さんもアリなのかもしれませんね

歯科衛生士が嫌になったら滅菌技士(師)とかもアリかも人生100年時代、働き方の柔軟性は必要です。私は歯科衛生士一本ですけど。。。汗 他にできん 。。。

私たちは歯科院勤務で、少々場違いな感はありますが、間違いなく医科と歯科の協同(共同)は今後必要不可欠になってくると思います。医科の方々に、歯科を知ってもらうきっかけになればと思っています。

私は歯科衛生士ですが、まさか私が医科の研究会や学会で発表する未来が待っていようとは、若い頃は想像したことがありませんでした。病院歯科の歯科衛生士さんならアリだけど、私はずっと開業医一本だし。人生何が起こるかわかりませんね

でも...正直アウェイな場所で歯科の存在をアピールするのは、とてもしんどいものがあります
何度も辞めたいと思っていますが、つまりは、私の存在=歯科のイメージとなることを考えると、働きかけはしんどいけど、存在自体が何かの意味になればなーと思っています。

ご興味のある方はぜひ手術医学会にご参加ください。

自分のできることをコツコツと。私ができるのはそれだけや今週も頑張ります

数年ぶりにデンタルショーに参加

IMG_6929

昨日は数年ぶりにデンタルショーに参加させて頂きました(*≧∀≦*)

デンタルショーは色々ありますが、KOさんのデンタルショーは初めて。

院長はデジタル物を見ていましたが…
歯科衛生士部門は四半世紀全く変わってないですね…
どうなんですかね…

世の中からかなり遅れをとっている感があります。

ただ刺激を受けました。新しい物に触れるとアイデアが湧きますよね(*´∀`*)

さて今週も頑張りましょう。

セミナー 2022.08.31 アレルギーを正しく知ろう!

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 今日も暑かったですね〜

******************************

今日は診療終了後、慌ててセミナーに参加しました
コロナの夏も3年目に突入この3年間、対面でのセミナーはほとんど参加していなくて、色々なこと停滞しているけど、気持ちだけは負けずに行きたい、もとい、生きたい

コロナ禍でも学びの機会!webセミナー開催されるのは有難いことです。
withコロナで世の中はコロナ禍前のように戻っているけど、まだまだ戻れない人もいます。それは私

年を取るのは早いもので、私も親の介護かぁ〜まあ、そうは行っても元気に暮らしているから、まあそんなに心配することもないのですが、ついつい。親の介護って明日が見えないから余計に不安が募って。心労が絶えないです

そんな心配な親がいるのでなかなか、コロナ禍前のように出歩いたりできません、、、曲がりなりにも面倒を見ている私がコケると迷惑がかかる人もいますからね。。。

さて、今日はアレルギーの話を聞きました

2022.08.31 第31回 日本医学会総会 博覧会 オンライン市民講座

今日のお題はアトピー性皮膚炎と喘息のお話

私がへ〜と思うところだけかいつまんで今日はお話しますね

よく赤ちゃんに見られる乳児湿疹の多くはアトピー性皮膚炎 なんですって
6から7割は小学生の頃までに治るそうです。

乳児期(0歳から1歳6ヶ月ぐらいまで)の早い時期にアトピー性皮膚炎が発症すると、食物アレルギーになるリスクが高いのだそうですアトピー性皮膚炎で皮膚のバリア機能が低下したところへ、外からアレルゲンが入ってきて、免疫細胞に捕まり、抗体ができて、アレルギー反応が起こるのですって

つまり食物アレルギーって言うと、口から食べているものがアレルギーの原因と思ってしまいますが、実は、バリア力の低下した皮膚からアレルギーの原因物質が入って、アレルギーを起こすようになるということなのだそうですへー知らんかった。

そして意外にも日本の家庭のホコリの中にはニワトリの卵の抗原(アレルギーを起こす物質)が含まれているのですって

生後4ヶ月までに湿疹を発症した乳児は3歳児の食物アレルギーのリスクが高いそうです。

食物アレルギーを防ぐためには。
・湿疹ができたら早く徹底的に経皮感作を防ぐ。
・経皮感作が成立する前に、早めに食べさせて経口免疫寛容を誘導する。

つまり、湿疹ができたら、早く治療して皮膚のバリア機能を回復する。ツルツルお肌にね
そして食物アレルギーの原因になるようなアレルゲンは口から症状が出ない量のを入れて免疫を寛容を獲得する。離乳食を遅らせてもアレルギーの予防にはならないそうです

つまり食物に対する免疫を獲得する前に、慣らしてしまえ!ってことですね

医療は日進月歩。本当ですね〜日々の学びが大切ですね

ではでは皆様、今日はこの辺で
 

セミナー2022.08.05 口腔機能発達不全症研修会に参加

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 今日も暑かったですね〜

******************************

今日は休診日ですが、夕方からwebセミナーに参加しました
日本歯科大学リハビリテーション多摩クリニック主催、口腔機能発達不全症研修会に参加しました。

食べるという機能は人間が獲得していくもので、身体の発達と密接な関係があります。
口腔機能発達不全症とは「食べる機能」「話す機能」「その他の機能」が十分に発達していないか、正常に機能獲得ができておらず、咀嚼や嚥下がうまくできない、構音の異常、口呼吸などが認められる病状のことを指します。

口腔機能発達不全症は保険収載されています。
これはひとえに日本歯科大学多摩クリニック菊谷武先生のご尽力の賜物だと思います。

2022.08.25 口腔機能低下症

食べることのまつわる悩み。。。うまく食べられない、詰め込み食べ、偏食。。。色々あります。

今日は、田村文誉先生、山田裕之先生が、食べる機能の仕組みや獲得の時期、身体の発達などについてわかりやすく説明して下さいました。

食べられない理由がコロナ禍の心因性だった。。。という今ながらの症例もありました

次回は10月27日にセミナーがありますまた詳細は後日お知らせしたいと思います。

私たちが学生の時には習わなかった分野です。ぜひ皆さま、情報のアップデートをして下さいね 

4回目のワクチン接種後2週間後の抗体価

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 今日も暑かったですね〜お疲れさまです♡

******************************

皆様、こんにちは〜まだお盆休みの方もいらっしゃるでしょうか。私は今日までお休みしています

皆さんの夏休みはいかがでしたか今年は何の制限もない夏休み・・・

予想通り感染者が大爆発していますね。。。人が集まれば感染者が増える。私たちからすると当たり前のことなのに。

でも何よりもひどいなと思うのは国がはっきりと指針を示さないことです
おそらく国民の集団免疫を狙って、つまり感染を加速させて収束を早くはかろうという考えだと思いますが(いや、国の指針はともかくとして現場そうなっている)集団感染を一気に加速すれば、感染者に比例して重症者や死亡する人は増えます。

それを容認した上で、行動宣言無しということを国民に問いかける必要があります。

感染しても軽症だから、、、と誰もが思うのは、感染症の制御にとってとても危険な考え方です。 軽症で感染してもよいというのは、医療で安全が守られた上での話です。軽症とは何を持ってして軽症というのでしょう。

風邪は万病のもと。風邪だって拗らせれば死に至ります。日本のこの安心感は医療環境がとても恵まれてきたからです。

集団免疫を目指すのであれば、きちんと説明し、感染した場合のセーフティーネットをきちんと確保するべきです。軽症だから感染して当然で、あとは知りませんというのはどういう国なのでしょうね。。。不安が募ります。

自分の健康は自分で守らないといけない。最近は日本の医療は恵まれすぎていてその考えが今に至るなんて方もいらっしゃいますがそれはそれで、きちんと何が良くて、何が悪いのか、そしてどういうことを目指すのか をきちんと考える必要があります。

最近は目先のことをとやかく騒ぎすぎて、長期のビジョンが見えない。それだけ時代の移り変わりが早いってことかもしれませんが、未来が見えなければ安心して人は暮らせません。混沌とするだけです。

さて、自分の健康は自分で守らなければなりませんから、歯科医療従事者である私たちは何をすべきか?市中の感染者が増えれば当然、医院に来院する感染者の方も増えます。

というわけで、私たち早々に4回目のワクチンを接種しました前回のブログで3回目までのワクチン接種の抗体価を載せてありますのでご興味ある方はぜひご覧ください。

4回目のワクチン効果
↑は東京都のモニタリング会議の資料です。4回目の接種もブレイクスルー感染に対してですが効果が期待できそうです。

4回目接種2週間後


毎回、ワクチン接種後6ヶ月を経過すると抗体価が激減しています。抗体価が低下するのブレイクスルー感染するのも仕方ないのかとも思います。ただし、ワクチンは標的のウイルスに対する免疫応答だけでなく他の免疫細胞も活性化すると言われていますから、ワクチン接種をする意味は十分にあると思います。

さて、私の結果ですが、3回目のブーストで結構高い価を獲得したのですよね。なので今回4回目の接種も様子見していたのですが、行動制限を何もしないと国が決めたこと、案の定感染が爆発してきたことを受けて4回目の接種を早々に決めました

3回目半年で81%抗体価が減っていましたが、4回目のブーストで7.5倍に増えました。この増減の幅も個人差がかなりあるようです。

何はともあれ、感染のピークに高い抗体価があるだけ、まだ安心ということでしょうか。仕事柄感染の機会が多いですからね

すでに医療が逼迫していますが、このお盆明けに感染者が増えるでしょうね。。。そして感染者の増加の後に重症者の波が後から上がってきますので注意が必要です。

社会経済をまわすのももちろん大切ですが、どうぞできるところでは引き続き3密に注意してください。手洗いも忘れずにお願いしますね
3密
 では皆さま、今日もお暑いですが、熱中症に気をつけつつ、2022年の夏を楽しみましょう

ワクチン接種4回目が終了しました〜

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 今日も暑かったですね〜お疲れさまです♡

******************************

今日は日曜日皆様いかがお過ごしでしたか私は、今日は実家に帰って母と買い物に行ってきました。たわいもない日曜日ですけど・・・

新型コロナの感染者数が益々増えて...多くの若い人にとっては、風邪程度の問題かもしれません。でも、高齢者の親を持つ身としては、できる限り感染はしてほしくない。介護...私は介護って言葉が嫌いだけど介護している世代だからこその悩みです

自分のことは自分でどうにかなるものです。 自分でどうにもできないものほどストレスで悩ましい。。。

経済を回すのもとても大切なことだと思います。でも、今回は。。。ちょっと乱暴ですよね。国の対応として。国民の命を守るのが国の責務なのに、感染させるだけさせるって、ちょっとひどいなって思っています

重症化しないって。。。本人にとっては、重症化しないor重症化するの0or100の問題ですから。

そんな不安を抱えながら経済活動なんてできないですよね。。。せめて集団免疫を獲得するのを目的にしてもいいけど、感染爆発の時ぐらい行動制限をお願いしつつ、ワクチン接種をもっと加速するとか、医療体制を整えるとか...何かしら国しかできない対応をしてくれないと、国民は不安で仕方ないですよね。

私たちだって、毎日お仕事して経済を回してますけど、感染者が増えれば、無症状の感染者の患者さんが来院することにもなり、私たちの感染のリスクも高くなります。

はい、withコロナというのはそういう世界のことなのでしょうけど、でも、まだ時期尚早だと思います。火事の広がりを防ぐ方法があるのに、火に油を注ぐ勢いで燃やすって,,,私的には人間としてないと思いますけどね。

。。。あくまで個人的な意見です。コロナ禍の評価は自分の立ち位置によって見える風景が違いますから。180度違った意見の人もいると思います。実際に私は友人と縁が切れてしまった

それはさておき、現在は自分を自分でしか守れないので急遽4回目のワクチンをしてきました
3回目6ヶ月後の抗体価は皆んなよりちょっぴり高くて、本当はもうすこし待とうかな〜と思っていたのですが
ワクチン4回目

東京都では都内在住、在勤の医療従事者向けに4回目のワクチン接種を実施しています。
詳しくは東京都のwebサイトへ 

3回目の接種証明書と身分証明書があれば、予約なしで接種できます(後から接種券の提出は求められますが、接種券を申請する時間を短縮できます。今特に感染者が増えて感染のリスクが高まっていますから、早く摂取したい人には朗報です

皆さんが気になるのは、摂取後の副反応だと思いますが、私は毎回熱が出ているので。。。今回も覚悟の上での接種です案の定38度の熱が出ましたが、3回目同様半日で消失しました。

2週間後にまた抗体検査を行いますので、結果が出たらお知らせしたいと思います

 
3密
皆さん、思い出してください。↑はコロナが始まった頃に発表された日本の素晴らしい対策です。
自分で自分の身を守らないといけない今、やっぱりこれが大切です

さて、今日から8月ですね気合いを入れて色んな意味で暑い、いや熱いこの夏を乗りきましょう 

手荒れを防いで手肌美人に!

感染対策の基本の「き」手指衛生

しっかり感染対策するほど手が荒れますよね!でも、手荒れは厳禁です。逆に傷になったところに細菌が付着して細菌の温床になりますし、手のバリアー機能が低下します

どうやって手のケアをしたらよいか。。。専門の先生のお話しを聞く機会がありましたのでメモします

第310回 聖路加国際病院健康講座を拝聴しましたので皆様にもご報告。
聖路加国際病院皮膚科 新井 達 先生のお話しです。

聖路加健康講座310回


コロナ前は毎回、診療が終わってから健康講座に参加していましたが...このコロナ禍で健康講座も中止になったり延期になったり今回は動画配信でしたので拝聴することができました

新型コロナウイルスにはアルコールが有効ということで、私たちも日々、アルコール製剤を使用して手指衛生を行なっていますしかしながら、手が荒れる荒れる

今日はなぜ手が荒れるのか?というお話しを聞きましたので忘備録第一弾

手荒れが起きやすい理由

理由 その1は

指や手のひらには皮脂腺がないのでアルコール消毒で皮脂が減少するそうです。
また手首の関節から手指に皮脂が到達するためには半年必要なのだそう
対策として小まめに保湿クリームを塗って、角質水分量を回復することが大切なのだそうです

理由 その2

手の皮膚は角層が厚いので、乾燥が悪化すると、ひびわれを起こしてしまう
対策としてはワセリン、サリチル酸ワセリン軟膏を外用して、皮膚の表面から水分が逃げないようにコーテイングするのがよいそうです

実際現場や日常では
医療現場で用いる手指衛生剤は、保湿入りのアルコール製剤を選ぶ
普段のケアとしてひび割れを起こしたらワセリンなどのコーティング作用のある軟膏を外用する。
ポイントはこまめに塗ること

冬はやっぱ手が荒れるので気にしているのですが、この時期は乾燥がそれほどでもないのでついつい、保湿を忘れてしまいます

これ書いたらクリーム塗ってこよーっと

新型コロナウイルス感染症 診療の手引き8版!

感染者の増加が爆発的ですが・・・

厚生労働省からタイムリーに診療の手引き が出ましたので、ぜひ皆様ご一読下さい

新型コロナウイルス診療の手引き8版

私は直接コロナの診療はしていませんが(と言っても、歯科には無症状で来院される人もいますから油断はできません)、↑を読んでいたおかげで、コロナ時の薬のこともわかり、患者さんの状況が理解できたりもしました役立ちましたよ。

政府は第7波はダンマリで対策はしないようですが、医療が逼迫しないように。。。ってもうしてますが自分でできる感染対策は自分でしましょう♡

マスク、手洗い、3蜜を避ける、換気に気をつける、ワクチンをする。

感染対策はこれをやれば絶対防げるという物はなく、組み合わせでリスクを減らすものです

症状はただの風邪かもしれませんが、私は感染したくありません。

なぜなら、私には高齢の両親がいますし、同僚にも高齢の親がいます。自分が感染すれば両親を感染
させるかもしれないし、同僚にも迷惑をかけることになるかもしれません。

これだけ感染者が増えてくると感染するのも時間の問題かもしれませんが、時間を稼いでいる間に薬やもっと効果的なワクチンが開発されるかもしれません。

感染者が増えれば増えるほど、変異に起こり得ますし、今はBA5ですが、次の変異株も懸念されています。キリがないと言えばそうですが、自分ができることはやりたいと思っています

メインテナンスに来院してくださる患者様のご予約をご変更いただくわけにも参りませんし

来週の東京都の感染者数は5万人ごえになりそうですね。感染者の増加が止まらないと言ってますけど、そりゃあ何も対策してないのですから、増えて当然です。

むしろ止まらないと言いながら3密になっている方々が多いんですもの、仕方ありませんね
どうしても3密になりたいのであれば、せめてワクチン接種をしていただきたいですが、ワクチンの接種率も横ばいですからね...

感染者が増えれば死亡率も比率で上がってきますし、すでに医療が逼迫していて、軽症と言っても、38度近くの熱は出てますからね。気をつけましょう 

2022.07.19〜2022.07.22 医療安全学会基礎講座2022


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆さま、こんにちは〜ご無沙汰しています。

またコロナの感染者が増えてきましたね...
国はもう規制はかける気はないようなので、皆さま各自で気をつけましょう。

さて、私は水曜日から本日、先ほどまで、日本医療安全基礎講座2022を受講していました

医療安全基礎講座2022

3日、朝9時から5時までみっちり講義で、連日授業を受けるのは学生以来だな〜
この3年間、学会の参加も控えていましたからね。

今はお腹いっぱいです

内容については後日アップしたいと思いますお疲れさま、私 
 

2022.07.07.口腔バイオフィルム感染症ぱーと2

本日は診療の後に日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック食べるを支える研修会に参加しました

2022.07.07.口腔バイオフィルム感染症

最近はオンラインのセミナーが増えたので、私としてはとても有り難いです。

昨日の東京都の新型コロナの感染者数は8000人という目疑う数字が出て増える予想はしていましたが、急激な数字の増加にやや恐怖さえ覚えます

オミクロンBA2かBA5置き換わりが起きておりBA5の感染力の強さが拡大の原因となっているようです。救いなのは重症者率が高くないとことですが、感染者が増えれば一定数の死亡者が出ますので手放しでは安心できません

それに、感染者が増えれば無症状で歯科院を訪れる患者さんの数も増えますから、私たちの対応としても、ガウン、マスク、フェイスシールド...全ての防護具を着用しなけいればならず油断ができなくなります。職業上の感染リスクが上がるということになります

とは言っても、歯科衛生士としてはどんな時も良い口腔衛生状態を保つことは必要だし、もうコロナも3年目ですから、何もしないで日々を過ごすというのも,,,正しくwithコロナ診療ということになります。

まだまだ当院では不特定多数の施設内への出入りは禁止されているので 、オンラインセミナーはありがたいのです

コロナ禍で私が心を痛めているのは、高齢者医療についてです。自分の親のこともあって、人ごとではありません。

うむ。。私も歳をとった

孤立する高齢者にとって社会資源として、包括支援センターやケアマネージャー、デイサービスや訪問サービスの利用は社会とつながる大切な資源だと思うのですが、このコロナ禍でその利用もなかなか難しい。

家族だけの出入りなら家族が気をつければ良いですが、人が特定されているとはいえ多数が出入りする訪問サービスは感染を持ち込まれる可能性もある。。。 

様子を見ている間にもう3年目なのですよね...社会との窓口が家族だけというのもなかなかキツいものがあります。

本当、そういう時代ですよねというわけで、ぜひ歯科医療従事者の皆さんには、在宅医療を学んで欲しい

というわけで私も摂食嚥下を学んだわけですが。今日もとても良い学びとなりました。
様々な学びがありましたが、私は歯科衛生士なので、口腔ケアに関するお話がとても興味深い話でした。

ケアと回収。唾液誤嚥によって誤嚥性肺炎が起こる。

誤嚥性肺炎で入院すると

死亡のリスクが高まる。30日以内の死亡率が10%から15%
身体機能が低下する 。身体機能70%低下。
家に帰れない。在宅復帰率が50%。
食べられない。30日経口摂取不能は40%、新規胃瘻増設率は10%。 

 つまり誤嚥性肺炎を起こさせないためには唾液を綺麗にしておくことが大切。

口腔内を良い衛生士状態に保つのは歯科衛生士の役割頑張らねば...

口腔ケアはするだけではなく口腔ケアをすると一時的に口腔内の細菌数が増えるので、その細菌を回収する、術後の細菌数をコントロールする事が大切です。

なんてことを繰り返し学んでいるわけです

コロナ前はずっと参加していたのですが、コロナになってセミナーも滞ったり、私も参加できなかったり。。。

本年度は研修会が充実してますhttps://tamaclinic.peatix.com/view

2022年度研修会案内

次回8月25日ですぜひご興味ある方はご参加ください

 

新病名 口腔バイオフィルム感染症対策!

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

1週間がはじまりましたね〜連日猛暑だった先週今週はどうでしょうね。

今朝は久しぶりに雨が降ったので...一時物凄かったですけどおかげで建物の温度が下がったような気がします連日の猛暑で建物自体があったまっちゃって、室内でエアコンかけてもなかなか下がらない感がありましたから

昨日の日曜日は久しぶりに講習会に参加しましたコロナ前は日曜日によく講習会に参加してましたが、最近はオンデマンド配信を見ることが多くて、平日が多かったので。

さて、昨日は私が摂食嚥下を学ばせて頂きました日本歯科大学多摩クリニック、口腔リハビリテーション専攻の同窓会のさくら会が開催されました。前半に菊谷武先生のお話がありました。

菊谷先生はやはりすごいです。摂食嚥下分野に、次々加算をつけてくださって、現場で取り組みやすいようにご尽力されておられます。口腔機能低下症に点数がついたのも菊谷先生のおかげですし。

そして次なる加算目標として口腔バイオフィルム感染症を新病名として押されています。この病名が通れば口腔内の細菌数を客観的に検査して口腔ケアの指標として利用できます。

歯科衛生士にとっても影響のある病名です。私も初めて昨日お話しを聞いたので↑解釈がややうる覚えですが、ぜひ皆様にも知って頂きたいのでご紹介します。

7月7日に、菊谷先生のご講演があります七夕の夜ですがオンラインですので、お家で天の川と見ながら、セミナーにも参加して頂ければと思います。

2022.07.07 口腔バイオフィルム感染症

お申し込みはコチラ☆からhttps://biofilm.peatix.com

昨日の講演で興味深かったのは、歯が多い人は唾液中の細菌数が増加する

健康な人にとっては、歯が多いということは細菌数が少なく虫歯も歯周病もコントロールされているの指標となって、だから歯が多く残っている、となるのですが、ADLが低下した方では、歯が多く残っていることは、手の器用さを失い、歯を磨くことも認知できなくなると、逆に細菌の温床となり、唾液中の細菌数の増加につながると。

唾液中の細菌数が多いと誤嚥性肺炎になりやすくなります。

安易な口腔ケアは唾液中の細菌数を増やしますので、口腔ケア中の細菌の回収というのが大切となります

ぜひお時間ある方はご参加くださいまだ間に合いまーす
 

ついに歯科衛生士のレジデント制が始まりました!

今日はZOOMで日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック さくら会主催 第6回研修会に参加しました♡

本年度より、口腔リハ先行科ではなくなり、自分が納得いくまで勉強できるレジデント制に変わりました。詳しくは以下をご参照下さい
歯科衛生士レジデント案内


菊谷先生の毎年のご講演と現在のレジデント衛生士さんの日常、そして卒業生の報告がありました

さくら会

私たちの時は1年間の専攻科でしたが、レジデント生はもっと学びたい!と思えば継続して何年も学べるようです

ある意味羨ましいですが、1年間という区切りがあったから私は頑張れたというのもあります。
特に私は異例中の異例、週3日以上という決まりの中で、最大限に働きながら卒業したとても色濃い学生生活でした

これから日本は超高齢社会を迎えます。歯科衛生士も日々進化しなければ人生100年時代の医療についていけなくなりますね...

これからの歯科衛生士どうなの?というベテランの方も、

人生100年を患者さんとお付き合いしたいキラキラの新人さんも、

学んで損はない分野ですしかも専門的に大学の臨床で学べる機会は他にはありませんからね。

来年度の募集は10月ごろから始まりますので、ぜひご興味あるかたはトライしてみて下さいね 

明日ですよ〜

FullSizeRender


満員御礼のようです(*≧∀≦*)


セミナー 日本医学会総会市民講座 頭痛

昨日は夕方からオンラインセミナーを受講してました
日本医学会総会の市民講座♡テーマは頭痛です。

日本医学会総会 市民講座

頭痛の種類、分類、受診のタイミング、片頭痛、片頭痛の予防などについてお話を聞きました

ここ数ヶ月、執筆の締め切りがあって余裕がなくって、セミナーもなかなか聞いていなかったな...
今回は市民公開講座で一般向けだったのでとてもわかりやすかったです

今は無料でお医者さんのお話が聞けるので本当にありがたいです勉強になります

備忘録です 

セミナー2022.06.18 日本環境感染学会終了。3日目♡


木曜日から今日まで日本環境感染学会に参加していました( ´ ▽ ` )
今日もWeb参加♡

2022.06.18 環境感染学会


2022.06.18 閉会式

終了しちゃって...webだけどちょっぴりさみしいです

来年はリアルで参加したいです

半分がweb参加のようですがオンデマンドがあるのが有り難いです。
会場が10もあってマンモス学会ですので、いつも拝聴できるセミナーが限られるので、どうしても基調講演とか教育講演とか、大きなものが主流になりがちですが、オンデマンドがあると一般演題もゆっくり拝聴できます

まああとは時間との戦いですが...

今回はコロナの演題も多かったですが、コロナ終了あとのこれからは、コロナ以外の感染症も注意しなければなりません。来年はG7があります。

2016年の伊勢志摩サミットの折に薬剤耐性菌の国際協調を発表した日本。来年のG7もまた新たな戦略が打ち出されることでしょう。

個人的にはコロナの閉塞感から早く解放されたいです

今回の発表でコロナの無症状患者の症例が出ていました。結局、診療した歯科医師も歯科衛生士も感染せず陰性でクラスターにはなっていませんでした。

発表は、歯科、それみたことか、歯科は感染対策していないから感染した!ともっていきたかった症例のようでしたが、裏腹に歯科は感染していませんでした

皆さん、歯科の感染対策をすごく馬鹿にしますが、私たちだって不用意に感染したくありませんからね、普段からマスクもしていますし、ゴーグルだってしてますよ、今時の歯科医院は。

売り言葉に買い言葉ですが、医科の方がものすごいクラスター発生してますよね 

上から目線の発表はよくないですよね。
私も気をつけねば
誰だって最初は知らないのですもの。
だから教育が大切なのです

さて私はこれから抄録書きします〜...

新しくお仕事をいただきましたので、頑張りたいと思います有難い♡
お仕事はまた時期が来たら発表しまーす。

皆さま良い週末を 
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード