顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

感染と消毒 執筆させて頂きました!


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

こんばんは今日はめずらしく、夜にブログを書いています
なぜかってそれは。。。

待ちに待った雑誌が発売されたからです〜

幸書房さんの感染と消毒歯科の方でご存知の方は少ないと思います。
感染と消毒は、創刊1994年。医療・福祉分野での感染対策の一助として感染と消毒に関する最新情報を掲載しています

1994年って。。。私が歯科衛生士になったころ(笑)歴史ありますね〜

そして。。。畏れ多いほど著名な先生方が執筆されている冊子です。
例えば、今回の2022 Vol.29 No1の総説のコーナーでは、新型コロナワクチン関連でテレビにご出演の多い、忽那 賢志先生や和田 耕治先生が執筆されておられます。

感染と消毒

その、由緒ある、冊子に、な、な、な、なんと、わたくし、今回歯科領域の感染制御というタイトルで執筆させていただきましたうっわ〜本当に畏れ多いです

こちらは医療従事者の方なら登録するとwebで閲覧できます。
感染の分野にご興味のある方はぜひ登録してみて下さい登録はこちら

書いている時は大変だったなあ。。。
執筆や講演をたくさんしていらっしゃる先生方と違って、私はしがない開業医の歯科衛生士...
そう、慣れていない何事も勉強だけど。。。

いやあ本当大変だったでも貴重な機会をいただけることが有難いです

いつもそうなのですが、書いている時やスライドを作成している時は本当に大変なのですが、喉元過ぎれば...で、すぐ忘れちゃうんですよね

今ね〜1人冊子を見ながらニヤニヤしています(笑)

皆さん、今週末は首都圏滅菌管理研究会第20回の記念講演会ですよ〜
今回はリアル開催...世の中も徐々にwith コロナへと変化していきますね。

皆様もよい週末をお過ごし下さい 

第20回首都圏滅菌管理研究会のお知らせです☆


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

おはようございます
連休も明けて皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、GWのお休みでしばらくお仕事から解放されましたけど、またまた連休明けにフルPPFとなり、N95マスク、ゴーグル、ガウン、キャップのフル装備。顔の吹き出物が治らないままお仕事再開となりました

さて今日は第20回の首都圏滅菌管理研究会のお知らせです

なんと今回は一橋講堂で久しぶりのリアル開催

第20回首都圏滅菌管理研究会

5月6日より申し込み開始しております(詳細ただ...正直、歯科関係者の方にはこの直前になっての募集...しかも土曜日開催ということで、参加が難しいかなぁと思っておりますが、ぜひご参加いただける方はご参加いただければ嬉しいです

今回の第20回講演は特別な意味があります。

そもそも首都圏滅菌管理研究会とは

主に首都圏地区の病院・診療所などに勤務する職員ならびに手術・中材業務に関心のある方々を対象として、滅菌・洗浄業務に必要な知識の習得と質的向上に関する教育・研修を行い院内感染防止に役立てることを目的に設立された研究会です

活動しているのは、滅菌技士/師の皆さんです。滅菌技士/師は日本医療機器学会の認定資格です2000年に「医療現場における 滅菌保証のガイドライン 2000」が刊行されたのにともない滅菌供給業務の水準向上を目的として発足されました。最近は歯科衛生士さんが取得していることも多いです。

ちなみに当院では第2種滅菌技士2名、第1種滅菌技師1名が日々の滅菌業務に責任を持ってあたっています

よく歯科医院で見られるのは、日本医療機器学会の第2種滅菌技士の資格と他の似たような資格の第1種を重ねて表記してあたかも日本医療機器学会の上位資格を取得したように表現してる方がいますが、全く異なった資格ですのでお気をつけください

そう、コロナ禍で...ですが、誕生20周年を迎える資格なのです

今回は私がお世話になりました東京医療保健大学 初代 学長であられた故 小林寛伊先生とともに感染制御の分野を牽引してこられた、東京医療保健大学 名誉教授 大久保 憲先生のお言葉を賜ります。

そして歯科分野の講演として東京医療保健大学臨床教授であられる田口正博先生が御登壇されます。

医療分野以外では、つめあと残すアニメ 魚雷映像の佐野リヨウタ氏をお招きしてお話しいただきます。思わず聞きたくなる伝え方...歯科衛生士として興味津々です

お申し込みはコチラ

ぜひ皆様のご参加をお待ちしております〜 

在宅診療に興味のある歯科衛生士さん!ぜひご参加下さい。


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

おはようございます

今日は在宅診療に興味のある歯科衛生士さんにお知らせです

2022.さくら会のお知らせ

私が卒業しました、日本歯科大学口腔リハビリテーション 多摩クリニック の毎年恒例のさくら会の研修会の日程が決定しましたので、お知らせしたいと思います↑詳しくはこちらをクリックしてね☆

本年度から歯科衛生士が働きながら受講できる歯科衛生士レジデント制度が発足しました

今年からの制度なので私もまだ詳しいことがわからないので、皆さんと一緒に受講したいと思っています

ま、レジデント制度の件は別としても、摂食嚥下分野、口腔リハビリテーションの第一人者である、日本大学の菊谷武先生のお話しが1,000円で聞けるのはお得すぎますしかも学生さんは無料です

1,000円じゃ失礼だと思いますけど...菊谷先生の、もっとこの分野(摂食嚥下分野)で歯科職、歯科衛生士が活躍してほしいという願いのもとの、歯科衛生士レジデント制の発足であり、さくら会の研修会であり、菊谷先生のご講演であります

ぜひ皆様、コロナも少し落ちついてきて、日常を取り戻していく中で、学びの機会も取り戻していただけると嬉しいです

さて〜私も母の介護中これから母の病院に付き添わねばならず、今日は時間がなーい

それでは皆様、今週も頑張りましょう 

歯科衛生士のお仕事


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、こんちは昨日は暑かったですね〜気温計をみたら、最高32℃になっていて、びっくりしちゃった私です今日も暑いようですので、外出される方など、日焼け対策や水分補給忘れずにね☆

さて、最近、コロナ禍にも慣れてきて、、、全然終息しませんね政治的収束はありそうですが、なんだかな〜です

さて、最近は新卒の歯科衛生士さんのつぶやきとか見ていたりとかして、若いっていいですよね〜

最近気になったネタとしては、勤務数日にして辞めたいと呟いている衛生士さんとか、仕事を見て覚えてと言われてちょーむりとか。。。

辞めたい衛生士さんが履歴書に傷がつくかって書いていて、皆仲良しクラブみたいに大丈夫だよ〜そんなことないよ〜とか書いてあったんですが、はっきりいって、そんな世の中甘くないですよ。

相手の立場に立って、あなたが雇う側だったらどうなのよって思いますよね〜それなりの評価はされますよ。ただ、歯科衛生士は万年不足していますから、転職し放題ですけど。一般社会ではありえないですよね。ああ、今は一般社会でも辞める人多いか。

まあ転職は若さの特権ですから。合わないと思ったらお次にどうぞ♡ですね。かくいう私も最初の医院は2年で辞めたし、バイトは1日で辞めたこともあるから、辞めたい衛生士さんの気持ちもわからなくはないですけどね。。。

でも大人になった今は、数日で辞めるとか本当に迷惑だったんだなって思いますよね。バイトにしたって、制服の準備とか靴とか、契約書関係とか、面接に至る様々を医院の側がやってますからね。それで仕事ができるようになる前に辞めるって、一番迷惑をかけるのはそこの医院で働くスタッフににですよね。人が入るたびに疲労しますもん。気を使うし。新しい人が入るのに伴ってシフトの調整とかもしいる場合もありますしねいずれわかりますよ

兎にも角にも若い歯科衛生士さんいは輝ける場所で頑張って頂きたいです

あーなかなか本題に辿り着けない今日は歯石除去のことを久しぶりに書きたいのに

先日歯科衛生士の雑誌を見ていて、歯科衛生士の症例みてたら、ああ、四半世紀たってもプラークがない綺麗な写真の症例しかなくて、なんだか進歩しないな〜と思っていて。

口腔衛生指導とPMTCだけが仕事みたいな。

で、私が書きたいのは歯科用顕微鏡が世界を変えるって話なんですけど。ああ、もう私の中では世界が変わったので、一般的な盲目の歯石除去の方々とは話が合わなくなっちゃってじゃあ顕微鏡の世界の方と話が合うかというと、結局のところ顕微鏡を使っていますというだけで使えているわけではないので、話が合わないですよね。。。

実は孤独なんです

で、歯科衛生士向けの雑誌も見なくなっちゃったんですけど...


今までも散々書いているんですが、最近症例が少なくなりましたから。。。もう10年以上メインテナンスしているので、ほとんど歯石が無いんですよねでも今回は少々難儀な症例でした。

右下5番 歯石除去
 
↑これはCT画像です。右下5番の近心,,,どうです
もう歯石の除去もCTで確認する時代ですよね〜デンタルは平面しかみえないし、360度根の周りの骨吸収は見えないし。デジタル化しているのに、歯科衛生士は未だ手探りの歯石の除去と見えない想像の世界での骨吸収との戦い。そして妄想で骨が治ったとか...ね。。。妄想しかないから、口腔衛生指導で綺麗になった口腔内写真しか症例で出せない。

この歯石の除去について次回書いてみたいと思います

ああ、今日はお休みなのに、もうこんな時間。。。昨日は某お仕事を急に頂いて、今日の休みを有効に使いたかったので、昨日中に仕上げたい...と思っていら夜中の3時になってしまい、寝不足です...でも、コロナ禍で思いますが、お仕事があって社会と繋がれているのって有難いですよね

だからはりきって1日でやっちゃいました締め切りは来週まで1週間あったんですけどね☆

といわけで、今日はごめんなさい。書きたいんですけど、これで退散しまーす

皆様、今週も新緑の春を楽しみましょう♡春は短いですからね。

今日も世界が平和でありますように...

naomi 

新しい2022年の門出と振り返る2020年春!

ブログネタ
【公式】あなたが撮った"春"を見せて に参加中!

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、こんにちはいよいよ今週末で桜が見納めでしょうかね...すでに葉っぱもチラホラ。桜の時期早いものです

振り返ればコロナ禍3回目の春。コロナは2019年12月に中国湖北省武漢市で報告されました。。。あの春から3回目の桜の時期がやってきました。。。

私たち歯科医療従事者もさまざまな苦労を重ねて、今日を迎えています。未だ終息しないコロナ。コロナと共に。。。ですけど、その共が1日1万人も感染者がいる状態でのwithコロナになると誰が予想したでしょうか...

ライブドアブログのお題であなたが撮った春というお題を見て...今年の桜の写真も思い出深いけど、私は春と言えば

下の写真は2022年の春。桜の時期の写真です。
医院の窓から見える公園の木にまだ桜が残っています。。。

2020年春 天日干し

コロナの流行によってマスクが品薄になり、購入できなくなりました...大企業には写真全員にマスクが配られたけど、医療従事者にはマスクが来なくて昼休みに天日干ししていた写真です(ちなみに、当時当院ではこのサージカルマスクの上からオペ着のマスクを2重にしていました。なんとかそのうちにN95マスクの購入先が見つかって、マスクが完全に欠品することはなかったですけど、不安な日々が続きましたよね...)

春の清々しい光にマスクやフェイスシールドを天日干しなければならなかった切なさ

きっとこの数年間は、医療の歴史に大きく刻まれる数年だと思います。

2022年 春 マスクと桜

気持ちが折れそうな時に偶然マスクにはらりと落ちた桜の花びら。私の春の思い出といえばこの写真です

さて、世の中では新学期が始まり、新しい生活に胸を膨らませている方も多くいらっしゃるのでしょうね。

今年も多くの歯科衛生士さんが誕生したこととと思いますそしてまた新しく歯科衛生士ちゃんの卵たちが学生生活を始めることになると思います。

皆様、新しい門出おめでとうございます

私もすっかり歯科衛生士歴が長くなり、初々しさもすっかりなくなってしまいましたが。。。
ベテランを通り越して、巷で囁かれるババァ衛生士になっちゃいました

私は母の勧めで手に職というだけで、よく歯科衛生士のことをわからずに歯科衛生士になってしまったので、学生時代は1年で辞めたいと思ってましたし、卒業してからも口下手で患者さんとお話しできなくって、辞めたいと思う時は何度もありましたけど。

25歳の時に腹を括って、この仕事で食べていこうと決めて、早、20年。
歯科衛生士の地位向上を目指して勉強会を作ったけど、底無しの業界で、底上げは無理なので、上を走ってアベレージをあげる方に回ることにしました

まだまだ若い衛生士さんに負けずに上を目指したいと思います

私が今現在活動しているのは

日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 歯科衛生士レジデント (私の時は専攻科)
摂食嚥下リハの普及に卒業生として参加。

首都圏滅菌管理研究会
滅菌・洗浄業務に必要な知識の習得と質的向上に関する教育・研修に関わっています
歯科衛生士の皆さんには、院内感染の予防のためにぜひ身につけてほしい分野です。

歯科衛生士 研究会en-rond
2000年の2月に立ち上げた歯科衛生士の研究会です当初はメンバーで持ち回りで症例発表したりしていましたが、私たちが経験してきた知識を次世代に引き継ごうと数年前よりセミナーを開催しています。コロナ禍でお休み時間が長くなっております...が、皆様に有益な情報を時々呟いております

なんか、本当にコロナ禍で、色んなことが頓挫していてモチベーションを保つのが難しいのですよね...

でもダメダメ、若い人の希望にあやかって、私も明るく前向きに行きたいと思います

有り難いことに、コロナ禍でメインテナンスの患者さんが減ったとか、歯科医院への来院が減ったと言われますが、私の患者さんはコンスタントに通ってくださってます

人生100年時代。お口の健康を守ることは、人生を豊かにそして味わい深くしてくれることでしょうだって食べることは幾つになって楽しみですからね

それでは皆様、今週も頑張って参りましょう


歯科訪問歯科診療における感染予防策の指針


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、こんにちは

今日はお天気が良いですね桜が満開急に咲きましたよねここ数日が見頃でしょうか。。。

さて、先日、日本歯科大学東京短期大学 口腔リハビリテーション学専攻科のことを書きました。

私がここ最近感じている、摂食嚥下。。。つまり食べることの障害がある患者さんをなかなか歯科につなげないジレンマ

私自身は現状、一般開業医勤務なので、今現在は摂食嚥下の患者さんを直接みていないのですが、人の人生は点じゃないから、いつかくる機能低下の時に患者さんが困らないように、また御家族でお困りの方がいたらどこかへ繋げられる様にと考えています。

50歳以上の患者さんは、一度自分の機能を記録しておく意味でも、機能検査はしておいた方がよいと私は考えています

高齢者の食事量が減って痩せた飲み込みづらいむせる噛めない(噛まない)、など、自覚症状がある場合もありますし、自覚症状はなくご家族やまわりの方が気がつくこともあります。

特に定期的に歯科医院に来院している患者さんの場合には、歯科医師や歯科衛生士が気がついてあげることも大切です。

口腔機能低下症とは

加齢だけでなく,疾患や障害など様々な要因によって,口腔の機能が複合的に低下している疾患。 放置しておくと咀嚼障害,摂食嚥下障害となって全身的な健康を損なう。 高齢者においては,う蝕や歯周病,義歯不適合な どの口腔の要因に加えて,加齢や全身疾患によって も口腔機能が低下しやすく,また,低栄養や廃用, 薬剤の副作用等によっても修飾されて複雑な病態を 呈することが多い。そのため,個々の高齢者の生活 環境や全身状態を見据えて口腔機能を適切に管理す る必要がある。(日本老年歯科医学会

検査としては、口腔内の清潔度や乾燥具合、咬合力、口唇圧、舌圧、咀嚼機能、嚥下機能などを検査します
口腔機能低下症

下の写真は当院での摂食嚥下機能評価を歯科衛生士が行っているところです

歯科衛生士による口腔機能評価
舌圧プローブを使用して患者さんの舌圧を測る前に説明しています
(説明なのでグローブはまだしていません。)

そうなんです...コロナ禍になり、なかなか口腔機能低下症の検査をするのも難しくなりましたコロナ禍になってから、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手全員がN95マスクを常用しており、アシスタントにつく時はフェイスシールドが常用です。もちろん、ガウン、グローブは着用です。

あ、前置きが長くなりましたが、今日は口腔機能評価のことを書きたかったわけではなくて、お世話になった日本歯科大学教授の菊谷 武先生が委員を務める一般社団法人 日本老年歯科医学会から、歯科訪問診療における感染予防策の指針 2022 年版が出たことをお知らせしたくてブログを書いています

ぜひご興味のある方にはご一読いただければと思います

私も読んでみましたが、歯科訪問診療の感染対策というよりは、歯科診療室の一般的な感染対策のお話しです

訪問の特性とかもう少しあるとよいのにな〜と思いましたが、診療所の感染対策も含めてご興味ある方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか

ではでは皆様、大切な春の1日をお楽しみ下さい

今日も世界が平和でありますように

日本歯科大学東京短期大学 口腔リハビリテーション学専攻科 同窓会に参加♡


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、こんにちは

今日はえーと、3月何日でしたっけあ、もう28日ですねもう今月も終わりか〜本当に早いですね。桜もそろそろ満開になってくるのかな。桜のシーズンは大好きですけど一瞬なのですよね。。。

桜が終わるとあっという間に新緑の5月がきて6月の梅雨がきてまあそれも季節がある日本の四季を楽しめるってことなんですど、何もしないままに時が過ぎていきますよね

私は歯科衛生士のお免状は鶴見大学短期大学部 歯科衛生科ですが(なんと最近は 歯科衛生士 国家試験 合格率全国No.1だそうです)、その後2017年に日本歯科大学東京短期大学の口腔リハビリデーション学専攻科で学ばせていただきました。(どちらも誇りに思える大学です

卒業してから数年大学の同窓会に参加していなかったのですが、このコロナ禍を経て再び参加...と言っても顔を出す程度ではありますが、再び参加させて頂いています。

(↓ZOOMミーティングに向けてカメラ映りをチェック中とはいっても、ZOOMと言っても、久しぶりに先生ともお会いするから顔から緊張が抜けない背景も墨田区をアピールしようとソラカラちゃんを選んでみたりしたけど先生たちの前では披露できず...(爆))

ZOOM会議

理由は...(参加した理由だよ

コロナ禍になって母がうつ病になって、摂食嚥下分野の専門は食べることの専門なのに、母の食べることの支援は難しく,,,一筋縄ではいかない高齢者の扱いを目の当たりにし、そのご縁で参加させて頂いているSNSのグループでも、食べることに纏わる悩みがちらほら...

私は学校を卒業して、一応プロと呼ばれる部類なのに、何のお役にも立てないもどかしさ。

高齢者が食べられないといっても、それを精査できる人が周りにいない。そして食べられない高齢者というのは要介護が高いことが多く、遠方へ出向けない。つまり、近所でアプローチできる人に出会わないといけないのです。

ところが、往診範囲16km。摂食嚥下を評価してくれるところを紹介できない、このもどかしさ

専門職に繋がりもしない。これが現実。

問題は、摂食嚥下をきちんと見られるお医者さんや歯医者さんがいるいないということだけでなく、その専門家につなげる人が少ないというのが問題です。

高齢者の場合、ほとんどが日々を生活の一部としての生活援助として介護職の方が入っていることが多く、食べる問題をどこに繋げたらいいのかわからない方が多いような気がします。(もちろん人によりますが)

私たち歯科界でもまだまだ摂食嚥下に対しての理解が乏しい ということも問題です
(しかしながらこの分野の専門は絶対に歯科です。それは食べる行為には絶対に口や歯という口腔器官が関わっているからです。ここに問題があるかないかは、歯科職意外は精査できません。だからこそ歯科職の早い成長が大切。それが患者さんのため

そこで前置きが長くなりましたけど、もっと歯科衛生士が摂食嚥下に詳しくならなければというわけで...大学の同窓会の活動目的の1つは歯科衛生士の専攻生を募集することが目的ですから、私も協力したいなと思いまして、同窓会に数年ぶりに参加したわけです

ここ重要:来る7月3日 日曜日に日本歯科大学東京短期大学口腔リハビリテーション学専攻科 卒業生のさくら会によるセミナーが開催されます。日本歯科大学 教授の菊谷 武 先生がご講演されます。詳しくは決まり次第お知らせしますので、皆さんご予定を空けておいて下さいね

人生の最後の楽しいはずの食事が苦しいものであってはいけない...
自宅で人生の最期を迎える方のお手伝いがしたいという若い頃からの使命は健在です(*´-`)

なんか、さっき、大学の正式名称なんだっけ,,,とか思って、HP見てたんですが、ちょうど卒業や入学シーズンで若い人の笑顔あふれる、活気溢れる映像とか画像とか見て、なんかいいですよねー

いや、ぜんぜん、負けてる気してないけど(笑)あ、歯科衛生士の仕事に対してのモチベーションっていう意味だけど。

ここ数年コロナでモチベーションも低下気味だったけど、少しづつ上を向いていきたいです

今日も明日も明後日も...世界が平和でありますように

まん防解除でコロナは世界から無くなったのか?


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、おはようございます今日は。前回今週も始まりましたねって書いたのに...もう週末です停電にならなくてよかったですよね〜

実は私、停電になると言われた日に、誕生日休暇なるお休みを頂いておりまして。
せっかくのお休みなのに...と思っていたけれど、コロナに戦争に世の中大変なことが起こる中で、こうやって生きていられるだけでも幸せと思うことにしました

2022の誕生日 みんなありがと♡

そして毎年恒例なのですが、職場でお祝いして頂きまして皆さんに頂いたケーキを片手に自撮りしてお礼のメール。そうコロナ3度目の誕生日なんですよね皆んなもそれぞれ大変なのに毎年気にかけて頂いて...有り難いことですね 

さて、先週末でまん防が全国的に解除となり、ロシアとウクライナの戦争も長期化していることから。すっかり巷ではコロナはもう無い。ただの風邪だ。みたいな風潮になりましたね...

まあそれもわかりますよ、一般の方々からすれば制限されるのは辛いものだと思います。でもね...ってところで、医療従事者からの立場でコメントしたいと思います。

さて。連日医院の感染対策の事を書いていますが。当院ではまだまだコロナ警戒中でございます
ずっと行ってきた朝のミーティングも中止として、お昼も孤食

仕事中はN95マスクを全員が着用しておりマスクを外した状態でのスタッフ同士の接触はありません

朝のミーティングも、お昼の会食も、面倒くさがったり、嫌がる方もいらっしゃると思いますが、仕事を円滑に行う潤滑油的な役割もありますよね。実際

ただ、医院にきて、同じ仕事を同じようにして、流れ作業のように単純作業していては、うーん。なんだろ。つまんないですよねきっと働く私たちがつまらないと思っているとすれば、それは患者さんも感じとるのではないでしょうか。

この閉塞感がたまらなく嫌いなのですよね〜

で、そこで院長に提案して、少人数だけど、ミーティングをZOOMでやりませんかと提案。まあ狭い医院でそんな事しなくてもいいんですけど何か新しいこと、そして新しいコミュニケーションのあり方は模索した方が良いですよね

というわけで。今日は朝からZOOMミーティング

ZOOM会議

昨日行われた、第84回東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議の動画を共有しながら院長がコメントをするという形で行いました写真は国際感染症センターの大曲貴夫先生です。
 
さてキーとなるポイントは画面向かって右上の総括コメント。

確かに新規陽性者数は緩やかに減少傾向で、まん防は解除になりましたけど、オミクロン株BA.1系統から BA.2系統への置き換わりが急速に進んでいます。警戒が必要です
年度末前後のイベントによる人の移動、 接触機会の増加に注意が必要です。
2022.03.23 モニタリング会議 1

それから医療提供の状態ですが
2022.3.23 モニタリング会議 2
確かに病床使用率は減っていますけど。入院患者さんのうちで酸素が必要な方の割合は以前として高いですし、救命救急センター内の重傷者用病床使用率は高いまま推移しています

やはり一定の割合で重症化はありますし、現在のオミクロン株は無症状の患者さんも多いですから、感染対策をせずに野放しにすれば一定の数で重症化し亡くなるかたは出るといういことですね。

重症化しないためにもぜひ皆さんにはワクチン接種をして頂きたいです今後ますます経済活動が活発になれば、無症状の感染者との接触も増えます。その中で自分が感染しない確率は何%でしょうね

ワクチン接種をすれば重症化はしずらいですからぜひ、これからもで接種がまだの方は検討してみてください 


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、おはようございます今日は曜日。今週も始まりましたね
なんと連休明けの今日は、関東で電力が足りないってことで、naomiも節電しています

昨日はお彼岸なのでお花を持ってお墓参りに行きました

水仙
ロシア🇷🇺とウクライナ🇺🇦の戦争も未だ続いていますね...1日でも早く戦争が終わりますように...

私は今回の戦争で、日本🇯🇵が核爆弾を使われた事が頭をよぎりました。以前見た戦争の番組で、アメリカの兵士さんが核爆弾は戦争を終わらせるための手段だったとその正当性を主張した映像が記憶にあります。

その時はうーむ...と思いましたが、今、ロシアとウクライナの戦争を見ていると、戦争を終わらせるためには...という思想の発想が湧いてくる環境とはこういうことなのだなと思いました。
だから不安がよぎります。お互いに引くに引けなくなって最悪の事態にならないかなって...

これだけ国際協調と言っているのだから、第3国がなんとか両国に介入して最悪の事態は避けてもらいたいですよね日本は世界で核爆弾が落とされた唯一の国です。核の恐ろしさを一番知っている日本だからこそ、できる働きかけがないのかな〜と心もどかしく思っています

私が小学校6年性の時に書いた作文。戦争がテーマでした。となりの人を思いやること私はそう書きました。隣の人が、隣の人に思いやりをもてば、その隣の人のその隣の人へとずっと繋がっていく...

戦争を起きないようにするためには、となりの人を思いやるだけでいいんです。きっと答えは簡単な事なのですよね...戦争が始まってしまった今となっては...ですけど。戦争は始まらないようにするのが大切ですね...

そしてコロナ禍の3回目の春。2020年の春。2020年2月に日本でもコロナが入ってきて、その2ヶ月後。コロナが増える中で迎えた春のことを私はいつも思い出します気鬱な時に目の前に桜の花びらが落ちてきて...マスクにひらりと🌸今年もそんな時期を迎えます。

さて、昨日でまん防も解除されて自由な生活が戻ってきました... 春の陽気に誘われて日本も世界ももうコロナはただの風邪のような認識になって、自由な感じになりましたけど...

医療従事者として言いたいのは、コロナの政治的な対策はなくなったけど、コロナ自体が無くなったわけではないという事です。だからもう少し長い目で見ないと。注意は必要ですよね。

WHO COVID-19 protect

ウイルスは変異していきますし。

私たち医療従事者は、まん防がなくなったから、はい、以前と同じスタイルで仕事をしましょうとはなりませんからね。ウイルスがある限りは全員が感染者であると考えるべきですし、もし私たちがそういう区別なしに医療を提供するとすれば、それはそれで患者さんも不安に思うと思います

つまり医療には政策のような、はい、今日で終わりはないってことです。医療に負担がかかれば、それは回り回って患者さんに返ってきますからね。そうならないようにしたいですね

戦争のこともそうですけど、誰かを思いやる。そんな気持ちをコロナでも持っていただけたらな〜と思います。

基本の対策は忘れないでくださいね

さて、では皆さま、今週も頑張りましょう

歯科衛生士のメインテナンス。飛沫の曝露に対する予防策は?


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、おはようございます今日は月曜日。今週も始まりました
毎週始まったなーって思っているんですけど

さて、もう2週間以上に渡るロシア🇷🇺とウクライナ🇺🇦の戦争

先日、ウクライナの一般の方が国外に出るシーンをやっていて、家族の一員であるペットを置いていくシーンがあったのです...十数時間に及ぶ移動に、ペットは対応できない私もニャンコを買っているので、その悲しい気持ちが伝わってきて,,,泣けましたペットって家族ですけど、平和じゃないと一緒にいられないのですね,,,

そう言えば、3.11の時、ニャンコ2匹を連れて、非常階段上り降りしたっけ,,,避難所に一晩泊まった時はニャンコは家でお留守番だった,,,あの時は一晩で済みましたけど、街が壊滅していたら、きっと、別れることになったのだろうなぁ,,,と思うと、胸が痛い

ペットと平和
 
今日も世界の平和を祈りますあー祈るだけしかできないのももどかしい。世界に何億人で人類がいるのに、立った一人の暴走を止められないなんて,,,

私が今日できること。それは今日を一生懸命に生きること。生きていればきっと困っている人の何かお役に立てるチャンスがきっと来ると思うから 

さて、歯科医院の感染対策。今日は歯科衛生士の処置における飛沫の予防について少々。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ) 歯科衛生士 処置
写真は私が患者さんを歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して、メインテナンスしている様子です。これから下に示す写真は赤い矢印の部分。顕微鏡のレンズの下の部分。レンズに直接物が当たらないようにキャップがしてあります。

オレンジの矢印は患者さんの口の部分です。患者さんの口からレンズまで、処置にもよりますが、大体20cmから30cmでしょうか。1人の患者さんが終わった後に撮影したものですが,,,いかがでしょう結構、処置した時に飛んだ、飛沫の跡がついていますね
歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)鏡筒
 当院では顕微鏡を使用しているので、かなりレンズから実際の目までは距離がありますが、顕微鏡がなくて裸眼だったらどうでしょう

となると、やはり、個人防護具であるアイウェア(ゴーグル)やフェイスシールドはあった方が良いですね

歯科衛生士さんが一人で処置を行う場合、得に奥歯の処置では、見えにくいと顔を近づけたりしますからね

と書くと、じゃあ全ての患者に、ゴーグルもフェイスシールドも全てやらなきゃいけないのとか、全てをやるべきって話になるのですけど、いやいや、違います。結果として全て装着する結果となったにしても、きちんとした理由のもとに装着することが大切です考察のプロセスがとても大切です。

きちんとした理由を考えて下さいね

ちなみに、私がの写真でゴーグルとフェイスシールドを二重にしているのは、マスクと一体式のフェイスシールドが目に密着しすぎて視野がとれないので、ゴーグルをして、隙間を開けて、フェイスシールドをしています意味なくフル装備にしている訳ではありません

目に飛沫が飛ぶ可能性がある、だから、アイウェア(ゴーグル)を使用するのです。

顔に飛沫が飛ぶ可能性がある、だから、フェイスシールドを使用するのです。

じゃあ、受付対応はどうでしょう

受付でフェイスシールドする必要ありますかいつだったか、外来に来た患者さんが受付で唾を飛ばしたなんて話もコロナ禍には聞きましたけど。受付で顔面に飛沫が飛んでくる可能性ってどれだけでしょう

暖簾のようなビニールの垂れ幕。なぜしているんですか
100歩譲って、飛沫防止でもいいですよ。でも、その垂れ幕、お掃除や消毒はどうしてますか毎回とは言わずまでも、1日1回ぐらいはお掃除や消毒してますか定期的に交換しますか

逆にそれを長期で使用することで、細菌やウイルスの温床になりますよね

また、飛沫感染の予防ならともかく、その簾があることで、受付の空気が遮断されて、気流の流れが止まっていませんか受付の空気、淀んでいませんか

コロナ禍になって、今まで誰もやってなかったのに、急にスタンダードプリコーションと言って、フル装備で診療している歯医者さん増えましたけど、きちんと理解していますか

手袋やマスク、ゴーグル、フェイスシールドなどの感染経路を遮断するものを個人防護具と言いますが、これは、きちんと自分で考えて選択できなければ意味がありません。学術的な根拠を持って取り組んでほしいな〜と思うわけです

さて、そんな訳で。今週は原稿のゲラが上がってきてましてもうすぐ皆様に私が書いた記事がお目見えすることになりますね春とともに嬉しいです

今週も世界の平和を祈りつつ、お仕事頑張りましょう 

今日はHIVのはてな


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、おはようございます今日は月曜日。今週も始まりました
早いもので、もう3月に突入。あーもうすぐ年とっちゃうよ〜←私今月誕生日

さて、先週もロシアから目が離せませんでしたね
そして個人的なことですが、先日、人生の中でも指折りの屈辱的出来事がありまして、人生で初めて眠れない数日を過ごしました

と言っても、結構、私、忘却の人なので、だいぶ、ま、いっか、になってきましたけど、思い起こすと本当に腹が立つ出来事。馬鹿にしてんのか(あーまた汚い言葉を使ってしまった。。。(~_~;)大人気なく申し訳ないです。。。でも。。。本当に悔しかったのです、はい。そういうのって大人になるとあんまりないですよね。自分でもこの年になってこんな気持ちになるなんてびっくりしてます

だから、まったり海見たよ

海


最近、私の世界の中には静寂が見当たらない。心静かにと思って目を閉じてみても、外界の雑音や内なる心の呟きが雑音となって鳴り止まない。あ〜疲れているんだなーって思う。海はいいなー潮風と波の音に気を引かれて一瞬だけど心が無になる

コロナももう3年目だけど、加えて戦争が始まって...

と言っても今までも世界のどこかで戦争や紛争はあったのだけれど、今回のはショックが大きいですよね世界の邪気を受けちゃうんですよね、私。

とそんな不安定な気持ちと前向きな気持ちが浮き沈みしながら最近は過ごしております
意外に書くことがストレスの発散になっていたりして皆様に愚痴を聞いて頂いている形となりますね有難うございます

さて今日の感染についてのテーマはHIV感染症、エイズについてです。

皆さまはエイズと聞くとどんな病気と想像されますか

以下は東京都性感染症ナビからの引用です。
エイズとはHIVによって体の免疫力が低下し、その結果として様々な合併症が出た状態

先日ある先生のご講義を拝聴して、とてもHIVやエイズについてわかりやすくご説明頂きましたその先生がおっしゃるにはHIVは免疫応答の封鎖に特化したウイルスと表すことができると。

つまり、

免疫
先日、3回目のワクチン接種の話題での図をご紹介しましたね

ウイルスが入ってくると、樹状細胞がT細胞に情報を提供しヘルパーT細胞がB細胞に指令を出して抗体を作らせてウイルスを攻撃する。またキラーT細胞がウイルスそのものを攻撃する、という免疫の基本を書きました。
    
HIV

HIVは感染してから、

10日
の免疫の司令塔であるT細胞を徹底的に攻撃破壊します。
司令官であるT細胞が攻撃されるのでB細胞が抗体を作ることができません

本来なら、この免疫機能でウイルスを体内から排除するのですが、残念ながらHIVは一度感染すると体内から完全に排除することが難しいウイルスです。

そして感染からおよそ100日体内に残留するHIVのウイルス量が決まります。

そして感染から10年エイズを発症します。

感染してからおよそ10年かけて発症するわけですが、この10年後の発症をたったの10日で運命づけるのですから、HIV感染症とは恐ろしい病気です東京都性感染症ナビの図を引用します。

HIV感染からエイズの発症まで

HIVの主な感染経路は性行為です。また感染した母親から赤ちゃんへの母子感染や注射器や剃刀歯ブラシ、ピアスなどの使い回しによる血液感染もあります。

以前は不治の病と言われましたが、今は良いお薬がありまして、早い段階からお薬をきちんと服用すれば、免疫力を高められ、人に感染させることもありませんし、通常の人と同じに生きられます。高血圧や糖尿病と同じように今や慢性疾患のように扱われています

また、感染力が弱いので歯科で感染治療で感染することはありません

以前は日本の女性は結婚するまで貞操を守って...という時代もありました。
その頃に比べると、現在は性行為の状況も様変わり性感染症(性で感染する病気)も増えました。梅毒も急増しています特に20代〜40代の男性、女性では20代の感染が増えています

感染症に限らず病気は早期に発見された方が軽症で済みます

感染症の場合は特に人に感染させる可能性がありますから、少しでも気になる方は医療機関や保健所で検査や相談してくださいね

では今週も張り切って参りましょう
今週も世界が平和でありますように。

病院の膝掛け気にならない?エアフローの粉はどこまで飛ぶのか?


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、こんにちは今日は月曜日。今週も始まりましたね〜

先週は、ロシアがウクライナへ侵攻したり、北朝鮮がミサイルを飛ばしたり、世界の平和が揺らぐ出来事があり、心穏やかでいられない、わたくしです 

私が一番衝撃を受けたのはこのニュースです。この平和な時代(と思っていた、いや思いたかった)に兵士を募集するという...すごく衝撃的な出来事でした。

ニュース
なんだか...切ないですね

戦争なのはわかっている、でも死ぬのは嫌だと泣きじゃくる子供の映像も衝撃的でしたけど。

友達の友達はみんな友達。世界中の誰もが隣の人を愛すれば平和になる。隣の人が隣の人を想い、その人がまた隣の人を思う。皆んなが皆を思い合う。

どうか世界が平和でありますように...

さて、世界のどこかで戦争が起こっていても、わたしができることは、今日を一生懸命生きること
わたしはわたしができることで世の中に貢献しようと思うのでした。

話は全く変わりますが、皆さん、病院の...あ、病院に限りませんけど、お店で貸してくれる、もしくはかけてくださる膝掛けって気になりませんか 

わたしは、 歯のクリーニングをする時に、エアーポリッシング(エアーフロー)をメインにしているのですが

 

懐かしい10年前の動画一般的な歯科医院で歯科衛生士さんがやっているPMTCとの比較を小生意気に紹介しています。若っいな〜最後まで動画を見て頂くと小生意気 の意味がわかります

コロナ禍になってから、歯科衛生士の処置をするのがとても躊躇われましたよね...毎回エアロゾルの発生ですものね

で、このエアーポリッシング、粉の粒子を歯に吹き付けてプラーク(細菌)を吹き飛ばすのですが、結構粉が飛ぶのですよね特に注意を必要とするのが、黒や紺のスラックス(今時は年齢関係なくパンツというのでしょうけど。昭和っぽい)を履いた男性です。

処置が終わるとパンツがうっすら白くなっている時があります。(ご本人は気がつかないほんとうっすらです。)これが結構膝辺りまで白くなっている時があるのですよなので、わたしは粉が目立ちそうなパンツの方には、オイフ(ディスポーザブルの手術用のドレープ)をかけてました

これがまた、術者のわたしより前方だけじゃなくて、後ろに机があるのですが、その机の上にも粉が飛んでいるのですあ、バキューム操作が下手なだけ

いえいえ意外と気にしていないと思いますが、結構飛んでますよ〜
エアーポリッシングに対する感染対策はおいおい話をするとして、今日は膝掛けがメイン

そう、つまり、膝掛けをかけている膝の辺りまで、エアーポリッシングでは粉が飛ぶって事です

膝掛け

術者としてそういう事を知っていると、このコロナ禍。膝掛けどうするって話になる訳です。もちろん膝掛けを使い回して感染する事はありません。ありませんけど...

そう、気になるやらないと気が済まないっ気がついてしまったら、見ないふりはできない

というわけで、当院では膝掛けは患者さん毎に交換です。おかげで毎日の洗濯が大変です

膝掛けってなかなか難しいのですよね...そもそも洗える素材を選ぶのが大変で、洗えてもテナントビルでは洗濯を干すところがない乾燥機は素材上無理なことが多いデザイン性もありますし...クリーニングの配達...業者もないし、毎日のこととなるとどれだけ費用がかかるのか

でもそう思って念じていると出会うものです速乾性の膝掛けをGET しました〜

というわけで、当院では、マスクやグローブ、エプロンなどと同様に、膝掛けも患者さん毎に交換してます

結構細かいことですけど、現場的でしょ机上の理論ではない、実践の感染対策でした

では皆様本日もお後が宜しいようで明日の朝も世界が平和でありますよう祈りながら...
おやすみなさーい 

口腔外バキュームのはてな


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

皆様、こんばんは今日はなんだか毎日がめちゃめちゃ早いですね
今日はお休みだったので、久しぶりに地元のcafeにランチしに行ってきました

まだまだコロナの感染者数が落ち着きませんが、そういう中でも人生のほっとした瞬間を大切にしたいですねcafeでスマホを見ていたらロシアがウクライナに侵攻した...という気なるニュースも飛び込んできて驚きましたが...

ここのcafeはテラス席があってお店の外でもお食事などが楽しめます
ちょこちょこ芸術的なイベントをしているのですが、今回は世界で一番小さなキャンバス展を開催してました。

むむむ。。。マイクロスコープの小さな世界で仕事をしているnaomiとしては見逃せない
作品を見ながらマイクロケーキの盛り合わせを頂きましたちっちゃな、ちっちゃなキャンバスに描かれた作品たちが可愛かった

世界で一番小さなキャンバス展


コロナ禍で映画も音楽のコンサートも行けなくて(仕事柄、今だに閉鎖空間に近づけないでいます)、なかなか芸術的なものに触れる機会がないので今日はちょっと楽しかったですテラス、めっちゃ寒かったけど

さて、今日は口腔外バキューム(Dental External Oral Suction)のお話です
コロナ禍の前から注目されていたのですが、コロナで更に注目を浴び、品切れとなった商品です。

口腔外バキューム

当然、当院でも注目してました
どんな感染対策も自分の中でしっくりこないと実践できないわたくし。実体験してみました。(検証したのは2020年、パンデミック初期の頃です。)

どのくらい吸引するかとか、どの方向からが良いのかとか。

結果から申し上げますと、微妙何しろ顕微鏡を使うので吸引口の場所が限られる

口腔外バキューム実証

吸引口の向きとか、ポジションも勿論、自分たちで検証。患者さんのようにユニットに寝て、実際に使う場所に口腔外バキュームを置いて、吸引口を患者さん(恥ずかしながら私)の口の近くに寄せて、簡易的に、診療室にあった、アロマ線香の煙を使って、距離と吸引力や設置の場所を検証しました

厚生労働省委託事業「歯科診療における院内感染対策に関する検証等事業 一般歯科診療時の院内感染対策に係る指針(第2版)の質問11にはエアロゾルや切削粉塵の飛散を低減させる。したがって、歯科治療時は診療室内の汚染を減少させるために口腔外バキュームの常時使用が強く求められるとあります。

更に、吸引口は縦にすると良いってあるのですが、縦にすると患者さんの胸に当たるので実用的な使用方法じゃないような...

引用論文を見ると、全て国内の文献だけなんですよね海外での報告は掲載されていません。

海外ではコロナ禍のここへきて使用している方がたまーにいる程度。感染予防のマストにはなっていません

当院では効果的ではないのですが、もし使用するならば、前回ご紹介した(換気のはてな)医院の換気、診療室内の気流についても参考にして頂き、自施設の換気や気流との兼ね合いも考えなければなりません

今現在、歯科の感染対策はこれだけやれば感染しないというものはありません。
様々の組み合わせで感染のリスクを低減させることが大切です

なぜ日本では口腔外バキュームがこんなに流行しているのかそれは診療報酬に入っているからですが...

個人的感想ですけど、意味あるんですかね。

今回のコロナで皆さん理解したと思いますが、歯科用ハンドピースの滅菌をしても、口腔外バキュームを使用したとしても、コロナの感染は防げませんよね。なぜなら呼吸器感染症で、両方とも感染経路の確実な遮断になっていないからです。

感染経路の遮断にはグローブやガウン、マスクなどのPPE(個人防護具)の着用と手指衛生が重要です

普段、グローブも交換できず、使い捨てガウンを着る余裕もなく、エアロゾル感染や空気感染の感染予防の要となるN95マスクも入手できず、手指衛生のためのアルコールも供給されない、費用負担もない中で、なぜ滅菌や口腔外バキュームに診療報酬がつくのか、私には...よくわかりません

機械を揃えることが、患者さんのためになるのかすごく疑問。患者さんのためにも現場の歯科衛生士のためにもならない。だってもっと必要なものあるよ

私は歯科の現場に正しい感染対策が広がることを切に願っています。私は歯科衛生士が好きでこの仕事をやっていますが、職業感染するのを前提で、わかっていて仕事をするなんておかしいです

歯科衛生士ももっと自分たちの職業感染について考えるべきですし、雇用主である歯科医師もスタッフの安全にもっと責任を持つべきです。米国では雇用者の安全は法律で守られているのにこのよくわからない現状は、業界全体の問題です

歯科衛生士は患者さんと一生関われる、一生患者さんのお口の健康を守り続けることができる素晴らしい職業です。歯科衛生士の将来の担い手たちを守るためにも、業界全体で考えるべき問題です。

今日も寒かったですね今年は例年になく冷えるような気がします。
今週もあと2日。ラストスパート頑張って参りましょう

3回目のワクチン接種報告 最終


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

皆様、今週もはじまりましたね
オリンピックが終わってしまってちょっと寂しいですが、オリンピック観戦でもらった勇気や希望を胸に今週もお仕事がんばります一応記念にテレビの写真を貼っつけてと
北京オリンピック2022

さて、今日はワクチン3回目接種についての最終報告です。

前回3回目のワクチン接種を終えて、スタッフの抗体価の速報をお知らせしました
本日は全スタッフの結果が揃いましたので最終的にご報告したいと思います

ここ最近の新型コロナウイルス オミクロン変異株の感染状況。蔓延防止が今月いっぱい延長になりましたが、街中はもうコロナ前に戻ってますよね。人出が多い、多いこれから暖かくなり、新年度の春人が動く季節がやってきますので、やや不安な感はあります

そこで急ぎたいのが免疫力をあげるワクチン接種です

3回目のワクチン接種について厚労省では、

従来のデルタ変異株等に対して、

発症予防効果等がある
一方で感染予防効果や高齢者の重症化予防効果については時間の経過に伴い徐々に低下していくことが示唆されているが、追加接種により低下した感染予防効果や重症化予防効果等を高める効果があると報告しています。

これはに紹介する当院のデーターでも同じことが言えそうです
2回接種後半年で平均約半分、抗体価が減少していますしかし、追加接種(3回目)したところ、抗体価は減った時よりも更に増えています。およそ獲得できる抗体価は1万から2万でしょうか

振り返ればワクチン1回目の接種では数十しかありませんでした。3回目の接種を経て今は数万ですからね。ワクチン接種をしていなければ、体の中にウイルスと戦う武器がほぼ無いのと同じです。だから重症化しやすい。ブレイクスルー感染しても重症化しないのはこのためでしょうね
ワクチン3回目 最終抗体価
こうして見ますと、かなり個人差があります免疫力と言っても一括りにはできません。

当院で新型コロナウイルスに感染した方で、その後ワクチン接種を1回受けた後に、抗体検査をされた方がいらっしゃいますが、お1人は48,000もうお1人は52,000だったそうです現在、半年後の抗体価検査を行なっていらっしゃいます。

大規模な論文のデーターも大切ですが、生きた生のデーターも大変興味深いですね

またオミクロン株について(英国健康安全保障庁(UKHSA)の報告)

発症予防効果は、

デルタ株より低く
、2回目接種から2〜4週間後は65〜70%であったところ、20週間後(約5ヶ月後)には10%程度に低下することが示されています。ここで、追加接種することにより、その2〜4週間後には発症予防効果が60〜75%程度高まり一時的に効果が回復することが示唆されています。ただし、15週後(およそ3ヶ月から4ヶ月後)以降はその効果が25〜40%になるというデータあり、効果の持続期間については、引き続き情報を収集していく必要があります

追加接種の発症予防効果はファイザー社が約65%モデルナ社が約69%であったと報告されています。

入院予防効果は、

2回目接種後25週目(およそ6ヶ月)以降では44%であったところ、追加接種後2〜4週目は92%5〜9週目は88%10週目以降では83%に回復していることが確認されています。
また、65歳以上の人における、オミクロン株に対する入院予防効果は、追加接種後2〜9週で94%10週以降で89%であったことが報告されており、発症予防効果に比べると、その効果は比較的保たれていると考えられます。

米国においても、

入院予防効果は、

2回目接種後14〜179日(およそ3ヶ月)で81%180日以降で57%追加接種後14日以降で90%であったと報告されています。

ワクチンの効果は、当院のデーターも示しているように、限定的で半年ぐらいで抗体価が下がってきますので追加の接種が必要です

まとめ

オミクロン変異株では、発症予防効果(症状が出て人に感染させることを予防する効果)は従来株には劣るものの(全く無いわけではない25〜 40%も残っている)、重症化しない、入院予防効果は追加接種をすることで高い価をキープできるということになりますまたファイザーでもモデルナでも効果に大きな差はありません。

今の現状を見ていても、その通りですね

今現在、感染者が増え、自宅待機者も増え、医療の逼迫が起きています。このような状況下では発症予防効果が低いとは言え、重症化しない、入院予防効果のある、3回目の追加接種にはかなりのメリットがあると思います

3回目の副反応。。。副反応って言葉が良くないな〜っていつも思うのですが

どのワクチンもそうですけど、ワクチンは疑似感染を起こすのですから免疫が働くのが当たり前で、抗体を作るためには免疫機能を働かせなくてはいけなくて、免疫が働くから熱も出るし、倦怠感もあるわけで、本来抗体を作る自然の反応なのに

それをあたかもワクチンを接種したから起こる特別な反応って報道するからおかしいのですよね

当院のスタッフや、説明を受けた患者さんは、発熱のほか副反応が出ると喜んでいますそれは抗体が出来たという証だからです。当院のデーターを見る限りでは副反応に乏しい方が抗体価が低い傾向があります

だからと言って、副反応が重い方が良いと言いたいだけではなく、副反応はワクチンを接種すれば自然に起こる反応なのだから、過剰になる必要がないのではという事をお伝えしたいのです

ワクチン接種には、自分を守る大切な人を守る社会を守る、という役割があります。
できる方はワクチン接種をしましょうワクチンができない方のためにも。

ではでは皆様、今週もボチボチまいりましょう

換気のはてな


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

皆様、今日は日曜日週末、皆様、いかがお過ごしでしょうか
オリンピックが終わってしまいますね。。。

フィギアスケートの羽生選手が努力をしても報われないことがあるって言ってましたけど、これって、努力した人しか言えない言葉ですよねそしてその努力の結果は努力をしてみないとわからない。

つまり、努力しないと報われるか、報われないかはわからない、つまり努力するしかない

私的には報われてますよ と言いたいです。
その努力する姿にどれだけの人が感激したかわからないし、4回転半にチャレンジしたことはこれからのスケート界の未来を変えたと思うから。

何はともあれエキシビジョンが楽しみですね 若いっていいですね〜 

今日は医院の換気です。

医院の換気や空気感染については、CDCが2007年に提唱した2007 Guideline for Isolation Precautions: Preventing Transmission of Infectious Agents inHealthcare Settings の中で、空気感染隔離室 Airborne infection isolation room (AIIR)の項目で既存施設では1時間に6回の換気、新築または改築の施設では12回の換気を求めています。

これは施設の設備の問題になりますから、急な対応は難しいですよね。日頃からの感染対策がものを言います

感染対策では1.スタンダードプリコーション 2.エンジニアコントロール 3.ワークプラクティスコントロールの3つが大きな柱となります。

このAIIRはエンジニアコントロールの1つです

これは診療室が個室であることが前提になりますね

現場の肌身の感覚としては換気設備があって、換気ができていると言われても、すごく不安です。だって空気見えない更に個室となると、もしこの区切られた空間の中で換気が知らないうちに不十分であったなら、逆に開放された空間よりも感染のリスクが高まるじゃないですか

実際ねぇ、皆さん机上の理論であーでもない、こーでもない、とかおっしゃいますけど、実際に自分の身が危険にさらされると思うと、不安ですよ〜しかも、コロナ禍では、こういう設備が整っているはずの大病院でバンバンクラスターが発生していますからね

部屋の換気回数なんて大切だけど、当てにならないですよ。そんな人頼みより、窓を開けて空気を流した方がよっぽど信頼性がありますまさに、うちの院長がいつも言う見たのかです

歯科の外来診療の特徴は、大抵は健康な人が患者さんであるという事。
つまり、医科の入院患者さんのように易感染性の患者さんが少ない免疫力が低下していない患者さんが対象という意味では、その感染対策は一般的に医科で言われている感染対策と意味合いが少し違ってきます。(基本は変わりませんが)

現在、当院では手術用の空気清浄機やHEPAフィルター搭載の簡易陰圧装置で空気を清浄しています
更に、吹き流しを使って診療室の空気の流れも可視化しています。

吹き流し

吹き流しと言えば、昨年の学会発表のスライド録画の時に吹き出しと言ってしまって
お気づきの方は、ああ、naomiってアホなんだなって思ったと思います何しろおよそ60分一発撮影だったのでもうオンデマンドも終了しましたし時効ということでお願いします

診療室換気

さて、私が使用しているクリーニング専用の診療室ですがな感じで換気と気流を考えています。
入り口ドアと窓を閉めれば基本的には陰圧室です。ただし、病院のような完全な密閉室ではありませんし、前室もありませんから、厳密に言えばなんちゃってですがご容赦下さい

なかなか診療室は難しいですよね。特に首都圏はテナントだと診療室のスペースが限られますし診療台(ユニット)の向きも限られますから。大きな病院はそういうもの全て設計するのでしょうけど、現行の歯科医院では現実的ではありません。

限られた中でどう感染対策をしていくか...感染対策の理論と考え方、そして実際にどうかという所がキモになります。

入り口、窓、ユニットの向きは変えられないので、残りのスペースで考えなければなりません。
現在は気流の向きを考えて、図のようになっています。これは平面(2次元)ですが、実際にはサーキュレーターを置く高さや、風の方向の上下、風の強さなど、吹き流しや煙も使用しながら3次元的に決めています。

実際、診療しているのは私ですから、診療しながら、どの向きで風がくれば、この目の前のエアロゾルが自分やアシスタントにかからないか考えながら決めていますちなみに国立感染症研究所ではエアロゾル感染が起こりやすい状況として換気が悪い屋内、密、長時間を挙げています。


幸いな事に私の診療室は、背中側に窓がありますから、外の風向きによっては窓を開放して足元に汚染された空気を流すことも可能です。
常に自分たちの周りが新鮮または清浄化された空気になるように心がけています

歯科医院の割には、結構感染対策しているでしょこんな時でも安心してご来院頂けるかと思います当院ではこんな感染対策を以前からしていることもあって、有り難いことにメインテナンスの患者様にコンスタントにご来院頂いています。ありがたい、ありがたい

結構コロナ禍でお口に変化がある方がいらっしゃいます。ストレスで食いしばったり、歯軋りしたりで、歯が削れてくる方も多いですし、それに伴って、虫歯ができたり、生活習慣の変化で、食生活が変化し、虫歯の危険度が知らないうちに高まっている方もいますし、飲み物が変わったり、量が増えたりして歯が着色する患者さんもいたり。

私たち歯科衛生士は変化に気が付き、それに早く対応することによってお口の不具合を防ぐことが仕事です。定期的な来院だからこそ変化に気が付ける

私は歯石が除去できる歯科衛生士さんよりも、小さな変化を見逃さないで将来につなげてくれる歯科衛生士さんが真の予防を担う歯科衛生士だと思っています。それが長期で診ることの意味だからです。

オリンピックのカーリングを見ながらブログ書いてますがんばれー日本 終盤だ〜

ではでは皆様、良い日曜日をお過ごしください 

免疫ってな〜んだ?


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

皆様、連休はいかがお過ごしでですか 

前回3回目のワクチンについてお話ししましたが、厚生労働省のサイトにわかりやすいワクチンのお話しが載っているのでご紹介します以下厚労省のHPからの抜粋です

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A
国立感染症研究所 治療薬・ワクチン開発研究センター 高橋 宜聖 先生

免疫は体内に侵入した病原体を異物(自分以外のもの)として認識し排除することで、自分の身体を正常に保つという大切な働きのことです

免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」があります。

「自然免疫」とは、病原体であるウイルスや細菌の一般的な特徴を捉えて生体が防御する仕組みであり、白血球の一部(好中球、マクロファージなど)が、体内に侵入した病原体を貪食します。

「獲得免疫」とは、「自然免疫」より異物を効率よく排除する仕組みであり、抗体を使って病原体を排除する「B細胞」B細胞が抗体を作るのを助ける「ヘルパーT細胞」感染した細胞ごと病原体を排除する「キラーT細胞」などの細胞が関与しています(図1)。

そして、B細胞やT細胞の一部が過去の感染を記憶した「記憶細胞」になると、同じ病原体が感染した際にたくさんの抗体やキラーT細胞を使って1回目よりも効率的に排除できるようになります。 つまり、ワクチン接種の目的は、これら記憶細胞を体に誘導することにあります。

一般に免疫がついたと表現されるのは、記憶細胞が体の中にできたことを意味します

免疫
 
私も一度高橋先生のお話しを聞いたことがありますが、わかりやすいですね
ご参考までにどうぞ 

ワクチン3回接種後の抗体価 

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

皆様、こんにちは♡
今週も始まりましたね〜今週も気張っていきましょう

コロナももう3年目に突入し、オミクロンが猛威を奮って、東京都では毎日2万人近くが感染していますが、さてどうしたものか。

政治的にはなんだか遅れてますよね〜3回目のワクチン接種は年末から言われてましたけど、1月中の予約は全然埋まっていませんでしたよね。

連日1万人が感染するようになって、医療が逼迫してきて、もう救急車の行き場がないと報道されるようになったら、なんだか皆さん自粛し始めましたよね。。。それまでは蔓防になってもどこも混み合ってましたもんね。ここ数日、なんとなく夜が閑散としてきたような気がしますね

海外の状況を見ても、年末からオミクロン系統が入ってきたら急激に感染者が増えるって予想してましたけど、日本の報道ってなんだかおかしくて、のんびりしてましたし、急激に増えるけど、ピークアウトも早いとか行って、3回目のワクチンは様子見で、集団接種会場は設置されてましたけど、がら空きでしたよね。

1月のワクチン接種は会場の準備したほどの効果は得られてないと思います。会場設営にかかった費用や人件費の方がはるかに多いんじゃないかな。

しかも、接種券がきても、すぐ予約しなくちゃという感じではなかったですよね。ファイザーが人気とか言って、全く接種が進みませんでしたよね

おまけにまだきちんとデーターが出ていないのに、オミクロンにはワクチンが効かないとか報道されて、一般の人が様子を見出した...で、今に至ってますよね。

コロナは風邪と一緒とか、インフルエンザと同じとかおっしゃって

昨日もいいましたけど、オミクロン治療法はまだ試行錯誤ですし、以前の薬が使えないものもあります。薬の供給も不安定であり国が流通を管理していますので、全ての患者さんにベストな薬が使えるわけではありません。制限があります。

昨日のブログでも書きましたけど、現在はウイルスに感染すると中和抗体を補充して抗ウイルス薬を使用して体の中のウイルス量を増やして自分の免疫を活性化して病状をよくするわけですから、最初からワクチン接種をして中和抗体を増やして、自分の免疫を活性化しておいた方がよいです

今日は当院のデーターを特別にお見せしたいと思います。当院では少人数ではありますが独自で抗体価を調べています。スタッフAからFまで6名を調べています。

3回目ワクチン接種後の抗体価
皆さんに注目して頂きたいのは、赤丸のついているところです。
2回目接種後の抗体価の減少率です。個人差がありますが、皆さんが思っている以上に抗体価が減少しているのではないでしょうか平均すると抗体価は約半分の50%減少しています。
ちなみに赤線はnaomiです

皆さんは、ワクチンを2回接種したし、オミクロンは重症化しないから、ピークアウトを待ってやり過ごせばなんとかなるのではないかと思われている方もいらっしゃるようですが、オミクロン変異株は感染力が強いですし(これはもう実体験済みですよね。1日2万人近くが感染しているわけですし)感染者も免疫力の高い若い人から高齢者や子供に移行していますので、自分でできる予防はやっておいた方が良いです。

ワクチンの役割は、自分を守る、自分以外の大切な人を守る、そして社会を守る、です

当院ではオミクロンの感染拡大に先駆けて、年末年始に急いでワクチン接種を行いました。
先ほどと同じ表ですが、今度注目して頂きたいのは、紫の部分です。

3回目のワクチン接種後の抗体価2
3回目のブースター接種後の抗体価に注目です。2回目接種後半年で半分になった抗体価ですが、3回目の接種をすることで、2回目に減少した分を取り戻すどころか、2回目接種の10倍の抗体価を得る事ができました1回目接種後に比べれば100倍の抗体価になっています。

ワクチンの接種を1回もしていなければ、これらの抗体はありません。抗体を得る免疫を獲得免疫といいますが、人間には他にも自然免疫というのがあります。ワクチンの接種はこの自然免疫も高めてくれるという報告がされています。

ワクチンがどれだけ有効か少しご理解いただけたでしょうか

ついでに、抗体価の高い低いは問題ではないとおっしゃる方もいらっしゃいます
確かにコロナの抗体の量の差によってどういうというデーターはないかもしれません。しかしながら、他のワクチン。当院では平素から環境感染学会 院内感染対策としてのワクチンガイドライン(現在は第2版、第3版 がでています)に沿って、医療従事者の院内感染防止のために推奨されている6つのワクチンを接種しています。麻疹、風疹、流行性耳下腺炎、水痘、B型肝炎、インフルエンザ。これらの接種の目安に抗体価がありますから、あながちコロナに限って抗体価は無関係とも言えないと思います

またmRNAが新しい方法で不安とおっしゃる方もいらっしゃいますが、mRNAは既に1961年に発見されており、この技術を利用したがんワクチンの開発が既にされており、2000年代には既にがん治療に使われていました。その研究の延長線上に今回のワクチンへの利用があり、歴史が全くないわけではありません

それから、現在は子供の感染が問題となっていますが、両親がワクチンをしていると、感染した両親から子供へ感染を広げるリスクを70%近く減らせるというデーターもあります。まずはご両親や周りの大人がワクチン接種をすることが子供を守ることにもなります

第5波の時に急激に感染のピークが下がったのはタイミングよくワクチン接種が行われたことも要因の1つだと思います。今回もこれだけ感染者が増えている中で、ワクチンで全てが解決というわけにはいかないと思いますが、1つの方法として利用しても良いのではないかと思います

特にご高齢の方や高齢者の周りにおられる方はぜひ早めの3回目のワクチン接種をご検討ください

最後に、感染対策の基本ですが、マスクをしよう(不織布マスク)3密避けよう換気をしよう手を洗おうこれらを守りつつ、お出かけしたってOKです。経済活動を続けましょう

それでは今週も頑張って参りましょう

ワクチン接種で大切な人たちを守ろう!

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

皆様、こんにちは♡
今日は日曜日ですが、 午後から新型コロナアップデートしてました_φ( ̄ー ̄ )

2020.02.05.感染フォーラム
 

色々アップデートしたことがありますが、1番興味深かったことは治療について
伝えたいことはたくさんあるけど、今日はこれ

皆さん、オミクロン系統は重症化しないとおっしゃって、なんだか安心している方が多いようですが、今、流行しているオミクロン系統にはまだ決め手になる治療薬がないのです

インフルエンザと同じとおっしゃる方もいますが、インフルエンザは日常的に使える薬があります。

環境感染学会 薬物療法
 (環境感染学会 COVID-19に対する薬物療法の考え方 第12版)
 
オミクロン系統の治療は、感染当初はウイルスの増殖に伴う症状が強くでるので、中和抗体(ウイルスに結合し、ウイルスが細胞に感染する機能を邪魔する:中和する)の補充および抗ウイルス薬を使用して、自己免疫を活性化させるとともにウイルス量を減らし、後半は宿主の免疫反応によって起こる肺障害や臓器障害に対応するために抗炎症薬を使用して免疫を抑えます。

つまり、コロナに感染すると、最初はウイルスが体の中で増えることによって症状がおきるので、体の中のウイルス量を減らすために、中和抗体薬や抗ウイルス薬を使ってウイルス量を減らし、数日経過すると今度は、人間の免疫反応によって肺やその他の臓器に症状がでてくるので、それを抑えるために抗炎症薬を使うということになります。

ワクチン接種をすると中和抗体が増えますからワクチン接種をしておいて中和抗体量を増やしておいた方が良いって事ですよねしかもワクチン接種をしていれば、ウイルスをやっつける自己免疫の初動が早いので重症化しづらい。

3回目のワクチン接種がなかなか進んでいませんが、ぜひ皆さん、ワクチン接種をして下さい半年が経過すると抗体価は半分ぐらいへってます。ちなみに私は半年で60%減少してました ワクチン2回やったから安心ではなくて、もうワクチンの効果がほとんどなくなっていると考えた方が良いです。

ほとんどなくなっているのですから、ブレイクスルー感染してもおかしくないし、ましてやオミクロンに感染するのも無理はありません。 

私たちは年末にすでに3回目を接種済みです3回目のブーストは凄いです60%減っていましたが、減った60%分を獲得するどころか、ブースター効果で2回目に獲得した抗体価の10倍を獲得しましたただ今の私のライフは45,000でございます感染後のようなポイント数でございます

今日も東京都の感染者数は日曜日では過去最高だそうです。

マスコミは、なぜか、先日からピークアウトという言葉を使ってますが、何の情報操作でしょうか❓
3回目のワクチン接種の行手を阻むマスゴミですね。とにかくご高齢の方は情報に惑わされずにワクチン接種しましょう( ´ ▽ ` )ノ

それから子供の感染が増えてますが、周りの大人がワクチン接種をしていると家庭内感染を減らせます。子供を守るためにもワクチン接種をしましょう。ワクチン接種をできない方のためにもね(^_−)−☆

人類はコロナと戦うためのワクチンという武器を持っています。ワクチンがなかったスペイン風邪の時代と思うと、本当に幸せなことだと思います。今も命の危険があるにも関わらず、ファイザーが良いとかモデルなが良いとか選んでいますものね本当に命がかかっていたらそんな減らず口叩けませんよね。

そう、それだけ平和ってことです。日本は何はともあれ医療も充実しているし、ワクチンもそこそこあるし、薬も一応あるし、平和なのですよね...

医療従事者は大変ですけどね 
医療従事者の方々の負担を減らすためにも、自分でできる感染対策、やってくださいね

マスクをする、手を洗う、3密を避ける、換気する。必要のない人との接触は避ける。人と接触するときはお互いに感染しないように気遣う ワクチン接種を積極的に行う

では、また明日からも頑張りましょう♡

歯科医療における医療安全

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

今日は週末、土曜日で、世間の皆様はお休みでしょうか
この働き方改革の時代に、大手企業は土曜日、日曜日を休みにしていく中、エッセンシャルワーカーという体の良い名前をつけられた歯科業界は、このコロナ禍でもエアロゾルにまみれながら診療を行なっています

昨日、朝のNHKのニュースで、アナウンサーのまこちゃんが、この大変な時に頑張っている人に感謝したいとおっしゃって、例えば歯科医院とかと歯医者さんのことをなぜかおっしゃったので、どんな情報操作だと私は勘繰ってしまったのですが

コロナはエアロゾル感染だと皆さん騒ぐ割には、歯科の感染対策には全く興味がなく、近くて安い牛丼屋さんのキャッチフレーズのような歯科医院がお好きなのですよね

私、歯科衛生士、好きでやってますけど、巷の歯科衛生士さんって本当に大変ですよね。ワクチン接種しない先生のもとで、個人防護具(手袋やマスク、ガウンなど)の提供もない中で、歯石除去とか平気でやってるんですからね。同業者として大丈夫か と内心思っています

歯科は感染しないから歯科では医科のような感染対策はしなくてよい 
そんなフレーズのもとに今まできましたけど、このコロナになって、皆、突然に感染対策しだしましたよね。

おかげで、当院はえらい目にあいましたよ今まで個人防護具なんて使ってなかった医院が突然、グローブを買い占め、ガウンを多量に発注し、突然滅菌しだしたから滅菌バックも入手困難になり、挙げ句の果てにヘッドレストカバーや紙トレーまで欠品しましたからね。

常時購入していた私たちの分がなくなりました。。。

まあ、このコロナ禍で少しは歯科の感染対策への意識も高まったことでしょうけど

ちまたでは、大病院を中心に医療安全なんて言われて、医療安全のチームが作られて予算もついてますけど、クリニックなんて医療安全の医の字も知らないような状況です。

でも今時の歯科衛生士さんは医療安全を勉強しているようですよね。現場は30年前から化石化してますけど

おまけに歯科の感染対策って言うと、滅菌消毒のことだけ言ってきて、やれ、手袋を取り替えてないとか、歯科用ハンドピースを滅菌してないとか、滅菌器はプレバキュームが当たり前とか。キーワドだけ拾って中身を理解しようとしない人が本当に多いですよね。。。

とは言っても、歯科における感染制御を語れる人もいないし、教育できる人もいませんからね。自分たちで情報を集めて考えるしかありません。 

下の図は、昨年11月に開催された、第33回 日本舌側矯正歯科学会の教育講演でお話しさせて頂いた際に使用したスライドを少し変えたものですが、歯科の医療安全において、器具、器材の滅菌消毒なんてほんの一部に過ぎません。

それに、はっきりと器具、器材の滅菌不良が原因とされた感染事例は私が知る限りありません。

歯科医療現場における医療安全


今回コロナで医療従事者が辞めたり、感染したりして、マンパワーが不足して、医療現場が回らなくなりましたよね。

もう少し詳しく言うと、手指衛生のためのアルコールや感染経路を遮断する個人防護具(マスク、ゴーグル、フェイスシールド、手袋など)が不足し、医療現場における安全が脅かされ、結果、医療従事者の安全が確保できなくなり、結果、患者の安全も守れなくなって、医療安全の崩壊を招いたということですよね。

歯科医院でも同じですよね。現場の歯科医師、歯科衛生士の安全が確保されなければ、歯科診療なんてでいませんよね。

知らぬが仏って言いますけど、歯科衛生士って本当、感染の事を知らないから、このコロナ禍でも辞めることなく働いているし、職能団体や無神経な経営者も平気でこんな時に口腔ケアとか言ってますからね。知っていてその上で自覚を持って仕事をしているならいいですけど、この業界そうじゃないですからね。。。

業界で考えてほしい問題です

歯科衛生士の離職率が高いってさぁ、当たり前だよ。この時代に、もう死語...死語も死語だけど3Kですよね。キツイ、汚い、給料安い。

そんな業界に未来ないっつーの。

でも、そうは言えども、歯科衛生士って本当に大切な職業で、歯科衛生士が関わることでの患者さんへのメリットってすごく大きいと思うのですけどね。

だからこそ、働き易い業界を目指して頂きたいです

さて、今日もあと半日。気張っていきましょ〜 
 

コロナ前、コロナ後、個人防護具、PPE

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科衛生士naomiです

以前はこんな感じで診療してました♡
これ2019年に撮影した写真でです。コロナの流行前、直前。あ、先生コロナ前に口腔ケアしてたんだタイミングいいな〜先生相手とはいえ、ガウンの首回りとか、髪の毛とか気になりますね(爆)

2019 naomi

★ちなみに当院では院長やスタッフのメインテナンスもnaomiがしていて写真は院長先生です

2022.02.02.PPE

今、コロナ禍になってこんな感じになってます
私に限って言えば、キャップが常用となり、N95マスクが常用となり、ゴーグルの上からフェイスシールド付きのサージカルマスクなどの個人防護具を着用しています。 

歯科用顕微鏡を使用すると、通常のフェイスシールドは面が当たってしまって使えないので、仕方なくマスク付きを使っています。ただ耳にかけるので、キャップから耳を出さなければならず、キャップが浮きやすいのが難点です。
でも一番私が安心感を持っているのは、歯科用顕微鏡の鏡筒からかけているカバーです。上と下の写真の間違い探しみたいですけど

特にエアーポリッシングやエアーフロー、超音波スケーラーの使用もそうですけど、エアロゾルが発生する処置の時の安心感は抜群です顔面に水飛沫が飛んできませんからね。

歯科衛生士さんなら必ず経験があると思います。水や血液、プラークが顔面に飛んでくる経験一番危ないのは、患者さんのフロスですよねフロスを抜いた時にプラークが顔に飛んでくるって、多分歯科衛生士アルアルだと思うんですけど

ふむ。そう考えると、やっぱり歯科医療従事者って、いつも感染対策っていうか、感染を意識しているわけじゃないけど、顔にはねるの嫌だからゴーグルするとか、フェイスシールドするとか、マスクは必ず装着するとか、日頃から気を付けているかもしれませんね

でも、重装備になればなるほど、診療に影響しますよね。もうすっかり慣れちゃったけど、N95は息苦しいし、夏はキャップをしていると蒸れて額に汗が流れてくるし、ゴーグルとフェイスシールドが重なると曇って術野が見えないし

歯科の作業って細かいから、格好に気を取られると集中力が低下するし、難しいです

毎日汗だく、髪の毛ボウボウになりながら診療しています。
帰りのデートはできないにゃ〜

というわけで、本日も頑張っております

Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード